« 玉村八幡宮 | トップページ | 睦月三題 »

2017年1月16日

玉村八幡宮(続)

たまむら歌留多に、「願い事 足を運ぶは 八幡さま」 の読み札があります。

本殿横の池の中央に厳島神社(弁天しんこう)があります。
参拝を終えて、小さな社殿の周りを観て回って、いろいろな種類の絵馬を観て来ました。

057_800x594

可愛い初宮詣の絵馬です。

042

繭玉を意味する絵馬でしょうか?
境内の榊の枝にも有りましたが、八満宮の紋所が付いて居ます。

043

次は厄除・開運の八方除けの絵馬です。 絵柄は八神獣とか。

045

玉村八幡宮は戌亥(いぬい)歳生まれの守り本尊を祀って居ます。
ここは、その戌亥生まれの人が納めた絵馬です。

047

続いて目にしたのは、合格必勝・学芸上達祈願絵馬です。
学問の神様と言われる菅原道真公と梅の花の絵馬です。

048

続いての可愛い絵馬は七五三祝いの絵馬です。

049

こちらは子供さんの将来を託しての開運絵馬です。

050

最後は家内安全祈願の絵馬です。 
勢いがある 「開運厄除」 祈願の勇駒が駆けて居る絵馬です。

054

⑦の参集殿の横に来て、「生まれた月の花ことば」 を読みました。
5月生まれは 「すずらん」 で、花ことばは 「純潔」 です。

058_800x519

続いて事務所隣の 「十二支 性格早見表」 が出て居ました。
申年生まれの私は、「器用で賢い」 と出て居ます。 そうかなぁ~
守りご本尊は大日如来です。
ご真言は 「おん ばざら だとばん」   合掌

059_800x545

私の生まれは申で昨年が年男でした。
もうこの歳になればどうしょうもないと思いながらも、人様には迷惑が掛からないようにしなければと、玉村八幡宮を後にしました。

|

« 玉村八幡宮 | トップページ | 睦月三題 »

ぐんま・県央エリア」カテゴリの記事

コメント

>シクラメンさんへ
15日は敬老会の忘年会でした。
後半のカラオケに入ったところで帰宅し女子駅伝の
テレビ観戦でした。 テレビを観てびっくりです。
雪の中での駅伝、京都の優勝おめでとうございます。

投稿: つちや | 2017年1月17日 05:50

>地理佐渡さんへ
自宅に帰ってみれは大雪です。 驚いたことでしょう。
休む間もなく除雪も大変です。 ご苦労さまです。
代休はゆっくりとれるのでしょうか ・・・・。
大雪ではゆっくりも出来ませんね。 頑張って下さい。

投稿: つちや | 2017年1月17日 05:45

つちや様こんばんわ。
土曜.日曜日と日本中雪世界でしたね。
丁度京都で全国都道府県駅伝の日で走った人も
大変苦労されました。
箱根駅伝もこのような雪だったらもっと大変だったでしょう。
八幡様は学問の神様今どこでも入試の季節センター試験も
あり雪には困りますね。 車も怖いですね。

投稿: シクラメン | 2017年1月16日 21:14

こんばんは。

昨晩は大変でした。
小松市はたいした雪じゃないのに長岡に近づくにつれ
貴ゆがまし、高速の除雪車にはのろのろの進行を
余儀なくされました。
職場で見た車の姿にがっくり。
50センチ近い雪にふかふかと覆われていました。
始末に負えぬ事に下は凍っています。
とにかくそれを取り除くのに難儀したんですよ。

さあて、ちょっと休んだらサイトは本格再開いたします。
もう一日は休みたいです(笑)。

投稿: 地理佐渡.. | 2017年1月16日 19:01

>山小屋さんへ
昨日のセンター試験も雪で大変だったようです。
孫娘が受験でしたが結果は聞いて居ませんが本人が
一番知って居る所ですね。
本人が希望する所に入れればいいのですが ・・・・。

投稿: つちや | 2017年1月16日 15:08

>hirugaoさんへ
ここ玉村八幡宮には色々な種類の絵馬が奉納されて居て
楽しく拝見してきました。
我が身を思う、また我が子を思う心の内は皆同じですね。

投稿: つちや | 2017年1月16日 15:02

たくさんの絵馬がある神社ですね。

八幡宮は学問の神・菅原道真を祀っている神社で、
全国にたくさんあります。
中でも東京の湯島天神には合格を祈願する受験生が
たくさんお参りにきています。

センター試験も無事に終わったようです。
結果は本人が一番よく知っているのではないでしょうか?

投稿: 山小屋 | 2017年1月16日 08:54

冷たいです~
雪が少しあると溶けるときも大変です。

絵馬が色々あってみるほうも楽しいですね。
もう月も半ばです。
早いですね~

投稿: hirugao | 2017年1月16日 08:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 玉村八幡宮 | トップページ | 睦月三題 »