2017年9月23日

金富山長純寺

箕輪城跡見学後は、箕輪城主長野氏一族の菩提寺、実相院長純寺を訪ねました。

寺院の参道前に祀る大きな石仏です。
正面手前には、左に聖観音、右に地蔵菩薩が向かい合って立って居ます。
正面奥には、真ん中に閻魔大王、左に奪衣婆(だつえば)、右に経塚の石殿が並んで居ます。

049

曹洞宗金富山、実相院長純寺の門柱の間を進みます。

053

十数段の石段の上に山門がそびえて居ます。

054

山門の左手前で咲いて居たヒガンバナです。
花の横に庚申供養塔が建って居ます。 猿が二匹の庚申塔は珍しいです。

055

山門をくぐると直ぐに、一対の鬼瓦がありました。 
真ん中の扇型の瓦は長尾家の家紋でしょうか ・・・・。

056

山門をくぐった右手に並んでいた六地蔵尊です。
数えてみると地蔵尊が一体多いようです。
真ん中の仏像が少し小さいようです。 何仏でしょうか ?

057

見事な釣鐘です。

057_2

長純寺の本堂です。

058

見事な扁額です。 下に家紋でしょうか扇型の紋所が見えます。

059

厄除け不動堂です。

060

不動堂の前を通って裏山の墓地へ向かいます。
拝観、お参りをしたかったのは長野家のお墓です。
しかし、長野家のお墓か探しきれずに長純寺を後にします。

062

よく晴れ渡った13日、第二の故郷でもある箕郷町の箕輪城跡から長純寺を訪ねることがで来ました。

| | コメント (0)

2017年9月22日

箕輪城跡

9月13日、二人の男の子を育てた私たちの第二の故郷、高崎市箕郷町の箕輪城跡を訪ねました。

↓の赤丸数字①の 「搦手口」 を出発して、赤丸数字②の 「二の丸」 にあった 「箕輪城跡」 の案内板です。

032_800x525

駐車場を出て直ぐの搦手口です。 
ここから歩き初めて、左手の山道に入ります。

018

坂を上って最初に着いたと所が二の丸跡です。
広い台地です。 次は右手の本丸跡へと歩いて行きます。
赤や青の幟旗が風にはためいて印象的です。

020

広い本丸跡地に着きました。
本丸は御前曲輪と共に城の中心部です。
広さは、南北約100㍍、東西約70㍍と言われて居ます。

021

この石垣は、土塁の土がくずれないに作られたものと言います。
三段に積まれて堀に沿って長く続いているようだとか、石垣の上は 「犬走り」 と呼ばれる通路にもなって居たとか。

023

赤丸数字⑤の 「御前曲輪」 です。
「西南の角に物見、戦闘指揮のための櫓があり、その下は石垣で固められていた。 天守閣はなかった。」
「落城の際は、長野業盛以下自害した持仏堂があった。」
とも伝えられている所です。
奥の建物は、昭和2年(1927年)に発見された井戸です。

026

赤丸数字⑥の 「井戸」 の近くに来て撮りました。

030

赤丸数字⑦の 「郭馬出西虎口門(かくうまだしにしこぐちもん)」 に来ました。
この門は、昨年11月に復元された門で、裏側から見て居ます。

032

門をくぐって正面から撮って見ました。
今回の箕輪城跡訪問の第一の目的は、復元されたこの 「郭馬出西虎口門」 を見たかったからです。

033

郭馬出西虎口門の左手にあった大堀切です。

035

赤丸数字⑧ 「木俣」 に来ました。
ここは家人臣団の屋敷地の一つとではと言われて居る所です。

041

ここからカミさんが待つ郭馬出西虎口門の方へ帰ります。
その後、武田信玄軍の総攻撃に敗れた箕輪城主、長野家の菩提寺金富山長純寺を訪ねます。

| | コメント (8)

2017年9月21日

サイクリング(続)

サイクリングに来て、何時も気になる大きな木です。
以前、テレビのコマーシャルで 「この木何の木、気になる木」 と言うのがありました。
それを思い出せような大きな木です。

055

近くに来て観ると、根元は5つに分かれて居ます。

056

垂れ下がった葉っぱを撮って見ました。 
さて何の木でしょう ・・・・。 どなたか教えて戴ければ幸いです。

057

通り過ぎてから振り返って、下流方向から撮って見ました。
大きな扇子を広げたような姿に見えます。
こちらから眺めた方が、見栄えがするようです。

058

自転車を飛ばして行くと、再び勢いがある堰に来ました。
二段の落水が綺麗です。

060

堰の近くに寄って下流方向を撮りました。
正面には学園都市の学び舎が見えて来ました。

061

振り返って上流方向です。 
川岸に建つA運送の倉庫がそびえて見えます。

062

更に自転車を飛ばして行くと、今度は低い堰の流れを見つけて立ち止まりました。

063

堰の横から下流方向を見ると、JR両毛線の鉄橋が見えます。
左が下りの駒形駅方向、右が上りで高崎駅方向です。

064

再び自転車で走って居たら汽笛の声です。
振り返ると電車が通過して居ます。 慌ててカメラを向けました。
下り電車で、次の駒形駅で停車する電車です。

065

桃ノ木川サイクリングコースの最終地点に着きました。
簗場大橋下のグラウンド・ゴルフ練習場を抜けて、川の端に来て立ちました。
正面の橋が、国道2号線に通じる新小屋原橋です。

067

川岸に沿って少し左方向へ歩くと、正面に北関東自動車道が見えてきました。
左が伊勢崎方面で、右が高崎方面行きです。

068

更に川岸に沿って右回りに歩くと、右手に桃ノ木川を見て、正面に簗場大橋が見えて来ました。
自転車は橋下の向こうに置いて来ました。

070

再び自転車に乗って、今度は一目散に我が家へと向かいました。
9月12日、自分なりに健康づくりが出来た午後となりました。

| | コメント (6)

2017年9月20日

サイクリング

9月12日火曜日、一日中曇り空でした。
午後に入ってから、桃ノ木川サイクリングロ-ドへ自転車で出掛けました。

桃ノ木川へ行く途中に、JR両毛線の踏切があります。
踏切を渡ろうとした時、高崎行きの上りの電車が来ました。

018

国道50号へ出る手前に、現在工事中の日下部橋があります。
橋の手前に立って、桃ノ木川の上流方向をカメラに収め、橋の手前を右折してサイクリングロードに入りました。
左手が上流方向、右手の下流方向に自転車を走らせました。

019

桃ノ木川も水量豊富です。 見事な堰の落水です。

021

堰の直ぐ脇に立って、落水の迫力を撮って見ました。

022

上流の方へ少し歩いて、振り返って下流方向を撮りました。
堰の水面の向こうに笂井(うつぼい)橋が見えます。

023

土手に咲いて居たヒガンバナです。

024

川の渕で咲いて居たキクイモです。 
吸蜜中はアブでしょうか、逃げようともしないで一生懸命です。

026

土手で咲いて居た、綺麗な花色のコスモスです。

032

土手下で咲いて居たタチアオイです。
(※hirugaoさん、山小屋さんからゼニアオイと教えて貰いました。)

044

川で休んで居たカルガモの家族です。 二つの家族のようです。

053

サイクリングは、もう少し川下の方へ向って走ります。  つづく

| | コメント (8)

2017年9月19日

野口水車保存館

親水公園は2度目の訪問ですが、ここ野口水車保存館を訪ねるのは初めてです。
入館料、大人一人100円券を買って入りました。

037

正面奥に大きな水車が回って居ます。
米搗きは左手前に観える16個の臼です。
ここでは、水車で撞いた米を小さなビニール袋に入れて販売もして居ました。

038

現在、右から3番目の杵だけが米を搗いて居ます。

040

動いて居る杵の前に来て撮りました。

041

大きな水車を動かす水源池です。
綺麗な水です。 池では大きな鯉がゆったりと泳いで居ました。

043

黒光りがする大きな水車が、ゆったりと回って居ます。

045

館内を右回りに歩きます。
館内出口近くに来た所で、昔懐かしい道具が並んで居ました。

047


048


049


052

野口水車保存館を出た所で見つけた、マンホールの蓋です。
 
056

しんすい公園を歩いて眺めた、もう一つの水車小屋です。
ここの水車は屋外に取り付けた水車で、ゆったりと回って居ます。

053

水車館の案内板に止まって、羽を休めて居た大きな蛾です。
背中の模様が面白くてカメラを向けました。

055

秋晴れとなった9月10日の午前中です。
小平の里の鍾乳洞公園から親水公園と見て歩き、楽しいひと時を過ごすことができました。

| | コメント (8)

2017年9月18日

しんすい公園

ふれあいの館(やかた)前の道沿いに赤い小さな鳥居が見えます。

赤い鳥居の下に来て案内を読むと
「この嵯峨宮は、嵯峨天皇によって弘仁14年(823年)、最澄の願いにより大乗戒壇の設立が許された。
小平の里は嵯峨天皇と最澄(天台宗の祖)の里でもある。」 と記されて居ます。

赤い鳥居をくぐって、数十段の石段を上って行きます。

013_800x597

畑道の参道の先に石段が見えます。
その石段の上に、大きな2本の杉の木がそびえて居ます。

017_614x800

40段ほどの石段を上り、大きな2本の杉の木の間を抜けると社がありました。
社殿は閉まって居て中が見えません。
参拝後、社の隣の小さな赤い稲荷社をお参りして帰ります。

020_800x661

ふれあい館から200㍍ほど離れた所に親水公園があります。
親水公園の駐車場に入りました。

075_800x598

ここのサルスベリも終わりを迎えて居ました。

076_800x600

今日は日曜日です。 補虫網を持った子供たちが大勢見えます。
清流が流れる川に出ました。

033_800x600

川の渕に咲いて居たヒガンバナです。
クロアゲハでしょうか、ヒガンバナの吸蜜にチャレンジして居ます。

032_800x592

清らかな静かな川の流れです。
対岸にはクズが垂れ下がり、葉陰から小さい赤い花も見えます。

034_800x600

水遊びに夢中な子供たちを眺めながら、今も水車が回る野口水車保存館が見える所まで来ました。
ここから右側の石段を上って芝生広場の方へ出ます。

035_800x599

先に展望台に上ったカミさんをモデルに記念の写真を撮りました。

060_800x596

この後、今もコトンコトンと動いて居る野口水車保存館を訪ねます。

| | コメント (8)

2017年9月17日

小平の里

9月10日(日)、朝からよく晴れてドライブ日和です。 
みどり市の小平の里へサルスベリを観に出かけました。

小平の里、ふれあいの館(やかた)の駐車場に着きました。
ふれあい館前の小川の渕で、ヒガンバナが咲いて居ます。
そのヒガンバナへ、キアゲハが吸蜜のためアタックして居ます。

012_1

鍾乳洞公園のサルスベリです。 花は終わりを迎えて居ます。

011_2

ふれあいの館から鍾乳洞、湿生植物園へ向う坂道です。

009_3

坂道を少し上った所に七輪窯がありました。
幕末の頃からこの窯を使用して、盛んに石炭が焼かれていたという案内も出て居ます。
また 「棄権に着き近寄らない下さい。」 との注意書きも見えます。

007_4

鍾乳洞の入り口の手前にある案内板です。

006_5

鍾乳洞入り口前の観音菩薩像です。
今回は鍾乳洞の見学はパスして小川を渡って県道に出ました。

005_6

県道脇に祀る平成観音菩薩像です。

002_7

少し坂道を登りると、秋のススキがお出でお出でをして居ます。

001_8

登って来て良かったです。
道路上にはたくさんの山栗が落ちて居ました。

078_9

小粒ながらたくさんの山栗を拾って帰りました。
今年の初物、友達にもおすそ分けしたあと美味しく戴きました。

| | コメント (10)

2017年9月16日

キジ2017 (9/9)

<キジ2017 (9/9)>
9月9日、今朝は素晴らしい青空の朝です。
自転車も気持ちよく晴れやかで、ルンルン気分で飛ばして居ます。

S小学校手前の20㍍ほどの坂道に来ました。
自転車を下りて空を見上げると、老人介護センターの上に旧暦7月19日の下弦の月が輝いて居ました。
<AM5:58撮影>
001_800x601

急坂を上りきった所で左折して数十㍍来た所に麦畑です。
麦刈りが追わった後の草むらでキジ♂を見つけました。

ちょっとこのキジ♂の様子がおかしいです。
移動するたびにびっこで歩いて居ます。 
何ものかに襲われたのでしょうか ・・・・。
<AM6:00撮影>
003_800x621

鉄塔から古墳、住宅地と回って観た来たがキジとの出合なし。
電柱や電線のない畑の渕に立って、空に輝く月を撮りました。
<AM6:06撮影>
006_800x578

イチジク畑に来たがキジとの出合なし。
イチジク畑の西側、資材置き場のフェンスに絡んで咲くアサガオとルコウソウです。
澄んだ朝です。 その花のバックに月を入れて撮りました。 
<AM6:08撮影>
007_737x800

帰り道です。 再び麦畑に来て見ると、先ほどの♂が少し手前に来て居ました。 脚が痛いか元気がありません。
<AM6:19撮影>
012_800x600

ラジオ体操へ向う途中です。
田んぼの畦道で動くものを見つけてカメラを向けました。
画像処理でヒバリのヒナと分りました。
<AM6:29撮影>
015_800x598

ラジオ体操が終わっての帰り道です。
会場近くの畑に咲いて居たヒャクニチソウです。

029


030


041


039

≪号 外≫
昨日のキジ観察で、赤い顔のヒナは♂と確認できました。

15日朝、麦畑のキジの親子と出合いました。
左奥は親鳥♂です。 まだ足が悪くビッコを引いて居ます。
右奥は親鳥♀です。 手前の赤い顔が今年産れたヒナの♂です。
背羽はまだ生え揃いませんが、胸元が黒く尾羽が伸びて♂と分るようになりました。
<AM6:02撮影>
033


| | コメント (6)

2017年9月15日

キジ2017 (9/7.8)

<キジ2017 (9/7)>
麦畑から鉄塔、古墳、住宅地と回って観て来たが、キジとの出合はなしです。

最後のイチジク畑に来て、Uターンして帰ろうとした時です。
私が来たことで、草むらに居たヒナが驚いて出てきたようです。
<AM6:06撮影>
001_7

ヒナを確認しょうと折り返したその時です。
草むらに隠れて居た、もう1羽のヒナが私の頭上を飛び越えて、以前カルガモが居た休耕田へ飛び下りました。
休耕田には水がありません。 上手くヒナの撮影ができました。
<AM6:07撮影>
003

先ほどの2羽ヒナは、赤い顔のヒナを先頭に畦道を奥の方へと歩いて行きます。
<AM6:10撮影>
013

手前のヒナです。
<AM6:11撮影>
015

その向こう側に居る赤い顔のヒナです。
<AM6:12撮影>
018

休耕田に飛び下りたヒナも来て、3羽揃って畦道を向こうへ歩いて行きます。
<AM6:14撮影>
020

今朝はここまでにしてj帰ろうと、麦畑に来た所で親鳥♂を見つけて撮りました。
<AM6:18撮影>
022

今朝のラジオ体操は、仲間の皆さんと一緒に出来ました。

<キジ2017 (9/8)>
今朝は麦畑から鉄塔、古墳、住宅宅、イチジク畑とキジを探してきたが出合なしです。
S小学校の南の田んぼに来て、畦道に居たキジを見つけました。
西側から逆光位置です。 東側へ回ります。
<AM6:08撮影>
101_8

畦道はやっと朝日が差し込んだ所です。
ヒナでしょうか? 親鳥♀でしょうか? 判断しかねて居ます。
<AM6:09撮影>
109

他のキジを探してコースを二回りして来ましたが、今朝のキジとの出合はここだけです。
AM6:32撮影>
112

急ぎラジオ体操へ、今朝は第二ラジオ体操のみの実施でした。

| | コメント (7)

2017年9月14日

ウオーキング

雨が降らなければ、毎夕食後には約3㌔ほどの団地周回コースを歩いて来ます。

9月3日夕方の団地周回コースのウオーキングです。
団地横の畑を抜けて市道に出た所で、西空へ見事な夕日が沈むところに出合いました。
<PM5:56撮影>
003_800x555

東の空は? 
と、見ると住宅の屋根の上に旧暦7月13日の月が見えました。
<PM5:58撮影>
006_800x564

人と自転車のみが渡れる小さな橋、ふれあいはしを渡って韮川の右岸を歩いて韮川新橋の上に来ました。
ここは毎年、初日の出が見られる橋の上です。
今日は、韮川の上に残月を入れて撮って見ました。
<PM6:08撮影>
007_800x572

橋を渡り切ると間もなく我が家です。
我が家の屋根の上に残月を載せてカメラを向けました。
と、そのとき無数のムクドリが西空へ飛んで行く所に出合ました。
<PM6:10撮影>
012_800x578

↓、9月6日夕のウオーキングです。
   畑の囲いに咲く綺麗な花(花名不詳)を見つけました。
良く観ると蔓にはたくさんの鋭い棘があります。
葉っぱはハート形で何となく可愛いのですが、蔓はとげとげしく何となく怖い感じの花蔓でした。
<PM5:52撮影>
017_800x644
※↑、山小屋さんが 「ホシアサガオ」 と教えてくれました。

↓、翌7日夕方のオウーキングで出合った赤トンボです。
   日中は元気良く、畑の周りを飛んでいたトンボと思います。
梨畑の横の草木に止まって居て、動こうともしません。
<PM5:44撮影>
018_800x583

良く見ると、この草木だけに11匹ほど居ました。
この現状も、この日の夕方だけのことでした。
<PM5:44撮影>
021_800x665

↓、9日夕のウオーキングから帰って来た時の様子です。
   我が家の裏のハナミズ通りの電線に止まるムクドリです。
<PM6:00撮影>
103_800x634

↓、10日夕のムクドリの様子です。
   昨日と同じ頃の時間帯です。 ムクドリは昨日もより多いです。
<PM6:04撮影>
209_800x599

ムクドリは昨日の夕方も、↑と同じようにたくさん来て居ました。

| | コメント (10)

2017年9月13日

キジ2017 (9/4)

<キジ2017 (9/4)>
麦畑の北側、約60㍍離れた畑の中の堆肥の上に居たキジの親子を見つけました。
この後、親鳥♀とヒナが堆肥の上を移動するのですが、堆肥と羽の色が同じ色あいで撮影が難しかったです。
<AM5:56撮影>
001_1

数分後、キジは堆肥から下りて何かを啄ばんでいるようです。
<AM6:02撮影>
013_2

その後、鉄塔から古墳、住宅地とキジを探してきたが出合なし。
イチジュク畑に来て、隣の住宅のフェンスの上に止まるヒナを見つけました。
<AM6:16撮影>
033_3

その手前には朱い顔のヒナが居ました。
<AM6:16撮影>
034_4

と、先に飛び乗ったヒナが盛んに住宅地の庭の方を見て居ます。
<AM6:17撮影>
036_5

赤い顔のヒナも庭の方を見て居ます。
<AM6:17撮影>
037_6

庭先の南側のフェンスに親鳥♀が居ました。
<AM6:18撮影>
039_7

親鳥が止まって居るフェンスの右側へ、赤い顔のヒナが飛び移ってきました。
続いてもう1羽のヒナが、赤い顔のヒナの下へ飛び移って来また。
<AM6:19撮影>
042_8

赤い顔のヒナの下のヒナです。 可笑しな格好で止まって居ます。
<AM6:20撮影>
043_9

と、ヒナたちが庭に下りて動き始めました。
住宅の庭先です。 カメラを向けては失礼と思い、その場からラジオ体操へと向かいました。
<AM6:22撮影>
046_10

途中、S小学校前の休耕田に来てカルガモ親子を見つけました。
<AM6:29撮影>
058_11

何と憎らしい! 出かけたばかりの柔らかい稲穂を食べて居ます。
大声で追い払いましたが、その後はどうなったでしょうか ・・・・。
<AM6:29撮影>
061_12

ラジオ体操は遅刻でしたが、八割方実施できた朝となりました。

| | コメント (7)

2017年9月12日

ヘビウリ

サボテン畑から自転車で500㍍ほど走ってヘビウリ畑に着きました。
畑の横のシュロの木にぶら下がるヘビウリです。

011

ヘビウリ棚にはたくさんのヘビウリがぶら下がって居ました。
昨年よりヘビウリの数が多く出来が良いようです。

012

赤くなったヘビウリも見えます。 

015

もう一つのヘビウリ棚にも大きなヘビウリがぶら下がって居ます。

013

曲りくねったものも見えます。

014


016

地上を這って、とぐろを巻こうとしているのでしょうか ・・・・。

017

よく晴れた日の午後、ヘビウリを観て楽しませて貰いました。
爽やかな午後です。 サイクリングは遠回りをして帰ります。

食品工場団地の横を流れる川向こうの稲荷神社です。
暫らく見ないうちに1本杉も大分大きくなりました。

019

と、川の中を覗くとカルガモが、一列になって下って行きます。
私の姿を見つけて驚いたのでしょうか、慌てて泳いで行くようです。
数えて観ると11羽のヒナでした。

022

川下の方へ先回りして待機して居ましたが、カルガモたちは途中で分散したようです。
帰路は、稲穂が出揃った田園地帯を一気に自転車を飛ばして我が家へと帰りました。

シャワーを浴びて、食前の缶ビール一本は至福のひと時でした。

| | コメント (11)

«サボテン