« 波志江沼公園(続) | トップページ | ひなまつり展 »

2016年2月18日

石山観音

2月14日、私が参加した水泳記録会は午前中で終わりました。
今日は弁当持参です。
午後のフリータイムは、大室公園を回って帰ることにしました。

途中、石山観音の前を通ります。
石山観音の本堂裏には、庚申塔がたくさんあります。 
その庚申塔には猿が刻まれたものが有るのではと、その猿を観たくて石山観音に立ち寄りました。

↓、本堂下の墓地の脇で咲いて居た、白梅と紅梅です。
                 <白 梅>
005_800x600

                 <紅 梅>
008_800x600

↓、墓地の前を通り越して、坂の上に建つ仁王門です。
                <仁 王 門>
010_800x560

↓、仁王門に祀る、吽形(左)と阿形(右)の金剛力士像です。
                <金剛力士像>
011_759x800 012_764x800

↓、仁王門をくぐると正面に、直径192,5cmという我が国最大級の
   鰐口がぶら下がって居ます。 (以前にも紹介しています。)
                 <大 鰐 口>
013_800x611

巨大鰐口の下には、何処から出て来たのか2匹の猫が居ます。
猫も恋のシーズンのようです。 
お腹が空いて居るのか私の後について来ます。
                 <猫 二 匹>
014_800x598

本堂前に来ると、猫がもう一匹居て3匹の猫に囲まれながらお参りを済ませました。
                 <本 堂>
015_800x601

本堂前に立って軒下を見上げると、力士像でしょうか丸い大きな腹を突き出し、真っ赤な顔で太い眉の彫刻を見つけました。
何度となく訪ねて居る観音堂ですが気づきませんでした。
観音堂とどんな意味合いを持つ彫刻か、興味が湧くところです。
                 <彫 刻>
016_800x600

本堂の裏山で、申が刻まれた申塔を探しました。
しかし、両耳を抑えた 「聞かざる」 だけが刻まれた庚申塔を一基を見つけただけでした。

|

« 波志江沼公園(続) | トップページ | ひなまつり展 »

ぐんま・県央エリア」カテゴリの記事

コメント

>ローリングウエストさんへ
このところの気象の変化は激しいですね。
年寄には付いていけないようです。(笑)
暖かい日が来ると春が来た錯覚が湧いて来ます。
梅や福寿草の便りを聞くと自然界は着実に春に向かって
いるようですね。

投稿: つちや | 2016年2月19日 06:07

>地理佐渡さんへ
カメラ技術は伴いませんが数打てば当たる式で目に留まった
ものは撮って居るようですね。(笑)
3月の草津ですか? 
もう一歩足を延ばして安中や高崎の梅を観るのもいいかもね。
暫くぶりにお会いしたいですね。

投稿: つちや | 2016年2月19日 06:03

紅白梅がもう満開ですね~! 猫ちゃんも可愛い・・。
華やかな花がだんだん目に付き色鮮やかな季節が到来する
高揚感が迫ってきますね。
このところの急激な天候変化、気温急上昇・急降下で本当に
体調を崩してしまいそうです。

投稿: ローリングウエスト | 2016年2月18日 21:50

こんばんは。

そうそう、ちょっとした隙間を見つけて撮影。
出先で撮影ねってことよくします。
使うかどうかは後で考えれば良いことでして、撮影した
資源データは大いに活用しましょう。

地理佐渡は3月妻の慰労を考え、たぶん草津になると
思いますが、群馬方面で一遊びするつもりです。
ということで、地理佐渡がつちやさんの縄張りを荒らす
かもしれません(笑)。

投稿: 地理佐渡.. | 2016年2月18日 20:05

>hirugaoさんへ
この日は天気も良く梅も咲いて居て良かったです。
この後も大室公園で紅梅を観ながら五料沼を一周して
帰りました。

投稿: つちや | 2016年2月18日 14:19

>山小屋さんへ
本堂軒下の彫刻は面白い彫刻ですね。
おっしゃる通り本堂の柱を持ち上げているようです。
また、その意味が知りたいところですね。

投稿: つちや | 2016年2月18日 14:11

珍しいですね~
石山観音というのですか。
こちらにも中山寺というのがあって梅が有名なんですよ。
観音様に梅はよく合いますね。

投稿: hirugao | 2016年2月18日 07:53

あちこちで梅が咲き出しています。
太い眉の彫刻、おもしろいですね。
真っ赤な顔をして柱を支えているようです。

投稿: 山小屋 | 2016年2月18日 07:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 波志江沼公園(続) | トップページ | ひなまつり展 »