« 赤堀歴史民俗資料館(続) | トップページ | マンサク »

2016年2月26日

赤堀歴史民俗資料館(続々)

↓、何時の時代か見落しましたが、変わった形の壷形埴輪です。
                <壷形埴輪>
028

↓、正面奥のまん中の土器は 「子持器台」、その両サイドの二つ
   は 「大型器台」 です。
   手前の石製模造品と共に何れも特殊な土器で、6世紀前半に
   作られ、何れも原之城遺跡は豪族居館跡からの出土品です。
                 <特殊土器>
029

            <上野木廃寺の軒先瓦>
036

↓、赤堀茶臼山古墳からの出土品で、5世紀中ごろに造られたも
   のと考えられるという家形埴輪です。
              <切妻造りの家>
042

昔なつかしい民具や養蚕道具が並ぶ2階展示室に来ました。

↓、世界遺産 「富岡製糸場と絹産業遺産群」 の一つでもある、
   田島弥平旧宅のミニチュアです。
   母屋兼蚕室の屋根上の 「やぐら」 で、窓を開け閉めすることに
   よって蚕室内の環境を整えて居たというものです。
              <田島弥平旧宅>
043

↓、赤堀歴史民俗資料館前の庭にあった箱式石棺です。
   石棺の大きさが出て居ませんが、それほど大きなものではな
   いようです。
                <箱式石棺>
047

              <箱式石棺案内>
048_577x800

この日は午後からのスイミングの関係で、2階展示室は落ち着いてゆっくり観賞することが出来ませんでした。 
次回を楽しみに赤堀歴史民俗資料館を後にしました。

|

« 赤堀歴史民俗資料館(続) | トップページ | マンサク »

ぐんま・県央エリア」カテゴリの記事

コメント

>hirugaoさんへ
埼玉の行田市にも沢山の古墳がありますね。
古代人が造り残したものにはロマンがありますね。

当方の今日は暖かです。
風邪の具合はいかがですか。 お大事に!

投稿: つちや | 2016年2月26日 13:17

>山小屋さんへ
世界遺産の田島弥平旧宅はまだ現物を観て居ません。
家の中の見学は出来ないようですが一度訪ねてみたいと
思って居ます。
住宅は文久3年(1863)に建てたものと言います。

海外遠征、気を付けて行ってらっしゃい。

投稿: つちや | 2016年2月26日 13:14

>地理佐渡さんへ
高崎・前橋で古墳が多いのは知って居ましたが、
伊勢崎方面にもたくさんあることを知りました。
おっしゃるようにみどり市も有名ですね。

投稿: つちや | 2016年2月26日 13:08

時々見せていただいている古墳ですが
本当に見事ですね~
また埼玉に行ったときは調べて行ってみたいです。

投稿: hirugao | 2016年2月26日 09:13

たくさんの出土品があったようです。
旧宅の模型はかなり精巧にできているようです。
屋根は茅葺き屋根でなく瓦屋根のようです。
ということは、それほど古くはないということでしょうか?

明日からしばらくご訪問できません。
帰ってきたら、またお伺いします。

投稿: 山小屋 | 2016年2月26日 07:39

おはようございます。

うらやましいです。
群馬・栃木あたりは古墳が多いですからねぇ。
いろいろな遺跡の遺物展示がありましょう。
群馬でしたらみどり市ですかね。 一番は。

投稿: 地理佐渡.. | 2016年2月26日 06:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤堀歴史民俗資料館(続) | トップページ | マンサク »