2016年9月 1日

キジ2016(38)

<8月25日(木) 晴れ>
朝からからりと晴れあがり、強い日差しの朝を迎えて居ます。
麦畑の北の畑に来て、キュウリ棚の影に居たキジの親子を見つけました。
              <AM5:54撮影>
012

と、ヒナ1羽がキュウリ棚の上に飛び乗りました。
              <AM5:56撮影>
015

この後親鳥とヒナは深い草むらの中に隠れて見えなくなりました。

ラジオ体操へ向かいます。
麦畑から鉄塔、古墳と大回りをして、住宅地横の空き地へ来た所で、土手の草むらで親鳥♀を見つけました。
              <AM6:13撮影>
018

暫らく立って見て居ましたが草深い所です。
その内キジの姿を見失い、ラジオ体操会場へと直行しました。

<8月26日(金) 曇り、晴れ>
昨日の朝、麦畑北の草むらで親鳥♀を見つけた場所の近くで今朝も♀を見つけました。
              <AM5:54撮影>
011

♀とヒナは、昨日の朝と同じようにネギ畑の中を抜けて、キュウリ畑の方へ歩いて行きます。
と、今朝は2羽のヒナがキュウリ棚の上に飛び乗りました。
              <AM5:54撮影>
019

1羽のヒナは飛び降りたが、残ったヒナがこちらを向いて居ます。
              <AM5:54撮影>
021

今朝も比較的近い位置でのヒナ観察でした。

<8月27日(土) 雨、曇り>
午前中は雨、楽しみにしていた公園でのG・ゴルフの練習も出来ず、モヤモヤした気分で午前中を過ごしました。

午後になって雨も上がり、キジウオークに出かけました。
麦畑の横の空き地でキジの親子を見つけました。
              <PM3:48撮影>
011_2

ヒナ1羽が昨日のキュウリ畑の方へ歩き出しました。
              <PM4:08撮影>
026

他のヒナも動くのかと見ていたが、草むらから動こうとしません。
              <PM4:16撮影>
042

先に歩いて行ったヒナも戻って、その内みんな草むらの中に隠れて見えなくなりました。
              <PM4:17撮影>
045

今回は、3日連続で麦畑の北側の草むらでヒナとの出合でした。

| | コメント (3)

2016年8月31日

キジ2016(37)

<8月22日(月) 曇り雨>
自転車で畑の周りを1周して来たが、キジとの出合がありません。
2周目で麦畑に来て、遠い位置からヒナを見つけました。
              <AM5:57撮影>
008

暫くの間、動かずに見ていたがヒナに大きな動きがありません。
              <AM6:16撮影>
042

台風9号接近で雨が降り出し、キジ観察はここまででと諦めて帰りました。 わが家に着いた時は全身びしょ濡れでした。

<8月23日(火) 晴れ>
台風一過、朝からよく晴れました。
麦畑に来て、横の草むらに居た親鳥♀とヒナを見つけました。

キジの親子は、草むらを東側の土手の方へ歩いて行きます。
              <AM6:15撮影>
012

姿が見えなくなったキジを求めて東側の道路へ来て、土手の草むらに潜んでいる親鳥♀とヒナを見つけました。

昨夜の台風で羽が雨で濡れたのがろうか、体を乾かしているようにも見えます。
朝の太陽の光を浴びながら潜んで居ます。
              <AM6:27撮影>
015

直ぐ左の草むらには、2羽のヒナが潜んで居ます。
              <AM6:29撮影>
019

草むらに潜むヒナを観て帰る途中、100㍍ほど離れた北側の土手で、毛づくろいをしている親鳥♂を見つけて撮りました。
              <AM6:32撮影>
028

時間は? 
ラジオ体操開始時間を過ぎて居ます。 自転車を飛ばしました。

<8月24日(水) 曇り晴れ>
H造園業さんの資材置き場西の畑でヒナを見つけました。
道路に立って見ている私の方に近づいて来ます。
              <AM6:16撮影>
045

私が居ることに気づいて、親鳥とヒナが畑の隅で立止まりました。
立ち止まった親鳥♀が、こちらの様子を伺って居るようです。
              <AM6:18撮影>
054

次のヒナたちがやって来ました。 辺りの様子を伺って居ます。
              <AM6:19撮影>
056

と、先に来た親鳥♀とヒナが、私が立って居る道路を横切って鉄塔下の畑に行きました。
思案中だったヒナも、そして後から来たヒナも次々と道路を横切って行きました。
              <AM6:24撮影>
075

この日の朝は、親鳥♀と6羽のヒナを近い位置で確認できました。

| | コメント (10)

2016年8月30日

牛伏山自然公園

ここ標高491㍍の牛伏山自然公園は、ラジオ体操の友だちは初めての訪問です。
私たち夫妻は、4月の桜の時季に続いて2度目の訪問です。

牛伏山の名前にちなんだ臥牛石像を前にして記念撮影です。

079

この後、「青い山脈」 の歌碑から天狗の松、洞窟観音と見て回って、標高491㍍の山頂へと出て来ました。

山頂の直ぐ下に琴平神社があります。
その琴平神社の前に、鐘楼 「平和の鐘」 があります。 

友だちを代表して、今度はOさんが平和の鐘を撞きました。
Oさんが撞いた鐘の音は、牛伏山全山に厳かに響き渡りました。
荘厳の鐘の音と共に、みんなで世界の平和を祈願しました。

084

牛伏山のハイライトは、天守造りの展望台から360度の大パノラマを見ることです。
展望台の外階段に並んで記念撮影です。

087_640x490

3階から眺めた北の方向の景色です。
山には雲がかかって居ますが、正面左手が榛名山、右手が赤城山方向です。

089_640x480

次に、右回りで東側の景色を眺めて居ます。
ここは初日の出のポイントとも聞いて居ます。 朝日は左手方向から昇るのでしょうか。

090_640x480

続いて、南側に立って近くのゴルフ場を眺めて居ます。

091_640x480

最後は西側に立って、先ほど下って来た山頂から琴平神社、鐘楼、臥牛石像があった山頂方向を眺めて居ます。

092_640x478

青空がよく似合う、牛伏山の天守造りの展望台です。
展望台3階の西側です。 手を振って応える友だちを撮りました。happy01

093_640x472

昨年の夏期巡回ラジオ体操会は、県東部の板倉町でした。
ラジオ体操が終わって、近くの渡良瀬遊水地を散策しました。

今年は県西部の下仁田町での夏期巡回ラジオ体操会でした。
来年も群馬県で開催されるでしょうか。 みんなで待って居ます。

| | コメント (6)

2016年8月29日

曹洞宗・仁叟寺

帰りのコースは、国道254号を走って吉井町の古刹、仁叟寺から牛伏山自然公園を回って帰ります。

山門前の参道で、燈籠を左手で持ち上げて、立ちはだかるように立って居る鬼面像です。

066_720x800_2

山門をくぐり抜けると、正面に大きな本堂が見えて来ました。
曹洞宗天佑山公田院仁叟寺と言い、ご本尊釈迦如来を祀ります。

068_800x585

歴史ある 「仁叟寺について」 です。

067_589x800

群馬県指定天然物、「仁叟寺のカヤ」 です。
目通り周囲4,8㍍、根回り10㍍、高さ21,2㍍、枝張り東西16㍍、南北18,9㍍、樹齢は500年以上と推定される。(「案内文」 より)

069_648x800_2

庫裡前に祀られていた可愛い姿の石像は、福徳圓満観世音です。

072_800x712

ラジオ体操の友だち I さんが、みんなを代表して鐘を撞きました。
I さんが心を込めて撞いた鐘の音は、静かな仁叟寺の広い境内に快く響き渡りました。

076_800x600

鐘の音を聞いた後は、左手の薬師堂でお参りをして、後方の坂道を登って文殊堂へと向かいます。

文殊堂の手前の参道にあった干支瓦です。
今年は丙申の年男です。 申の寿瓦を撮らせて貰いました。

078_800x769

一対の十三重石宝塔を前にして、一段高い所に文殊堂がそびえて居ます。
ご本尊は、中国仏教聖地五台山顕通寺御分身の文殊菩薩を祀る御堂と言います。
文殊堂では、開運厄除け、孫たちの学業成就を祈願しました。

074_800x601

今日最後の観光は、近くの牛伏山自然公園へと車を馳せました。

| | コメント (8)

2016年8月28日

黒瀧山不動寺(後編)

高い崖下には、信者寄進の赤い幟旗がはためいて居ます。
大きな山門も、崖下で寄り添うように建って居ます。

041_800x599

山門前の石像2体が、穏やかなお顔で出迎えてくれました。

042_800x599

山門の階下につるされていた、大きな魚梆(かいばん・木魚)です。
案内には、「元禄時代の作」 とあります。 年代物のようです。

043_800x604

山門をくぐった先に、崖を背に建つ不動堂が見えて来ました。

045_800x589

竜神の滝を背に建つ不動堂です。 (滝が上手く撮れません。)

046_800x567

石段を上って、不動堂の左手から竜神の滝へ回ります。

047_800x603

見えて来ました。 水しぶきを上げて落ちる竜神の滝です。

051_647x800

滝の裏側に回って洞窟の前に来ました。
滝裏の洞窟内に祀られている弁財天です。

053_800x571

弁財天の横に祀られている不動明王像です。

054_800x590

流れ落ちる竜神の滝の裏側を回って右手方向に出て、今度は滝を右手方向から撮りました。

056_588x800

この後、開山堂から不動堂と参拝して山深い黒滝山不動寺を後に、次は吉井町の仁叟寺へと向かいました。

| | コメント (6)

2016年8月27日

黒滝山不動寺(前編)

青岩公園で友だちと朝食を済ませた後、南牧村の古刹、黒滝山不動寺を訪ねました。
私たち夫妻は、平成元年(1989)5月に一度訪ねて居り今回が2度目、28年振りの訪問です。
               <境内案内図>
058_800x493

駐車場からおよそ200㍍の坂道を歩いて登ってきました。
左手の鐘楼前には、
中央に帝釈天を、周りに四天王を配した石仏が並んで居ます。

028_800x600

鐘楼内の美しい梵鐘です。 
梵鐘下には、「この梵鐘には、戦艦陸奥の羅針盤が含鋳されています。」 との案内が出て居ます。

033_635x800

また、「世界平和と災害のない世の中を念じてお撞き下さい。」 とも出て居ました。
みんなを代表して私が一打撞きました。
大きな鐘の音は、深い谷間にこだまして厳かに響き渡りました。

030_800x586

鐘楼に立って眺めた西上州の深い渓谷の山々です。

032_800x607

カメラを左に振って、黒滝山の岩場を撮りました。

034_800x588

壷の中に咲く綺麗なハスの花です。
ハスの花を撮りながら境内の奥の方へと進みます。

035_800x599


037_800x661

黒滝山不動寺の 「案内」 です。
黄檗宗黒滝派(朝音派)の本山とも記されています。

036_800x545

大杉の向こうに山門が見えて来ました。

038_800x599

山門前の黒滝山の大杉は、群馬県指定天然記念物です。
根回り10㍍、目通り6,6㍍、高さ約41㍍、枝張り東西約15㍍、南北約17㍍で、数本のスギの巨木を中心とする黒滝不動寺の林の代表的なものである。       (この項、「案内板」 より)

039_720x800

山門をくぐって、不動堂から大雄宝殿、龍神の滝、開山堂へと向かいます。                            つづく

| | コメント (6)

2016年8月26日

青岩公園.他

<青岩公園>
夏期巡回ラジオ体操会が終わって、下仁田町で朝食です。
朝食場所は、南牧川と鏑川の合流点にある青い岩畳が美しい青岩公園です。
          <左:南牧川・右:鏑川の合流点>
023

川原では16種類のもの小石が拾えるということでしたが、探し方が悪かったのか要領が得ない私は一つも拾えませんでした。
             <青岩の上に立って>
027

<下仁田戦争跡>
下仁田戦争の話は、聞いて知ってはいましたが現地を知りませんでした。
ラジオ体操会場の下仁田中学校近くにあり訪ねて来ました。

高崎藩士布陣跡の里見塚には、勝海舟直筆と言う大きな高崎藩士戦士の碑が建って居ました。
碑の裏側には、戦死者36名の氏名が刻まれて居ます。
            <高崎藩士戦士の碑>
063

                <史跡案内>
060

この下仁田戦争では、高崎藩士36名が戦死しています。
その戦死者36名の位牌が、高崎市観音山の清水寺田村堂に安置されています。
これで以前に見て来たた田村堂内の位牌の件が納得できました。

≪おまけ≫
昨日に続いて、我が家の鉢植えのサギソウの紹介です。

044_800x609


045_800x600


046_800x591


047_800x576


055_521x411

| | コメント (6)

2016年8月25日

夏期巡回ラジオ体操会

8月21日(日)、夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会が下仁田町で開催され、今年もラジオ体操の友だちと一緒に参加しました。

午前4時50分、我が家を出て高崎から富岡を経て、会場の下仁田中学校に着いたのが6時丁度でした。
会場では大勢の参加者が続々と集まって来ます。
              <ラジオ体操会場>
001

今朝の巡回ラジオ体操指導者は鈴木大輔先生、ピアノが幅しげみ先生です。
今年度から体操指導者となられた鈴木先生は初対面です。

ラジオ放送開始前の説明をする鈴木先生です。
              <鈴木大輔先生>
007

ラジオ体操の全国放送が終了し、その後の講習会も無事に終わりました。
さっそく、友達が帽子に昨年の多胡先生の隣に鈴木先生のサインを貰いました。
             <鈴木先生のサイン>
011_640x466

その後、記念撮影を依頼したところ快く受けて下さいました。

鈴木先生が私を真ん中に入れて、ピアノの幅先生との間に立っての記念撮影です。
幅先生とは、昨年の板倉町の体操会でもご一緒しています。
                <記念撮影>
018_640x478

本日の夏期巡回ラジオ体操会の参加者は1,250人と聞きました。

体操会とその後の講習会が終わって、記念品を貰うために並んだ参加者の列です。
途中から記念品が無くなって、引換券を貰って帰る人も出ました。
                <長蛇の列>
020

台風接近で心配した天気も素晴らしい青空となりました。
せっかく訪ねた下仁田町です。 近隣の観光を楽しんで帰ります。

≪おまけ≫
8月22日、台風9号が関東地方を通過しました。
我が家のサギソウが、その台風に耐えて咲いてくれました。

031_800x671_640x533


035_800x586


034_800x599

| | コメント (4)

2016年8月24日

キジ2016(36)

<8月16日(火) 曇り晴れ>
今朝のヒナは、鉄塔がある畑で遠い位置からの撮影です。
首を長く伸ばした親鳥♀は、絶えず辺りを見回しているようです。
              <AM5:35撮影>
003

嬉しいことでも有るのか、ヒナが時々羽ばたいて見えます。
              <AM6:05撮影>
024

遠くからですが、
首を伸ばしたヒナを観ると大分大きくなったように見えます。
              <AM6:09撮影>
028

<8月17日(水) 晴れ>
今朝は麦畑に居るヒナを見つけました。
右が見張りの親鳥♀と、手前が餌を啄ばむヒナです。
              <AM5:50撮影>
017

親鳥に見守られているヒナです。 尾羽がまだ短くて見えません。
              <AM5:58撮影>
028_2

周りの畑を一巡してきて見ると手前に居たヒナ2羽です。
              <AM6:31撮影>
058

今朝はヒナ観察に夢中で、遅刻してのラジオ体操参加でした。

<8月18日(木) 曇り>
今朝は畑の周辺を回って来てもキジとの出合がありません。
畑の東側の道路を回って土手を見て来ましたがキジは見えません。

坂を登って麦畑の手前の畑に来て、ウオーキング中の人が立ち止まって観て居ます。
キジの親子です。 畑の奥に♂、手前に♀とヒナ5羽が居ました。
              <AM5:55撮影>
007

ヒナを大きく撮りました。
              <AM5:55撮影>
004_3

この後、親鳥♀と一緒に麦畑の藁塚の方へと移動していきました。
              <AM5:58撮影>
008_2

月遅れのお盆が過ぎて、以前に比べて日の出も遅くなりました。
ヒナとの出合いもだんだん難しくなってくるような気がします。

| | コメント (6)

2016年8月23日

キジ2016(35)

<8月12日(金) 晴れ>
H造園業さんの資材庫西側の畑で見つけたヒナたちです。
私の姿を見つけてか、草むらの中に隠れようとして居ます。
              <AM6:10撮影>
013

ここではヒナ7羽を観て居ますが、今朝はこれまでです。
              <AM6:10撮影>
018

<8月13日(土) 晴れ>
これまで出合ったことがない、住宅地の西のイチジク畑でキジを見つけました。
              <AM6:12撮影>
004

♂の姿は見えませんが、右手前の♀と5羽のヒナが居ました。
              <AM6:12撮影>
008

一時、よその畑でキジ探しをして、再びイチジク畑に来て見ると、直ぐ手前の草むらにヒナが居ました。
私の姿を見つけたヒナたちは、親鳥♀(右)に見守られながら畑の奥の方へと向かいます。
              <AM6:29撮影>
037

<8月14日(月) 晴れ>
昨日の朝と同じ、イチジク畑に居たヒナたちです。
              <AM5:50撮影>
015

立ち止まってカメラを向ける私の方を見て居ます。
ヒナの数はやはり5羽でした。
              <AM5:58撮影>
018_2

今朝も辺りを見回って再び来て見ると、昨日の朝と同じように手前の草むらに居たヒナを見つけました。
              <AM6:25撮影>
050

<8月15日(火) 晴れ>
今朝はH造園業さん資材庫の西側の畑でヒナを見つけました。
              <AM6:11撮影>
004_2

ここは以前7羽のヒナを観た所ですが、今朝は3羽だけでした。
              <AM6:14撮影>
009

その後、ヒナたちが草むらに隠れて変化なし、ラジオ体操会場へと向かいました。

| | コメント (6)

2016年8月22日

尾島ねぷたまつり(完)

「尾島児童館」 の幟旗を付けた大太鼓が来ました。
太鼓打ちは、大太鼓に後ろ向きに乗って叩いて居ます。

078_800x589

後に続くのは何ねぷたでしょうか ・・・・。

079_800x599

続くねぷたは、クラブ員の募集ねぷたのようです。

088_800x637

直ぐ目の前で待機していた、ねぷたまつり実行委員会のねぷたが動き出しました。

093_800x599

小振りのねぷたですが、大きな目を見開いた凄みのある顔の鏡絵のねぷたが通ります。

094_800x599

実行委員会の大きなねぷたです。
鏡絵の上の 「ため」 を倒して、電線を避けて通ります。

101_800x669

前に居た大太鼓も交差点を通過しました。

105_800x590

通り過ぎた実行委員会のねぷたです。
真ん中の 「見送り絵」 は鏡絵の題材にちなんだもの、または袖絵の雰囲気に合うものを書くといいます。
見送り絵の両サイドの絵は、見送りをを引き立てるようなものを描くといいます。 このねぷたには虎の絵が描かれています。

110_800x592

ねぷたまつりの第一日目は、10台のねぷた運行です。
明日15日は、11台のねぷたが運行すると聞いて居ます。

↓の倉庫内のねぷたは、明日の運行を待つねぷたのようです。

116_800x547

今年も尾島のねぷたまつりを観て、元気を貰って来ました。  完

| | コメント (4)

2016年8月21日

尾島ねぷたまつり(4)

午後6時40分、ステージでのオープニング式典が終わって、ねぷたの運行が始まります。
ステージ前の大太鼓とねぷたが、国道140号へと移動します。

056_800x599

障害物の電線を潜り抜けて、国道に出る大太鼓です。

058_800x599

「やーやーどー」、「やーやーどー」
引き手の掛け声と共に大太鼓、ねぷたの順に動き出しました。

060_800x599

10尺の大太鼓に続いて、勇ましい武者絵の扇ねぷたが来ます。

064_800x599

扇ねぷたの肩上には、「太田市民ねぷた会」 の文字が見えます。
肩下(文字下)には、大きな雲の絵を描くと聞いて居ます。

066_800x591

ねぷたの後には2連の大太鼓が続きます。
大太鼓の上で、肩肌脱いで太鼓を打つ女性の姿が勇ましいです。

068_800x584

おじま保育園年長組が繰り出す、妖怪ウォッチねぷたが来ました。

073_800x599

ねぷた後方の台上では、園児たちのお囃子が続いて居ます。

075_800x591

尾島ねぷた会の大きなねぷたが来ました。

076_800x595

尾島交差点の一角に立っての見学と撮影です。
暗闇に浮かぶねぷたです。
「ヤーヤードー」、「ヤーヤードー」 の掛け声と共に、ねぷたが次々と交差点を通過して行きます。                つづく

≪お知らせ≫
今朝4時50分、NHK夏季巡回ラジオ体操会(下仁田町)参加のため出掛けます。
皆様のブログへの訪問滞りますことご了承ください。  つちや

| | コメント (2)

«尾島ねぷたまつり(3)