« 尾島ねぷたまつり(1) | トップページ | 尾島ねぷたまつり(3) »

2014年8月20日

尾島ねぷたまつり(2)

ねぷたの運行は午後6時半からです。
時間はたっぷりあります。 町中を歩いて見てきます。

尾島交差点横でイベントを行う野外ステージです。
          <バックにねぷた絵がある舞台>
015_800x599

舞台の横のテントには、
今日の主賓、招待者、主催者等が持つ提灯が用意されています。
                <提 灯 ①>
013_800x591

                <提 灯 ②>
014_800x580

ねぷたが通る国道354号に出てみました。
以前は道路の両側に並んでいた出店も、今は道路の北側に並ぶようになったようです。
また開店時間も統一されて、店開きは一斉に行うようです。
交通規制は午後5時からです。 まだ車の行き来があります。
             <ねぷたが通る国道>
019_800x586

町を歩いていてお寺の山門を見つけました。
浄土宗遐代山弘眞院哀愍寺と言います。

浄土宗は読めますが、学のない私には山号以下が読めません。
「じょうどしゅう かだいさん こうしんいん あいみんじ」 と
読めばいいのでしようか。
                <山 門>
021_800x594

当山は織田信長の時代に行われた、浄土宗と日蓮宗の法論で、浄土宗の代表だったここ新田郡出身の覚蓮社霊誉玉念上人が開山と言います。
                <本 堂>
022_800x600

境内の外れに並ぶ石塔と石仏です。
                 <庚申塔>
024_800x496

             <石地蔵と如意輪観音>
025_800x502

野外ステージ近くに戻ると、
太田市物産市と津軽大物産市が店開きをしていました。
           <津軽大物産市前の武者絵>
033_800x621

午後4時半過ぎ、大通りには今晩の主役のねぷた、大太鼓が集結してくるようです。
今度はそちらの方に回ってみます。

|

« 尾島ねぷたまつり(1) | トップページ | 尾島ねぷたまつり(3) »

まつり」カテゴリの記事

コメント

>紅さんへ
歴史のある町、旧尾島町は江戸時代初期から弘前市と
つながりが有ったとか。
昭和60年に弘前市との交流でねぷたが伝えられたと
聞いています。
群馬の地で珍しいお祭りで人出も多いようです。

テレビで広島の土砂災害を観て驚いでいます。
被害が大きくならないことを願っています。

投稿: つちや | 2014年8月20日 15:42

>みどりさんへ
30℃を越す暑さでの夏祭りです。
道路脇の出店の美味しい匂いが鼻をついて来ます。(笑)
ここでも団扇を貰いました。 団扇で扇ぎながらの町歩きです。 

投稿: つちや | 2014年8月20日 15:35

>hurugaoさんへ
ブログの文字がはっきりしませんが「ぶ」でなく「ぷ」ですね。
ねぷたの運行まで時間があります。
近くの食堂で冷やし中華で腹ごしらえです。(笑)

投稿: つちや | 2014年8月20日 15:31

>山小屋さんへ
午後6時半のねぷた運行です。
5時半から出陣セレモニーや大太鼓演奏があります。

奥多摩は天気が良くて山の上は涼しいでしょうね。
今日の前橋は36,5℃です。

投稿: つちや | 2014年8月20日 15:27

ねぷた祭り、尾島でもあるのですね。
津軽からも応援があるのでしょうか?

楽しそうなお祭り、大勢の人が待っているでしょう。
つちやさんの丁寧なご案内で、始まるのを待ってますね~。

連日35℃をマークしてますが、
広島の方では大きな土砂災害が出ているようです。
朝の体操以外は外に出られないで居ます。

投稿: | 2014年8月20日 13:57

こんにちは
みんなが楽しみにしているお祭り。
その準備とは大変なものなんですね。
つちやさんのレポーター。 これから先も楽しみです。
いつも暖かいコメントと応援ありがとうございます。

投稿: みどり | 2014年8月20日 11:21

つちやさん
おはようございます

ねぶたではなくねぷたなんですね。
また暑くなりました。

熱中症に気を付けないといけませんね。

投稿: hirugao | 2014年8月20日 07:37

なかなかねぶたが始まらないようです。
これから奥多摩の山に行ってきます。

投稿: 山小屋 | 2014年8月20日 06:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尾島ねぷたまつり(1) | トップページ | 尾島ねぷたまつり(3) »