« 松井田院不動寺(続) | トップページ | 大泉山補陀寺他 »

2014年2月 4日

旧松井田町

不動寺から八幡宮へ引き返す途中、ロウバイの香に魅かれて振り返って見ると、祭りの山車小屋のような建物がありました。
近づいて見ると土蔵造りのような社は天満宮でした。
                 <天満宮>
053

       <狭い境内で芳香を匂わせていたロウバイ>
054

≪旧松井田町≫
ところでここ旧松井田町は、10数年前 「金の道 佐渡から江戸へ」 のイベントで大変お世話になった懐かしい思い出の町です。

江戸時代、佐渡金山から産出された金銀は、人、馬、舟を使って遠く江戸まで運ばれました。
そのルートを時代衣装をまとって、佐渡から東京まで歩いてたどる 「金の道 佐渡から江戸へ」 で、旧松井田町から高崎市まで歩く行列に参加しました。

≪その一≫
1998年5月下旬、佐渡金山のある旧相川町を出発した金の道の行列は、6月2日に中山道の宿場町松井田に着いて一泊。
翌3日、旧松井田町役場から高崎市役所まで歩く行列の一行に夫婦で参加しました。
         <途中休憩の安中市武家屋敷で>
Img_0003

≪その二≫
翌年の1999年5月18日、
2回目の 「金の道 佐渡から江戸へ」 の一行が旧松井田町に着きました。 友達を誘って前日の歓迎イベントから参加しました。
翌日は雨の日の出発です。
行列は蓑を着て旧松井田町役場から高崎市役所まで歩きました。
    <ボランティアの人たちと旧松井田町役場前で>
Img_0001

↓、「金の道 佐渡から江戸へ」 で行列が通過した52 区市町村の
   紹介記事が載った冊子です。
                 <記念誌>
Img_0004_563x800

           <到着した高崎市役所ロビーで>
Img_0002

≪その三≫
2000年5月24日、
3回目の「金の道 佐渡から江戸へ」 のイベントで、地元旧松井田町のボランティアの皆さんと出発前の記念撮影です。
この年から旧松井田町役場から高崎市倉賀野の脇本陣跡まで歩く距離が伸びました。
              <旧松井田役場前で>
Img_0001_800x557

≪その四≫
2001年5月23日、
4回目のこの日は朝から雨の行進でした。
昼食は高崎市の藤塚町公民館だったと思います。 
濡れた体を乾かしながら食事を頂いた記憶があります。
また、行列の中で一度は裃を着けた侍役をやってみたかったのですが、一日参加の者には無理でした。
              <公民館の廊下で>
Img_620x800

旧松井田町の中心を東西に横切る中山道、そこには松井田宿と碓氷関所があった宿場町です。

佐渡金山の世界遺産登録運動の一つとして行われたイベントが、
「金の道 佐渡から江戸へ」 です。
旧松井田町はそのイベントに協力してくれた町です。 私にとって旧松井田町は忘れがたい町です。

|

« 松井田院不動寺(続) | トップページ | 大泉山補陀寺他 »

ぐんま・西部エリア」カテゴリの記事

コメント

>地理佐渡さんへ
最初のイベントはカミさんと二人で参加しました。
2回目からは友達を誘っての参加でした。
またその友達の中には佐渡へ2度も連れて帰省しました。
当時の大野亀のトビシマカンゾウを思い出します。

投稿: つちや | 2014年2月 5日 05:52

こんばんは。

良い想い出となったイベントですね。
先日紹介しました相川街道の道標。
ここもそのルートの中の一点ですねぇ。
何か嬉しいなぁ。

投稿: 地理佐渡.. | 2014年2月 4日 20:33

>hirugaoさんへ
思い出に残る楽しいイベントに参加できて幸せです。
もうこんなイベントには参加できない齢となりました。
歳はとりたくないですがこれも人生ですね。

投稿: つちや | 2014年2月 4日 16:34

>ひろしさんへ
佐渡金山の世界遺産登録は期待しているのですが ・・・・。
岩見銀山を観に行きましたが佐渡金山も早く登録されて
欲しいと願うものです。
広島には立派な世界遺産の厳島神社がありますね。

投稿: つちや | 2014年2月 4日 16:30

>みどりさんへ
4年連続で実施されたイベントです。
旧松井田町の皆さんには大変お世話になり思い出多い
イベントでした。
私たちも少しは若かったので楽しませて貰いました。
中山道の杉並木でカメラの放列は今でも頭に残ります。

投稿: つちや | 2014年2月 4日 16:24

>山小屋さんへ
山小屋さんがこのイベントに参加していたら一日と言わず
全行程を歩かれたのでは ・・・・。
全行程を歩かれた人は何人もいるようです。
カミさんの兄は4日が最高でしたか。
楽しい思い出に残る 「金の道 佐渡から江戸へ」 でした。

次なる 「金の道」 を是非とも計画・実施にのせて下さい。

投稿: つちや | 2014年2月 4日 16:19

いいイベントですね。
ましてや佐渡からの「金の道」は以外と近いのに驚きました。

笑顔のお写真が今より少しお若かったようですね。
今日から又寒くなるようです。

投稿: hirugao | 2014年2月 4日 09:51

!(*^_^*)!つちや昭一さん、お早うございます!
金の道と言う素敵なイベントが有ったのですね
佐渡金山が世界遺産に登録されるといいですね。
*松井田町をご一緒させて頂きました。
('_')小生の{ひろし爺1840のGooブログ」にも遊びにお越し
下さ~い!
('_')来訪・コメントをお待ちしていま~す!
ひろし爺1840

投稿: ひろし爺1840のGooブログ | 2014年2月 4日 08:00

あら~素敵なイベントですね。
そして、そのイベントを応援する参加者の
皆様のお心が素晴らしいです。
つちやさんご夫婦もイベントをエンジョイされて
おいでのようで嬉しいです。笑顔がいいですね。

投稿: みどり | 2014年2月 4日 07:53

ロウバイの花はまだまだ楽しめます。

中山道は平成19年4月21日の日本橋を出発して
平成22年11月26日に京都の三条大橋に着きました。
中山道としては草津で一応終わりですが、東海道の
3日間を含めて4年間、延べ日数35日間を歩き通しました。
高崎から磯部、磯部から横川を歩いたのは平成20年5月と
6月です。

この「金の道」のイベントは知りませんでした。
あとで、この「記念誌」を貰いましたが、知っていれば私も参加
したと思います。
仲間から「ぜひやって欲しい」と頼まれ、佐渡市役所から詳細な
地図を借りて資料作りをしました。
佐渡からの船は出雲崎に渡ったようで、海上ルートが確保できず、
実施できないでいます。

投稿: 山小屋 | 2014年2月 4日 07:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松井田院不動寺(続) | トップページ | 大泉山補陀寺他 »