« 尾島ねぷたまつり(3) | トップページ | 尾島ねぷたまつり(5) »

2014年8月22日

尾島ねぷたまつり(4)

出陣セレモニーの野外ステージ前には大勢の人です。
出陣セレモニーに合わせて、ねぷたもステージ近くに移動です。

サッカーの尾島ジュニアの変わったねぷたも来ました。
            <尾島ジュニアのねぷた>
040_800x580

武者絵のねぷたと太鼓も続いて来ます。
              <ねぷたと太鼓>
041_800x580

野外ステージでは出陣セレモニーが始まります。
壇上にはそれぞれの提灯を持って名士が勢ぞろいです。

一歩前に出て名士が紹介されると、その名士が提灯をかざして、
「ヤーヤドー」 と、ねぷた運行時の掛け声をかけます。
              <出陣セレモニー>
042_800x608

舞台では津軽三味線の演奏が始まりました。

舞台真ん中で前列の男性が、津軽三味線全国大会A級チャンピオン3連覇と紹介が有った渋谷和生さんです。
             <演奏:津軽三味線>
044_800x584

海外公演もあるという渋谷和生さんです。
              <渋谷和生さん>
045_800x537

              <津軽三味線③>
046_800x599

           <津軽じょんがらの紹介>
047_800x599

民謡コンクールに優勝したと言う若い娘さんの熱唱です。
(名前は聞き洩らしました。)
 ♪ ハーお国自慢のじょんから節よ
    若衆うたって主(あるじ)のはやし 娘踊れば稲穂も踊る

張りのある声で歌う津軽じょんから節、町の夜空に響き渡ります。
            <熱唱:津軽じょんから>
048_800x590

交通規制の尾島交差点の真ん中に大太鼓(10尺)が待機し、その周りには鉢巻き姿でばちを持った若い衆が集まっています。

|

« 尾島ねぷたまつり(3) | トップページ | 尾島ねぷたまつり(5) »

まつり」カテゴリの記事

コメント

>みどりさんへ
江戸時代初期のよしみで始まったというねぷた祭りです。
数年前は絵師などの派遣も有ったようです。
何時までも良い関係での友好都市であって欲しいですね。

投稿: つちや | 2014年8月22日 17:44

>hirugaoさんへ
ねぷたの運行は暗くなってからですね。
このあと大太鼓演奏があってその後の運行です。

関西から九州本方面は強烈な雨ですね。
当地は夕立もなく蒸し暑い昼夜を過ごしています。

投稿: つちや | 2014年8月22日 17:41

>山小屋さんへ
表題ミスの指摘有難うございます。
相変わらずのドジです。 自分でも情けなくなります。

テンポの早い津軽三味線が動画でなくて済みません。
動きや音が無いのは寂しいものですね。

投稿: つちや | 2014年8月22日 17:38

こんにちは
そうでしたか。
有名な津軽のみなさんがゲストなんですね。
それは、盛り上がったことでしょう。
いつも暖かいコメント応援ありがとうございます。

投稿: みどり | 2014年8月22日 11:26

おはようございます

ねぷたまつりいよいよこれからなのですね。
なかなか賑やかな感じですね~

今度は九州が豪雨です。
どこも安心なところがないみたいですね。

投稿: hirugao | 2014年8月22日 08:42

表題が「尾島なぷたまつり」になっています。
「ねぷた」ですね。
暑さで手元が狂ったようです。

津軽三味線、テンポがよいですね。
実際の音が聞きたかったです。

投稿: 山小屋 | 2014年8月22日 07:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尾島ねぷたまつり(3) | トップページ | 尾島ねぷたまつり(5) »