« すみつけ祭 | トップページ | 稲荷神社獅子舞 »

2014年2月14日

すみつけ祭(続)

すみつけ祭は、玉村町の重要無形民俗文化財です。
すみつけ祭の由来は、
昔疫病が流行ったとき、名家の下女が鍋を手に持っていて転んでしまい鍋墨が顔にべっとりついてしまったが、その下女だけが病にかからなかったことから始まったとの言い伝えが残っている。
   (この項、『玉村町町制50周年記念誌』(2008年3月)より)

自分の顔に墨を付けた子供たちが、大根の切り口に墨を付けた大根を持って家々を回り、その家の人の顔に塗りつけて無病息災を願うものです。
昔は鍋や釜底に付いた墨を使っていたが、今は消し炭を使っていると聞きました。
         <オサゴ櫃(手前)と太鼓(向こう側)>
016_800x607

   <公民館前に出ていた 「ASITAを走ろう “かるた”」>
019_800x567

       <祭半纏を着て首に御幣を刺 して歩く父兄>
022_800x600

    <すみつけが終わって土産を貰って帰る子供たち>
024_800x600

          <二軒目の家の前で太古の連打>
025_800x594

          <我先にと群がる元気な子供たち>
026_800x620

        <オサゴ櫃が寄付(米)受けに玄関前へ>
027_800x600

     <右手にはすみつけ用大根、左手にはお土産>
028_800x600

       <貰ったお菓子は袋やバックに入れて>
029_800x598

       <次の家に向かって走る元気な子供たち>
031_800x579

この後、子供たちは公民館で打ち上げとなるようです。
私の方は、次の祭り 「稲荷神社獅子舞」 へと直行しました。

|

« すみつけ祭 | トップページ | 稲荷神社獅子舞 »

ぐんま・県央エリア」カテゴリの記事

コメント

>みどりさんへ
すみつけ祭を見て私の方も元気を貰いました。
子供のころの思い出は大人になっても覚えていますね。

当方は今雪が降っています。 先週の様に積もるようです。
今朝のテレビで観ましたがニュヨークの方は大雪のようです。
みどりさんの所は大丈夫でしょうか。

投稿: つちや | 2014年2月14日 15:56

>hirugaoさんへ
ラジオ体操が終わって8時ころから雪が降っています。
雪は先週のように積もるようです。 現在4㌢ほど有ります。
暖かい春を待っていたのに期待はずれですね。

投稿: つちや | 2014年2月14日 15:49

>山小屋さんへ
子供のころは釜の火燃しをさせられました。
燃やしている薪から出てくる汁をあかぎれにつけて
飛び上がるほど熱かった思い出があります。(笑)

今日は一日雪が降っていますね。
先週より積もるのでしょうか ・・・・。

投稿: つちや | 2014年2月14日 15:46

子供達にとっては、素敵な思い出になりますね。
こんな風にして、みんな大人になっていく地元の子供達。
微笑ましくなって、画像を見せていただきましたよ。
ありがとうございます。

投稿: みどり | 2014年2月14日 12:36

墨付け祭りにはいい願いが込められているようですね。
子供たちの笑顔に癒されます。

今朝はもうかなりの雪が積もっていました。
仕事にパパもママも出かけました。
そちらも多分雪のようですね。

投稿: hirugao | 2014年2月14日 08:41

なるほど、無病息災を願った祭りですね。
昔はかまどで煮炊きをしたので、鍋の底についた
スミを包丁の背でこすって取っていました。
雪の上でやるとそこだけが真っ黒になっていました。
寒くてもやっていたお袋の姿が目に浮かびました。

予報通り、雪の朝になりました。
もうかなり真っ白になっています。
このまま夕方まで降り続けば、かなり積もりそうです。

投稿: 山小屋 | 2014年2月14日 07:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すみつけ祭 | トップページ | 稲荷神社獅子舞 »