« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月31日

ヤマツツジ(3)

この辺りのヤマツツジは今が見頃のようです。
少し上った所で、いま歩いて来た参道を振り返って撮りました。

083_1

回り右をして、再び参道を歩きます。
赤城神社への県道は、参道左手の松並木に沿って上ります。 

084_2

時折、県道に車を止めてツツジを観る観光客に出合います。

086_3

前の方に車を止めてツツジを観に寄った観光客も見えます。

088_4

この辺りのヤマツツジ、今が最高の見頃です。

089_5

欲を言えばもう、少し太陽の光が欲しいところところです。

090_6

前が少し開けてあづまやが見えて来ました。
ここで先を歩いて来たカミさんと別れ、私はさらに上の赤城神社を目指して歩きます。

091_7

少し歩いた所で県道に来ました。 道路向こうに鳥居が見えます。
鳥居下には、危険表示が出て居ます。 
鳥居の右のツツジ下を回り込んで、更に上へと歩きます。

092_8

ここに来て赤松、黒松並木も途絶えて、左手に赤城神社への県道が見えて来ました。

093_9

右手の土手の枯れ枝を見てびっくり、ツツジの花を付けて居ます。
枯れ木に手を触れて、まだ生きていることを確認しました。 

094_10

ヤマツツジの生命力の強さに驚きながらさらに歩きます。  つづく

| | コメント (8)

2017年5月30日

ヤマツツジ(2)

参道が少し広くなって、休憩所がある所まで来ました。
先を歩いて来たカミさんが、休憩所前のヤマツツジを眺めながら休んで居ます。

066_1

休憩所から少し上った所のツツジです。 
左手のツツジは早咲きのようで、花は終わりかけていました。

067_2

休憩所を通り過ぎてから歩いて来た方を振り返って撮りました。
同じヤマツツジでも、花を観る感じが違って見えます。

068_3

休憩所を通り過ぎた所で、右手に紫色の花を見つけました。
近くに来て見上げて撮りましたが、薄紫色は桐の花でしょうか?

071_4

参道も半分近くは歩いたでしょうか、三夜沢の交差点に来ました。
ヤマツツジの群落が途絶えた所で、道路を渡って行きます。

076_5

この辺りは民家に近いのか松も少ないようです。

078_6

ここに来て松も多く、ツツジも多くなりました。
また、この辺りのツツジは今が見頃のようです。

079_7

近くに寄って大きく撮って見ました。

080_8

参道へツツジがせり出しているようです。

081_9

この辺り赤松と黒松、ヤマツツジが競り合っているように見えます。

082_10

行く先を見ると、ツツジは更に咲き競っているようです。  つづく

| | コメント (8)

2017年5月29日

ヤマツツジ(1)

去る5月12日、曇り空ではあるが時々青空も覗く午前中、赤城神社参道のヤマツツジが見ごろと聞いて出かけました。

三夜沢の赤城神社まで約3,2㌔という参道は、アカマツとクロマツの並木にヤマツツジが調和して見事な景観を見せて居ます。

みやぎふれあいの郷前のパークに車を止めて、ゆるやかな上りの参道をツツジを眺めながら歩き始めました。

047_1


049_2

数百㍍歩いて、休憩所のある所まで来ました。

051_3

参道の左手です。 色鮮やかな見事なヤマツツジです。

052_4

右手には、花の色あいが少し薄いツツジが有りました。

053_5

近くに寄って花を撮りました。

055_6


058_7

赤松の緑が濃い所です。

060_8


061_9

今が盛りの花を近くに寄って撮って来ました。

063_10

9時28分に歩き出してから12分経過の9時40分です。
ヤマツツジに魅せられて、あちこちカメラを向けながら寄り道をしながらのブラブラ歩きです。
赤城神社はまだまだ先です。                つづく

| | コメント (10)

2017年5月28日

キジ2017 (5/12)>

3日連続のキジBLOGとなりましたが、今朝もお付き合い下さい。

<キジ2017 (5/12)>
鉄塔東側の土手下に来て、鉄塔のキジが2度目のホロ打ちを見せてくれました。
<AM6:04撮影>
003

ここに来て、3度目のホロ打ちは少し時間間隔が短かったです。
ここで土手上で観ようと、自転車を飛ばして大きく回って行きます。
<AM6:05撮影>
005

鉄塔の西側の道路に来た所で、土手に居たキジのホロ打ちです。
広い畑を挟んで距離がありますが何とか撮れました。
<AM6:09撮影>
007

2分後、ここに来て2度目のホロ打ちです。
<AM6:11撮影>
008

3度目は撮影失敗、4度目のホロ打ちです。
<AM6:15撮影>
010

5度目の派手なホロ打ちです。 終わって草むらに隠れました。
<AM6:17撮影>
012

古墳前に来て見ると、直ぐ前の畑に古墳のキジが居ました。
<AM6:19撮影>
014

と、私を威嚇するようにホロ打ちをしました。
<AM6:19撮影>
015

ホロ打ちが終わったキジは、畑の西側の道路を渡って行きます。
<AM6:24撮影>
022

キジより先回りしようと、西側の畑の横の通学路に来ました。
と、キジは既に西側の畑を通り抜けて通学路に来て居ます。
今度は道路のフエンス下をくぐり抜けて、用水路を渡って住宅地横の空き地へ行こうとしています。
<AM6:27撮影>
026

用水路を渡ったキジは、空き地を通り越して住宅のフェンスの上に止まりました。
<AM6:31撮影>
032

と、直ぐにホロ打ちをしました。
<AM6:31撮影>
033

時計を見るとラジオ体操は始まって居ます。 急ぎ会場へ。
と、S小学校裏の田んぼへ来た所でキジを見つけました。
<AM6:34撮影>
035

自転車を止めて、立ち止まった所でホロ打ちを見せてくれました。
<AM6:35撮影>
036

急ぎラジオ体操会場へ来ましたが、第二ラジオ体操は深呼吸だけの実施となりました。

| | コメント (6)

2017年5月27日

キジ2017 (5/11)>

<キジ2017 (5/11)>
古墳では見なかったキジが、今朝は早々と西の住宅地の塀の上に居ました。
<AM6:07撮影>
002_1_2

と、直ぐに向こう向きでホロ打ちを見せてくれました。
<AM6:07撮影>
003_2

2分後のホロ打ちです。
<AM6:09撮影>
004_3

更に2分後です。
<AM6:11撮影>
005_4

またも2分後です。
<AM6:13撮影>
006_5

暫らく塀の上でもじもじしていたキジですが、今度はこちらに向きを変えてホロ打ちです。
↓はホロ打ちの瞬間が撮れず、終わった後の姿です。
<AM6:21撮影>
009_6

その2分後に、
<AM6:23撮影>
012_7

更に2分後に、
<AM6:25撮影>
013_8

またまた2分後に、今朝は古墳のキジの大サービスデーでした。
<AM6:27撮影>
014_9

時計を見ればラジオ体操が始まる寸前です。
体操会場へと急ぎます。

と、S小学校裏の田んぼへ来た所で鉄塔のキジを見つけました。
毛繕いをして居ます。 間もなくホロ打ちが始まるようです。
<AM6:30撮影>
015_10

と、私を待って居たかのようにホロ打ちの披露です。
<AM6:30撮影>
016_11

さらに2分後、今度は向こう向きでのホロ打ちです。
<AM6:32撮影>
017_12

第一ラジオ体操は出来ませんでしたが、第二ラジオ体操はしっかりと実施しました。

| | コメント (6)

2017年5月26日

キジ2017 (5/9.10)>

毎朝通うキジ観察も同じようなホロ打ちばかりのブログとなります。
多少カットしながら紹介して居ますのでご了承ください。

<キジ2017 (5/9)>
これまで古墳東側の土手で観られたホロ打ちも、今朝は古墳前の畑に来てもキジとの出合がありません。
回り回って、古墳西の畑から更に西の住宅地横の空き地に来て、初めてキジ♂との出合です。
羽がだらりと下がって見えます。 このキジは古墳のキジです。

今年の春までは住宅地のキジとして観て来ましたが、間違いだったようです。
同じようにS小学校裏の田んぼで出合うキジは鉄塔のキジでした。
何れも道路を渡って、行き来する様子を何度も観て居ます。
<AM6:06撮影>
002_1

住宅の空き地の盛り土の上です。 着いて直ぐのホロ打ちです。
<AM6:08撮影>
004_2

約2分後のホロ打ちです。
<AM6:10撮影>
006_3

続いてのホロ打ちです。 古墳のキジはサービス旺盛です。
<AM6:14撮影>
009_4

こちらはS小学校裏の田んぼでホロ打ちをする鉄塔のキジです。
<AM6:27撮影>
015_5

ラジオ体操開始3分前です。 会場へと急ぎました。

<キジ2017 (5/10)>
10日の朝は雨でした。 
午前中には雨も上がって、午後に入ってキジウオークに出ました。

古墳前の畑の石積みの上に居たキジが、さっそくホロ打ちを見せてくれました。
その3分後にもホロ打ちが有りましたがカットしました。
<PM2:20撮影>
013

今度は隣の畑に移動してのホロ打ちです。
<PM2:26撮影>
018

その4分後、隣の畑の盛土の上に移ってのホロ打ちです。
ホロ打ちの画像はカットしましたが、ホロ打ちが終わった後のキジがこちらを見て居ます。
<PM2:30撮影>
020

3分後のホロ打ちです。
<PM2:33撮影>
021

更に3分後のホロ打ちです。 日中も大サービスのキジです。
<PM2:43撮影>
027

ホロ打ちが終わった直後のキジの姿です。
羽が乱れて居ます。 これから毛繕いが始まります。
<PM2:43撮影>
028

今朝は雨でキジ観察が出来なかった分、日中のキジウオークでもホロ打ちが観られた午後となりました。

| | コメント (4)

2017年5月25日

岡之郷緑地公園

藤岡市のふじの咲く丘の帰り道、市内の外れに来た所で岡之郷緑地公園の看板を見て回って観て来ました。

公園内の中程にあづまや風の立派な建物が建つ池がありました。
少し濁り気味の池ですが大きな鯉が泳いで居ます。

067_1

と、池の渕に近い石の上に亀が居ました。
私たちが来たことに気づいたのか首を長くして見回して居ます。

069_2

静かな水のある池の風景です。
池の渕を右回りに歩いて、正面に見える建物まで行ってみます。

071_3

建物の中に立って、池で泳ぐ亀を見つけて撮りました。

078_4

こちらは目下毛繕い中の2羽のカルガモです。

079_5

と、そこへ可愛い女の子を連れた親子がやって来ました。
見れば女の子は食パン一切れを持って居ます。

餌をくれることに気づいたのか、カモがこちらへ泳いできます。

080_6

足元には大きな鯉も寄って来ました。
小さな女の子はパン屑を投げるのですが届きません。
若いママさんがホローしています。
可愛い仕草の家族愛を目の当たりにしてこちらも心が癒されます。

084_7

池の渕の石の上を見回すと、首を長く伸ばした亀があちこちに見えます。

081_8


082_9

ここに着いて最初に見た石の上にも、今度は2匹の亀がこちら向きで首を伸ばして居ます。

083_10

「ちょこっと見て帰ろうと」 と立寄った岡之郷緑地公園です。
たくさんの亀や可愛い女の子と出合って、心が和んだひと時を過ごした緑地公園散策となりました。

| | コメント (6)

2017年5月24日

庚申山ウオーク

五月晴れの良い天気です。 山歩きをするには最高の日和です。

整備を始めている遊歩道で、最初に出合ったのが古墳跡です。
庚申山の遊歩道で、今後見どころの一つとなる場所のようです。

048_1

ウグイスなど、野鳥の声を聴きながら遊歩道を歩いて、展望台下の祠の前に来ました。
前任者を見習って、祠に手を合わせてから左折して登ります。

049_2

登ってきた遊歩道は、展望台の後方になります。
先に展望台の3階まで上って景色を眺め、下りてから正面へ回って展望台を撮りました。

054_3

先に登った展望台の3階から、小さな藤棚と手前の庚申塔を見下ろして撮りました。

050_4

展望台を下りた後です。 庚申塔の前に立って石塔を撮りました。
ここ庚申山山頂は189 mです。

055_5

庚申塔の正面にある男坂です。 
楽な女坂の遊歩道は藤棚の向こう側です。
帰りはこの男坂の幅広い石段を下って、庚申山総合公園の方へ向かいます。

059_6

石段の途中で振り返って頂上方向を撮りました。
石段の両端には、自然石に庚申と刻んだ石碑が幾つも幾つも並んでいました。

061_7

一番下に下りて、再び頂上方向を振り返って撮りました。

062_8

庚申山総合公園のひょうたん池です。
堤防の上の中ほどに立って、歩きながら観て来たツツジやサツキの花が咲いて居た方向を撮りました。

063_9

この後です。 ここから藤の咲く丘までの急坂を登って帰ります。
急坂を登り切った後は、藤棚の横に並ぶ野外売店に寄って、仏壇に供える草団子を買って帰りました。

| | コメント (8)

2017年5月23日

ふじの咲く丘

GWが過ぎた8日、藤岡市のふじの咲く丘へ藤を観に行きました。
ふじふれあい館前の藤棚の藤は見ごろを迎えて居ました。

037_1

ふじふれあい館前の一段下の野田藤が綺麗です。

038_2

階段から見上げて撮りました。

039_3


041_4


042_5


043_6


044_7

藤見本園の藤です。 
ここの藤は咲く時期が少しが早かったようです。
見頃の藤だけを撮って来ました。

045_8


047_10


046_9

この後は庚申山ウオキングに切り変えて、右奥の遊歩道から庚申山へ向かって歩き出しました。

| | コメント (8)

2017年5月22日

キジ2017 (5/8)

昨日に続くキジブログは、7日の朝を飛ばして8日朝の状況です。

<キジ2017 (5/8)>
何時もの朝のように、古墳東側の土手下の道路に来て、土手の上に居たキジを見つけました。
と、私を待って居たかのようにホロ打ちを見せてくれました。
<AM6:01撮影>
018

2度目のホロ打ちです。 
伸びた夏草が邪魔して上手く撮れません。 土手の上の方へ回って見ます。
<AM6:03撮影>
020_2

土手の上に来て立ちました。 私が来たこと気付いたようです。
<AM6:09撮影>
021_3

と、突然ホロ打ちをしました。
<AM6:10撮影>
022_4

ホロ打ちが終わってこちらの様子を見て居るようです。
朝日を受けたキジの胸毛の緑色がひと際綺麗です。
<AM6:10撮影>
023_5

2分後、再びホロ打ちです。
<AM6:12撮影>
024_6

更に2分後のホロ打ちです。
一昨日に続いて、今朝もホロ打ちの大サービスです。
<AM6:14撮影>
025_7

土手の草むらか出たキジは、古墳前の畑まで歩いて来ました。
<AM6:16撮影>
026_8

と、ここでもホロ打ちを見せてくれました。
<AM6:17撮影>
028_9

更に5、6㍍歩いて、その場でのホロ打ちです。
<AM6:20撮影>
031_10

続けてのホロ打ちです。 
今朝はホロ打ち大サービスの古墳のキジです。
畑の中に隠れたキジを見届けて、ラジオ体操会場へ向かいます。
<AM6:21撮影>
032_11

S小学校裏の田んぼに来た所で、次のキジ♂と出合いました。
ホロ打ちをしそうな気配です。 その場に自転車を止めました。
<AM6:32撮影>
035_12

やってくれました。 
しかしタイミングが合わず、変なホロ打ち画像となりました。
<AM6:33撮影>
036_13

体操会場ではラジオ体操が始まって居ました。 
みんなの後方に立って、しっかりと手足を動かしました。

| | コメント (10)

2017年5月21日

キジ2017 (5/6)

<キジ2017 (5/6)>
今朝は天気がよく自転車を飛ばして来たら、数分早く古墳東側の土手下の道路に着きました。
と、私を待って居たかにように土手に居た古墳のキジがホロ打ちを見せてくれました。
<AM5:59撮影>
004

2分後に、続けてのホロ打ちです。
土手の草が撮影の邪魔をします。 急ぎ土手上の方へ回ります。
<AM6:01撮影>
005_2

土手上に来て見ると、キジはまだ土手の草むらに居ました。
何度目でしょうか、さっそく次のホロ打ちを見せてくれました。
<AM6:08撮影>
009_3

と、数十㍍離れた鉄塔下でホロ打ちをするキジを見つけました。
土手上に居て2羽のキジのホロ打ちが見えます。 ラッキーです。
<AM6:09撮影>
011_4

古墳のキジが土手の草むらで、再度自己主張しました。
<AM6:11撮影>
012_5

鉄塔の下では、鉄塔のキジが負けまいとホロ打ちです。
<AM6:12撮影>
013_6

古墳のキジです。
<AM6:14撮影>
014

と、鉄塔のキジが見えなくなりました。
古墳のキジ、今朝はどうしたのでしょうか時間間隔も早めで連続のホロ打ちです。 (興奮のあまり画像が手振れしました。)

<AM6:17撮影>
015_8

<AM6:19撮影>
016_9

<AM6:21撮影>
017_10

<AM6:23撮影>
018_11

やっと終わったのか、古墳の方を見詰めて居ます。
と、キジは古墳の前の畑を西方向に移動し始めました。
<AM6:24撮影>
019_12

その後についてくると、畑の中で止まってのホロ打ちです。
<AM6:27撮影>
026_13

更に隣の畑に移動して、盛り土の上で向こう向きでホロ打ちです。
これまで観て来たところでは、キジは少しでも高い所が好きなようです。 ということは見張りが出来るからでしょうか。
<AM6:29撮影>
028_14

今朝はこれまでになくたくさんのホロ打ちを観た朝となりました。
時計を見るとラジオ体操開が始まる時間です。 急ぎ会場へ。

| | コメント (6)

2017年5月20日

小根山森林公園(続々)

ここまでカミさんと二人で歩いて来ましたが誰とも出会いがありませんでした。
ポプラの園地を過ぎた所で野鳥撮りのカメラマンと出合いました。
挨拶を交わした後、大きなカメラを背負った二人のカメラマンは、私たちが歩いて来た方へ歩いて行きます。

060

私たちも少し歩いた所で、カミさんは引き返し私は 「やまどりの森」 を目指して歩くことにしました。

スズカケのみちにあった野鳥観察小屋です。
中に入って窓越しに眺めて見ましたが野鳥の姿が見えません。

063

観察小屋にあったここで見られる野鳥の案内板です。
下の方のヤマドリが描かれていた部分を撮って来ました。

062

ヤマドリの森の道案内板が見えて来ました。

066

ヤマドリの森の案内板が立って居る、あずまや(右奥)の前です。
森の梢を見上げたり、地上を見たり、森の中を観たりしましたが、ヤマドリの姿は見えません。

あづまやに入って、ベンチに腰を下ろして暫らく様子を見て居ましたが変化なしです。

067

諦めてヤマドリの森の坂道を登って帰ります。

068

スズカケのみちに出た所で右折して、駐車場に向って歩きます。

070

途中にあった見晴らしの園地です。
見晴らし台に上って見回すと、辺り一面綺麗な新緑の森でした。

073

大きなケヤキの新緑が見事です。

079_2

無事に駐車場に着き、先に帰って居たカミさんと合流し、近くの広場で持参した弁当を広げました。

帰り際です
絵でもいいからもう一度ヤマドリに合いと鳥獣資料館に入って、群馬県の指定鳥ヤマドリをカメラに収めて来ました。

085

新緑が綺麗な小根山森林公園です。
ヤマドリとの出合は無かったものの、探し歩いて健康づくりが出来たGW中の一日となりました。               完

≪決 意≫
今日は58歳? の誕生日です。 
もう少しお米を食べて八十八の米寿までがんばります。
今後とも宜しくお願いします。              管理人

| | コメント (8)

2017年5月19日

小根山森林公園(続)

森の中を少し歩くと、
「百年杉のみち全長1,200m」 の案内板の前に来ました。
ここで左折してスギ林の中を歩きます。

025

ヒマラヤスギ、植栽本数が25本という林の中に来ました。

026

続いて、「トウチュウ(杜仲)」 という案内板の前に来ました。
原産地は中国大陸中部で、雌木と雄木があって落葉する高木と出て居ます。

029

次は、ヒノコ間伐指導林に来ました。 
1904年(明治37年)に植えたヒノキ林との案内で、間伐(抜ききり)の方法を研究した林と記されています。

031

次は、スギ間伐指導林です。
ここは1896年(明治29年)に植えたスギ林で、間伐(抜ききり)を研究した試験地と言います。

研究の成果は、間伐の一方法として普及され研究者河田杰(まさる)博士から 「河田スギ」 とも呼ばれていると記されて居ます。

033

百年スギのみちは間もなく終って、次はケヤキのみちに入ります。

034

↓は、トチノキ人工林です。
案内には落葉樹林で高さ15m~30m、径1以上の巨木にもなる。
葉は天狗の団扇のような5~7枚の小葉からなる掌状複葉で、径30~50cmの大きさになる等々、記されて居ました。

038

続いてはモミ・トウヒ混植林に来ました。
目の前の大きな幹はモミの木です。

040

少し離れてトウヒの巨木がありました。
案内には、樹木には陽性と陰性があり、生長の違いもあります。
異なる樹種を混植した場合、どのような結果になるか試験したものの一つと記され居ました。

041

大きな森の中を案内を見て、勉強しながら歩くのも楽しいです。
百年杉のみちを通り越して暫らく歩きましたが、ここまで誰ひとりとの出会いがありません。                    つづく

| | コメント (4)

2017年5月18日

小根山森林公園

先日桜山へワラビ採りに行ってヤマドリと出合いました。
その綺麗なヤマドリの姿に魅せられて、去る5月3日、ヤマドリが居ると言われる小根山森林公園を訪ねました。

公園に着いて最初に訪ねたのが鳥獣資料館です。
館内は誰も居なく、薄暗くい館内は見学者自ら電源を入れて点灯し、館内を観て回るシステムになって居ます。

鳥獣資料館には、県内で事故、病気により死亡した野生鳥獣を標本にして展示して居るものです。
ハク製鳥類が131種 500点、ハク製獣類が17種 54点が有ると言います。

目的のヤマドリを探しました。 有りました。 見つけました。
特製のガラスケースに、♂と♀が番で入って居ました。
ガラスケースの中です。 
どちらに動いても電気の光線が入って上手く撮れません。

011_1

こちらは展示コーナに有ったヤマドリ♂のハク製です。

012_2

ヤマドリの横には、キジ♂のハク製も並んで居ました。

013_3

その隣には、「昼の猛禽類たち」 も並んで居ました。

016_4

更にその隣には、昨年追っかけをして観てきたオオタカも居ます。

017_5

こちらは県内で観ることが出来る獣類です。

018_6

昨年は丙申でした。 
私の干支でもある申(猿)が、赤い顔をして木の枝に居ました。

019_7

資料館でヤマドリを確認した後は、森林内を歩いて観て回ります。
↓は、駐車場前にあった小さな巣箱です。
最初ここに車を止めた時、巣箱を出た小鳥が森の方へ飛んで行くのを観ました。
ここは野鳥の棲みかの森でもあるようです。

020_8

歩き出して直ぐ、ストローブマツの林に来ました。
案内では、ストローブマツは北米東北部が原産と言います。

024_9

下を見て、ストローブマツのものでしょうか、大きなマツボックリを見つけました。

021_10

暫くして 「百年スギのみち」 の案内が出て居ました。 
ここでカミさんと左折し、百年スギのみちを歩き出しました。 つづく

| | コメント (10)

2017年5月17日

キジ2017 (5/3.4)

<キジ2017 (5/3)>
古墳東側の土手下に来た所で、私を待って居たかのように古墳のキジがホロ打ちをしました。
<AM6:06撮影>
003_1

道路を回り込んで古墳の前に来たら、土手に居たキジは古墳の草むらに隠れて見えなくなりました。

キジを探してS小学校裏へ来ました。
田んぼの畦道に居たキジがホロ打ちを見せてくれました。
<AM6:20撮影>
008_2s

古墳の方でホロ打ちの声がしました。
再度来て見ると、古墳の草むらの中でのホロ打ちを観ました。
<AM6:29撮影>
010_3

今朝のホロ打ちは、古墳と田んぼの2箇所だけの出合でした。

<キジ2017 (5/4)>
今朝も古墳東側の土手下に来ましたが、キジとの出合はなしです。
道路を回って古墳前に来た所で、畑に居たキジのホロ打ちに出合ました。
<AM6:05撮影>
003

その畑の中を東側の土手の方へ移動します。
と、立ち止まったキジはその場でホロ打ちを見せてくれました。
<AM6:07撮影>
006_2

土手の草むらへ行って、最初のホロ打ちです。
<AM6:10撮影>
007

3分後、2度目のホロ打ちです。
<AM6:13撮影>
010_4

その3分後、3度目のホロ打ちです。 今朝は大サービスです。
<AM6:16撮影>
011_5

ラジオ体操へ行こうと、S小学校裏に来た所で田んぼの畦道に居たキジがホロ打ちを見せてくれました。
<AM6:23撮影>
014_6

その3分後のホロ打ちは終わりの姿です。
<AM6:26撮影>
015_7

続いてのホロ打ちも終わりの姿です。
<AM6:28撮影>
016_8

2分後です。 
今度はホロ打ち初めの姿を撮ることが出来ました。
<AM6:30撮影>
017_9

今朝はたくさんのホロ打ちを観ました。
ラジオ体操は始まって居ます。 
急ぎ体操会場へと向かい、第二ラジオ体操だけ間に合いました。

| | コメント (8)

2017年5月16日

須賀の園の藤

5月2日、昨年に続いて我が家から近い須賀の園へ藤の花を観に行ってきました。
公園の入り口から見た藤棚です。

034_1

近くに来て藤を見上げて撮りました。 芳香が漂って来ます。

036_2


037_3

ノダナガフジの案内が出て居ます。 大きな藤の株です。 

038_4

こちらはまだ若木のノダナガフジの木のようです。

042_5


044_6

八重の藤の花です。 
花は早咲きのようで、終わりを告げようとして居るように見えます。

046_7

大きなノダフジの株は二つあります。 西側から撮ってみました。

047_8

入り口付近に来て、手前の大きなノダフジを撮りました。

048_9


049_10

今年も須賀の園に来て、芳香を放つ藤を眺めながら楽しく観て歩くことが出来ました。

| | コメント (6)

2017年5月15日

キジ2017 (5/1.2)

健康づくりの一環として始めたラジオ体操前のキジ観察も、3月から始めて5月に入りました。

<キジ2017 (5/1)>
古墳東側の土手でホロ打ちをした、通称古墳のキジです。
<AM6:06撮影>
004

土手下でホロ打ちを撮って、今度は回り込んで土手上に来た所で次のホロ打ちです。
<AM6:11影>
006

続けてのホロ打ちは終わる寸前の姿です。
<AM6:14撮影>
007

古墳横の土手から鉄塔の西へ来た所で、ジャガイモ畑に居たキジがホロ打ちを見せてくれました。
<AM6:32撮影>
021

ラジオ体操へ向う途中です。
S小学校裏の田んぼに居たキジがホロ打ちを見せてくれました。
<AM6:39撮影>
031

この日のラジオ体操は遅刻して、第二体操が終わる寸前で深呼吸だけの体操となりました。

<キジ2017 (5/2)>
昨日の朝と同じく、古墳東側の土手下でホロ打ちのキジと出合い、土手上のキジを見上げて撮りました。
<AM6:01撮影>
002_1

続けてのホロ打ちは少し向きを変えて、鉄塔の方を向いてのホロ打ちです。
<AM6:02撮影>
005

自転車で回り込んで土手上に来た所で、再度ホロ打ちを見せてくれました。
<AM6:09撮影>
010

S小学校裏の田んぼに来ました。
暫く待って居たら、向こう向きでホロ打ちを披露してくれました。
<AM6:22撮影>
018

待つこと2分少々、今度はこちらを向いてのホロ打ちです。
<AM6:24撮影>
019

昨日の朝のラジオ体操は、5月の初日から遅刻しました。
今朝は遅れないようにと、自転車を飛ばしました。

| | コメント (8)

2017年5月14日

谷地沼親水公園

4月30日、我が家から比較的近い所にある谷地沼親水公園の芝桜を観に行って来ました。

横に長い親水公園の堤防を下から眺めて撮った芝桜です。

019_1

堤防上を歩きながら沼の中程の遊歩道の周りに咲く芝桜です。

001_2

親水沼を南北に分けて、沼の中程の遊歩道に架かる橋です。

003_4

あづまやの前を通り抜けると、遊歩道の桜並木です。
桜の時季にここを歩いたら、桜のトンネルを歩けると想像しながら通り過ぎました。

005_5

対岸の芝桜が綺麗です。
何を狙って居るのかサギが長い首を伸ばして見詰めて居ます。

007_6

沼の沖合ではキンクロハジロの番が見えます。

016_10

こちらは♂でしょうか ・・・・。

011_7

と、水の中に何か見つけたのでしょうか、水の中へ潜りました。 

010_8


013_9

静かな4月末日の谷地沼親水公園芝桜観賞のひと時でした。

| | コメント (6)

2017年5月13日

キジ2017 (4/28.29.30)

<キジ2017 (4/28)>
麦畑から鉄塔、古墳の東側の土手を観て来ましたが、キジとの出合が有りません。
古墳前に来て草むらに隠れるキジ♂を見つけました。
<AM6:10撮影>
004

直ぐ近くの草むらには♀が潜んで居ました。
<AM6:11撮影>
005

今朝はどうしたのかキジとの出合は古墳に隠れるキジだけでした。
諦めて帰る途中です。
ヒバリが地上に下りて可愛い姿を見せてくれました。
<AM6:21撮影>
018

<キジ2017 (4/29)>
古墳前の畑の石積みです。 その上にいたキジのホロ打ちです。
<AM6:12撮影>
007_1

暫らく立ち止まって見て居ると、古墳上に♀の姿が見えました。
<AM6:22撮影>
016

古墳からS小学校裏の田んぼに来て見ると♂が居ました。
<AM6:24撮影>
017_3

数分後に行ったホロ打ちです。
<AM6:28撮影>
019_4

<キジ2017 (4/30)>
自転車で土手下の道路を走って来て、古墳東側の土手下でキジのホロ打ちに出合いました。
<AM6:00撮影>
003_1

↓は、S小学校裏の田んぼのキジのホロ打ちです。
<AM6:12撮影>
010_2

キジ♂は少しでも高い所が好きなようです。
畦道の石の上に乗って居ます。 間もなくホロ打ちです。
<AM6:20撮影>
015_3

やりました! 
シャッターのタイミングが遅れて、終わりのスタイルです。
<AM6:20撮影>
016_2

4月29日、古墳上の草むらに居たキジ♀を観たのが最後です。
5月に入ってからキジ♀との出合がありません。
♀は今頃、何処かで卵でも温めているのでしょうか ・・・・。???

| | コメント (12)

2017年5月12日

我が家のサクラソウ

我が家のカミさんが育てたサクラソウが、今年も見事に咲いてくれました。

031_1


033_2


034_3


035_4


036_5


038_6


039_7


040_8


041_9


042_10

以上、鉢物10点のサクラソウは4月26日の朝に撮ったものです。

| | コメント (6)

神川親水公園

桜山へ向うとき、鬼石町に入って左下に鯉のぼりを観て通りました。
昼食は鯉のぼりを見ながら食べようと、鬼石町から埼玉県に入り神川町の親水公園を訪ねました。

ここ神川の親水公園は、渡戸の渡し場が有った所のようです。
公園入り口の土手には、左から馬頭観音、石経塔、姥石が並んで居ます。
馬頭観音は渡戸の渡しで死んだ馬の供養、石経塔はここから村へ悪霊がな入らないようにとの願いで建てたものと言います。
またおばあさんが座って居る姿に見えるという姥石は、拝むことによって疫病や流行病が早く治るとの言い伝えがある石とか。

067_1

今日は風も弱く鯉のぼりに勢いがありません。

048_2

鯉のぼりの下を通り、綺麗な水が流れ鯉が泳ぐ小さな池の渕に来て弁当を広げました。

051_3

私たちの姿を見た鯉が、餌が欲しいのか手前に寄って来ます。

050_4

おにぎりを食べた後の食後の軽い運動は公園内の散策です。
川岸の方に来て見ました。 鯉のぼりがゆったりと泳いで居ます。

056_5

公園内の小さな小川です。 先ほどまで二人の係の人が掃除をしていました。
清らかな水の流れです。 心が洗われるようです。

059_6

公園の北の端に来て、曲がりくねった神流川を眺めて居ます。

062_7

カメラを少し右に振って対岸の奇岩を撮りました。

063_8

カメラを更に右に振って、神流川の穏やかな流れの上流方向を撮りました。

064_9

午前中は桜山でワラビ採り、午後は神川親水公園内の散策と楽しみながら健康づくりが出来た一日となりました。

| | コメント (2)

2017年5月11日

桜山公園

4月25日、今年の山菜を味わいたくて藤岡市鬼石町の桜山へワラビ採りに行って来ました。
桜山公園第一駐車場上の日本庭園です。
池の上のあづまや周辺の新緑が綺麗です。

015

日本庭園の左側から見晴らし台へ登って来ました。
正面、桜山山頂への登山道の新緑も見事です。

017

見晴らし台でカミさんと別れてから、標高591㍍の山頂を目指して登って来ました。
「文和の板碑(文化財)」 が建つ、桜山の山頂に着きました。

018

山頂で一息入れてから西側の斜面に来てヤマツツジを観賞し、

019

続いて近くの八重桜の花を撮って、

020

直ぐ横のミツバツツジを眺めて居たら、キジに似た尾羽がすごく長い綺麗な鳥と出合ました。
カメラを出そうとしているうちに綺麗な鳥を見失いました。

021

鳥が居た場所近くに来て探しましたが姿が見えません。
後で人から聞いた話ではヤマドリではないかとのこと、さっそくネットで調べてみると♂♀の区分は出来ませんがヤマドリでした。

その8日後、ヤマドリを探しに県立小根山森林公園野鳥の森を訪ねました。 結果は出合なしでした。
↓、小根山森林公園内で観察できる野鳥の看板絵です。
   左下にヤマドリ、右下にキジが描かれて居ます。

078_800x577

桜山の西側の斜面から南側の斜面に来てワラビ採りです。

025_800x600

ワラビを採るには少し時期が遅かったようです。
またここはやせ地です。 芽生えたワラビは直ぐにミツマタです。
適当に採って引き上げました。

028

第一駐車場から第二駐車場へ車を移動しました。
第三の広場でカミさんと会う約束です。
広場の端の1本の大きなヤマザクラが満開です。

034_800x592

葉桜となった下枝の方を大きく撮ってみました。

030

今回の収穫の一部です。

070_795x800

家に帰ってあく抜きをした後、次の食膳には初物を戴きました。
また友達におすそ分けも出来た今年のワラビ採りでした。

| | コメント (10)

2017年5月10日

キジ2017 (4/25.26.27)・他

<キジ2017 (4/25)>
田んぼのキジが、3 回目のホロ打ちをした瞬間です。
<AM6:17撮影>
006

続いて4回目のホロ打ちです。 
シャッターチャンスが遅くれた、ホロ打ちが終わる前の様子です。
<AM6:27撮影>
008

キジ観察を終えて、ラジオ体操へ向う途中です。 
地上に下りたヒバリが、囀りのサ-ビスをしてくれました。
<AM6:31撮影>
014

<キジ2017 (4/26)>
古墳東側の土手でホロ打ちをする古墳のキジです。
<AM6:05撮影>
003

S小学校裏の田んぼでホロ打ちをするキジです。
<AM6:21撮影>
012

↓のホロ打ちは、ラジオ体操会場へ向うときS小学校前の田んぼで出合ったキジです。
まだ若いキジ♂のようで、これまで何度も出合いましたが初めてホロ打ちを観ました。
<AM6:31撮影>
018

<キジ2017 (4/27)>
鉄塔下の石柱の上でホロ打ちをした瞬間です。
このキジは鉄塔付近を縄張りとする、通称鉄塔のキジと呼んで居ます。
<AM6:23撮影>
014_2

古墳の上でホロ打ちをするキジです。
このキジは古墳の周りを縄張りとするキジで、東側の土手でもよく出合います。
<AM6:31撮影>
018_2

≪おまけ≫
昨年11月に咲き始めた団地内Aさん宅の冬桜が、全部散った後で再びソメイヨシノと一緒に綺麗な花を咲かせて見せてくれました。
<4月13日朝撮影>
030

そのAさん宅で、珍しい花が有るからと案内してくれました。
その花の名は、「キンジュモクレンです。」 とも教えてくれました。
<5月5日朝撮影>
021_800x623

我が団地内の第二公園内に、1本の大きなユリノキがあります。
今年も可愛い花を付けて見せてくれました。
ユリノキは大きな木です。 花は高いところで咲きます。
また葉っぱも大きく、その葉っぱの影で咲いて居た花を見つけて撮りました。
<5月5日朝撮影>
107

| | コメント (14)

2017年5月 9日

白井城址

白井城址へ向う途中、集落で見つけたマンホールの蓋です。
昔の宿場町として白井宿の特徴を表したマンホールの蓋です。

048_1

30段ほどの石段を上った突き当りに鎮座する神明宮です。
ここで左折して杉林の中を歩いて行きます。

060_2

三日月堀の案内前で右折して、下に下りて三日月堀を歩きます。

063_3

三日月堀の緩い坂道を登ります。

064_4

坂を登り切った正面に白井城址の石垣が見えて来ました。

066_5

石垣の前を右折して、今は畑となって居る二の丸跡に来ました。

068_6

続いて左手奥の三の丸跡地です。

070_7

そのまま真直ぐ進んでいくと集落が有ります。
その集落の手前の小さな丘の上に不動堂が鎮座しています。

071_8

不動堂から引き返して、白井城址の石垣前に立って正面の土塁跡を撮りました。

073_9

白井城址の石垣を回り込んで本丸跡地に立ちました。
大きな記念碑です。

074_10

広い本丸跡地を南西方向に歩いて、土塁の上に祀られている祠の前に立って辺りを見回しながら祠をカメラに収めました。

079_11

祠の左手から土塁の上を歩きながら、本丸跡地を撮りました。
八重桜の向こうの石垣の上に、芽吹いたばかりの大きなケヤキがひと際目立って見えます。

083_12

土塁上を約半周して、本丸跡地に下りて八重桜を撮りました。
見上げると一筋の飛行雲を引きながら飛行機が飛んで行きます。

085_13

帰りは、再び三日月堀を通って白井宿へと戻りました。   完

| | コメント (6)

2017年5月 8日

白井宿の八重桜(続々)

羅漢水の井戸です。 その向こうに供養塔が見えます。
寛政頃(1789~)、白井町内約200戸の家並みの飲用水は、薬師・延命水だけでは間に合わず、下之町の奇特者に寄って掘られた井戸と言います。

043_1

下之町の外れの石塔です。
ここで折り返して、今度は左側の復路を歩いて帰ります。

047_2

御衣黄桜です。

050_3

直ぐ近くにあった大きな山桜です。

057_4

山桜を見上げて撮りました。

058_5

こちらは空高くそびえる御衣黄桜です。

090_6

近くに寄って花を撮りました。
ここで私は左折して、白井城址を訪ねます。

091_8

白井城址から帰って、再び白井宿の町並みを歩きます。
堰の脇で満開の八重桜 「関山」 です。 

092_9

高い薬師井鐘楼と薬師の井戸に、八重桜が彩りを添えて居ます。

094_10

4月24日、晴天に恵まれた白井宿の八重桜の花見でした。

| | コメント (4)

2017年5月 7日

白井宿の八重桜(続)

横に低く伸びた大きな枝に 「松月」 の名札が付いて居ました。
ふっくらとした白い花が咲いて居ます。

023_1

木の幹は上に伸びないで横に伸びている八重桜のようです。

024_2

たくさん花を付けて居たのは、「一葉」 の名札が付いて居ます。

027_3

身近かな枝に咲く一葉を撮ってみました。

026_4

満開の関山の花の下は休憩所です。
「ご自由にお使い下さい」 との案内が出て居ましたが、桜を観て歩くのが優先するようです。

031_5

渋川市指定史跡 「白井の道しるべ」 です。
高さ170㌢、幅38㌢の石製で台石に乗せられ、道しるべの上端に行燈?を据えたとみられる穴があると言います。

033_6

江戸時代中期の宝永年中(1704~1710)、代官の命により掘られたと言う 「延命水の井戸」 です。
案内には、「今でも使われている」 と記されて居ました。

034_7

北向地蔵尊石堂です。
高さ201㌢、幅160㌢、総高296㌢の石堂で朱で着色されて居たといいます。

037_8

中之町を通り過ぎて下之町に入りました。
白井宿では珍しい、鬱金(うこん)桜の前に来て立ち止まりました。

041_9

老木のようです。 青空をバックにして撮ってみました。
この後、鬱金桜にちょっと似た御衣黄桜に出合います。

042_10

今日は最高の花見日和です。 
もう少し下之町の八重桜を観てから引き返します。    つづく

| | コメント (10)

2017年5月 6日

白井宿の八重桜

4月24日、利根川と吾妻川の合流点にある渋川市白井宿へ八重桜を観に行って来ました。
前日の23日は、白井宿の八重桜祭りで武者行列が出て賑わったようです。
その武者行列がスタートした水車小屋の横の灯篭付近です。

001_1

足湯と、鯉が泳ぐ小さな池の側の八重桜が満開です。 
この桜の右手方向に、道の駅こもちがあります。

003_2

上之坂登り口近くにある、清水下の地蔵尊です。

005_3

その地蔵尊の前にある地神塔と金毘羅様です。

007_4

左が往き、右が帰りの一方通行の真ん中に堰があります。
その堰の両側の渕で八重桜が咲いて居ます。

左手の往路を、中之町から下之町へと歩いて行きます。

009_5

桜の木に大きな名札が付いて居ます。 
「関山」 の名札が付いた満開の八重桜を見上げて撮りました。

010_6

「関山」 を大きくして撮って見ました。

015_7

新田町の薬師の井戸です。

0168

井戸の左奥にある薬師堂です。
4月8日と10月8日は薬師様の縁日で、町内から当番も出て参詣人の対応もするほどの賑いと言われて居ます。

018_9

地元では 「だるま石」 とか 「あぶら石」 とも言われ、昭和12~3年頃まで力自慢を競う石として使われていたと記されて居ます。
案内には、重さは83,5㌔グラムと記されて居ます。

021_10

八重桜の木に大きな名札が付いて居ます。
その名札で八重桜を確認しながら花を観て行きます。   つづく

| | コメント (4)

2017年5月 5日

キジ2017 (4/24)

<キジ2017 (4/24)>
ここ連日のキジBLOGとなりました。
それだけキジとの出合いやホロ打ちがあった週でもあります。

麦畑の東側の土手近くに来た所で、麦藁の上のキジ♂が今にもホロ打ちしそうです。
<AM6:04撮影>
007_1

やりました! 
カメラのモニターを観ると何とか撮れたようです。
<AM6:05撮影>
008_2

土手下の道路を回り込んで古墳前に来て見ると、墳堤に居たキジ♂♀の番を見つけました。
墳堤上のキジに動きがなく、田んぼの歩へ回りました。
<AM6:13撮影>
014_3

田んぼの畦道の石の上で毛繕い中のキジ♂を見つけました。
<AM6:19撮影>
019_4

と、ホロ打ちをするようでカメラを構えて時、ホロ打ちをしたのでシャッターを押しましたが上手く撮れません。
<AM6:20撮影>
020_5

待つこと数分、再びホロ打ちをしました。
<AM6:24撮影>
024_6

続けてのシャッターでも何とか撮れました。
<AM6:25撮影>
025_7

また石の上でのホロ打ちです。 
今朝の田んぼのキジ♂は大サービスです。
<AM6:28撮影>
026_8

ラジオ体操会場へ向う時、S小学校前の田んぼの畦道で見つけた♀です。
<AM6:31撮影>
030_9

毛つくろいでしょうか、羽を広げて面白い姿を見せてくれました。
<AM6:31撮影>
031_10

時計を見るとラジオ体操が始まった時間です。 急ぎました。

| | コメント (8)

2017年5月 4日

キジ2017 (4/23)・他

<キジ2017 (4/23)>
自転車で土手下の道路を走って来た所で、古墳東側の土手に居たキジの番を見つけました。
<AM6:04撮影>
017_1

暫らくその場に立ち止まって観て居ると、♀が居なくなって間もなく♂がホロ打ちをしました。
<AM6:11撮影>
020_2

回り込んで古墳に来て見たがキジの姿は見えません。
そのまま自転車でS小学校裏の田んぼへ来て見ると、畦道に居た♂は私が来たことに気づいたようです。
<AM6:15撮影>
021_3

と、突然向きを変えてホロ打ちです。
<AM6:16撮影>
022_4

ホロ打ちは終わったものの再び行う気配です。
<AM6:16撮影>
023_5

5分ほど待って居たら、今度は背中を向けてのホロ打ちです。
<AM6:21撮影>
024_6

今朝はまだやりそうです。
今度は畦道の石の上に乗ってこちらを向いてのホロ打ちです。
<AM6:32撮影>
025_7

時計を見ると、今朝も時間オーバーです。 
急ぎラジオ体操会場へ来て、第二体操だけの実施となりました。

≪おまけ≫
自転車でキジ観察へ行く途中、何時も気にしながら通り過ぎて居た花です。 長いこと咲いて居ます。
気になって、私の手持ちの 『花色図鑑』 で調べてみたところ、
「ユーフォルピア・カラキラス・ウルヘェニー」 と出ていました。

横文字やカタカナ語に弱い歳寄りです。 
何の花のことか分りませんが、図鑑によると開花期は5~6月、耐寒性常緑低木、寒冷地向きと出て居ました。
↓、玄関前にあったものです。

201_800x714

↓、中庭で育てられて居るものです。 色合いが綺麗です。

202_800x618

↓、中庭の奥で育てられて居るものです。 

203_800x551

緑色が綺麗な、長持ちのする花のようです。
我が家の裏庭辺りで育ててみたいと思う耐寒常緑低木でした。

| | コメント (4)

2017年5月 3日

キジ2017 (4/21.22)

<キジ2017 (4/21)>
古墳東側の土手下の道路に来た所で、土手の上に居たキジ♂を見つけました。
<AM6:12撮影>
005_1

と、そのキジが突然ホロ打ちをしました。 
カメラは構えて居たが、慌ててタイミングを外したようで上手く撮れません。
<AM6:12撮影>
006_2

土手の下を回って古墳の前に来たが、キジとの出合いなしです。
自転車を飛ばしてS小学校裏の田んぼに来た所で、キジ3羽(♀2、♂1)と出合いました。
<AM6:18撮影>
011_3

暫らくその場で立って見て居ると、♂が1羽の♀の横に来て尾羽を広げてラブコールをしているようです。
<AM6:21撮影>
016_4

<AM6:21撮影>
017_5

<AM6:22撮影>
019_6

良く観ると♀のお尻に白い卵のような物が見えます。
♂はそれを見て居たのでしょうか。
キジとの距離があって詳しくは分りません。
<AM6:22撮影>
020_7

この日の朝はここまでにして、ラジオ体操会場へと急ぎました。

<キジ2017 (4/22)>
土手下の道路を自転車で走って来たがキジとの出合いなしです。
古墳前を通り越して、鉄塔の西に来た所で、鉄塔下の石柱に止まるキジ♂を見つけました。
<AM6:06撮影>
001_1

麦畑から田んぼと回って観たがキジとの出合いがありません。
再び古墳前に来て所で、草むらに隠れるように佇むキジ♂を見つけましたが、動きがありません。
今朝はホロ打ちを聞かない朝です。
<AM6:18撮影>
003_2

再び田んぼに来て見ると、畦道に居たキジ♂が今にもホロ打ちするような気配です。
<AM6:29撮影>
007_3

やりました! モニターを観ると何とかカメラに収まったようです。
<AM6:31撮影>
008_4

時計を見て、慌ててラジオ体操会場へと向かいました。

| | コメント (8)

2017年5月 2日

赤堀せせらぎ公園

4月19日、晴れ上がった空は北風が吹いて居ます。
こんな日は鯉のぼりも元気に泳いで居るだろうと、伊勢市の赤堀せせらぎ公園へ鯉のぼりを見に行きました。

しかし、現地に着いて見て北風の強さが一通りではありません。
行きは良いのですが、帰りは北風が向かい風となります。
ここで諦めて、川下の鯉のぼりを撮ってあとは公園内の散策です。

001_1

粕川の流れに耐えうる大きなコンクリと製の亀の置物です。
休みともなれば、子供たちが亀の背に乗って川遊びをする絶好の場となることでしょう。

005_2

粕川に沿って、遊歩道を上流に向かって歩きます。
菜の花の向こうに吊り橋、ときめき橋が見えて来ました。

009_3

ときめき橋の中ほどに立って、上流の赤城山方向を撮りました。

0104

歩くとぐらぐらと揺らぐ吊り橋、ときめき橋です。
吊り橋を渡り切った所で、振り返ってときめき橋を撮りました。

013_6

ときめき橋の袂で、鯉のぼりが揚がる下流方向を撮りました。
北風は相変わらず強く、鯉のぼりは水平に泳いで居ます。

012_5

吊り橋を渡った先の草地です。
何サクラでしょうか、まだ花を付けたサクラを見つけて撮りました。

014_7

近くではムラサキハナナが群生しています。

015_8

数本あった八重桜です。 近くに寄って花を大きく撮りました。

017_9

強い日差しを受けてタンポポが咲き競って居るようです。

018_10

北風が強い日でしたが、赤堀せせらぎ公園の散策が楽しく出来た午後とました。

| | コメント (8)

2017年5月 1日

キジ2017 (4/19.20)

<キジ2017 (4/19)>
麦畑を通り越してから、隣のH造園業さんの資材庫のフエンスに止まるキジ♂を見つけました。
直ぐに動きも無さそうなので、次の古墳へ回って観て来ました。
<AM6:23撮影>
023_1

古墳に来て見ると、今にもホロ打ちをしそうな♂を見つけました。
<AM6:26撮影>
025_2

やりました!
向こう向きですが、羽ばたきの瞬間を撮ることが出来ました。
<AM6:27撮影>
027_3

急ぎH造園業さん資材庫のフェンスに来て見ると、こちらもフェンスの上でホロ打ちをする瞬間です。
<AM6:30撮影>
030_4

やりました! 大きく背伸びをして羽ばたきました。
<AM6:30撮影>
032_5

時間を見るとラジオ体操が始まる時間です。
慌ててラジオ体操会場へ向う途中、田んぼに居たキジ♀を見つけてカメラに収めました。
<AM6:33撮影>
036_6

今朝のラジオ体操も、第二ラジオ体操だけの実施となりました。

<キジ2017 (4/20)>
キジが棲む畑の東側の土手下の道路を回って古墳に来て見たがキジとの出合が在りません。
S小学校裏の田んぼに来てキジ♂と♀との出合がありました。
<AM6:12撮影>
002_1

と、♀と何かを啄ばんで居た♂が田んぼの畦道で今にもホロ打ちをしようと背伸びをしました。
<AM6:16撮影>
007_2

やりました!
しかしこちらが慌ててタイミングが合わず、思うような画像が撮れませんでした。
<AM6:17撮影>
009_3_2

次のホロ打ちまでの時間間隔は、3~5分の間に行われます。
右側の♂がホロ打ちをする気配です。
ホロ打ちをしましたが間に合わずカメラ治まりませんでした。
<AM6:22撮影>
013_4

続いて畑の中に来てホロ打ちをしましたが、タイミングが合わず終わった後の姿となりました。
<AM6:28撮影>
014_5

今朝はこれまでと諦めて、ラジオ体操会場へと急ぎました。

| | コメント (10)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »