« ろうばいの郷 | トップページ | 広瀬川から弁天通りへ »

2014年2月 7日

前橋・広瀬川

2月3日、大蓮寺の節分行事の豆まきならぬチョコレートまきに行きました。
まだ時間があります。 近くの広瀬川のほとりを歩いて見ました。

「水と緑と詩のまち」
前橋市内の中心部を広瀬川が流れています。

↓、国道17号に架かる厩橋の袂に刻まれた句と彫刻です。
   前橋残景
   繭ぐるま曳けばこぼるる天の川 と刻まれています。
                <見事な彫刻>
005_800x600

↓、前橋の詩人、萩原朔太郎が 「広瀬川」 を詠んだ詩碑です。
                 <広瀬川>
007_800x583

↓二つ、こちらも前橋を代表する詩人、伊藤信吉の詩碑です。
                  <旅>
008_800x582

                <上州望郷>
009_800x592

↓、昭和20年(1945)8月5日、前橋大空襲で犠牲となられた死没
   者の慰霊記念碑です。
          <比刀根橋防空壕跡地の記念碑>
010_800x627

                <埴 輪>
034_800x599

↓、“いとのまち” の往時を偲ばせる水車です。
                <水 車>
035_800x603

↓、むかし、水車が回っていたであろう交水堰です。
   今は川底を干しているのでしょうか水が流れていません。
   (我が団地横の韮川も、冬季間一時期流水を止めています。)
                <交水堰>
037_800x600

              <広瀬川 「絹の橋」>
039_800x600

↓、大きな石がごろごろとした川底です。
               <広瀬川の川底>
041_800x600

水の流れがない広瀬川ですが、見方によっては川底が眺められた広瀬川の散策です。                つづく

|

« ろうばいの郷 | トップページ | 広瀬川から弁天通りへ »

ぐんま・県央エリア」カテゴリの記事

コメント

>Mariaさんへ
水を満々とたたえた広瀬川のほとりを歩きましたね。
この日は川底を干していました。
我が家の団地横の韮川も一昨日から水が流れています。
今は広瀬川も水が流れていると思います。
松井田のロウバイは昨日の雪でどうなったでしょうね。

投稿: つちや | 2014年2月 9日 05:31

こんばんは。
広瀬川のお水は今は干されているのですか?
広瀬川と言うと満々と溢れそうな流れしか観た事が有りません。
子供の頃母のお宅へお邪魔した時、溢れそうな広瀬川がすぐ
傍で、その豊かな流れと緑の美しさに子供ながら驚いた事を
今も覚えています。

群馬からの案内でロウバイの里の事が気になっていましたcoldsweats01
つちやさんのお蔭で美しいロウバイを拝見させて頂きとても
嬉しいです。

いつもありがとうございます。

投稿: Maria | 2014年2月 8日 17:58

>シクラメンさんへ
お早うございます
今朝、新聞をとりに外へ出てみたら真っ白でした。
午前中のグラウンド・ゴルフは中止ですね。
このところ調子がよかったので残念です。
ソチ五輪のテレビ観戦ですね。 

投稿: つちや | 2014年2月 8日 06:04

つちや様こんばんわ。
私は前橋行ったことないです。 荻原朔太郎さんの名前は
知っています。 そちらの出身ですか。
広瀬川仙台と同じ名前の川ですね。 水がないのですね。
明日は全国的に雪がふるようです。 
オリンピック観戦でもしましょう。

投稿: シクラメン | 2014年2月 7日 22:08

>みどりさんへ
裏日本の佐渡島から出てきて住み慣れた群馬県、
特に前橋は雨や雪が少なく住みやすい所ですね。
また古墳が多い所で昔は相当の豪族が居たのでは
と心弾ませています。

投稿: つちや | 2014年2月 7日 18:14

>紅さんへ
群大病医院へ来られたことがあるのですね。
水上にも来ておられますから群馬には縁がありますね。
でも交通の便となると前橋は今一ですね。
住んでみると物価が安定、雨が少ないいいところです。

投稿: つちや | 2014年2月 7日 18:08

>hirugaoさんへ
群馬県は前橋市で県庁所在地です。
海なし県で温泉県です。 
草津温泉は聞いたことがあるでしょうね。
日照権は日本一で雨が少ないいいところです。

投稿: つちや | 2014年2月 7日 18:03

>山小屋さんへ
漬物のたむらやをご存知でしたか。
ここの漬物は美味しいのでお土産に使って喜ばれました。
重たいのが難点ですね。(笑)
小豆島の旅行で、民宿のおばさんへ土産に持って行って
喜ばた思い出があります。

投稿: つちや | 2014年2月 7日 17:58

>地理佐渡さんへ
昔はよく訪ねた広瀬川です。
「水と緑と詩のまち」 にふさわしい広瀬川ですね。
水がなかった分、川底を見た楽しみ方がありました。(笑)
文学館に寄れなかったのが心残りです。

投稿: つちや | 2014年2月 7日 17:52

広瀬川は、大ヒットした曲でしたね。
歴史的なものがたくさんあるので驚きました。
有名な詩人を生み出したご当地。
つちやさんの住み慣れた第二のふるさと。
素敵ですね。

投稿: みどり | 2014年2月 7日 12:23

こんにちは*^^*
高崎には立ち寄っても何故か縁遠い前橋です。
県庁所在地でしたね。群大病院へ叔母を見舞った時ぐらいでした。
養蚕の盛んな町でしたね。
>繭ぐるま曳けばこぼるる天の川
往時を忍ばせてくれる素敵な彫刻と句でしたね。

投稿: | 2014年2月 7日 11:20

つちやさん   こんにちわ~

前橋市というのが私のところからはなぜかすごく遠く感じます。

このような川があって暖かくなったら水も流れるのでしょうね。
川底の丸い石が面白いですね。

投稿: hirugao | 2014年2月 7日 10:26

前橋には仕事で何度も通いました。
確か、味噌漬けの美味しいお店がありました。
ショウガの味噌漬けが好きでした。

広瀬川といえば仙台を思い出します。
前橋にもあるとは知りませんでした。

投稿: 山小屋 | 2014年2月 7日 07:01

おはようございます。

前橋市内を流れる都市河川。
広瀬川ですね。 良い雰囲気です。
綺麗に管理されているんだなと感じました。
なかなか縁遠い前橋市。 
通過でなくてゆっくり歩いてみたいものです。

投稿: 地理佐渡.. | 2014年2月 7日 06:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ろうばいの郷 | トップページ | 広瀬川から弁天通りへ »