« 自然史博物館 | トップページ | 自然史博物館(続々) »

2017年4月17日

自然史博物館(続)

続いては、鳥のコーナーです。

044_1

ゆっくり観て歩きたいのですが、連れは先へ先へと進みます。

046_2


048_3


049_4


050_5


051_6


052_7

キジのコーナです。
このところのキジ観察で、親しみを感じながら観て来ました。

053_8

左側はトキです。 故郷佐渡島のトキはトキ色で綺麗です。
展示されているトキはみすぼらしい姿のトキでした。

065_9

階段を上がって2階の方へ回って観て来ます。     つづく

|

« 自然史博物館 | トップページ | 自然史博物館(続々) »

ぐんま・西部エリア」カテゴリの記事

コメント

>紅さんへ
カモも川や田んぼに居る程度しか知りませんが
こうして博物館へ来て見ると種類が多いですね。
トキの姿を見てちょっとがっかりでした。
トキクラブ3月のニュースでは島内201羽、本州に3羽と
載って居ました。 今はトキの恋のシーズンでは ・・・・。

投稿: つちや | 2017年4月17日 14:08

>mariaさんへ
以前から富岡へ来たら寄って観たかった博物館です。
たくさんの標本で観て回る甲斐が有りますね。
今度は自分だけで時間をかけてじっくり観てみたいです。
カモの種類も多いですね。 トキの姿にはがっかりでした。

投稿: つちや | 2017年4月17日 14:00

>hirugaoさんへ
本当にたくさんの標本でした。
ここは時間をかけて観て回りたい博物館ですね。
次回は、個人でじっくり観て来たいと思って居ます。

投稿: つちや | 2017年4月17日 13:53

>山小屋さんへ
本当に図鑑で観るより現物をじっくり観て回りたい
博物館ですね。
昨年の夏、下仁田でのラジオ体操の帰りに寄って
観たかったのですが他を優先して今回の訪問でした。
トキの姿には少しがっかりさせられました。

投稿: つちや | 2017年4月17日 13:50

>地理佐渡さんへ
たくさんの鳥たちの標本が並んで居ました。
ゆっくり回って観たかったのですが客人が見えなくなり
慌てて追いかけました。
時間をかけてじっくり回って観た博物館ですね。

投稿: つちや | 2017年4月17日 13:46

おはようございます。
昨日の分から拝見させて頂きました。
今回は鳥ですね。
こうしてみると群馬にも沢山の鳥が居るようです。
矢張りカモ類が多いようですね。
トキ、佐渡のトキはもっと綺麗だったような・・・。

投稿: | 2017年4月17日 08:38

おはようございます。
自然史博物館は、身近な鳥たちも🦆たくさんいる様ですね。
2番目3番目の写真のパネル、最近私のプログにもアップ
しましたホシハジロがいますね。
左は、こちらも時々ご紹介していますが、ハシビロガモの
ようですね。
国鳥のキジさんは必ずいますね。
トキはまだ個体数が少ない頃、病気かゲザで死んだトキ
を標本に作ったのでは?
貴重な鳥は写真のパネルで良いですね〜(^.^)

投稿: maria | 2017年4月17日 06:38

鳥の標本を面白くたくさん展示されていますね。
最初のはかなり昔のようですね。

トキ?こんな色でしたか。
と黄色ではないのもいるのでしょうか

投稿: hirugao | 2017年4月17日 06:27

たくさんの鳥の標本ですね。
立体的なので、図鑑で調べるよりよいかもしれません。

トキは随分汚れているようです。
何かあったのでしょうか?

投稿: 山小屋 | 2017年4月17日 06:22

おはようございます。

今回は鳥。
ずいぶんたくさんの標本が並べられていますね。
こうしたものを見ることで、野に出た時の種の特定に
役立てられそうな気がします。

トキは残念ですね。
野生界でみるものは忘れられないほど綺麗ですから。

投稿: 地理佐渡.. | 2017年4月17日 06:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然史博物館 | トップページ | 自然史博物館(続々) »