2017年4月23日

キジ2017 (4/14.15)

<キジ2017 (4/14)>
麦畑の土手下の道を自転車で走って居て、枯れ枝に止まるキジ♂を見つけました。
ここは昨年キジ♀がヒナを連れて止まって居た枯れ枝です。

私を見つけたキジは直ぐに下りて麦畑に隠れました。
<AM6:01撮影>
003

土手下の道を回り込んで古墳の前に来て、
古墳の上に居た♀でしょうか昨年生まれたヒナでしょうか、見つけましたが直ぐに草むらの中へ姿を隠しました。
<AM6:07撮影>
009

古墳の西側の畑で、いまほどホロ打ちをしたキジが居ます。

探して見るとネギ畑の横にキジが居て、再びホロ打ちをしました。
シャッターのタイミングが合いません。
ホオロ打ちが終わって背伸びしているキジを撮りました。
<AM6:19撮影>
016

ラジオ体操へと自転車を走らせて、S小学校裏の田んぼへ来た所で畦道の草むらに居たキジの番を見つけました。
♂は♀にラブコールをして追い回して居るようですが、♀は相手にして居ないようです。
<AM6:22撮影>
018

時計を見るとラジオ体操が始まって居る時間です。
自転車を飛ばしてS小学校の西に来た所で、田んぼの畦道で佇むキジ♀を見つけました。
カメラを向けて観ると、このキジ♀は妊娠しているようにも見えるのですが ・・・・。
<AM6:37撮影>
031

今朝のラジオ体操は、第二体操の深呼吸だけで終わりました。

<キジ2017 (4/15)>
自転車で土手下の道を走って来て、鉄塔下を通り過ぎた所で古墳の東側の土手居たキジ♂を見つけました。
ここまで来る途中でも、このキジのホロ打ちを遠くで聞きました。

ここで再びホロ打ちをしたのですが、シャッターを押すタイミングが合いませんでした。
<AM6:01撮影>
038_2

と、数分後に再度ホロ打ちをしましたが、今度もシャッターのタイミングが合いません。
<AM6:05撮影>
044_5

ホロ打ちをしたキジは動こうとしません。
こちらもジッと我慢の子、立つ位置を少しずらして次のホロ打ちを待ちました。

やってくれました。
しかし撮影未熟者です。 上手く撮れませんでした。
<AM6:17撮影>
053_7

この後自転車で古墳の前へ回ると、↑のキジは古墳のキジで古墳に戻って来ました。

自転車で体操会場へと向かう途中です。
S小学校裏の田んぼから西の田んぼへ移るキジを見つけました。
<AM6:30撮影>
062_10

道路を渡るキジをカメラに収めて、S小学校の北の田んぼに来て畦道でカモと一緒のキジ♀を見つけました。
<AM6:34撮影>
068_11

続いて、西側の田んぼの畦道に居たキジ♂を見つけました。
<AM6:35撮影>
071_12

ラジオ体操は、昨日に続いて今朝も遅刻となりました。

| | コメント (8)

2017年4月22日

波志江沼公園(完)

大きく入り組んだ沼の北側です。
先ほど遊歩道で振り返って撮った薬師堂付近の桜を、湖面を通して再び撮りました。

050

沼に架かるふれあい橋方に向かって歩きます。

051

ふれあい橋の入り口を過ぎた所に小さな広場があります。
ここは冬のイルミネーションでマユドームが作られる広場です。
遊歩道を外れて民家の畑のモモの花を観に行きます。

052

桜に負けじと大きなハナモモが綺麗に咲いて居ます。

053

近くに寄ってモモの花を大きく撮ってみました。

054

隣りの白いモモの花も撮ってみました。

058

白いと言えば大きなユキヤナギが満開です。

055

良く観ると、手前は八重のユキヤナギと思うのですが、八重咲きが有るのかどうか自信がありません。

056

(↑、山小屋さんが 「ジジミバナ」 と教えてくれました。)

奥の方には見慣れたユキヤナギのようです。

057

穏やかに晴れた日の波志江沼の遊歩道です。
満開の桜などを眺めながら楽しく歩いた花見となりました。  完

| | コメント (8)

2017年4月21日

波志江沼公園(3)

波志江沼に架かるふれあい橋を渡った東側の土手の桜です。

031

橋の上でカメラを少し左に振ると、伊勢崎市の水道タンクとその向こうに赤城山がそびえて見えます。

032

ふれあい橋の東側にある庭園に来て見ました。
桜の木には、「10月桜」 との案内札が付いて居ました。

038

直ぐ横のピンク色の桜は何桜でしょうか、小さな花が可愛いです。

040

少し離れて、見事な枝垂桜との出合です。

041

地上近くまで垂れ下がった一枝をカメラに収めて見ました。

042

波志江沼北側の柳です。 新緑の芽吹きが綺麗です。

044

なにカモでしようか ・・・・。
また何を見つけたのでしょうか、逆さまになりながら潜って居ます。

046

薬師堂前を撮り過ぎて、振り返って遊歩道の桜並木を撮りました。

047

沼西側の遊歩道をふれあい橋の方へと歩いて行きます。 つづく

| | コメント (6)

2017年4月20日

波志江沼公園(2)

波志江沼の南の端で咲く大きなシラレザクラです。
ここから左折して、沼沿いを東に向かって歩きます。

012_1

沼の渕では、可愛いニワウメも見ごろを迎えて居ました。

014_2

左手に弁天島、その向こうに赤城山を見ながら歩きます。

017_3

カモが沼の水面上に浮かぶ花びらを啄ばみながら泳いで居ます。

019_4

ミツバツツジも見ごろを迎えて居ます。

021_5

沼の東側の遊歩道を北に向かって歩いて居ます。

022_6

外灯の下に咲いて居たミツマタです。

025_7

沼の岸辺を覗くと水鳥が羽を休めて居ました。
その水鳥を驚かさないようにしてカメラを向けました。

028_8

波志江沼の中ほどに架かるふれあい橋の東側の桜を撮りました。

029_9

波志江沼の南側半分の遊歩道を歩いて来ました。
残り北側半分を桜を眺めながら歩いて観て来ます。   つづく

| | コメント (9)

2017年4月19日

波志江沼の桜(1)

今年は花見が早いと言われてきましたが、天候不順で一週間以上遅れた波志江沼公園の花見となりました。

駐車場から観た、波志江沼の土手の桜は満開です。

001_800x596

近くに来て見上げて撮りました。

002_800x611

沼の岸辺で燃えるように咲いて居た花(花名不詳)です。

003_800x593

(※山小屋さんが「ベニバナトキワマンサク」と教えてくれました)

060_800x599

一周約3㌔の沼を、時計周りと反対に桜を観て歩きます。
左手が沼で右手の土手の桜は満開、今が見ごろです。

006_800x607

土手に立って、ふれあい橋の向こうに見える赤城山を撮りました。

007_800x590

カメラを右に振って沖合の弁天島を撮りました。
芽吹いたヤナギには、大きなアオサギやカワウが集まって居ます。

009_800x573

数十㍍ほど歩いた所で、振り返って2本の枝垂れ桜を撮りました。

010_800x599

土手のソメイヨシノは満開です。

011_800x599

静かに晴れた日の波志江沼公園の散策、桜を眺めながらのウオーキングは最高の健康づくりです。           つづく

| | コメント (10)

2017年4月18日

自然史博物館(続々)

階段を上ってくる者を覗き込むように見つめる恐竜の骸骨です。

056_1

2階がら下を覗くと数㍍の恐竜骨格標本でした。

057_2

今にも襲いかかって来そうな迫力がある熊の標本です。

059_3

私たちヒトの自然界における物語を紹介しているコーナーです。

061_4

死者の埋葬風景です。 
今は火葬の時代ですが、数年後には我が身もと考えながら複雑な気持ちで眺めて来ました。

063_5

富岡の県立自然史博物館を出た後は、安中市の磯部温泉へ回って日帰り温泉 「恵みの湯」 浸かって帰りました。
ここ安中市は温泉マークの発祥の地です。
新しい地図の温泉マークが変わるようですが、ここ安中市発の温泉マークも今まで通り地図上に残ることになったようです。

<おまけ>
4月7日午後のキジウオークで出合ったサクラ・さくら・桜です。
↓、S町のさくら公園のサクラです。

102_1

↓、S町の禅養寺さんの花まつりの前日に撮ったさくらです。

103_2

↓、S町二丁目のさくら公園の土手に咲く桜です。

104_3

↓、近くに寄って撮ってみました。

105_4

| | コメント (6)

2017年4月17日

自然史博物館(続)

続いては、鳥のコーナーです。

044_1

ゆっくり観て歩きたいのですが、連れは先へ先へと進みます。

046_2


048_3


049_4


050_5


051_6


052_7

キジのコーナです。
このところのキジ観察で、親しみを感じながら観て来ました。

053_8

左側はトキです。 故郷佐渡島のトキはトキ色で綺麗です。
展示されているトキはみすぼらしい姿のトキでした。

065_9

階段を上がって2階の方へ回って観て来ます。     つづく

| | コメント (10)

2017年4月16日

自然史博物館

これまで富岡方面に来ても、まだ一度も訪ねたことがない群馬県立自然史博物館を訪ねました。

博物館前の土手で出迎えてくれた、巨大カブトムシです。

027_800x557

博物館内は、A・B・C・D・Eと五つの展示コーナーに分かれており、先ずはAの 「地球の時代」 を観て回ります。
今日は日曜日、家族連れの見学者が多いです。

030_2


031_3

大きな口も開けます。
近くに寄った時、横で大きな口を開けた時はびっくりしました。

032_4


034_5


038_6


040_7


041_8


042_9

じっくり見て居る私は皆より遅れているようで急ぎます。 つづく

| | コメント (8)

2017年4月15日

富岡製糸場

4月9日(日)雨、古里佐渡島から来客中です。
せっかくの来訪者です。 
雨降りですが、屋内見学ならと富岡製糸場へと出かけました。

上毛かるたの読み札に
   「に」 日本で最初の富岡製糸
 があります。

昭和62年(1987)まで使われていたという製糸場の内部です。

005_1

フランスの技術を導入した日本初の本格的自動繰糸機械です。

007_2

見学者が、繭から生糸の採取方を体験して居ました。

001_3

フランスの技術指導者が家族と暮らしていたという首長館(ブリュナ館)です。

014_4

東置繭繭と同様、
繭の貯蔵庫として使用したという西置繭所の2階です。

015_800x586


017_800x595

市内に出て見つけたマンホールの蓋です。
蓋の絵柄は藤の花と紅葉です。

022_800x751

商店街での意気な飾り物です。

024_800x599

この後は、市内にある群馬県立自然史博物館を訪ねました。

| | コメント (8)

2017年4月14日

キジ2017 (4/6.11.13)

<キジ2017 (4/6)>
土手下の道路を自転車でキジ観察をして来たが、キジとの出合がありません。
古墳前に来て、墳堤の上に居たキジ♂を見つけました。
<AM6:06撮影>
005_2

続いて、鉄塔の西の畑を通り越してH造園業さん資材庫横の麦畑に来て、藁塚を下りようとしているキジ♂を見つけました。
<AM6:17撮影>
008_3

再び鉄塔の西の畑に来て、鉄塔下の石の上に居たキジ♂を見つけて撮りましたが、位置関係が少し遠過ぎます。
<AM6:19撮影>
010_4

今朝は、キジ♂3羽を観ただけの朝となりました。

<キジ2017 (4/11)>
今朝も土手下の道路を自転車で回って観て来たが、キジとの出合なしです。

古墳前に来て、墳堤に居たキジ♂を見つけました。
<AM6:06撮影>
006_1

と、その横の草むらが動きました。 姿を出したのはキジ♀でした。
<AM6:10撮影>
007_2

今朝は、ここ古墳のキジだけとの出合となりました。

<キジ2017 (4/13)>
最近になって、ラジオ体操の友人や犬の散歩の婦人から、
「この頃あちこちでキジが鳴いて居ますよ。」 と教えてくれます。

今朝は古墳の上に居たキジ♂を観て、次のH造園業さん資材庫の西の畑に来てキジ♂を見つけました。
至近距離です。 自転車を下りてしゃがみこんで待ちました。
<AM6:13撮影>
017_1

カメラを構えて居たら、突然のホロ打ちです。
何とかカメラに納まったようです。
<AM6:14撮影>
018_2

キジが向きを変えましたが、こちらは動かずです。
<AM6:14撮影>
019_3

と、向きを変えたキジが再度のホロ打ちです。 
今度も何とか撮れたようです。
<AM6:18撮影>
021_4

まだラジオ体操まで時間は有ります。
キジ♂はあちこちと動き出しました。 こちらもキジが行く方へと静かについて行きます。

と、突然3度目のホロ打ちです。 今度は正面から撮れました。
<AM6:27撮影>
028_5

カメラのモニターを見ると何とか撮れているようです。
るんるん気分でラジオ体操会場へと自転車を飛ばしました。

| | コメント (8)

2017年4月13日

コヒガンザクラと花まつり

4月6日、曇り空で花見には適さない午後でしたが、伊勢崎親水公園うぬきへコヒガンザクラを観に行って来ました。

コヒガンザクラの木に、コヒガンザクラ (バラ科サクラ属)の案内札が付いて居ました。 読んで見ると、
「花期は早く彼岸頃に咲き始めるためにこの名前がついたといわれており、エドヒガンとマメザクラの雑種と推定され、花着きがよく、大きくならないので庭に植えられることも多い。」
と記されて居ました。

公園内のコヒガンザクラの並木です。 
振り返って、歩いて来た北側の駐車場方向を撮りました。

015_1

南の方にある大きな吊橋、うぬきばしの方へ歩いて行きます。

016_2


017_3


018_4


021_5


022_6

残念です。 青空が欲しかった、コヒガンザクラの花見日和でした。

cherryblossom<花まつり>cherryblossom
4月8日はお釈迦様の誕生日で花まつりの日です。
キジ観察はお休みして、天台宗禅養寺さんへお詣りに行きました。

山門前に立って、参道から本堂を撮りました。
枝打ちされた境内の桜は、5分咲き程度と言ったところです。

119_7

参道脇に並ぶ六地蔵尊です。 後方のサクラが彩を添えて居ます。

120_8

嬰児の軌跡を再現したともいわれる小さな釋迦誕生仏立像です。
天地を指して 「天上天下唯我独尊」 の小さな釈尊像です。

120_9

釈尊立像に甘茶をかけて参拝を済ませ、記念写真に収まった後に甘茶を戴いてラジオ体操会場へと急ぎました。

| | コメント (4)

2017年4月12日

キジ2017 (4/5)

中一日休んでのキジ観察は、麦畑の東側の土手に来て藁塚の上に居たキジ♂を見つけました。

私を見て驚いたのか、キジは西の方へと飛び発ちました。 
直ぐにカメラを向けてシャッターを押したが、尾羽だけが写って居てボツです。 
<AM6:03撮影>
002_1

古墳横の畑に来て、遠く鉄塔付近に居たキジ♂とヒナでしょうか見つけて撮りました。
<AM6:07撮影>
005_2

と、手前の土手の草むらから♂と♀が出て来ました。
慌ててカメラを向けて撮りました。
<AM6:08撮影>
008_3

手前に居た♂は、左手の方の古墳に上り始めました。
<AM6:11撮影>
022_4

鉄塔付近はと観ると、別のキジ3羽が見えます。
<AM6:13撮影>
025_5

と、一緒に居た♀でしょうかヒナでしょうか、2羽が古墳の方へ歩いて来ます。
<AM6:15撮影>
028_6

やって来た2羽のキジは古墳の草むらに隠れました。
<AM6:15撮影>
030_7

古墳上では、何ごともなかったように堂々と構えているのはキジの♂です。
<AM6:28撮影>
032_8

再度、鉄塔方向に目をやると♂が尾羽を広げて♀にラブコールをして居ます。
<AM6:30撮影>
034_9

時計を見るとラジオ体操が始まった時間です。
駆けつけると第一体操が終わって第二体操が始まって居ました。

| | コメント (10)

«ウオーキング