« 自然史博物館(続) | トップページ | 波志江沼の桜(1) »

2017年4月18日

自然史博物館(続々)

階段を上ってくる者を覗き込むように見つめる恐竜の骸骨です。

056_1

2階がら下を覗くと数㍍の恐竜骨格標本でした。

057_2

今にも襲いかかって来そうな迫力がある熊の標本です。

059_3

私たちヒトの自然界における物語を紹介しているコーナーです。

061_4

死者の埋葬風景です。 
今は火葬の時代ですが、数年後には我が身もと考えながら複雑な気持ちで眺めて来ました。

063_5

富岡の県立自然史博物館を出た後は、安中市の磯部温泉へ回って日帰り温泉 「恵みの湯」 浸かって帰りました。
ここ安中市は温泉マークの発祥の地です。
新しい地図の温泉マークが変わるようですが、ここ安中市発の温泉マークも今まで通り地図上に残ることになったようです。

<おまけ>
4月7日午後のキジウオークで出合ったサクラ・さくら・桜です。
↓、S町のさくら公園のサクラです。

102_1

↓、S町の禅養寺さんの花まつりの前日に撮ったさくらです。

103_2

↓、S町二丁目のさくら公園の土手に咲く桜です。

104_3

↓、近くに寄って撮ってみました。

105_4

|

« 自然史博物館(続) | トップページ | 波志江沼の桜(1) »

ぐんま・西部エリア」カテゴリの記事

コメント

>hurugaoさんへ
恐竜館は大人の渡しが観ても面白い所でした。
子供さんを連れて行ったら大喜びするでしょうね。
雨が上がった今日は30度の夏日です。
これからキジ観察に行って観て来ます。

投稿: つちや | 2017年4月18日 13:45

>山小屋さんへ
大分前になりますが磯部の町中での温泉マーク発祥の地
を観て来ました。
安中は日本のマラソン発祥の地でもありますね。
長野県境の熊野神社まで走る安中侍マラソンは応援には
行きましたが侍マラソンの経験は無しでした。

投稿: つちや | 2017年4月18日 13:40

>地理佐渡さんへ
使者の埋葬風景は見守る家族愛の感情が出て居て
しばし立ち止まって観て来ました。
↑の木の実を取ろうとしている親子でしょうかこちらの
場面も印象に残りましたね。

投稿: つちや | 2017年4月18日 13:30

大きな恐竜の骨の様子子供だったら喜ぶでしょうね。
今年は何処も桜の満開に出会えましたね。
しかし昨日の風雨で散りました~

投稿: hirugao | 2017年4月18日 09:08

安中市が温泉マークの発祥の地・・・
日本人には馴染みのマークですが、外国人には意味が
わからないようです。

安中といえば遠足マラソンで有名ですね。
仮装してマラソンするそうです。
つちやさんも参加したことがあるのではないでしょうか?

投稿: 山小屋 | 2017年4月18日 06:53

おはようございます。

>死者の埋葬風景です。

ということは、家族の死に対して特別な精神作用の
働くことを意味しています。
こうしたところから古い時代でも宗教などに通ずる
文化的側面を想像できます。

投稿: 地理佐渡.. | 2017年4月18日 06:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然史博物館(続) | トップページ | 波志江沼の桜(1) »