« カタクリの里 | トップページ | 藤岡歴史館 »

2017年4月 5日

七輿山古墳・他

藤岡市の七輿山古墳、こは何度か訪ねたことがあります。
過去ブログでも紹介もしたことがある三段築成の大きな前方後円墳です。
ちなみに大きさは全長146㍍、後円部径87㍍、前方部幅106㍍、前方部と後円部の高さは16㍍と言います。

ところでここに来て何時も驚くのが、首から上の頭部がない五百羅漢に出合うことです。
どうして首から上が取られた五百羅漢なんでしょう ・・・・。

031_1

また後円部来て見ると、ここに祀る仏様の首もありません。
謎が解けないまま、前方墳へと歩いて行きます。

033_2

前方墳の西側にあった石積みです。
石室でもあるのかと思って来て見たが石垣積みだけでした。

034_3

七輿山古墳の南へ300㍍ほどの所に藤岡歴史館があります。
その歴史館の東側、約200㍍ほどの所に二つの小さな古墳があります。
↓左が平井地区1号古墳で、右が皇子古墳です。

037_4

平井地区1号古墳は、直径24㍍、高さ3,5㍍で、出土遺物などから6世紀後半に造られたと考えられるといいます。

038_5

皇子塚古墳は、直径31㍍、高さ6㍍で出土遺物から6世紀後半に築かれ、7世紀前半まで追走が行われた考えられるといいます。

040_6

二つの古墳が並ぶ奥にあった築山で、大木を伐採した跡地のようです。

043_7

陽気な春の日差しを受けて、タンポポが綺麗に咲いて居ました。

044_8

二つの古墳を観た後は、藤岡歴史観を訪ねて帰ることにします。

|

« カタクリの里 | トップページ | 藤岡歴史館 »

ぐんま・西部エリア」カテゴリの記事

コメント

>hirugaoさんへ
首がない五百羅漢さんには驚きでした。
いつ頃から首切りがあったのでしようね。
痛ましい気持ち抱きながら帰りました。

投稿: つちや | 2017年4月 5日 13:31

>山小屋さんへ
首がない五百羅漢さんには驚きでした。
どんな理由から首きりをしたのでしょうね。
後円墳の仏像も同じですね。

投稿: つちや | 2017年4月 5日 13:03

>地理佐渡さんへ
古墳が多い藤岡市です。
観るところがたくさんありね。

投稿: つちや | 2017年4月 5日 12:50

過ごし安い所だったのですね。
沢山の五百羅漢に首がないというのは何があったというのでしょうね。

いい見学をされましたね~

投稿: hirugao | 2017年4月 5日 08:58

首がないお地蔵様・・・

見ていてかわいそうです。

どんな事件に巻き込まれたのでしょうか?

投稿: 山小屋 | 2017年4月 5日 07:15

おはようございます。

七輿山古墳

群馬には至る所にこのような場所があるんでしょうね。
すぐ隣の県ですから、行く機会はしばしばありますが、
その都度惜しいことをしています。

さて、今朝は快晴です。 こういう朝が続いてほしいものです。

投稿: 地理佐渡.. | 2017年4月 5日 06:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カタクリの里 | トップページ | 藤岡歴史館 »