« ろうばいの郷 | トップページ | 安中・龍昌寺 »

2015年1月19日

ろうばいの郷(続)

園内には、約1200株12000本のろうばいが植えつけられていると言います。
観て回るコースも整備されて居て、気持ちよく見て回れます。
               <ろうばい①>
005_800x590

広い園内を見て回るうち、「基本種」 という木札を見つけました。
園内のろうばいは、この 「基本種」 が親木となって植栽されているのでしょうか。
                <基 本 種>
009_800x601

入場料金(¥400)を払って貰ったパンフの中に、
「園内の 『ろうばい』 の多くは、満月ろうばいです。
ろうばいの基本種は内側の短い花弁が暗赤紫色をしていますが、花弁全体が同色で黄色いものを素芯ろうばいと呼んで区別しています。 素芯の中でも花弁の先が丸いものが満月です。」
と、言うことでした。
               <満月ろうばい①>
013_712x800_2 014_721x800

素芯ろうばいの案内がありました。 
素芯ろうばいの枝に沿って花にカメラを向けましたが、 素人の私にはこれと言った見分けがつきません。 
               <素芯ろうばい>
011_720x800 012_698x800_3

               <ろうばい②>
008_800x604

              <満月ろうばい②>
010_800x591

                <ろうばい③>
017_800x591

今年はろうばい観賞は甘い香りに包まれながら楽しくできました。
また、ろうばいの花言葉に 「慈愛心、思いやり、暖かい心」 などがあります。
今年もその優しい心を忘れないで、元気で行きたいと思います。

|

« ろうばいの郷 | トップページ | 安中・龍昌寺 »

ぐんま・西部エリア」カテゴリの記事

コメント

>紅さんへ
ここの 「ろうばいの郷」 は地元の人たちの休遊地の
活用が見事に成功しましたね。
12000本というろうばいは見応えが有りました。
園内にある売店でろうばいを見ながらの甘酒も美味し
かったですね。

投稿: つちや | 2015年1月19日 14:27

>みどりさんへ
駐車料金なしの400円で綺麗な花を見られるのですから
好きな花見でしたら観に行かない方が損ですね。
また、その花見ばかりでなく途中での観光もあり損得では
徳ですよね。 欲張り爺さんの考え方です。(笑)

投稿: つちや | 2015年1月19日 14:19

>hirugaoさんへ
このところ3年続けて観に行きました。
ちょくちょくですと同じですので少々飽きるようです。
行くのでしたら前日のお祭りにと思ったのですが、そんな
時は人込みで大変ですよね。

投稿: つちや | 2015年1月19日 14:13

>山小屋さんへ
ロウバイは3種類ですか?
知らない私にはみんな同じように見えました。
その違いを真剣に勉強する必要がありますね。(笑)

投稿: つちや | 2015年1月19日 14:09

>RWさんへ
真冬に花見と言えばロウバイですよね。
12000本というロウバイに幸せを感じました。
早く暖かくなって欲しいのですが大寒が待っていますね。

投稿: つちや | 2015年1月19日 14:06

こんにちは。
見事なロウバイの郷ですね。
今日のお天気のように素晴らしいお天気の中で
いい香りに包まれて気持ち良かったでしょう。
今日はリハビリ病院の帰りに歩いて帰りましたが、
畑の中でした(笑)

投稿: | 2015年1月19日 14:01

こんにちは
400円の入場料を支払っても、こんなに甘い香りのお花に
包まれるなら満足ですよね。
優しい気持ち。 大切です!
いつも暖かいコメントと応援ありがとうございます。

投稿: みどり | 2015年1月19日 11:43

つちやさん   おはようございます

こんなの近くにあったら行きたいですね~
後で検索してみます。
満月蝋梅なんですね。

しかしいい時期にいかれましたね。

投稿: hirugao | 2015年1月19日 07:34

ロウバイは大きく分けてソシンロウバイ、マンゲツロウバイ、
ワロウバイの3種類があります。
一般にロウバイと呼んでいるのがワロウバイで、花の中が
赤くなっています。
ソシンロウバイとマンゲツロウバイはご説明の通りです。
花をマクロで撮るとその違いがよくわかります。

投稿: 山小屋 | 2015年1月19日 07:32

ロウバイが咲いているときはまさに寒さの真っさかりですが、
こんな華やかな咲きっぷりをみていると春の足音が近付いて
いるようにも思えます。

投稿: RW | 2015年1月19日 05:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ろうばいの郷 | トップページ | 安中・龍昌寺 »