« 三波石峡(3) | トップページ | 三波石峡(5) »

2015年12月12日

三波石峡(4)

駐車場横の山際で、記念植樹のモミジが紅葉しています。
そのカエデの下でシートを広げて持参した弁当を広げました。
               <カエデの紅葉>
035

おにぎりを食べながら眺めていた山が、どうも気になります。
            <下久保ダム横の山①>
031

下久保ダムを見たいこともあって、歩いて見に来ました。
            <下久保ダム横の山②>
032

ダムの施設の中には入れません。
ダムを見上げながら写真を撮って居たら、ここで思いもかけない出会いがありました。
               <下久保ダム>
033

≪新聞記者との出会い≫
「どちらから来ましたか?」
と、声を掛けられたので振り向くと、胸にカメラを抱えた若い青年が立って居ました。

「三波石峡の紅葉と名石48石が知りたくて来ました。」 と答えると
「私はこうゆう者です。」 と上毛新聞記者M氏が名刺をくれました。

「ここに来たことの記事と新聞掲載は良いですか?。」 と聞かれて
「OKです。」 というと、顔写真を撮って2、3の質問を受けました。
「11月30日の新聞に載りますから。」 と告げられてM記者と別れました。

それから6日後、
「上毛新聞で見たよ。」、「いい顔をして写って居たね。」 等々、友人知人からたくさんのメッセージが届きました。
改めて、新聞メディアによる情報伝達の力に驚いて居ます。

↓は、上毛新聞記事 “まち里歩き” の一部をコピーしたものです。
     (※画像の上でクリックすると文字が読めます。)
       <上毛新聞 “まち里歩き” 記事のコピー>
035_2

駐車場で待って居たカミさんを伴って午後の名石探しです。
4番降り口から川へ下りて行きます。
               <4番降り口>
041_800x597

冬の渓谷は日差しが短いです。 何となく薄暗く感じる渓谷です。
上が平らな大きな石は、32番の扉(「とびら)石と思うのですが自信がありません。
               <32番・扉石?>
037_800x600

この辺りすっかり陽が落ちて居ます。 
名跡を探すのもカメラに収めるのも難しい所です。
               <上流方向>
038_800x600

この辺り諦めかけて帰るときに見つけた小川です。
                <小 川>
039_596x800

あづまやの近くに自生のユズの木がありました。
カミさんが2、3個頂戴してきました。
               <ユズの実>
040_800x600

ここでは名石を見つけられず、次の3番降り口へと向かいます。

|

« 三波石峡(3) | トップページ | 三波石峡(5) »

ぐんま・西部エリア」カテゴリの記事

コメント

>mariaさんへ
思いもよらない新聞記者との出会いでした。
ここまで歩いて行かなければその出会いも無かったのでは。
私の顔が出たことでこの日の記事も活きたようです。
元気であればまた三波石峡には出かけて観たいものです。

投稿: つちや | 2015年12月13日 14:28

おはようございます。
紅葉が綺麗ですね!
私はお二人は出会うべくして出会えたと思いますね^_^
ちょっと忙しくて後でゆっくりPCからお邪魔させていただき
たいと思います。

投稿: maria | 2015年12月13日 06:06

>hirugaoさんへ
上手に撮ってくれた顔写真ですね。
この顔写真が入ったことで記事が活きてきたと
M記者からの喜びのメールが届きました。
人間どこでいい出会いがあるか分りませんね。

投稿: つちや | 2015年12月12日 13:52

>山小屋さんへ
この時は藤岡地区の 「まち里歩き」 記事の担当
だったようです。
思いもよらない出会いであり、新聞記事を読んだ
友達から大きな反応がありました。

投稿: つちや | 2015年12月12日 13:48

素敵な出会いでしたね~
大きくしてつちやさんのお顔を拝見しましたよ。
ダムカードなるものがあるということで今度こそ
もらってみたいです。
昨日の大銀杏は今朝は全部散っていました。

投稿: hirugao | 2015年12月12日 11:00

よい出会いがあったようですね。
この日は天気にも恵まれたようです。

今日はこれから奥武蔵の山登りです。
どんな出会いが待っているか楽しみです。

投稿: 山小屋 | 2015年12月12日 06:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三波石峡(3) | トップページ | 三波石峡(5) »