« 妙義山石門めぐり(5) | トップページ | 歴史遺産 「多胡碑」 »

2016年11月20日

妙義山石門めぐり(完)

石門めぐりのコースと違って、こちら中之岳神社からの登山者は少ないようです。
たまに出合う登山者に、声を掛けながら下って居ます。

078_800x565

信仰の山でもあるようです。
たくさんの人たちが石積みをして行ったようです。

080_800x599

中之岳神社で参拝を済ませた後、カミさんを轟岩から眺める絶景の場所へ案内です。
と、神社の裏側にきた所で72歳の男性と若い二人の男性と出合いがあり、一緒に登ることになりました。

クサリ場なしの轟岩後方の岩場に登って来ました。
登った証拠写真にと、一緒に登った青年が撮ってくれました。

089_800x592

この後、若い二人は直ぐ前の轟岩の狭い頂上へ向かいました。
残った私たちは、轟岩の左横から見下ろした景観を撮りました。

081_800x599

カメラを右に振って、奇岩・奇石群の景色をカメラに収めました。

085_800x600

轟岩の頂上を制した若者二人はニコニコ顔で下りて来ました。

下山して直ぐに、振り返って轟岩を見上げて撮りました。
頭が二つ並んだ、右側の肩の部分まで登りました。
頭の部分にはカニの横ばいのクサリが有ったものの、その先は怖くて制覇できませんでした。

095_800x599

中之岳神社で参拝を済ませ、駐車場に下りて来ました。
駐車場横の冬桜です。 この下は桜の名所 「さくらの里」 です。

097_800x599

午後の陽ざしを受けて、金鶏山も良く見えて居ます。

100_800x599

マイカーに来て、もう一度轟岩を眺めると、人が二人頂上を極めて立ってこちらを見て居ます。

上毛かるたに、「紅葉に映える 妙義山」 があります。
轟岩の上に立って、妙義山の紅葉を堪能しているようです。

102_800x598

轟岩の頂上を極めた羨ましい気分が半分、年齢的から諦め気分が半分で我が家へと向かいます。
帰りは下仁田町を回って帰ろうと、R245に出ました。   つづく

|

« 妙義山石門めぐり(5) | トップページ | 歴史遺産 「多胡碑」 »

ぐんま・西部エリア」カテゴリの記事

コメント

>mariaさんへ
今年の妙義山石門めぐりは好天と紅葉に恵まれました。
頑張って登ったカミさんとの記念写真もたくさん残ります。

今朝は物凄いガスでした。
その中での青果市場祭りで籤運が強いカミさんが2等賞を
当ててミカン1箱(小型)を貰って来ました。(笑)

投稿: つちや | 2016年11月20日 15:26

>地理佐渡さんへ
今年の妙義山は紅葉と天候に恵まれた石門めぐりでした。
今日の前橋は物凄いガスでした。
昼近くなって晴れましたが午前中の市場祭りは大変でした。

投稿: つちや | 2016年11月20日 15:16

>hirugaoさんへ
今年の妙義山の石門めぐりは好天と紅葉に恵まれました。
またカミさんと共に頑張って登ることが出来ました。
記念写真もたくさん撮って貰いました。

投稿: つちや | 2016年11月20日 15:12

>山小屋さんへ
妙義山の石門めぐりは好天に恵まれました。
22日は絶好の再会日となりますよう、雨とならないことを
願って居ます。

投稿: つちや | 2016年11月20日 15:09

つちやさん、おはようございます。
石門巡りをたくさん楽しませて頂きました。
大変お疲れ様でした。
時には諦めて引き返すのも明日へのお土産になりますねhappy01
お二人で語り合える想い出が又一つ加わりましたね。
お天気に恵まれたのは本当に幸運です。
紅葉と妙義山の風景をご一緒に味わえ心から感謝しております。

投稿: maria | 2016年11月20日 09:23

おはようございます。

奇岩と紅葉の織りなす風景。
天候も良いし、最高の日でしたね。

さて、昨日はこちらも雨でした。
今朝のこちらは曇り空。
午後から又雨と予報されています(残念)。

投稿: 地理佐渡.. | 2016年11月20日 08:31

石門めぐりというのがいいですね~
それに紅葉というのは最高な時期のようですね。
今朝はとても暖かくコートなしでもワンの散歩で汗をかきました。

投稿: hirugao | 2016年11月20日 08:10

天気に恵まれた石門めぐりだったようです。
22日はどうも雨のようです。
雨なら中止します。

投稿: 山小屋 | 2016年11月20日 06:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妙義山石門めぐり(5) | トップページ | 歴史遺産 「多胡碑」 »