« 三波石峡(1) | トップページ | 三波石峡(3) »

2015年12月10日

三波石峡(2)

巨岩・巨石が並ぶ国の名勝地 「三波石峡」で、名前が付いた48石のうち今日は幾つ見つけられるでしょうか。
先ず一番最終番号の48番、阿弥陀(あみだ)石を見つけました。 
              <48・阿弥陀石>
012_48

続いて、左岸にあった45番の袖(そで)石を見つけました。
               <45・袖 石>
013_47

次の名石群は、そうせき橋近くにあります。
川に沿って下ると、誰かが三波石の上に燈籠形の石積みを残して居ます。
                <石 積 み>
014

そうせき橋下の上流側には、三つの名石(43、44、46番)があることになって居ます。
その中の一つ、46番の鎧(よろい)石をみつけました。
               <46・鎧 石>
015_46

続いて、鎧岩の直ぐ上に43番の兜(かぶと)石を見つけました。
               <43・兜 石>
016_43

残るもう一つの茶盆(ちゃぼん)石がなかなか見つかりません。
大きな石のようですが、見る位置が違った場合は形が変わったりして、とうとう茶盆石は見つけられずじまいでした。

そうせき橋の真下近くで、大波を乗り越える舟のへさきに見えるという、47番の舟(ふね)石を見つけました。
               <47・舟 石>
017_47

石を探して下ばかり見ていましたが、吊橋を見上げるとカミさんが橋の上で両手を振って居ます。

この辺り、もう少し早く訪ねて来て居たら綺麗な紅葉が観られた所ではないだろうか ・・・・。
               <そうせき橋>
018

場所を変えて名石を探して歩くのですが、少し位置を変えただけで石の形が変わって見えます。
名前が付いた三波石を探すのは難しいです。 
立ち止まって周りの景色を撮りました。
               <下流方向>
019

少し下って上流方向を撮りました。 もう少し日差しが欲しいです。
               <上流方向>
020

そうせき橋の下流には、名前が付いた三波石がたくさんあります。
もう少しがんばって探してみます。

|

« 三波石峡(1) | トップページ | 三波石峡(3) »

ぐんま・西部エリア」カテゴリの記事

コメント

>hirugaoさんへ
大きな石を縦からまたは横から見ると姿形が変わるので
探すのが難しいですね。
4年前の8月と11月の2度来ましたが駄目でした。
今回はそれより幾つか多く見つけましたが、全体の半分
にも満たない成果でした。

投稿: つちや | 2015年12月10日 14:13

>紅さんへ
ここ三波石峡の帰りに通り道の桜山へ寄って冬桜を
見て来ました。 
名前の石を探すのはむつかしいですね。
名札でもあると良いのですが名勝地の自然や環境が
変わりますから駄目ですね。

投稿: つちや | 2015年12月10日 14:08

>山小屋さんへ
ここは4年前の8月と11月に訪ねて居ます。
この時も石の名前がほんの一部しか分らずに帰りました。
今回も3分の1も見つかりませんでした。

投稿: つちや | 2015年12月10日 14:03

そちらにはこういう岩の川が多いようですね。
名前の付いたのを探すのも楽しいですよね。
ぶらぶら歩きながら眺めるにはもってこいですね。
紅葉は終わっているようで残念でしたね。

投稿: hirugao | 2015年12月10日 08:38

おはようございます。
今度は鬼石町ですか。
冬桜が有名ですね。 この三波石峡は知りませんでした。
名前の付いた名石を探すのは難しそうですね。
既に紅葉も終わっていたようで残念でしたね。

今日はこれから病院です。

投稿: | 2015年12月10日 07:58

以前にもこの三波石をご紹介されたように思います。
あの石積みは必要ないと思います。
山ではケルンといってガスが濃い時などにはよい
目印になります。
ここでは単なるいたずらにしか見えません。

投稿: 山小屋 | 2015年12月10日 07:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三波石峡(1) | トップページ | 三波石峡(3) »