« キジウオーク(06) | トップページ | 八幡山古墳 »

2017年2月17日

朝三題

<2月13日朝>
我が家を出て、裏の階段を上った所で西の空へ沈む下弦の月を見ました。
              <AM6:21撮影>
009_13

韮川新橋の上で眺めた朝焼けです。 
今日は風もなく穏やかに晴れて暖かい日和となるようです。
              <AM6:22撮影>
012_132

亀塚山古墳の頂上で、下弦の月と雪を頂く浅間山を撮りました。
              <AM6:25撮影>
014_133

体操会場隣の金冠塚古墳の横に立って沈みゆく月を撮りました。
              <AM6:32撮影>
019_134

<2月14日朝>
昨日の朝に続いて、我が家の裏で下弦の月を撮りました。
月はかけて昨日より少し高い位置で輝いて居ます。
              <AM6:21撮影>
101_14

昨日の朝と同じように今朝も綺麗な朝焼けです。
              <AM6:24撮影>
103_142

亀塚山古墳にも、間もなく朝日が差し込んできます。
              <AM6:26撮影>
104_143

<2月15日朝>
昨日の朝と同じく歌の階段を上った所で撮りました。
今朝の月は更に高い位置で輝いて居ます。
              <AM6:21撮影>
205_15

韮川新橋の上で撮った朝焼けです。
風もなくカラスも高い位置を飛んで東の空へと向かいます。
              <AM6:23撮影>
206_152

出遅れたカラスでしょうか、慌てて飛んで行くようです。
              <AM6:24撮影>
207_153

冷たい朝ですが、立春を過てから季節は徐々に春へと近づいているようです。

|

« キジウオーク(06) | トップページ | 八幡山古墳 »

ぐんま・県央エリア」カテゴリの記事

コメント

>mariaさんへ
今日は朝から穏やかで素晴らしい天気に恵まれて居ます。
先ほど一週間に一度、隔週に一度のスイミングは粕川温泉
元気ランドで泳いで来ました。
行く途中で大室公園の紅梅を観て来ましたが花を観るには
ちょっと遅かったようです。
スマホ、自分のものとして上手く使えこなせるか心配です。
こんな時、孫でも近くに居てくれたらと思うことしばしです。

投稿: つちや | 2017年2月17日 15:03

>山小屋さんへ
今朝の月は大分上空にありましたね。
昨日スマホを買って来ましたが使い方はこれからです。
ボケないためにも何か一つでもとがんばります。
生まれが昭和7年、PCがセブン、スマホがi Pone7です。
どれが一番最初にだめになるかですね ・・・・。(笑)

投稿: つちや | 2017年2月17日 14:54

>hirugaoさんへ
何でも出来るスマホだけに覚えるのが大変です。
年寄がうまく使えこなせるかが問題のようです。
生まれが昭和7年、パソコンがセブン、スマホもi Phone7
にしました。(笑)

投稿: つちや | 2017年2月17日 14:46

>地理佐渡さんへ
今朝は素晴らしい日の出と穏やかな7日和です。
午前中に大室公園の古墳群と紅梅を見てその後、粕川温泉
元気ランドでスイミングと温泉浴を楽しんで来ました。
明日からまた寒くなるようです。 あと1月の辛抱ですね。

投稿: つちや | 2017年2月17日 14:37

こんにちは。
今日こちらは時々小雨が降ったり止んだりしています。
朝陽を浴びると1日元気になれる様な気がしますね。
いつもありがとうございます。
つちやさん、スマホデビューおめでとうございます!
私は今も毎日が勉強です(^.^)
Windows10 にもだんだん慣れてきました。

投稿: maria | 2017年2月17日 12:19

こちらでも下弦の月が輝いています。

今朝も窓を開けて眺めました。

投稿: 山小屋 | 2017年2月17日 06:54

本当にいい光景ですね~

この時間にはまだ出かけられないのですが
それでも8時前でもお月さんが見えていますね。
スマホデビューですか?
つちやさんはすごいですね~

投稿: hirugao | 2017年2月17日 06:21

おはようございます。

まだ日が昇らぬ時間帯。
そらが明るくなってきた頃合いに一筋の川。
水面が空の明るさ色合いを反映しています。
この雰囲気良いですよね。
朝日・夕日を撮影する時に静かな水面がありますと、
良い風景となります。

投稿: 地理佐渡.. | 2017年2月17日 06:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キジウオーク(06) | トップページ | 八幡山古墳 »