« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月30日

キジ2016(48)

<9月26日(月) 曇り>
晴天は長続きしませんでした。
25日は抜けるようだった青空も今朝は曇って居ます。

朝のキジ観察は、麦畑に居た♂を見つけただけです。
              <AM6:21撮影>
006

S小学校前の休耕田に来て、水溜まりに居たカモを撮ってラジオ体操会場へと向かいました。

体操が終わって帰ろうとした時、何時も犬の散歩で出合う婦人が、
「小学校前の田んぼでキジを観て来ました。」 と教えてくれました。
              <AM6:28撮影>
008

午後に入って自転車で出かけました。
朝聞いた田んぼから2枚上の田んぼの畦でキジを見つけました。
              <PM1:47撮影>
011

暫らく立止まって見ていたが、キジに大きな動きがありません。
他を回って見てくることにしました。
              <PM1:57撮影>
019

麦畑から鉄塔、古墳、住宅地と見て来たが出合がありません。
道路を走って居て毛虫を見つけました。
              <PM2:07撮影>
025

自転車を下りて息を吹きかけて見たら、体をくねらせて左の頭の方を隠しました。
どんな昆虫に成育するのでしょう ・・・・。
              <PM2:07撮影>
026

先ほどキジを観た田んぼの東側に来ました。
ヒナたちが居ました。 先ほどより近い位置から観察できます。
              <PM2:13撮影>
034

5羽のキジが居るのですが、田んぼの稲の中に隠れて見え隠れしています。
              <PM2:18撮影>
045

待つこと数分、やっと5羽が揃いました。
右の奥が親鳥♀を思うのですが、このところヒナも成長して見分けにくくなりました。
              <PM2:207撮影>
048

今朝教えて貰った場所近くで、ヒナを見ることが出来た午後のキジ観察でした。

| | コメント (10)

2016年9月29日

ヒガンバナ(続)

広瀬川沿いの土手に咲くヒガンバナを観ながら歩いて居ると、前後してアゲハチョウも私の前を行き来しています。

土手に咲くヒガンバナに、アゲハチョウが飛んで来て止まりました。
カメラを向けた瞬間、直ぐ横のヒガンバナに止まりました。

034_1

嬉しいです。 
連続で撮ったアゲハチヨウが綺麗に写って居ます。

036_2


037_3

と、また飛び発って数㍍離れた花に止まりました。
ここでも連写が成功したようです。 嬉しくなりました。

046_5


048_6

さらに飛び発ったアゲハは、真赤なヒガンバナへ、火中へ飛び込むようにアタックしました。
急ぎ追っかけてシャッターを押しました。

家に帰って画像処理をして、アゲハが写って居て大満足です。

051_7

ヒガンバナを観に来てほんのひと時、アゲハチヨウと戯れることが出来た広瀬川沿いの堤防上でした。
(※山小屋さんのコメントから羽の模様を見てアゲハのようです。)

| | コメント (8)

2016年9月28日

ヒガンバナ

9月25日、久しぶりに朝から青空です。
「伊勢崎市宮子町の広瀬川右岸で、ヒガンバナが満開」 という、新聞記事を読んで出かけました。

左の土手下に車を止めて土手に上がり、上流の竜宮橋方向を撮りました。
ここ伊勢崎サイクリングロードは、6月上旬ころオオマツヨイグサが群生する所でもあります。

022_640x469

広瀬川沿いの土手に立って、上流方向の土手に咲くヒガンバナを撮りました。

023_640x508

今度はカメラを右に振って、下流方向の土手に咲くヒガンバナを撮りました。

024_640x474_2

100㍍ほど下流方向に歩いて西側の土手を下りて、土手の下からヒガンバナを撮りました。

026_640x471

再び土手の上に来て、見事に咲いたヒガンバナを撮りました。
ヒガンバナの前に、休憩用の椅子が置いてあります。 

その横に、
時は今 故人を偲ぶ 曼珠沙華 ” の一句が掲示されていました。

028_640x476

これから咲き出す株も有りました。

029_640x472

所々に白いヒバンバナも咲いて居ます。

031_640x480

再び土手下に下りて、川下方向の土手に咲く花を撮りました。

054_640x480

こちらは浦島太郎伝説が残る、龍神宮方向(土手向こう)の土手に咲くヒガンバナです。
道路の向こうには、いせさきオートがあります。
この辺り、マラソンを走って居たころはよくジョギングに来たコースです。

056_640x496

この後、ヒガンバナに飛んで来たキアゲハとの追っかけです。

| | コメント (8)

2016年9月27日

キジ2016(47)

<9月25日(日) 晴れ>
8日ぶりに見上げる青空です。
我が家を出て自転車で韮川沿いを走りながら見上げた青空です。

飛行機は何処から飛び発って、何処へ向かって居るのでしょう。
キジ観察へ行く間に、何度となく出合って見上げた飛行機雲です。

008

麦畑から鉄塔、古墳、住宅地横と観て来ましたがキジとの出合がありません。

S小学校裏の田んぼの畦に来てキジを見つけました。
昨日、運動会を見に来たとき、田んぼの畦道に居たキジです。
              <AM6:07撮影>
002

キジに動きがないので、元に戻ってH造園業資材庫西のネギ畑に来て♂を見つけました。
              <AM6:11撮影>
006

再び田んぼの畦道へ来ると、少しばかり手前にキジは居ました。
              <AM6:22撮影>
012

1羽だけです。
親鳥の♀でしょうか? それともヒナの♂でしょうか? 
疑問を持ったまま、ラジオ体操会場へと向かいます。
              <AM6:22撮影>
013

と、S小学校前の田んぼに来て、カモと一緒に居たキジの親子を見つけました。
              <AM6:27撮影>
016

左はカモです。 キジは5羽居ました。 (1羽は見えません)
              <AM6:27撮影>
018

この日の朝はここまでにして、ラジオ体操会場へと急ぎました。

| | コメント (8)

2016年9月26日

キジ2016(46)

<9月24日(土) 曇り>
朝のキジ観察では、キジとの出合が無く、S小学校前の休耕田に居たカモを撮って帰りました。
              <AM6:15撮影>
002

午後に入って傘持参でキジウオークに出掛けました。
稲穂が垂れ下がる田んぼでは案山子がスズメの番をして居ます。
              <PM1:32撮影>
012_640x479

数百㍍離れた田んぼの畦には、ダイサギと思われるサギが首を長く伸ばして辺りを見回して居ます。
              <PM1:47撮影>
016_640x585

長い畦道に赤のヒガンバナが咲いて居ます。
              <PM1:54撮影>
017_493x640

休耕田のサギが私に気づいたようです。
立ち止まってカメラを向けた瞬間、飛び発ちました。
              <PM2:01撮影>
020_640x479

今日は小学校の運動会があちこちで行われています。
隣り町のH小学校は、昼休みの小雨で運動会は中止となりました。

S小学校は運動会を続行したようで、学校周辺の田んぼの周りにはたくさんの車です。
その車を眺めながら小学校裏の田んぼに来て、あぜ道に居たキジを見つけました。
              <PM2:47撮影>
030_640x481

周りに他のキジは? と探したが見えません。
このキジは、去る22日に♂の隣の畦に居たキジのようで、もしかしたらヒナの♂? 独り立ちの準備? とも考えてみました。
              <PM2:49撮影>
032

小学校に来て見ると、運動会は先ほど終わったようです。
              <PM2:53撮影>
035

台風16号の影響がまだ続く、午後のキジウオーキングでした。

| | コメント (6)

2016年9月25日

キジ2016(45)

<9月20日(火) 雨>
一昨日、雨の午後のキジウオークでヒナとの出合がありました。
畑に人が居ない今日も出合えるかと午後になって観に来ました。

広い畑を一回りして、再び麦畑の北に来てやっとキジ♂を見つけただけでした。

003

<9月21日(火) 曇り>
朝のキジ観察は、途中から雨となって引き返しました。
その後キジサイクリングに出て、A町の田園地帯を観て回りましたがキジとの出合がありません。
ヘビウリを観て、ダイサギを撮って帰ってきました。

<9月22日(木) 雨時々曇り>
朝から降ったり止んだりの天気です。
朝のキジ観察は、今朝も途中から雨となって引き返しました。

午後になって、雨は小振りで降ったり止んだりです。
さっそく傘を持ってキジウオークに出掛けました。

麦畑から鉄塔、古墳、住宅地横と観て来ましたが見つかりません。
次の田んぼに来て、畦の草むらに隠れるようにして居たキジ♂を見つけました。

003_2

今朝の小雨の中でのラジオ体操で、
「朝のウオーキングでS小学校前の田んぼの畦でヒナを観たよ。」 と、朝のウオーキングの友だちが教えてくれました。

今朝教えて貰った田んぼから、1枚上の田んぼの畦に居たキジを見つけました。
東西に長い田んぼの畦のまん中辺りにキジが居ます。

005

東側の道路か西側の道路へ回って、西側から撮りました。

010

どちらに回っても同じような距離間隔です。
元の道路に戻って見ると、ヒナが出てきて数が増えて居ます。

013

ここで先ほ♂を観て来た田んぼに引き返しすと、♂が居た田んぼの1枚上の田んぼでキジを見つけました。
♀でしょうか? ヒナでしょうか見分けがつきません。

015

狭い田んぼの左手の畦には、最初に出合った♂も居ます。

019

ここでS小学校前の田んぼに帰ると、畔の手前にヒナが居て私の姿を見つけて逃げて行きます。

026

数えてみると手前に親鳥♀、その向こうにヒナが4羽居ます。

030

雨が降ったり止んだりの午後のウオーキングでした。
何時もとは違った場所で、ヒナとの出合があった午後となりました。

| | コメント (8)

2016年9月24日

キジサイクリング

9月21日、台風16号は関東の沖合で熱帯低圧になりました。
しかし天気は今一すっきりしません。
出掛けるには午前中と思い、自転車でキジ観察に出掛けました。

コースは北のA町でヘビウリを観て、その後田園地帯を南下しようと、西へ1㌔ほど走って田園地帯を北に向かいました。
ヘビウリ棚の横の空き地に居たダイサギです。

009_640x468

赤いヘビウリには、黒ずんだ模様が付いて来ました。
眺めて居て、ますます不気味な感じになって来ました。

013_640x521

ヘビウリの重みで倒れた棚も、しっかり補強されて大きなヘビウリが生って居ます。

010_640x466

ヘビウリ棚の前に咲いて居た、ダチチョウセンアサガオです。

014_640x466

自転車で南下する途中の空き地で見つけたダイサギです。

016_640x458

先日ダイサギとカモガ居た休耕田には、カモの姿が見えません。
上の田んぼを見ると、田んぼに人が入ってヒエを抜いて居ます。

018_640x475

一昨日のキジウオークで訪ねた時、キジとの出合いがあった田んぼに来て見ましたがキジの姿がありません。
近くに居たダイサギを撮って我が家へと向かいました。

019_640x479

雨続きだった中での曇り空、サイクリングで健康づくりが出来たひと時となりました。

| | コメント (6)

2016年9月23日

キジウオーク

9月19日の午後、雨が上がったひと時を見計らってキジウオークに出かけました。
何時も出合う麦畑や鉄塔、古墳、住宅地等に来てもキジとの出合がありません。

傘は持ってきましたが、雨はまだ降って居ません。
ここで先日サギと出合った田園地帯を歩こうと、サギウオーキングに切り替えて歩き出しました。

田んぼの脇道で出合ったカリンです。
風を引いた時、咳止めでお世話になるカリン酒作りのカリンです。
カミさんが作ってくれるカリン酒を思い出しながら撮りました。

019_640x483

田んぼの用水路脇に来て、ハクセイキレイと出合いました。
私をからかうかのように、前を飛んでは止まり、飛んでは止まりして居ます。

023_640x467

先日シロサギを観た休耕田に来ました。
サギの数が少ない分、カモがたくさん居ました。

027_640x474

静かに近づいたのですが、私に気づいたようで移動を始めました。

026_640x471

と、カモが一斉に飛び発ちました。

028_640x472

田んぼの奥の方に居たサギやカモも飛び発ちました。
物凄い数のカモの群れです。
飛び発ったカモの群れが上空で旋回しています。 
カメラを空に向けたのですが、撮影に失敗しました。 

031_640x471

この後、去る14日にキジ6羽と出合った田んぼの畦道に来ましたが、キジとの出合がありません。

帰り際に、田んぼの畦道に咲いて居たヒガンバナを撮りました。
雨に濡れた後の花の赤い色が鮮やかです。

034_640x465

H住宅団地まで歩いて来て、道路上に落ちて居たカブトムシを見つけました。
この季節に?、
と思いながらカメラに収めた後、近くの木の枝に移して帰りました。

038_640x479

台風の影響でしょうか、午後からのキジウオークはキジとの出合がなかった歩きとなりました。

| | コメント (12)

2016年9月22日

キジ2016(44)

<9月18日(日) 雨>
台風16号の影響でしょうか、朝から雨です。
こんな雨の日はキジはどうして居るのだろうか?
午後に入って、長靴に傘を差してキジウオークに出かけました。

麦畑から鉄塔、古墳と観て来ましたがキジとの出合がありません。
雨が降って居ます。 周りの畑に人は居ません。

と、住宅地の東側の畑に来て1羽のキジ(ヒナ)を見つけました。
              <PM3:19撮影>
002

私の姿を見つけたヒナは、慌てて畑の中に隠れます。
              <PM3:19撮影>
004

と、歩いて来た方を振り返えると、2羽のキジが居ました。

カメラを向けると、右のヒナが飛び上がって道路脇のフエンスを越えて、住宅地横の空き地へ下りました。
と、左の親鳥♀もヒナの後を追って飛んで行きました。

飛び下りたキジは、直ぐに隠れたようで姿が見えません。
              <PM3:20撮影>
005

他を回って再び来てみると、草むらから出てきた親鳥♀とヒナを見つけました。
              <PM3:24撮影>
007

道路に立って観て居ると、親鳥♀も絶えずこちらを見て居ます。
              <PM3:32撮影>
008

親鳥♀の側に居たヒナは餌探しに一生懸命です。
と、良く見ると尾羽が極端に短いヒナです。 
このヒナは♀でしょうか、それとも♂でしょうか?
              <PM3:32撮影>
012

雨の降り方もやや強くなって来ました。 
急ぎ帰ろうと、H造園業さんの資材置き場の西の畑に来て、親鳥♂を見つて撮りました。
              <PM3:49撮影>
015

雨の日でも、キジとの出合があることが分かった、午後のキジウオークでした。

| | コメント (6)

2016年9月21日

キジ2016(43)

<9月15日(木) 晴れ>
麦畑に来て、草むらの前に居たキジの親子を見つけました。
比較的近い位置です。 静かにカメラを構えて撮りました。
              <AM5:48撮影>
003

キジの親子が右方向へ、私が立って居る道路の先に向かって歩き始めました。
              <AM5:49撮影>
005

続くヒナも急いでいるようです。
              <AM5:51撮影>
012

次に来たヒナはちょっと立ち止まって前を見て居ます。
              <AM5:51撮影>
014

後から来たヒナは、猛スピードで私の前を通り過ぎました。
              <AM5:52撮影>
017

次に来たヒナが道路を渡りました。 早くて上手く撮れません。
              <AM5:54撮影>
025_640x446

道路を横切った先の畑の空地です。
親鳥♂の姿も見えます。 道路を渡ったヒナも落ち着いたようです。
              <AM5:59撮影>
031

<9月17日(土) 晴れ>
今朝は自転車で、何時もの場所をぐるぐる回って見たのですがキジとの出合がありません。

ラジオ体操へと向かう途中で、田んぼのあぜ道に居た♂を見つけて撮りました。
              <AM6:28撮影>
003_2

S小学校の西側の外柵に沿って来て、田んぼの畔でキジの親子を見つけました。
ここでヒナを観たのは初めてです。 
暫らく立止まって観て居ましたが特に動きがありません。
              <AM6:33撮影>
007

時計を見るとラジオ体操が始まっています。 会場へと急ぎました。

| | コメント (12)

2016年9月20日

烏川河川敷公園、他

高崎市と玉村町の間を流れる烏川に架かる岩倉橋です。
その橋の下をくぐって、公園の北側に来ました。

051_640x469

清らかな小川の水が、烏川へと流れて行きます。

049_640x478

小川の渕に咲いて居たヒガンバナです。

0432

と、見間違えて踏みつけそうになった土色の小さなカエルです。 

044_608x433

薮の方に目を移すと、ヤブランが咲いて居ます。
開けた公園内は芝生が綺麗です。 
今日はウイークデーでしょうか、子供たちの姿が見えません。

045_640x449

公園からの帰り道、玉村町文化センターで開催中の水墨展覧会を観に寄りました。
20~30号という自然界の風景画、感動しながら観て周りました。

玉村町歴史資料館入り口のじゅうたんです。
町のマスコット、たつながさまとおたまちゃんが描かれて居ます。

二つのマスコットのいわれが知りたくて、ネットで調べて見ました。
↓左、たつながさま
本名、玉小路(たまのこうじ)龍長(たつなが)。 
京都から来た日光例幣使で玉村町の歴史に興味津々。
和歌を詠むのが得意、龍年生まれで、以前に例幣使を務めた親が、玉村の龍の玉伝説にちなんで名付けました。
誕生日:4月11日(日光例幣使の玉村宿滞在日)

↓右、おたまちゃん
生まれも育ちも玉村宿の町娘。 茶屋 「泉屋」 の看板娘でお花とお団子が好き、玉村町の歴史に詳しい。
誕生日:5月5日(歴史資料館開館日)
             (この項:玉村町のホームページから引用)

052_640x492

奥の柱に前では、玉小路龍長人形が立って出迎えてくれます。

053_487x640

事務所前の廊下に立っ居た、おたまちゃんとたつながさまです。

054_472x640 055_470x640

暫くぶりに訪ねた玉村町文化センターで出合った、たつながさまとおたまちゃんでした。

| | コメント (8)

2016年9月19日

ヒガンバナ

昨年の秋、玉村町の烏川河川敷総合レクリエーション公園内を歩いたことが有ります。
その時公園内の林の中でヒガンバナの株をたくさん見つけました。

その時に見た株からヒガンバナが真っ赤に咲いていると想像して来ましたが、林の中はあちこちと咲く程度で寂しいです。

036_640x480


041_640x481


038_640x473


042_640x448

花の咲き方もバラバラです。
人様に花を見て貰うには、それ相応の人の手が必要と知りました。

043_640x496

高崎市と玉村町の間を流れる烏川に架かる岩倉橋の下をくぐって、北側の公園に来て見ました。
公園内の小川の渕に咲くヒガンバナもまばらです。

0432_640x479

せっかく訪ねた公園です。 もう少し奥の林の方へ行ってみます。

| | コメント (6)

2016年9月18日

キジ2016(42)

<9月11日(日) 晴れ、曇り>
晴れた日の午後からのキジウオークです。
H造園業さんの西の畑に来てヒナを見つけました。
写真は1枚撮っただけ、直ぐに草むらへ隠れてそのままでした。
              <PM2:20撮影>
009

田んぼに回って来て、しょんぼり姿の♂を見つけて撮りました。
              <PM2:40撮影>
014

<9月12日(月) 曇り>
自転車での早朝キジ観察です。
鉄塔下の石柱にキジ♀が止まって居るのを見つけました。
この石柱こは♂がよく止まって居るところです。
              <AM5:51撮影>
001

カメラを左に振るとヒナの姿が見えました。
距離にして50㍍はあるかと思います。 今朝はここまでです。
              <AM5:52撮影>
004

<9月13日(火) 雨、曇り>
朝は雨でキジ観察は出来ず、午後に雨も上がったのでキジウオークに出ました。

H造園業さんの資材置き場に人が来て居ます。
資材置き場前を通り過ぎところで、フェンス近くに居たヒナを見つけました。
              <PM3:09撮影>
010

親鳥♀の近くに集まったところで、数えてみたら6羽のヒナでした。
隣りの資材置き場には人の気配がします。 
暫くして、ヒナたちは向こうの草むらに隠れました。
              <PM3:10撮影>
012

<9月14日(水) 曇り、晴れ>
午前10時半ころ自転車でキジ観察に出掛けました。
麦畑から鉄塔、住宅地等、これまでキジと出合った所を観て回るのですが、キジとの出合がありません。
天気も良し、ヘビウリを観に切り替えて自転車を飛ばしました。

と、田んぼのあぜ道でキジを見つけました。
              <AM11:02撮影>
014_2

場所確認のため、北側に建設中の前橋赤十字病院を撮りました。
キジが巣作りをする場所は何処だろうと辺りを見回すと、東側の田んぼの横に草薮となった休耕田がありました。
              <AM11:02撮影>
015

私の姿を見て隠れたキジは、一枚下の田んぼの畔に居ました。
              <AM11:11撮影>
022

全部揃ったようです。 数えて見ると親鳥♀にヒナが5羽です。
              <AM11:13撮影>
025

意外な所で見つけたキジは、その場所は忘れないことでしょう。

| | コメント (8)

2016年9月17日

ヘビウリ

9月14日の朝は、どんよりとした曇り空でした。 
早朝のキジ観察は中止して、空が晴れた昼前に自転車で出かけました。

麦畑から鉄塔、古墳、住宅地、田んぼと観て回ったがキジとの出合がありません。
ここで、サイクリングに切り変えてヘビウリを観に行きました。

G町を抜けて、A町の田園地帯に来た所で、田んぼのあぜ道に居たサギを見つけました。
と、その先の休田にもサギの姿が見えます。

011_640x461

自転車です。
大きな田んぼを回り込んで来て見るとアオサギやカモが居ました。

020_640x462

カメラを右に振って、田んぼの畔に並ぶカモを撮りました。
私が来たことに気付いたようで、全部のカモが立ち上りました。

019_640x480

ここでサギやカモと出合う前に、キジの親子とも出合って居ます。
その細部は、キジ観察の項で紹介します。

サギやカモと出合って、数百㍍走ってヘビウリ棚に着きました。
今年最大の長さ、2㍍と聞いたヘビウリが赤くなって居ました。

030_604x640

棚の外側からも撮りました。
手前には、2㍍超かと思われる新しいヘビウリも見えます。

032_536x640

重みで潰れた棚も元に復旧し、ここでもヘビウリが生って居ます。

031_640x470

自転車を飛ばして来たS町地区の田園地帯です。
サギ、キジ、そして赤いヘビウリを確認できたサイクリングでした。

| | コメント (10)

2016年9月16日

オシロイバナ、他

朝のラジオ体操からの帰りです。
夕方に咲くオシロイバナが、私たちがか帰るまで頑張って咲いて居てくれたようです。

207

隣りには色違いのオシロイバナも咲いて居ました。

208

こちらはキジウオークからの帰りに撮ったクズの花です。
以前にも増して花数が付いて居ます。 良い芳香に誘われて撮りました。

209

キジ観察で往き来する道路脇の畑に咲いて居たコスモスです。
以前、キアゲハが止まった同種のコスモスでもあります。

216

コスモスの脇で隠れるように赤い実をつけたホオズキです。
周りの雑草をかき分けてカメラに収めてました。

218

土手の草木に絡み合うようにして咲いて居たセンニンソウです。

222
(花の名前、「センニンソウ」 は山小屋さんに教えて貰いました。)

出歩いて見ると、季節ごとにいろいろな花との出合があります。
季節は少しづつ、中秋から晩秋へ変わろうとしているようです。

| | コメント (8)

2016年9月15日

アメリカフヨウ、他

このところラジオ体操の帰り道、毎朝のように赤と白のアメリカフヨウが笑顔で送迎してくれます。
一日花ですが朝早くから咲いて居ます。
横向きのポーズですが赤い花を撮りました。

004_640x599


005_640x463

赤い花の隣に白い花も咲いて居ます。 やや横向きで撮りました。

006_639x640


007_640x465

キジ観察に来て、畑の渕に咲いて居た赤いヒバンバナです。

009

少し離れた畑の隅には、白のヒガンバナも咲いて居ました。

107_640x600

キジ観察に来る途中の畑の渕で観たハツユキソウです。
ハツユキソウはいまが最盛期のようで、夕方の団地周回ウオークでもよく見かけます。

105

年間を通してのラジオ体操と、春から始めたキジ観察です。
出掛けて来れば、いろいろな花や植物との出合いがあります。
その花や植物から季節の移り変わりを感じとって居ます。

| | コメント (8)

2016年9月14日

キジ2016(41)

<9月5日(月) 晴れ>
これまでキジを見つけた場所を二回りして、最後に来て麦畑の北側に居たヒナを見つけました。
しかも遠い位置です。 今朝は諦めて早退です。
              <AM6:07撮影>
005

<9月6日(火) 晴れ>
今朝は昨日の朝と同じ麦畑の北側の畑に来てヒナを見つけました。
枯れて落ちたキユウリを突くヒナを撮りました。
              <AM5:47撮影>
014_2

そのご、ヒナたちは東側の土手の方へ移動しました。
自転車で東側の道路へ回って見ると、タイミングよく土手に居たヒナを見つけて撮りました。
              <AM6:03撮影>
022

<9月7日(水) 曇り、晴れ>
夕方にキジウオークに出たが、キジとの出合はなしでした。

<9月9日(金) 晴れ>
昨日からの雨も上がって朝のキジ観察へ。
ぐるぐる回って見て来たが、麦畑の北の民家の土手に居たキジを見つけました。
              <AM6:24撮影>
002

東側の道路へ回ると、他のヒナが左の竹薮に隠れるちころでした。
              <AM6:26撮影>
007

<9月10日(土) 晴れ>
昨日もヒナと出合った麦畑北の草むらでキジの親子を見つけました。
6羽のヒナたちは東の土手の方へ向かいます。
              <AM6:09撮影>
013

自転車で東の道路に来てみると、枯れ枝にヒナが止まって居る所に出合いました。
この枝は以前親鳥♀が止まったことが有る枯れ木です。
横の木が邪魔をして影となり、ヒナが上手く撮れません。
              <AM6:15撮影>
020

と、数㍍離れた場所でキジを見つけました。
朝の太陽の光を受けて居ます。 親鳥♀と思うのですが ・・・・。
              <AM6:17撮影>
024

再び畑に戻ると、今度は麦畑横の草むらに来て居ました。
              <AM6:26撮影>
033

と、何かに気付いたのでしょうか、首を伸ばして見詰めて居ます。
              <AM6:29撮影>
040

この日は比較的近い位置でヒナとの出合があった朝となりました。

| | コメント (8)

2016年9月13日

キジ2016(40)

<9月1日(木) 晴れ>
住宅の西の空き地に来て、キジの親子を見つけました。
              <AM5:48撮影>
003

私の姿を見た親鳥は、私が立って居る道路を横切って行きました。
と、その後に続くヒナが飛び発ちました。
その瞬間を撮りましたが、画面に写っていたのは2羽のヒナです。
              <AM5:48撮影>
004

道路を渡ったヒナたちは、左の住宅横の空き地に来て居ます。
十分に朝日を浴びているヒナを撮りました。
              <AM5:52撮影>
009

<9月2日(木) 晴れ>
H造園業さんの資材置き場の西の畑に来て、キジの親子を見つけました。
ヒナたちは暫くして、直ぐ前の草むらに隠れました。
              <AM5:53撮影>
008

自転車で何回か見て回っているうち、昨日ヒナと出合った住宅西の空き地に来てキジを見つけました。
              <AM6:16撮影>
027

こちらは親鳥♀と思うのですが草むらの中で判別が出来ません。
              <AM6:28撮影>
035

<9月3日(木) 晴れ>
今朝も昨日と同じ住宅西の空き地でキジの親子を見つけました。
直ぐ側に畑の人が草取りをして居ます。 警戒しているようです。
              <AM5:48撮影>
001

横の空き地に出た所を撮りました。
              <AM5:49撮影>
006

すると直ぐまた草むらの中へ隠れます。
              <AM5:51撮影>
010

今朝は比較的近い位置からの観察でしたが、畑の人が居ては警戒心旺盛で諦めて帰りました。

| | コメント (8)

2016年9月12日

濃溝の滝

鋸山を後に次の観光地、君津市の 「濃溝の滝」 へと向かいます。

旅のシオリでは 「清水渓流公園・濃溝の滝」 とあるだけで、千葉県のどこに来て居るかも分らないままでの到着でした。
清水渓流広場案内を見て、君津市に来て居ることが分りました。

①の高台から、右下を流れる川に沿って②に向かって歩きます。

054_640x462

②の外れに来て、「幸運の鐘」 がありました。
友達のOさんがみんなを代表し鐘を撞くと、鐘は渓流公園にこだまして快く響き渡りました。

055_640x460

坂を下る途中で、上から眺めた 「濃溝の滝」 です。

057_640x479

川原に下りてくると、大勢の人が川に浸かりながら周りの景色を眺めて居ます。
チラシによれば、「約350年前に掘られた川回しの滝」 とありますが、それ以上のことは分らないまま滝を眺めて来ました。

061_572x640

下流の方にも大勢の人です。

058_640x480

帰りは③から木道を歩いて④に帰ります。

063_640x480

さて、上の遊歩道を歩いて下に下りて3段に落ちる小さな滝を観て、その後木道を歩いて来ただけの観光でした。

家にか帰ってネットで観れば、神秘的・幻想的な滝と知りました。
それを見るには、時期的・時間的なタイミングが必要と知りました。

| | コメント (6)

2016年9月11日

鋸山(3)

地獄のぞきが終わって、日本一の大仏さまを観に山を下ります。

急な石段を数十㍍下りた所で出合った西国観音像群です。

042

さらに一段下に下って出合った百体観音像群です。

043

そこから少し奥の方へ進むと、あせかき不動という変わった名前の不動尊が祀られて居ました。

044

ここで西国観音像群の方へ戻って、日本一の大仏さまを観に山を下れば良かったのですが、千五百羅漢像も見たいのでそちらへ回りました。

甚五郎の墓と有りますが、左甚五郎の墓でしようか。

046

続いて、大きな宝筺印塔の前に来ました。

049

次に日牌堂です。
びっしりと並ぶ石像に圧倒されながら拝観しました。

051

最後が奥の院無漏窟です。
奥の院は、門扉に鍵がかかり、中の様子は門扉の外から覗くだけでした。

052

最後に訪ねてのは、聖徳太子像がある維摩窟です。

053

千五百羅漢を拝観するため、鋸山の山中を登り下りしながら歩いて来ました。
日本一の大仏さまを観るには、ここから引き返して下って、再び登ってくることになります。

今日の蒸し暑さで、行って帰ってくるにはグロッキー気味です。
残念ですが大仏さまの拝観は諦めることにしました。

| | コメント (8)

2016年9月10日

鋸山(2)

ロープウェイを下りて最初の観光が百尺観音です。
険しい崖に、6年の歳月を費やして完成したという大観音像は、交通安全の守り本尊として信仰を集めて居るといいます。

028

北口管理事務所上の崖を見上げて撮りました。

030_640x482

鋸山の絶景ポイント、地獄のぞきには既に先客の姿が見えます。

031

休憩場所の横を通り過ぎて、前方の開けたところで左手の地獄のぞきへと上ります。

034_640x469

狭い地獄のぞきは混んで居て、写真撮影は順番待ちです。
途中で立ち止まった所で、前方の景色をカメラに収めました。

035_640x478

カメラを右に振って、展望台から切り立った断崖絶壁を撮りました。

036

次にカメラを真下に向けて、百尺観音があった方向を撮りました。
下を覗いて、身震いがする断崖絶壁です。

037

順番待ちも少し前に進みました。 
ここで再び振り返って、展望台方向をカメラに収めました。

038

やっと自分たちの撮影順番が回ってきました。
慌ててカメラを渡して撮って貰った、貴重な地獄のぞきの1枚です。

041_480x640

出発時、台風の影響による天候を心配しながらやって来ました。
ところが鋸山に来て天気は回復し、蒸し暑くなってきました。

| | コメント (8)

2016年9月 9日

鋸山(1)

スイス製で、乗務員一人を含む41人乗りのゴンドラで鋸山山頂駅へ向かいます。

遅くに乗ったので、押し込まれるようにして中に入りました。
中は身動きがとれないほどで、伸びあがって外にカメラを向けて居ます。

011_640x459

進行方向右手の山です。

013_640x469

体をひねって進行方向左手の山を撮りました。

015_640x480_2

再び右手に戻って海を見て撮りました。

018_640x480

約4分の空中散歩です。 
間もなく山頂です。 前を阻むように山が迫ってきました。

021_640x468

ロープウェイを下りてから数十㍍登って着いた山頂です。

026_500x640

金谷港方向を眺めて撮りました。

024_640x480

カメラを左に振って先ほどゴンドラから眺めた崖方向を撮りました。

025_640x480

台風12号接近で心配してきた天気も、こちらに来て晴れました。

| | コメント (4)

2016年9月 8日

海ほたる

去る9月4日、読売旅行の日帰りで千葉房総の秘境 「鋸山」 へ行って来ました。
その行き帰りに立ち寄った、東京湾アクアラインの海ほたるです。

<往 路>
ゆっくり海ほたるの施設内を観て歩く余裕がありません。
急ぎ5階まで上がって、羽田方向の海の景色を撮ってきました。

施設屋上の左側から眺めた景色です。

002_640x475

施設屋上の右側から眺めた景色です。

004_640x472

人気がある記念撮影のスポットです。
記念撮影が終わって、人が立ち去った瞬間をとらえて撮りました。

005_640x509

波静かな東京湾内です。 
観光バスは、東京湾アクアラインを一路南房総へと走ります。

<復 路>
鋸山の地獄のぞきや濃溝(のうみぞ)の滝観光が終わっての帰り道、再び海ほたるに立ち寄りました。

今度は少し時間に余裕があります。
一気に5 階まで上がって、今度は海に向かって階段を下ります。
と、目の前に大きなシン・ゴジラの実寸大足跡が見えて来ました。

068_640x474

映画は見て居ませんが、こんな大足のゴジラが登場する映画は、迫力があったことだろうと想像しながら眺めてきました。

070_640x438

テトラポットの上ではカモメが羽を休めて居ます。

069_640x488

振り返って5 階屋上方向を撮りました。
高くそびえるのはヨットの帆を表しているのでしようか。

071_640x477

5 階に戻って羽田方向を撮りました。
羽田空港着陸機でしょうか、飛行機3機ほど通過して行きました。

072_640x480

西空の太陽も大分傾いて来ました。
時計を見ると午後4時半過ぎ、再び観光バスに乗りました。

| | コメント (8)

2016年9月 7日

サイクリング(2)

ヘビウリ畑から南へ約2kmほど自転車を飛ばして左折し、民家の畑に来てヒャクニチソウと出合ました。
紅白二つの花です。 
何か良いことが有るようにと願いながら撮りました。

035


038_640x600

ヒャクニチソウの隣に咲いて居たケイトウです。
ヒマアカタテハでしょうか吸蜜に来て居ます。

054

うまく吸蜜できないのか、逆さになって頑張って居ます。

062_629x640

住宅地の外れの桑の葉に、セセリョウが飛んで来て止まりました。

072

少し離れたキクイモの葉に止まる、小さなショウリョウバッタを見つけました。

074

自転車で、竹藪の横を走って居ます。
その竹薮の側に生って居たカラスウです。 
この実が赤くなる頃は秋も深まります。

075_640x516

我が家の近くに来て、門扉に絡む花を撮りました。(花名不詳)

078_640x449
(ブログ友のhirugaoさんに 「サンパラソル」 と教えて貰いました。)

韮川沿いに建つ住宅の庭にしていたモミジアオイです。

080_640x620

我が家に着いて、自転車を下りたら一気に汗が吹き出しました。
暫くぶりのサイクリングです。 
汗はかきましたが、その後のシャワーで気分は爽快でした。

| | コメント (8)

2016年9月 6日

サイクリング(1)

自転車でヘビウリを観ての帰り、田園地帯を回って帰ります。

広い田園地帯です。 
ヘビウリ畑から南に向かって快調に自転車を飛ばして来ました。

広い田んぼの真ん中に紅白のクレーンが6機、青空に向かって伸びて居ます。
前橋赤十字病院の新築工事です。 
工事現場の南に来て、空高く伸びるクレーンを撮りました。

012_640x461

垂れさがった稲穂です。 今年の作柄は平年並みと聞きました。

015_640x480

このまま台風などに出合わないで収穫を迎えて欲しいものです。

016_640x479

小川で出合ったトンボは、リユウキユウハグロトンボのようです。 
人の影を見ては直ぐに飛び発ちます。

020_640x429

畑に咲いて居たジンジャーです。 
芳香があるのですが、時期が遅いのか芳香はしませんでした。

021_640x479

農家の近くに来て、ムクゲがあ咲いて居ました。
先日、フヨウとムクゲを間違えてブログ友の山小屋さんから教えて貰いました。

025_640x479

こちらは「日の丸」と名が付くムクゲで、覚えやすい花の名前です。

028_640x457

屋敷の周りに咲いて居たボタンクサギです。
夏が過ぎて花は終わろうとしているようです。

030_640x521

ここで左折して、西から東の方の我が家へと帰ります。  つづく

| | コメント (8)

2016年9月 5日

ヘビウリ

このところ、夕食を済ませた後に団地の周りを歩いて居ます。
日中のキジウオークの歩数が1万歩にちょっと足りません。
家には入らず、我が家の裏のハナミズキ通りを歩きました。
と、50mほど下った住宅の生垣にヘビウリが生って居ました。
カメラがありません。

翌朝に訪ねて撮ったヘビウリです。 今年は成育が遅いようです。

001_480x640

右上の曲がりくねったヘビウリです。

002_473x640

この日、以前ヘビウリを観た畑へ自転車で出掛けました。
幸いにも畑に主人が居ました。
「ヘビウリを見せて欲しい、写真も撮らせて欲しい。」 と頼んだところ、畑仕事をしていた主人が畑作業の手を休めて、案内をしてくれました。

010_640x448

「ヘビウリを育て始めた8年になる。 
ヘビウリは珍しいのでよく見に来る人が居る。」

011_640x487

「これまで一番大きいのは一昨年の2㍍8センチで、今年は↓の右から4番目のウリが2㍍丁度です。」

0022_640x542

「天上には変わった形のヘビウリウリがあります。」 と指を指して教えてくれました。

003_640x584


004_640x505

また、「もう一つあったヘビウリの棚は、ウリの重さで倒れました。」 とも教えてくれました。

009_640x467

倒れた棚の中は、大きなヘビウリが何本も見えまました。

008_633x640

今回は青いヘビウリを観に来ました。
今度は赤くなったヘビウリを観に来たいと思って居ます。

| | コメント (6)

2016年9月 4日

キジ2016(39)

<8月28日(日)雨・曇り>
朝から雨です。 キジ観察は休みラジオ体操は自宅で行いました。
雨は午後になって上がり、さっそくキジ観察ウオークに出ました。

麦畑から鉄塔と観て来たがキジとの出合はありません。
古墳の横のトウモロコシ畑に来てキジ♂を見つけました。
私の姿を見付けたキジは直ぐにトウモロコシ畑の中に隠れました。
              <PM1:48撮影>
002

ここから引き返して鉄塔前に来て畑の中にキジ♂を見つけました。
遠い位置からの撮影です。 
諦めて畑の向こう、東側の土手沿いに歩いて見ることにしました。
              <PM2:13撮影>
008

麦畑の東側に来て、土手の草むらに居た♀を見つけました。
ヒナは? と探しますが、草深くてヒナの姿は見えません。
              <PM2:34撮影>
016

雨上がりの午後のキジウオーキングは、ここまでで引き返しました。

<8月29日(日)曇り・ 晴れ・曇り>
今にも降りそうな朝です。
キジ観察は午後のキジウオークに変えて出かけました。
麦畑に来てたところでタイミングよくキジの親子を見つけました。
              <PM2:21撮影>
008_2

親鳥♀の側にヒナ4羽が居ます。
              <PM2:23撮影>
015

首を長く伸ばした親子がこちらを見て警戒しているようです。
              <PM2:38撮影>
022

親鳥の側にヒナ5羽(全部)が集まって来ました。
              <PM2:43撮影>
029

ヒナたちも東側の草むらの方へ行き、撮影距離が遠くなりました。 ここで諦めて帰ります。

<8月30日(日) 雨・晴れ・曇り>
台風9号接近で天候が不安定です。
朝は雨でキジ観察を中止、午後に晴れ間が出たのでキジウオークに出かけました。
天候急変です。 雨が降り出し慌てて帰宅です。
この日の台風9号は、東北を通過し大きな被害をもたらしました。

<8月31日(日) 晴れ>
台風一過、朝からよく晴れて居ます。
自転車でキジ観察へ直行です。
今日は台風の後でヒナとの出合はないと思って居たところ、何時もの場所とは違う田んぼの畔道でキジを見付けました。
こちらからは逆光です。 東側へ回ります。
              <AM5:55撮影>
003

うまい具合にこちらを向いてくれました。
              <AM6:12撮影>
028

朝の太陽の日差しを受けて毛繕いを始まました。
              <AM6:18撮影>
042

と、田んぼの稲の下を潜り抜けて今度は1枚下の田んぼのあぜ道に出ました。
              <AM6:25撮影>
046

時計を見るとラジオ体操へ行く時間です。 自転車を飛ばしました。

| | コメント (3)

2016年9月 3日

ケイトウ・他

8月29日午後、前日に続いてキジウオークに出かけました。

以前、キジの番を観たことがある住宅の東側の畑に来ました。
秋の午後の日差しを受けてケイトウが咲いて居ます。

030

その畑の花壇に飛んで来たモンシロチョウです。
来たと思ったら、直ぐにあちことと飛び回るので上手く撮れません。

031

モンシロチョウが飛び交う横の畑に咲いて居たダリアです。

201

ウオーキングの帰り道、S町2丁目の歩道脇に咲いて居たケイトウです。

204

直ぐ隣りには黄色いカンナも咲いて居ました。

206

我が家の近くに来てトベラの白い花を見つけました。

207

花の隣には、赤みを帯びた実をつけたトベラも見つけました。

208

我が住宅団地の横を流れる韮川の西側の土手に沿って歩いて帰ります。
と、フェンスに絡むクズの甘い香りが匂って来ました。
良く見ると、蔓の葉の影で、可愛い花が咲いて居ました。

043

8月29日午後のウオーキングは、秋を感じながら歩いてきました。

| | コメント (8)

2016年9月 2日

フヨウ・他

8月28日のキジ観察ウオーキンクで、出合った花やチョウを撮ってきました。
撮り溜めて置いた拙い画像ですが観てください。

古墳横の畑の空き地で咲いて居たフヨウです。
フヨウの花も最盛期は終わりましたが、一生懸命咲いて居ました。

001

畑の脇の電柱に絡んで、ヘクソカズラが咲いて居ました。
花の匂いで嫌われているようですが、小さな可愛い花です。

004

住宅地の横、東側の空き地で咲いて居たヨウシュヤマボウシです。 秋が深まるにつれて実が黒くなるようです。

005

住宅地横、西側の畑のイチジクです。
ここでは、近い位置から5羽のヒナを3日連続で確認しています。

006

鉄塔のキジを見つける畑です。 
手前の花畑にキアゲハが飛んできました。

013

古墳の横に三叉路があります。
その三叉路の一角にある畑で咲いていたオクラです。

018

オクラ畑の横の空き地では秋の訪れです。
大きな株のタカノハススキが穂を出して居ます。

020

と、その横の草むらへ、ウラギンヒョウモンが飛んできました。

024

早朝のラジオ体操前のキジ観察も、こうして午後のキジウオークに変えて、花や蝶との出合もまた楽しいです。

| | コメント (10)

2016年9月 1日

キジ2016(38)

<8月25日(木) 晴れ>
朝からからりと晴れあがり、強い日差しの朝を迎えて居ます。
麦畑の北の畑に来て、キュウリ棚の影に居たキジの親子を見つけました。
              <AM5:54撮影>
012

と、ヒナ1羽がキュウリ棚の上に飛び乗りました。
              <AM5:56撮影>
015

この後親鳥とヒナは深い草むらの中に隠れて見えなくなりました。

ラジオ体操へ向かいます。
麦畑から鉄塔、古墳と大回りをして、住宅地横の空き地へ来た所で、土手の草むらで親鳥♀を見つけました。
              <AM6:13撮影>
018

暫らく立って見て居ましたが草深い所です。
その内キジの姿を見失い、ラジオ体操会場へと直行しました。

<8月26日(金) 曇り、晴れ>
昨日の朝、麦畑北の草むらで親鳥♀を見つけた場所の近くで今朝も♀を見つけました。
              <AM5:54撮影>
011

♀とヒナは、昨日の朝と同じようにネギ畑の中を抜けて、キュウリ畑の方へ歩いて行きます。
と、今朝は2羽のヒナがキュウリ棚の上に飛び乗りました。
              <AM5:54撮影>
019

1羽のヒナは飛び降りたが、残ったヒナがこちらを向いて居ます。
              <AM5:54撮影>
021

今朝も比較的近い位置でのヒナ観察でした。

<8月27日(土) 雨、曇り>
午前中は雨、楽しみにしていた公園でのG・ゴルフの練習も出来ず、モヤモヤした気分で午前中を過ごしました。

午後になって雨も上がり、キジウオークに出かけました。
麦畑の横の空き地でキジの親子を見つけました。
              <PM3:48撮影>
011_2

ヒナ1羽が昨日のキュウリ畑の方へ歩き出しました。
              <PM4:08撮影>
026

他のヒナも動くのかと見ていたが、草むらから動こうとしません。
              <PM4:16撮影>
042

先に歩いて行ったヒナも戻って、その内みんな草むらの中に隠れて見えなくなりました。
              <PM4:17撮影>
045

今回は、3日連続で麦畑の北側の草むらでヒナとの出合でした。

| | コメント (6)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »