« ひなまつり展 | トップページ | 赤堀歴史民俗資料館 »

2016年2月23日

ひなまつり展(続)

↓、可愛いこども雛です。 鼓の音が聞こえてくるようです。
                <こども雛>
008_800x615

↓、義経と静御前の楽しそうな雛人形です。
              <義経と静御前>
009_800x720

↓、白い頭髪と見事な顎鬚の高砂人形です。
   私たちの人生も、このような終末を迎えられたらと願いながら
   観て来ました。
                 <高 砂>
010_800x554

                <内 裏 雛>
011_800x573

                <雛 人 形>
012_800x512

↓、裃雛(かみしもびな)
   幕末に岩槻(埼玉県)の人形師・橋本重兵衛が考案したとされ
   る座り雛で、男子の正装である裃を着て行儀よく正座している
   姿から 「娘が良い人とご縁がありますように」 という願いを込
   めて飾ったといいます。 (この項 「ひな祭り展」 案内より)
              <裃(かみしも)雛>
015_800x567

↓、蚕神様(かいこかみさま)、(さんじんさま)
   別名キヌガササマ(衣笠様・絹笠様)ともいわれています。
   「お蚕の飼い方が上達するように」 という願いを込めて、手に
   桑の葉を持つ、養蚕守り神(絹笠明神)を模した特徴があると
   いわれています。     (この項 「ひな祭り展」 案内より)
          <蚕神様(かいこかみさま)雛>
016_800x503

↓、貴重な歴史遺産として、伊勢崎市の指定重要文化財でもある
   旧森村家所有の雛人形です。

   ひな壇中央↓印の人形は 「享保年間に京都で創られた男児
   の裸人形」 と言います。
   案内によれば、「西国の大名が参勤交代の折、皇室や公家に
   贈り物をした際、その返礼品として御所で用いられた物」 と言
   います。 目が大きい程新しい時代のものと言われています。
                   (この項 「ひな祭り展」 案内より)
              <森村家の雛たち>
013

珍しい雛人形を観賞して新しい知識を得て、次の歴史民俗資料館の見学です。

|

« ひなまつり展 | トップページ | 赤堀歴史民俗資料館 »

ぐんま・県央エリア」カテゴリの記事

コメント

>シクラメンさんへ
玄関を入って直ぐに可愛い折り紙雛に出迎えられて
嬉しかったです。
子どもたちが描いた笑顔の雛に癒されました。
我が家では大きくなった孫が来て雛飾りをしてくれる
でしょうか ・・・・。

投稿: つちや | 2016年2月24日 05:48

>紅さんへ
我が家では今は女の子の孫が居ますがそれまでは
男ばかりでお雛様には縁がありませんでした。
こうして古いお雛様を見ますとその歴史を感じますね。
養蚕が盛んな時代の群馬にも変わり雛があったのですね。

投稿: つちや | 2016年2月24日 05:42

ひな人形や雛飾りも地方によって色々なお雛様が
ありますね。
義経と静か御前や高砂ヒナや内裏雛など。
最近は場所を取らないヒナがいいです。
昨年ブログ友のKさんに折り紙のヒナを造って送って
もらいました。 今年は飾らねば。

投稿: シクラメン | 2016年2月23日 21:15

こんばんは。
蚕神様とは珍しいですね。
お蚕さんの盛んな時代のものでしょうね。
沢山の古い雛人形を見てこられたのですね。
癒された事でしょう。

投稿: | 2016年2月23日 17:25

>mariaさんへ
今日は穏やかな一日でした。
ご馳走は出来ましたでしょうか。
夜はご家族楽しい団欒をお過ごしください。

投稿: つちや | 2016年2月23日 14:36

>山小屋さんへ
昨日今日と穏やかな日和です。
お雛飾りの二ュースと併せて花便りが届きます。
暖かいですが、まだハクチョウは居るようです。

投稿: つちや | 2016年2月23日 14:34

>地理佐渡さんへ
我が家の孫娘も大きくなってお雛様飾りには見えません。
進学となると勉学に忙しいようですね。

投稿: つちや | 2016年2月23日 14:30

>hirugaoさんへ
風邪をひかれましたか。
大事をとって無理をしないようにして栄養をしっかり摂って
ゆったりと静養をしてください。 ブログのとこも忘れてね。

投稿: つちや | 2016年2月23日 14:28

つちやさん、お早うございます。
昔からお雛様には子を想ういろいろな親心が伝わって
参りますね。
又地域の産業である養蚕がお雛様にもなっているのに
驚きました。 さすが、群馬のお雛様です。
今夜娘が帰省しますのて、居る間に海苔巻きか、五目
ご飯でも作ろうかと思います。
いつも母がそうしてくれた様に(^_^)

投稿: maria | 2016年2月23日 07:37

たくさんのひな人形が飾られていたようです。

群馬県は養蚕が盛んなところです。
蚕神様がいてもおかしくありません。

投稿: 山小屋 | 2016年2月23日 07:08

おはようございます。

ああそうだ。 もう二月も終わるんだなと思いました。
我が家は娘が同居していましたが、春から再び
アパート住まいをすると行っています。
見送りのひな人形。 出さねばなりません。

投稿: 地理佐渡.. | 2016年2月23日 06:45

古いものでとても癒されますね。

風邪ひいてしまいました・・・
昨日は1日寝ていました。
腰が痛いです。

投稿: hirugao | 2016年2月23日 06:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひなまつり展 | トップページ | 赤堀歴史民俗資料館 »