2018年5月24日

玉村北公園・他

玉村バラ園は、この玉村北公園の西の一角にあります。
公園内の一角で出合ったツキヌキニンドウです。

032_1

池の渕で羽を休めるカモと甲羅干しのカメです。
何れも私が来たことに気が付いたようで、カモは動き出しカメは首を伸ばしました。

034_2

池ではコガモの番でしょうか、仲良く泳いで居ます。

037_3

スイレンが咲く池で見つけた鯉です。
よく観ると、手前の鯉はこちらを見て居るようですが、奥手の鯉は死んでいるようです。

040_4

池の西側の岸辺です。 直ぐ前にスイレンが綺麗に咲いて居ます。

041_5


042_6

スイレンが咲く池の横で、シランが咲いて居ます。
向こうの土手の上には、子供たちが遊ぶすべり台が見えます。

043_7

横の丘の林では、エゴノキが白い花をたくさん付けて居ました。

046_8

バラ園でバラの鑑賞、その後の公園内の散策は、良い天気に恵まれて楽しく観て歩くことが出来ました。

≪おまけ≫
5月4日、赤城自然園で撮ってきたシラネアオイです。

143_800x709

5月7日に撮って、撮り溜めて居たユリノキです。

109_1

大きなユリノキで、高い所の花を撮るのが大変でした。

110_2

5月20生まれの私は、誕生花のシラネアオイとこのユリノキが大好きな花です。

| | コメント (8)

2018年5月23日

玉村バラ園(続)

バラ園の中程にある二つの花壇で、左側の花壇で咲くバラです。

014_1

こちらは右側の花壇に咲くバラです。 
何れの花壇もバラの名前が付いて居ますが、カタカナ語で長い名前です。 

015_2

ピンク色で可愛いいバラです。

016_3

混虫が、バラの花の吸蜜に夢中です。

018_4

大きな一株だけのハマナスが、花を付けて居ました。

022_5

高いフェンスの左側に絡まって咲くバラです。

024_6


025_7

フェンスの右側には色違いのバラが咲いて居ます。

027_8


028_9

天気に恵まれたバラの観賞でした。 この後、公園内の散策です。

| | コメント (8)

2018年5月22日

玉村バラ園

5月11日、敬友(老人)会の打ち合わせも早く終わりました。
外は青空です。 
前橋市の南隣、玉村町の北部公園へバラを観に行きました。

バラ園入り口のアーチです。 画面の正面に据えて撮りました。 

001_1

赤いバラは、マリアカラスです。
1977年(S52)、玉村町町制施行20周年記念で町の花に指定されたバラです。
ちなみに玉村町の木はキンモクセイです。

002_2

以下、それぞれ色違いのバラの花を撮って見ました。

003_3


004_4


005_5


007_6


008_7


010_9

再び、マリアカラスです。

009_8

この後、花壇から蔓バラの方へと回って観て来ます。  つづく

| | コメント (10)

2018年5月21日

キジ2018 (5/7)

5月7日、朝食が終わってキジ探しウオーキングに出掛けました。
鉄塔のキジが、H造園業資材置き場の西の畑に来て居ました。
私が来たことに気付いたようです。 こちらを見て居ます。
<AM7:59撮影>
019_1

と、突然ホロ打ちをしました。 私への威嚇でしょうか ・・・・。
<AM7:59撮影>
020_2

鉄塔のキジは畑の中を通り抜けて、S小学校裏の通学路を横切って居ます。
この後フェンスの下をくぐったキジは、深い側溝を飛び越えて田んぼへ向かいます。
<AM8:00撮影>
022_3

田んぼの畦道で立ち止まり、後を付けてきた私を見て居ます。
<AM8:07撮影>
025_4

と、ここでもホロ打ちをしました。
キジの後に付いてきた私に、「早くどかへ行け!」 と言っているようにも見えます。
<AM8:07撮影>
026_5

キジは長い田んぼの畦道を歩いて、西の道路脇まで来た所で羽の繕いを始めました。
<AM8:15撮影>
030_800x582

羽の繕いが終わったと思ったら、狭い側溝を飛び越えて、道路上を歩いて一枚下の田んぼへ向かいます。
<AM8:16撮影>
031_6

一枚下の田んぼの畦道近くへ来て止まりました。
道路横の側溝を飛び越えた所で、3回目のホロ打ちです。
<AM8:23撮影>
033_7

ホロ打ちが終わった後、私の様子を伺いながら田んぼの畦道を東の方へ歩いて行きます。
約20㍍ほど歩いた畦道で立ち止まり、首を伸ばしてホロ打ちの体制です。
<AM8:33撮影>
035_8

やりました! 4回目のホロ打ちです。
「早く立ち去れ!」、と私に対する威嚇のホロ打ちでしょうか ・・・・。
<AM8:33撮影>
036_9

この後、キジは広い田んぼの中程で麦畑の中へ姿を消しました。
私もここで引き返した、5月7日朝のキジ探しウオーキングでした。

| | コメント (10)

2018年5月20日

赤城自然園⑥

昼の弁当はこのシャクナゲ園で、花をながめながら戴きます。
周りのベンチでは、それぞれの人たちが弁当を広げて居ます。
私達も日当りの良い場所のベンチを選んで昼食です。

098_1

弁当を食べながら気にしながら眺めて居た白のシャクナゲです。
食事を済ませた後、近くへ来て撮りました。

101_2

食後に、歩き出して直ぐに出合ったツツジです。

103_3

小さな蕾の横で、
「私を先に撮って!」 と言わんばかりのシャクナゲです。

105_4

池がある所に来ました。
正面に先ほど見上げて撮って来た大きなハンカチノキも見えます。

106_5

少し位置をずらして、池の奥の方を撮りました。
正面の赤いツツジが見事です。

以前訪問した時に、この池の渕で和服姿の新婚さんが記念写真を撮って居ました。
その時の新婚さん今頃どうしているでしょうか、可愛いい赤ちゃんが生まれたでしょうか ・・・・。
ふとそんなことを思い出しながら池を眺めて居ます。

107_6

シャクナゲ園を出るとところで見つけた花(花名不詳)です。

108_7

最後は、総合案内所前の展示棟に入っての見学です。
展示室ではヤマドリ(はく製)が展示されて居ました。
ヤマドリは群馬県の鳥です。
以前、藤岡市鬼石町の桜山へワラビ採りに行って初めてヤマドリと出合ったことを思い出しました。
国鳥のキジも綺麗ですが、ヤマドリも見事です。

109_384x640

GW後半の一日、赤城自然園でたくさんの花と出合いました。 完

| | コメント (14)

2018年5月19日

赤城自然園⑤

昆虫館を出て、カタクリの林を抜けると野草の原っぱです。
その野草の原っぱを抜けてナナフシ橋を渡って四季の森を抜けてセゾンガーデンエリアに来ました。

散策の小路を見下ろす、見晴らし台の近くで咲いて居た見事なシャクナゲです。

086_1

混んで居た、狭い見晴らし台の上に立ちました。
これから歩いて行く散策の小路です。

087_2

赤の見事なシャクナゲです。

090_4

白の大きなシャクナゲです。

092_5

次は薄いピンク色のシャクナゲです。

093_6

近くに寄って撮りました。

094_7

次に見上げたのは、大きなハンカチノキです。
ハンカチノキとの出合は何年振りでしょうか。
大きなハンカチノキは、飽きずに見上げて撮りました。

095_8

今日は少し風が有ります。
風で揺れるハンカチノキを、ズーミングで撮りました。

097_9

時計を見れば間もなく昼です。 弁当を食べる場所探しです。

| | コメント (8)

2018年5月18日

赤城自然園④

ミズスマシの池から林の中を歩いて、今度はトンボ池に来ました。
何か居るかと池を覗くのですが、水が濁って居て何も見えません。

075_1

半周して反対側に来て見ましたが何も見えません。
これから右手の土手上の混虫館を訪ねます。

076_2

中は大勢の人です。 
天井から吊り下げた大きなカブトムシ♂の模型です。

077_3

壁にぶら下がるカブトミシ♀の模型です。
館内を一回りして、たくさんの昆虫展示を観て外に出ました。

078_4

混虫館前のツツジが綺麗です。 振り返って撮りました。

079_5

黄色い花はヤマブキソウでしょうか、あちこちで観られます。

081_6

この辺りのもツツジも満開です。 バックの新緑も見事です。

082_7

シヤクナゲの白です。

083_8

シャクナゲの黄色です。

084_9

次は野草の原っぱを抜けて、自然生態園からナナフシ橋を渡って四季の森、続いてセゾンガーデンの散策の小路などを歩きます。

| | コメント (6)

2018年5月17日

赤城自然園③

四季の森から自然生態園へ行く時に渡るナナフシ橋です。
橋の下には川がありません。 沢に架かる遊歩道です。
前を人が歩いて居たので、渡り切る途中で振り返って撮りました。

063_1

セリバオオレンの案内板が立って居ます。

065_2

シライトソウは、最近芽生えたばかりでしょうか、小さな二株だけ咲いています。

066_3

数えて見たら10個、集団で咲いて居たウラシマソウです。

067_4

たくさん有ったヤグルマソウです。 花はこれから咲くのでしょうか。

069_5

松林の中のツツジです。 見事に咲いて居ます。

070_6

新緑とツツジが映る、神秘的な池に来ました。

071_7

ミズスマシの池の標柱が建って居ます。

072_8

池の東側に来るとオタマジャクシが泳いで居ました。
カメラの収めようとしましたが、池の中の落ち葉や辺りが暗くて上手く撮れません。

073_9

この後は、少し下ってトンボ池から昆虫館と観て回ります。

| | コメント (8)

2018年5月16日

赤城自然園②

セゾンガーデン地域を過ぎて、少し薄暗い四季の森に来ました。
見つけました! 
シラネアオイの苑で、薄い紫色の花が幾つも咲いて居ました。

044_1

シラネアオイ、5月20日生まれの誕生花です。
間もなく私の誕生日(68歳?)です。
花言葉は 【優美】 とか。
(※ 『NHKラジオ深夜便』 「誕生日の花とはなことば」 より)

046_2

シラネアオイの苑を過ぎて、林の中に1本柱で建つ樹上小屋に来ました。
この1本柱の小屋を見ると、ハノイの一柱寺院を思い出します。

047_3

小屋に上って見下ろすとカミさんが歩いて行きます。
「おーい!」 と声を掛けたら、振り向いてバンザイをしてくれました。

049_4

樹上小屋を下りて行くと、
カミさんが、「クリンソウを見つけた。」 と教えてくれました。
クリンソウには少し早いようで、2株だけの観察でした。

050_5

この後、四季の森で出合った花々です。
ユキザサです。

052_6

案内には、マルバダケブキと出て居ました。
(※山小屋さんがシロバナエンレイソウと教えてくれました。)

055_7

次は案内を観損なったのですが、ぎょりゅう? でしょうか ・・・・。
(※山小屋さんがウワミズザクラと教えてくれました。)

059_8

オオツバネウツギと出て居ました。

061_9

林の彼方此方でたくさん来てきたヤマシャクヤクです。

062_10

この後、四季の森からナナフシ橋を渡って自然生態圏に入ります。

| | コメント (10)

2018年5月15日

赤城自然園①

GWも後半に入った5月4日、暫くぶりに赤城自然園を訪ねました。
入場口から入って、出た直ぐ前に咲いて居たシロヤシオです。
天気も良く見事に映えて居ます。

026_1

シロヤシオの木の横で咲いて居たシャクナゲです。 昆虫が吸蜜中です。

029_2

ヒトツバタゴ(別名:ナンジャモンジャ)も満開です。

031_3

ツツジの丘に来ました。
濃いピンク色の華やかなツツジは、ゲンカイツツジでしょうか。
(※山小屋さんがミツバツツジと教えてくれました。)

032_4

ツツジの小径を歩いて来て赤い鳥居に来ました。
鳥居には 「十二山神」 の額が付いて居ます。

035_6

鳥居の直ぐ脇の手水場では、綺麗な清水が垂れて居ます。

034_5

大きな石の上の祠です。
山の神、十二山神様のお参りを済ませて次へ進みます。

036_7

ツツジの小路を歩いて出合ったレンゲツツジです。
故郷では、この花が咲くとメバルが釣れるようになります。
メバルは細かい骨がなく、白身で大好きな魚です。

037_8

四季の森の近くに来た所で、サラサドウダンと出合いました。

040_9

次の四季の森ゾーンには、私の誕生花でもあるシラネアオイの苑 が有ります。 シラネアオイと出合えるでしょうか ・・・・。

| | コメント (10)

2018年5月14日

ウオーキング

5月2日、午後からのキジ探しウオーキングはキジとの出合なし。
古墳横の畑で咲いて居たのは、ヒナゲシでしょうか、オニゲシでしょうか、花名不詳です。

010_1

次にキジを探して、H造園業さん資材置き場の西の畑に来ました。
畑には黄色いボタンが咲いて居ました。

011_2

道路沿いにはタニウツギが咲いて居ました。
このタニウツギの花を観ると、故郷は大佐渡スカイラインの乙羽池周辺のタニウツギを思い出します。

012_3

我が家近かくの亀塚山古墳前に来ました。
と、鳴きながら飛んで来た小鳥が私の前の枝に止まりました。
スズメよりちょっと大きめの鳥は初めて見る野鳥です。 

016_5

その場で向きを変えましたが、野鳥の名前が分りません。
家に帰って野鳥図鑑を見ても分からずじまいです。

013_4

オオムラサキでしょうか。 住宅の生垣のツツジが綺麗です。

017_6

回り道をしてS団地まで来ました。
団地前の庭先に咲いて居た花です。(花名不詳)

019_7

こちらもピンク色の可愛い花ですが、花名不詳です。

022_9

我が屋近くに来て見つけた、番のキジバトです。
私の姿を見た右側の♂が、飛び発とうとしましたが動かない私を見て落ち着いたようです。

103_800x599

キジとの出合はなかったものの、綺麗な花や鳥との出合があった午後のウオーキングでした。

| | コメント (8)

2018年5月13日

キジ2018 (5/1)

爽やかな5月に入って、最初のキジ探しウオーキングです。
S小学校南の田んぼの麦畑に居たキジ♂を見つけました。
キジも私を見つけたようで、こちらを見て居ます。
<PM2:11撮影>
033_1

と、私への威嚇でしょうか、その場でホロ打ちをしました。
<PM2:12撮影>
034_2

体の向きを変えて、こちらを見て私を警戒しているようです。
<PM2:17撮影>
036_3

と、毛繕いを始めました。 しかし目はこちらを見て居るようです。
<PM2:19撮影>
039_4

今日は比較的近い位置での観察です。
午後の日差しもよく、キジが綺麗に撮れています。
<PM2:19撮影>
040_5

赤い顔の小さな黒い点々模様もよく撮れて居ます。
<PM2:30撮影>
041_6

向こうを向いて首を伸ばし初めました。 ホロ打ちの体制です。
<PM2:32撮影>
042_7

やりました!
<PM2:32撮影>
043_8

「どうだ!」 と、いわんばかりの顔をしてこちらを見て居ます。
<PM2:32撮影>
044_9

暫くして、道路上を歩いて2枚下の田んぼの麦畑へ行きました。
<PM2:34撮影>
048_11

晴れた午後のキジ観察は、近い位置での撮影ができました。
このキジは鉄塔下から来たキジ♂と見て居ます。 
先月、この田んぼでキジ♀を見ましたが今回は出合いなしでした。

| | コメント (6)

«ふじの咲く丘