« 群馬県立歴史博物館 | トップページ | 群馬県立歴史博物館(続々) »

2017年3月27日

群馬県立歴史博物館(続)

原始・古代展示室を観て回ります。
↓、中野谷松原遺跡(安中市)をモデルに、縄文時代のムラを復元したものです。 背景には妙義山が見えます。

019_1

↓、新保遺跡(高崎市)をモデルに、弥生時代後期の初夏のムラを再現したものです。 背景には榛名山が見えます。

021_2

↓右の大きな石棒2本は、縄文時代中~後期 のもの 
  南蛇井増光寺遺跡(富岡市) 群馬県教育委員会蔵
↓左の小さな石棒は、縄文時代中期 甘楽郡甘楽町善慶寺寄贈

023_3

↓、軽石噴火で埋まったムラを復元した模型です。

025_4

↓、水鳥形埴輪 古墳時代・5世紀 
   太田天神山古墳 太田市教育委員会蔵

027_5

↓、大王の棺とも言われている、長持形石棺です。

029_6

↓、鶴山古墳の副葬品 古墳時代・5世紀 鶴山古墳(太田市)
   奥は1号短甲、手前左は衝角付冑、手前右は眉庇付冑

031_7

↓、6世紀後半の大型古墳から出土の副葬品の数々です。

033_8

↓右、山上碑の複製品で、追善供養のために建てられたものと推定されるとあります。
↓左、高崎市吉井町にある多胡碑の複製品です。

035_9

↓左、桐生市新里町にある山上多重塔(複製)です。
    碑文は、塔身の四面に横書きで4字ないし3字じつ計45字が刻まれています。

038_10

高崎市吉井町の多胡碑は、上野三碑(金井沢碑・多胡碑・山上碑)として世界記憶遺産の国内候補に決定されて居ます。

|

« 群馬県立歴史博物館 | トップページ | 群馬県立歴史博物館(続々) »

ぐんま・西部エリア」カテゴリの記事

コメント

>RWさんへ
群馬に居ながら多胡碑を訪ねたのは昨年のことでした。
その訪ねた日が休刊日で外から覗くだけでした。
サクラやカタクリい花は観て居ますがね ・・・・(笑)
RWさんのような研究心や勉強心が足りないですね。

投稿: つちや | 2017年3月28日 05:31

高崎市吉井町の多胡碑は4年前に見に行きました!
小生が訪ねた時は誰もいない寂しい状態でしたが
今度世界記憶遺産登録になれば大賑わいですね。
胡とはペルシアから蒙古エリアの意味ですから外来の
騎馬民族が多くいた場所ということがよく解ります。
群馬の地名ルーツもまさにここから来ていますね。

投稿: RW | 2017年3月27日 21:34

>hirugaoさんへ
昨日からの雨がやっと晴れましたね。
暫らく振りに訪ねた博物館です。
群馬の歴史を知ることが出来ました。

今朝はPCの調子がです苦労しました。

投稿: つちや | 2017年3月27日 12:49

こういう歴史博物館は大好きです。
大昔の人たちに思いをはせてみるのも
すごく楽しいです。
装飾品に興味津々です~

今朝も少し冷え込んでいました。

投稿: hirugao | 2017年3月27日 08:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 群馬県立歴史博物館 | トップページ | 群馬県立歴史博物館(続々) »