« キジ2016(34-2) | トップページ | 尾島ねぷたまつり(2) »

2016年8月18日

尾島ねぷたまつり(1)

8月14(日)、15日(月)の両日、太田市の 「尾島ねぷたまつり」 が開催され、前日の14日に観に行ってきました。

町中のあちこちで張り出されて居たポスターです。

002_552x800


003_800x526

ねぷた運行は午後6時40分からです。 時間は十分あります。
展示されている扇ねぷたや大太鼓を観て歩きます。

004_800x593

10尺の大きさを誇る迫力満点の大太鼓です。

005_800x566


006_800x634

保育園の年長組がひっぱる妖怪ウオッチねぷたです。

007_14

まつり本部、警備本部横のステージです。

008_800x559


009_800x588


010_800x781

14日(今夜)に参加する 「ねぷた」 は12台、明日15日夜に参加の 「ねぷた」 は15台です。                つづく

|

« キジ2016(34-2) | トップページ | 尾島ねぷたまつり(2) »

まつり」カテゴリの記事

コメント

>hirugaoさんへ
青森の弘前と友好都市の尾島です。
ねぷたもそこから来ているようですね。
観て居て楽しい、演じて居る人はなお楽しいでしょうね。
今では尾島町の夏の夜の風物詩ですね。

投稿: つちや | 2016年8月18日 15:09

>地理佐渡さんへ
佐渡島帰省は良かったでしょうね。
取材三昧とは羨ましいです。
レポートを楽しみにしています。

このところ朝晩は秋を感じる涼しさがあります。

投稿: つちや | 2016年8月18日 15:04

>山小屋さんへ
関ヶ原の戦いで東軍(徳川方)に味方した津軽藩が
戦勝の功により、上野国6ヵ村を加増された尾島が
飛び地となりました。
昭和60年6月弘前と尾島の交流が始まりその一つが
「ねぷた」 として今に続いているものです。

投稿: つちや | 2016年8月18日 14:59

こちらでは小さいながらねぷたまつりをしているのですね~
灯りの入った夜が本物なんですね。

見てみたい気がします。

投稿: hirugao | 2016年8月18日 08:38

おはようございます。

佐渡への帰省。 息子家族の帰省。 仕事の再開。
やっと日常を取り戻しました。 地理佐渡は今朝から再開です。

まだ日中の気温は高いですが、朝晩は涼しくなりました。
秋への足音が少しし始めています。

さて、今年の帰省。 二日間取材三昧をしました。
残念ながらつちやさんの故郷の地付近へは行けずじまいでした。

投稿: 地理佐渡.. | 2016年8月18日 06:46

ねぷたといえば弘前が本場です。
こことはどんな関係があるのでしょうか?

投稿: 山小屋 | 2016年8月18日 06:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キジ2016(34-2) | トップページ | 尾島ねぷたまつり(2) »