« 小菊の里まつり(続) | トップページ | 矢木沢ダム »

2014年11月14日

小菊の里まつり(続々)

ユニークな案山子は何体あるのでしょう。
微笑ましい案山子につられて案山子は全部撮ってきました。

案山子①、「今日はお天気が良いから大勢の人だねぇ。」
        「小菊がたくさん売れるといいねぇ。」
                <案山子①>
091_800x594

案山子②、「いらっしゃい! いらっしゃい!」
        「奥の方へいらっしゃい! 小菊がきれいですょ~。」
                <案山子②>
095_800x596

案山子③、「じいちゃんや、
         今日の売れ行きはどんなもんかなぁ。」
       「そうさなぁ~、
         もう少し様子を見てみんとわからんがなぁ~。」
                <案山子③>
097_800x599

案山子④、「ばぁさんや、少し疲れたなぁ~、一服すべぃかの~。」
        「じいさんゃ、おらぁ先に休むべぇの。」
                <案山子④>
099_800x600

案山子⑤、「さぁ、いらっしゃい、いらっしゃい!」 
案山子⑥、「すまんのぅ! こんな格好で ・・・・。」
               <案山子⑤・⑥>
100_723x800 104_724x800

案山子⑦、「あんた、しっかり売ってゃ! 私は少し休むでのぅ。」
        「はいはい、分りましたょ。 
          さぁ みなさん、いらっしゃい、いらっしゃいませ!」
                <案山子⑦>
106_800x598

案山子⑧、「こちらの赤い小菊、売れたわよっ!」
案山子⑨、「こっちの黄色い小菊は、もう一つだよっ!」
               <案山子⑧・⑨>
103_713x800 101_721x800

案山子⑩、「あぁ~、一日中立って居るのもしんどいなぁ~。」
案山子⑪、「おじさぁ~ん!! 来年もまた見に来てょねぇ~」
               <案山子⑩・⑪>
110_721x800 107_721x800

小菊の里に有った20数体の案山子です。
案山子との別れを惜しみながら我が家へと向かいました。

|

« 小菊の里まつり(続) | トップページ | 矢木沢ダム »

まつり」カテゴリの記事

コメント

>紅さんへ
小菊の里を育てるボランテイアの人たちも高齢でしょうかね。
それにしても広い台地にこれだけの小菊を育てます。
大変な労力が必要となるのではないでしょうか。

山の家は寒さが厳しい時ではなかったでしょうか?
明日のブログは奥利根の紅葉の記事です。
紅葉は良かったのですが天気が今一で色がくすんでいました。

投稿: つちや | 2014年11月14日 15:39

>hirugaoさんへ
お年寄りの案山子さんが小菊を売ったようで所々に
大きな穴が空いていました。 
結構、小菊を買って帰る人が居ますね。

投稿: つちや | 2014年11月14日 15:30

>山小屋さんへ
小菊の里の案山子も高齢化が進んでいるようです。(笑)
菊を育てるボランテイアもお年なんでしょうかね。
来年もまた綺麗な小菊を観たいものです。
ここは近くに蓮園もあるところです。

投稿: つちや | 2014年11月14日 15:28

>RWさんへ
今日は素晴らしい晴天の一日となりました。
家にじっとして居られず群馬の森を散策してきました。
この後は寒くなるのでしょうね。 年寄りには堪えます。

投稿: つちや | 2014年11月14日 15:24

こんにちは。
小菊の里、ユニークな高齢者の案山子が面白いですね。
せりふがピッタリ、上州弁を知るものには堪らないです(笑)
笑顔がこぼれますよ。 つちやさんの創作ですか?

昨日山の家から帰りました。紅葉はもう終わってました。

小菊のまん丸な咲き方は1本の挿し芽からあれだけ沢山の
花を咲かせるのですね。
光を求めて外に向かって咲くようです。
毎年渋川の義弟が畑に作ってます。

投稿: | 2014年11月14日 14:33

小菊の真ん丸な咲き方が気にいっています。

ちょっと面白い感じですよね。
寒さで白い花が少し色づくのもまた素敵ですね~♪

投稿: hirugao | 2014年11月14日 07:18

何だか高齢者ばかりの案山子のようです。
もう少し若い子の案山子はありませんでしたか?

投稿: 山小屋 | 2014年11月14日 07:02

もう寒波が来て完全に冬の週末ですが、
お体に御自愛を!
最後の錦秋や菊祭りをお楽しみください。

投稿: RW | 2014年11月14日 06:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小菊の里まつり(続) | トップページ | 矢木沢ダム »