« 妙義山石門めぐり(2) | トップページ | 妙義山石門めぐり(4) »

2016年11月17日

妙義山石門めぐり(3)

縦に細長く口を空けた第二石門の口に登り着きました。
狭い石門に立って、ゆるぎ岩方向の素晴らしい絶景をカメラに収めました。

024

石門をくぐりぬけた所で、「つるべさがり」 の看板が出て居ます。
クサリにしっかり掴りながら、後ろ向きで降ります。

026_800x595

と、左側のクサリ場を反対周りの若い夫妻が登って来るようです。

「私、登れるかしら」 と心配そうに話掛けて居ます。
「後期高齢者の私が登ったのですかから大丈夫ですよ。」 とクサリに捉まりながら声を掛けました。

男性が先に、暫らく間を置いて婦人がクサリにしっかり捉まりながら登って行きました。

027_633x800

第二石門の次は第三石門です。
第三石門はくぐり抜けが出来ません。 石門の下までは行けます。 

030

「かにのよこばい」 が待って居ました。

031_800x599

大きな口を空けて待って居るようです。
しかし、その先は崖下でくぐり抜けは出来ません。 

石門だけをカメラに収めて引き返しました。

032

第三石門から数十㍍登って、第四石門前の広場に出ました。

大きな口を空けた第四石門の向こうに大砲岩が望めます。
石門前の紅葉も見事です。

033

第四石門の右手に回って、大砲岩からゆるぎ岩を入れた絶景を撮りました。

034_800x614

次にカメラを右下に振って、先ほどくさりに捉まりながらくぐってきた第二石門を撮りました。
この景色は 「日暮らしの景」 と言い人気のスポットです。
撮影の時間帯で、第二石門が少し暗く見えるのが残念です。

035_800x602

大砲岩からゆるぎ岩、日暮らしの景は記念撮影のポイントです。 
この後、カミさんを呼んで記念撮影です。       つづく

|

« 妙義山石門めぐり(2) | トップページ | 妙義山石門めぐり(4) »

ぐんま・西部エリア」カテゴリの記事

コメント

>シクラメンさんへ
がんばって登った妙義山の石門くぐりでした。
山の紅葉もまずまずで頑張った甲斐がありました。
来年のことは分らない高齢者です。
何ごとも楽しみながらやっていきます。

昨日のG・ゴルフ練習で二つのホールインワンが出て
気分が良い一日でした。(笑)

投稿: つちや | 2016年11月18日 05:28

こんばんわ。
群馬ならではの楽しみですね。 結構ハードな岩場。
つちやさんはまだまだいけますよ。
紅葉も見ることが出来良かったですね。
でも油断大敵ですね。

投稿: シクラメン | 2016年11月17日 21:17

>hirugaoさんへ
妙義山は近場で結構険しい山です。
これまで友達などと何回石門くぐりをしたことでしょうね。
石門くぐりが私たち素人の山登りには適当なようです。

明日は森林植物園ですか? この時期はいいですね。

投稿: つちや | 2016年11月17日 14:28

>山小屋さんへ
石門くぐりは何度しても楽しい思い出が残ります。
声をかけてくれる山での出合が嬉しいですね。

来週22日の妙義山ですか。
妙義神社下の大駐車場辺りでお会いしたいですね。

投稿: つちや | 2016年11月17日 14:22

>地理佐渡さんへ
一番険しい第二石門くぐりで出合った若い夫妻です。
この後、見晴らし台では別の若い夫妻との出合があって
写真を撮ってくれました。
また最後の険しい轟岩では若い青年二人との出合があり
ここでも二人の記念を撮ってくれた嬉しい一日でした。

投稿: つちや | 2016年11月17日 14:18

紅葉を楽しむなんて言えないくらいの険しさですね。
登山? という感じですね~
明日あたり神戸の森林植物園にメタセコイアの黄葉を
見に行って来ます。

投稿: hirugao | 2016年11月17日 10:22

ここは一般コースといわれていますが、クサリ場などがあり、
結構楽しめたようです。
22日に仲間と行く予定ですが、これも天気次第です。

投稿: 山小屋 | 2016年11月17日 07:17

おはようございます。

険しい道です。 後期高齢者の私。
いやいや、スイミングで鍛えたと言う言葉が必要でしょう(笑)。
とにかく元気ですねぇ。

投稿: 地理佐渡.. | 2016年11月17日 06:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妙義山石門めぐり(2) | トップページ | 妙義山石門めぐり(4) »