« 妙義山石門巡り(2) | トップページ | 妙義山石門巡り(4) »

2015年11月28日

妙義山石門巡り(3)

急坂を登って来て、立ち止まって見上げると口を開けた第二石門が見えて来ました。

≪第二石門≫
潜り抜ける穴は大分高い位置にあります。 
左の方へ回り込んで、もう少し急坂を登ります。
             <第二石門(上り方向)>
026

数㍍登った所に、「かにの横ばい」 のクサリ場がありました。

垂直に垂れたクサリに捉まって岩場を登りました。
今度は横のクサリに捉まって、数㍍のかにの横ばいです。
              <かにの横ばい>
027

再び上から垂れたクサリに捉まって登り、細長く口を開けた穴の下に来て立ち止まりました。
ここで振り返ると、後方の大きな岩が私のことを見ているようです。
              <後方の巨岩>
028_800x600

上を見上げると穴の下に 「たてばり」 と書いた看板が見えます。
                <たてばり>
029

クサリに捉まりながら数㍍登って、「つるべさがり」 の看板の下に立ち止まって一休みです。
              <つるべさがり>
030

細長い穴の間に挟まるようにして立ちながら、前方に目をやると素晴らしい妙義山の奇岩が見えてきました。
           <第二石門で眺めた岩場①>
031

後ろを振り返ると、先ほどの巨岩と右に細長い奇岩が見えます。
ここでしか観ることが出来ない景観を楽しんだ後、石門を潜り抜けて今度は下りのクサリに捉まりながら第二石門を下ります。
           <第二石門で眺めた岩場②>
032_800x779

2本あるクサリは右側のクサリに捉まって、ここからつるべさがりで後ろ向きに下ります。
人が歩いた後の岩場は滑りやすくなって居ます。
足場を入念に確かめながらつるべさがりで下りて来ました。
            <第二石門(つるべさがり)>
033

一息入れた所で気を持ち直して、第三石門へと登り始めました。

|

« 妙義山石門巡り(2) | トップページ | 妙義山石門巡り(4) »

ぐんま・西部エリア」カテゴリの記事

コメント

>ちごゆり嘉子さんへ
妙義山は幾つものクサリ場があるスリルのある山です。
そのクサリに捉まって目的の岩場に着いた時は気分爽快です。
四つの石門のうち、第二石門が一番の難所です。

投稿: つちや | 2015年11月28日 13:29

>hirugaoさんへ
桂林の山々も素敵な山の連続ですね。
市内観光で伏波山から眺めた景色が良かったですね。
この時ツアーの人がスリにあったのが思い出です。(笑)

投稿: つちや | 2015年11月28日 13:26

>山小屋さんへ
子供足りが登るシーズンには混雑したことでしょうね。
第一・第二石門とも誰も居なくて一人旅でした。
第二石門では狭い穴の中に立って周りの景色を十分に
楽しみました。

投稿: つちや | 2015年11月28日 13:18

鎖の岩場を登るのですね! 
妙義山の奇岩とは、すごいところですね。
明日もまた楽しみです。 ありがとうございましたheart04happy01

投稿: ちごゆり嘉子 | 2015年11月28日 09:27

凄い形の岩場ですね~
此処を鎖を頼りに登ったり降りたりするのですね。

日本とは思えない感じの岩山にふと桂林を思い出しました。
寒くなりましたね。

投稿: hirugao | 2015年11月28日 08:16

ここの紅葉はきれいです。
残念ながら紅葉は終わっていたようです。
このクサリ場で小学生の遠足に出会うと大渋滞するところです。
1度30分くらい待たされたことがあります。

投稿: 山小屋 | 2015年11月28日 06:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妙義山石門巡り(2) | トップページ | 妙義山石門巡り(4) »