2017年10月17日

金北山

10月5日、70年振りに佐渡島の最高峰 「金北山」 に登りました。
(初めての登山は、中学3年生の秋(1947(S22)10月8日です。)

マイカーでの登山です。
妙見山から金北山までは、航空自衛隊佐渡分屯基地の通行許可が必要です。
カミさんの甥が事前に手続きを済ませていたので、当日は分屯基地へ寄って若い隊員さんを伴っての登山です。

分屯基地正門横の壁に描かれて居たトキの絵です。

032

昨日の朝、トキを観たことを思い出しながらカメラを向けました。

033

隊舎から非番でしょうか、若い隊員さん二人が出て来ました。
前の甥の車に一人、後方の私の車に一人が分乗して出発です。

大佐渡スカイライン 「交流センター白雲台」 を通り過ぎた所で、右道路に入った前の車の隊員さんが車から下りて、交通止めのバリケードを開けてくれました。
後は防衛道路を一路、金北山の頂上に向って車を馳せました。

着いた所が金北山の頂上よりやや下の駐車場です。
駐車場の直ぐ横には、金北山神社の狛犬が控えて居ました。

034

駐車場に隊員さんを残して、甥夫妻、カミさんの妹夫妻、私どもを含めて6人が頂上の金北山神社へ。
坂道を登ること数十㍍、本殿の手前で立ち止まった所で、一息入れながら先ずは1枚、国仲平野から真野湾方向を撮りました。

真ん中に見えるのが佐和田ダムです。
マラソンを走っていた頃、夏の帰省時にこの佐和田ダムまで走って来たことが有ります。
   ダムを背に 真野の入り江へ 蝉しぐれ   昭一
往時、佐和田ダムで詠んだ駄句の一つです。

035

参拝後、80ウン歳にして初めて登ったカミさんと、「金北山」 の木札を持って記念撮影です。

037

社殿前に立って、先ほど通過してきた妙見山方向を撮りました。

040

カメラを左に振って我が故郷、真野湾方向を撮りました。

042

更にカメラを左に振って両津湾方向を撮りました。
佐渡おけさに、次のような歌があります。
♪ 「佐渡の金北山はおしゃれな山よ 何時も加茂湖に水鏡」
波穏やかな両津湾から加茂湖が一望できました。

043

社殿の裏側に回って、外海府海岸方向を見下ろして撮りました。
見える所は相川の戸中方向でしょうか ・・・・。

046

続いて社殿の左へ回って、敷地に並ぶ石仏をカメラに収めました。

047


048

今日は恵まれた好天時の金北山登山です。
これが最後の金北山登山かと思うと、去りがたい気持ちが湧いて、カメラをあちこちに向けて頂上からの素晴らしい景色を撮りました。

| | コメント (3)

2017年10月16日

沢根海岸

旅館 「浦島」 に2泊、後半の2泊は私の生家に近い旅館 「きよせ」 でした。
5日朝、「きよせ」 を出て生まれ故郷の懐かしい海岸の散歩です。

200㍍ほど沖合へ伸びる¬形の堤防があります。
その先端に小さな灯台があり、小さく緑色の光を放って居ますが良く見えません。

005

右(西)の方から大きく回って、堤防上を歩いて灯台に来ました。
恥ずかしそうに小さな緑色の光を放つ灯台も撮れました。
東の空は明るくなり、間もなく日の出を迎えます。

008

堤防上を引き返します。
中央右手に妙見山と金北山がそびえて見えます。
朝食が済んだ後、この二つの山へ登ります。

012

海岸を歩いて沢根崖が直ぐそこに見える所まで来て、今度は町中を歩くことにしました。
沢根上町です。
40段ほどの石段を登って、白山神社の朱い鳥居下に来ました。

017

朱い鳥居をくぐって左折し、更に石段を登って白山神社の本殿前に来ました。
子供のころは、もっと大きな威厳のある白山神社と思って観て来たのですが ・・・・。

018

白山神社の右隣にある総鏡寺の山門です。

019

山門をくぐって中に入ると、広い境内に大きな鐘楼です。
昔と変わらず堂々として見えます。

020

沢根下町に来ました。
私が卒業した沢根小学校の登り口です。
実際の通学は、学校の東側の篭町からの近道通学でした。
正門左手の建物は旧沢根町役場です。

021

続いて、沢根篭町に来ました。
佐渡市指定文化財、「沢根篭町善宝寺」を観てきました。

024

篭町の次は、私が生まれ育った五十里田中町です。
先ず村社の白山神社を訪ねましたが、昔の面影は無く石段は荒れ放題、境内は草むら、神社はさびれて見えました。
カメラに収めたもののカットです。
神社裏手の畑地に回って見ると、子供の頃には無かった黄色い花、セイタカアワダチソウが茂って居ました。
舗装された村道を下って朝食前の散歩は終わりです。

朝食が終わってから五十里城ノ下の散策です。
城ケ丘公園は、江戸で学んだ矢島主計が帰郷して佐渡で初めて開いた教育塾 「励風館」 を観て来ました。

029

励風館の横にあった青野季吉のペンの碑です。
「少年の日わたしはこの美しい入り江の岸辺にぼんやり立っていた何を持つともなしに」 との説明文がありました。

027

城ケ丘公園で、まだ咲き残って居たヒガンバナです。

030

≪おまけ≫
10月4日、義姉の葬儀はセレミニーホール 「黎明」 で滞りなく執り行われました。
↓は、黎明のロビーに展示されていた、springen シュプリンゲン(飛躍)です。
作者は、沢根五十里田中町出身の現文化庁長官 宮田亮平氏(前東京芸大学長)の作品でした。
躍動感あふれるイルカの群れを観ることができました。

079_sprngen

4日は中秋の名月でした。 
今年は旅館 「きよせ」 の廊下の窓から眺めました。

082

| | コメント (8)

2017年10月15日

国際保護鳥・トキ

4日朝の海岸散歩です。 今朝は晴れて青空が望めます。
旅館 「浦島」 から西方向、私の故郷沢根五十里(さわねいかり)に向かって海岸線を歩いて居ます。

と、私の携帯電話が鳴りました。
「これからトキを観に行くから、今いる場所を教えろ。」
という甥からの電話です。
「いま家の近くまで歩いて来ているょ。」
との返事をして、その場から離れずに甥が来るのを待ちました。

正面に白い層の崖が見えます。 
私が生まれ育った沢根町の崖の層です。
戦後、中学生になってから理科の時間にホタテ貝やタマキ貝を探しに行った崖でもあります。
<AM6:36撮影>
052

トキ探しです。
甥の車に乗せて貰って、着いた所が国仲平野は国府川近くの金丸付近でした。

この歳にして、田んぼに居るトキを観るのは初めてです。
5羽のトキとの出合です。 右の3羽、興奮しながら撮りました。
<AM7:04撮影>
055

落ち着いた所で、今度はトキ5羽の撮影です。
<AM7:05撮影>
057

数分後、右端のトキが飛び発つと続いて他のトキも飛び発ちました。 カメラで追いかけます。
モニターで見ると何とかカメラに収まったようです。

画像右上に、妙見山(1042,2㍍)とレーダサイトが写って居ます。
(翌日、この妙見山を通過して金北山(1172,1㍍へ登りました。)
<AM7:07撮影>
060

何か啄ばんでいるようです。 十分な餌はあるのでしょうか ・・・・。
<AM7:15撮影>
064

甥の友だちが携帯電話で、別の居場所を教えてくれました。
来て見れば、あちこちの田んぼに2、3羽づつ分かれて居ます。
<AM7:18撮影>
068

<AM7:19撮影>
070

車で引き返すときに見つけて、車内からの撮影です。
<AM7:26撮影>
075

<AM7:27撮影>
076

<AM7:27撮影>
077

佐渡トキフアンクラブに入会している私です。
先のトキフアンクラブ通信(9月27日)によれば、佐渡島内に280羽、ここ真野・畑野・佐和田・相川地区に36羽(オス19、メス17)が確認されたいいます。
国際保護鳥のトキです。
何時までも故郷の上空を優雅に飛び続けて欲しいものです。

| | コメント (8)

2017年10月14日

河原田海岸

佐渡島での泊まりは、河原田本町にある旅館 「浦島」 です。
10月3日の朝の散歩です。 海岸へ出ればそこは越の松原です。
遊歩道脇の小さな松林です。 東へ向かって歩き出しました。

031

今朝もどんよりとした空模様です。

032

東の方へ歩いて行くと、河原田海岸案内図がありました。
右方向から歩いて来ました。
見晴らしの丘に立って、懐かしい真野の入り江を眺めて居ます。

033

遊歩道から少し外れて、案内図④に来て昔懐かしい河原田小学校のグラウンドを眺めて撮りました。

今から70年前の1947年(昭和22年)9月、河原田地区中学校陸上競技体大会がこのグラウンドで行われました。
沢根中学校代表選手として、100㍍走、400㍍リレーで走った懐かしいグラウンドです。

034

案内図⑤の手前に立って桟橋を眺めて撮りました。
昔はも少し長い桟橋だったと思うのですが、自信がありません。
桟橋の右手は河原田海水浴場です。
この辺りの海は遠浅で、海水浴には最適な海です。

035

桟橋の先端に立って小佐渡は沢崎鼻灯台方向を撮りました。
穏やかな真野の入り江です。

036

桟橋から引き返して、案内図③の日時計の手前、さざなみの丘に来ました。

038

続いて、モニュメント日時計に来ました。

039

今朝はどんよりとした曇り空で日時計は活躍していません。

040

旅館浦島に着きました。
建物の向こうは越の松原です。 静かな旅館に心が癒されます。

041

旅館浦島の今朝の朝食です。

046

ここ旅館 「浦島」 は、同級生S君(故人)が立ち上げた旅館です。
若い頃、友達を連れて佐渡島観光をしたとき、何回となくお世話になった 「浦島」 です。 往時の思い出が過りました。

| | コメント (9)

2017年10月13日

故郷佐渡島へ

10月2日、訃報の知らせを受けて急ぎ故郷への帰省でした。
マイカーでの帰省は何時も上信自動車道でした。 関越自動車道を走るのは何年振りだろうか。

午前9時40分過ぎ、越後川口SAに立ち寄っての休憩です。
いま一天気が良くなくて曇り空ですが、展望台へ行って見ます。

001

曲りくねった信濃川の流れを撮りました。

003

展望台から振り返ってSAの駐車場方向を撮りました。
車が少ないようです。

005

花壇で咲き残って居たハマナスの花です。
花に癒されて運転再開、新潟市佐渡汽船乗り場へと向かいます。

007

今回の帰省時のカーフェリーはおけさ丸です。
午前11時30分過ぎ、カーフェリーの乗船手続きを済ませて待合室を観て回りました。
売店前に佐渡の偉大な鋳金家、人間国宝佐々木象堂氏(故人)の 「瑞鳥(レプリカ)」 が見えます。
3年前の正月、皇居訪問時に見上げた正殿の棟飾り、「瑞鳥」 を思い出しながら観てきました。

008

出港30分前、車を乗せて右舷に出て観ました。
対岸には、海上保安庁の巡視船が見えます。

010

横の埠頭の外灯の上にカモメが3羽居ます。
良く見ると、後から飛んで来たカモメ(右端)の左足の水かき部分が有りません。 どうしたのでしょう ・・・・。

014

出港時間です。 銅鑼が打ち鳴らされました。

019

おけさ丸が川下の方に向きを変えて居ます。
川底を掘る工事船が見えます。

021

上流方向に柳都大橋が見えて来ました。

022

おけさ丸は静かに進みます。 
餌を貰いにカモメが船の周りを追いかけて来ます。

023

赤い灯台を過ぎると日本海です。

025

雨は降らないどんよりとした空模様です。
新潟港ー両津港は静かな航海です。 船室に帰って仮眠です。

| | コメント (8)

2017年10月12日

やぶ塚かかし祭り(4)

※岡登堰土地改良区賞 (作品名:不詳)
     手を取り合った、仲睦ましい夫妻案山子のようです。    

041

※岡登堰土地改良区賞 
     (作品名: 「ぐんま」 の野菜を 「ちゃん」 と食べてネ!)

042

※岡登堰土地改良区賞 (作品名:不詳)

044

※岡登堰土地改良区賞
     (作品名: 「ハゲェー」 と言われています!)

045

※岡登堰土地改良区賞 (作品名:不詳)

051

※岡登堰土地改良区賞 (作品名:不詳)

059

以下、入賞外作品です。

052


053

巨大かかし前の土手に来て初めて1本足の案山子を観ました。
太田名物のヤマトイモやダイコンも1本足で立って居ます。

020


021


022

素晴らしい秋晴れの一日でした。
今年もやぶ塚のかかし祭りで元気とパワーを貰ってきました。 完

| | コメント (3)

2017年10月11日

やぶ塚かかし祭り(3)

一般部門における敢闘賞等のかかし作品です。

※敢闘賞 (作品名:不詳) 
       ◎スキーのジャンプやそりを楽しむ女の子がいます。

024

※敢闘賞 (作品名:不詳)
       ◎藪塚温泉でくつろぐくんまちゃんが見えます。

026

※敢闘賞 (作品名:不詳)
       ◎太田名産の児玉スイカとやきまんじゅうが見えます。

027

※敢闘賞 (作品名:不詳) 
       ◎将棋の藤井さんと加藤さんの対局場面を再現です。

034

※敢闘賞 (作品名:不詳)
       ◎やぶ塚のかかし祭りに桃太郎が出向いたようです。

036

※敢闘賞 (作品名:不詳)
       ◎七福神の一人、幸福と長寿の神様福禄寿です。 

040

※敢闘賞 (作品名:不詳) 

047

※敢闘賞 (作品名:不詳) 

049

※岡登堰土地改良区賞 (作品名:不詳)

029

※シー・ビー・エス賞 (作品名: かかし音頭)

032

やぶ塚かかし祭りのブログは、明日へと続きます。

| | コメント (8)

2017年10月10日

やぶ塚かかし祭り(2)

三島神社前の広場には子供たちの創作かかしが、神社西側の土手には一般の創作かかしが並んでいます。

高さ10,5㍍、横幅7,5㍍の鉄骨製の巨大かかしが、祭り会場を見下ろして居ます。

019

一般の部のかかし作品です。
≪一般の部総評≫
「あいにくの荒れ模様中での設置作業となり、自ずと堅牢性が問われる結果となった。
テーマとしては、テレビや映画から話題性に富むもの、現代社会やふるさと群馬(太田藪塚)に目を向けた作品、また、いつの時代も人気のある人物やキャラクターなど多岐に及んでいた。」

※グランプリ 作品名:谷田部家(台花クラブ) 太田市長賞
 
031

※準グランプリ (作品名:不詳) 太田市新田商工会賞

038

※特選 (作品名:不詳) 藪塚本町旅館組合賞 

028

※特選 (作品名:不詳) 藪塚西部地区賞 

033

※特別賞 (作品名:不詳)

025

※特別賞 (作品名:不詳)

035

※特別賞 (作品名:不詳)

037

※特別賞 (作品名:不詳)

043

※特別賞 (作品名:不詳)

048

やぶ塚かかし祭りのブログ、明日へと続きます。

| | コメント (8)

2017年10月 9日

やぶ塚かかし祭り(1)

9月30日から始まった、「2017年(第34回)やぶ塚かかし祭り」 を今年も観に行って来ました。
最初に、ジュニア部門の方から観て回りました。

メモを取ってこなかったのが残念です。
今年は展示かかしの一覧表がなくて貰えず、作品名は分る範囲での記述です。

※ジュニアグランプリ 大田市教育委員会賞
  作品名: ○×ちゃんと○□ちゃんの日本○○めぐり

017

※ジュニア特選  太田市議会賞
  作品名: お米を守るむしレンジャー

014

※ジュニア特選 太田市〇〇賞
  作品名: 不明

018

※ジュニア特別賞
  作品名: やってみよう!

015

※ジュニア特別賞
  作品名: バンドスピーナーで害鳥を追い払え!

016

※作品名: ちびっこまつり①

055_800x590

※作品名: ちびつこまつり②(左側のみこし)

056_800x578

※作品名: ちびっこまつり③(右側のみこし)

057_800x591

※作品名: ミニオンズ ・・・・ (以下不明)

058_800x573

たくさんある作品の中から適当に選んで撮って来ました。  つづく

| | コメント (8)

2017年10月 8日

キジ2017 (9/25~30)

9月下旬のキジ観察で出合った時刻、場所等を纏めて掲載です。

<キジ2017 (9/25)>
イチジク畑の西の道路を渡った所の、広い空地で見つけたヒナの♂と♀です。
<AM6:13撮影>
00725

広い空地の西の畑に居たヒナの♂です。
<AM6:20撮影>
02225

↑のヒナと一緒に居た♀のヒナです。
<AM6:21撮影>
02525

<キジ2017 (9/26)>
日の出です。 ガスって居たので眩しくなく朝日が撮れました。
<AM5:53撮影>
10226

鉄塔の前の花畑です。 キジの親子が居ました。
左が親鳥♀、右が先に生まれたヒナの♂で、真ん中の2羽のヒナは後から生まれたヒナで体が小さいです。
<AM6:00撮影>
10726

他を一回りして、鉄塔前の花畑に来た所で道路を渡ろうとする親鳥♂と出合いました。
<AM6:23撮影>
11126

ラジオ体操会場へ向う途中、S小学校裏の田んぼの畦道に居たキジです。 
少しでも高い所が好きなようで、よくこの石の上にキジが居ます。
<AM6:29撮影>
12026

<キジ2017 (9/27)>
イチジク畑の西の道路を渡った所の、広い空地のフェンスの上に止まるヒナです。
<AM6:09撮影>
20527_2

右端に居たヒナ♂です。 私が来たことに気付いたようです。
<AM6:11撮影>
21127

フェンス下の空き地には、ヒナ♂2羽が居ました。
<AM6:13撮影>
21427

ラジオ体操会場へ向う途中です。
昨日石の上に居た♀でしょうか、今朝は石の手前に居ます。
<AM6:24撮影>
21727

<キジ2017 (9/29)>
イチジク畑の西の道路を渡った所の、広い空地のフェンスの上に今朝もヒナが居ました。
<AM6:09撮影>
30629

♂のヒナ同士、フェンスの上で何を語っているのでしょうか ・・・・。
<AM6:10撮影>
30929

コースを変えてラジオ体操へ向う途中、麦畑の北の住宅の横の土手に来てキジを見つけました。
手前がヒナの♂で、奥の方が親鳥の♂です。 
足の怪我が治らないか、観て居て親鳥の歩く姿が痛々しいです。 
<AM6:13撮影>
32529

<キジ2017 (9/30)>
イチジク畑の西の田んぼの畦道に居たヒナの♂です。
私の姿を見て直ぐに隣の草むらに隠れました。
<AM6:07撮影>
40430

例のイチジク畑の西の道路を渡った所の、広い空地のフェンスの上に居たヒナです。
私の姿を見て直ぐに西の畑の方へ逃げて行きました。
<AM6:23撮影>
40630

キジ観察、9月25日以降(除く28日)を纏めて載せて見ました。

| | コメント (8)

2017年10月 7日

ウラギンシジミ・他

9月30日、我が家の庭にウラギンシジミが飛んで来ました。
カメラを持参しての対面です。

019_800x597

カメラを近づけたら、こちらを向いて睨み返しているようです。

030_800x600

年寄りの顔は見たくないのか、向きに成りました。

033_800x588

回れ右をして飛び発つ準備のようです。
と、ひとつ静かに羽ばたいた後に西の空へと飛んで行きました。

035_800x585

12時30分過ぎの昼休みに出合ったウラギンシジミでした。

≪お知らせ≫
昨夜19時過ぎ、雨が降る中を無事に我が家へと帰りました。
今回のマイカーの全走行距離は602kmでした。

遅ればせながら本日からブログ再開です。 宜しくお願いします。

↓、朝の散歩で、旅館近くで出合ったマンホールの蓋です。
   「佐和田」、佐渡市となる前の旧町名です。

049_800x770

カラーの蓋も見つけました。

043_800x767

仕切弁です。

044_800x790

| | コメント (2)

2017年10月 2日

波志江沼公園

伊勢崎市宮子町の土手に咲くヒガンバナを観ての帰り道、波志江沼公園に寄って沼を半周して来ました。
駐車場の脇で、可愛いいを付けて居たコムラサキです。

015

沼のほぼ真ん中辺り、東西に架かる 「ふれあいはし」 です。
西の方から東の方へ渡ります。

017

ふれあいはしの真ん中に立って、南の方向 「弁天島」 を入れてを撮りました。

018

ふれあいはしの反対側に来て、沼の北の方向を撮りました。
今日は曇り空で、雄大な赤城山が望めません。

019

ふれあいはしを渡り切ったところで、沼を左回りに歩きます。
沼を見ると、沼の北側の石積みの上にたくさんのカワウが居ます。

022

途中から少し回り道をして植物園に来ました。
小さかったマルバユーカリの木が、私の背丈を越える大きさに育って居ました。

024

辺りに芳香を放って居たのは、キンモクセイでした。

031

沼を回り込んで北側に来て見ると、手前にアオサギとけるガモが、向こうに羽を広げたカワウが見えました。

032

カメラを右に振って見ると、カワウの大群です。

033

濡れた羽を乾かしているのでしょうか、両羽を広げたカワウが何羽も見えます。
時々、羽ばたいて見せてくれます。

036

宮子町のサイクリングロードでヒガンバナを観て、ここ波志江沼に来ては沼周辺を歩いて健康づくりが出来た午後となりました。

≪お知らせ!≫
今朝から急な佐渡島帰省となりました。
不在間のブログはお休みとさせて戴きますので、ご了承下さい。

| | コメント (8)

«彼岸花と龍神宮