« 2017年5月 | トップページ

2017年6月23日

日本一周一筆書きの旅(6)

◇札幌駅~稚内駅②
7:30札幌駅を発った特急宗谷は、宗谷本線士別駅を経て名寄駅で停車し、次の美深駅に着きました。
美深駅も1分間停車で、直ぐに次の音威子附駅へと向かいます。

074_1

漢字に直すと読めない難しい駅前の音威子府駅です。
同時着発時間の10:41発車です。

075_2

音威子府駅からおよそ30分ほどで着いた手塩中川駅です。
横に名所案内も出て居ますが、列車内からでは読み取れません。

076_3

中川駅を通り過ぎてから眺めた広い牧場です。
放牧された牛たちが、のんびりと草を食んで居ます。
「いま北海道へ来ているんだな。」 という実感が湧いて来ました。

078_4

中川駅から停車なし駅を幾つか通り過ぎて幌延駅に着きました。

079_5

次に着いたのは豊富駅で、11:45着の同時刻発車です。

081_6

あと一つ、南稚内駅で停車し次は最終の稚内駅です。
左隣りの席から利尻島が見えます。 立ち上って窓越しに撮らせて貰いました。

082_7

手前の窓から外を眺めると、遅い北国は新緑の季節です。

083_8

札幌駅7:30に発った特急宗谷は、5時間10分後の12:40に稚内駅に着きました。
列車の旅最北端のJR稚内駅です。 外に出て駅舎を撮りました。

090_9

お昼の時間は当に過ぎて居ます。
駅隣りの食堂、2F夢広場に案内されて入りました。

091_10

海鮮料理です。 
刺身を食べないカミさんの分も貰って食べてお腹がいっぱいです。

092_11

この後、観光バスで宗谷岬へと向かいます。       つづく

| | コメント (7)

2017年6月22日

日本一周一筆書きの旅(5)

◇札幌駅~稚内駅①
旅の2日目は、北海道内の列車の旅です。 
行先は札幌から稚内、宗谷岬の日帰り旅行です。

7:30札幌駅発、12:40稚内駅着の特急宗谷号に乗りました。
座席は自由席です。
7:55岩見沢駅着の特急列車は、1分間の停車後直ぐに美幌駅に向って発車です。
駅構内には馬橇で有名な駿馬と橇のモニュメントが見えました。

012_1

8:07、美幌駅に着いたと思ったら直ぐの発車です。

014_2

砂川駅も同様です。 
8:18、駅に停車したと思ったら直ぐの発車です。

015_3

滝川駅は乗り換えがある駅です。 
8:23着で、8:24発と1分間の余裕がありました。

016_4

深川駅も乗りか換えの有る駅でした。 
8:37着で、1分後の8:38には次の旭川駅へ向かって発車です。

018_5

旭川駅も乗り換えがある駅で、2分間の停車時間がありました。
石北本線に乗り換えて東のオホーツク海側に出ると、サロマ湖や能取湖、網走湖があります。
地図を広げて、以前訪ねたことが有る網走湖を思い出して居ます。

019_6

旭川駅を過ぎてやっと北海道らしい景色が見えて来ました。
雪を頂く山は何山でしょう。 説明がないまま通り過ぎて行きます。 

066_8

9:40、士別駅に到着です。 ここも着いて直ぐの発車です。

069_9

と、急に開けて見えてきたのは牧場風景です。
家畜の姿は見えませんが、赤い屋根は牛舎でしょうか ・・・・。

073_10

稚内への列車の旅、札幌を出てから8つの駅に停車しました。
稚内まで残り8つの駅が待って居ます。 
この先どんな景色が待って居るでしょうか ・・・・。      つづく

| | コメント (8)

2017年6月21日

日本一周一筆書きの旅(4)

◇札幌市内散策
旅行2日目の朝を迎えました。
2泊する札幌ですが散歩をするには今朝しかないと出掛けました。

ホテルを出て直ぐに見つけたマンホールの蓋です。
これから訪ねる時計台と鮭を絵柄にしたマンホールの蓋です。

061_1_2

朝早いのも有りますが、いまいち天候が優れずテレビ塔を撮るには逆光です。
現在時、午前5時25分です。 早起きしての市内散策です。

050_2

20階建てでしょうか、札幌市役所ビルです。

051_3


052_4

札幌に来たら見たいと思って居た時計台です。
時計台をバックに、カミさんと交代しながらの記念撮影です。

058_584x800

開拓時代を代表する建築物といわれる、北海道旧本庁舎です。
見学できるところでしょうか、池がある中庭が綺麗でした。

062_6

薄いピンク色の花はヤマボウシで良いのでしょうか。

064_7

今日の観光は、北海道は北の果て稚内から宗谷岬、ノシャップ岬と回ってきます。
帰りは23:10札幌駅着と遅くなる予定です。 
朝の散歩もほどほどに、急ぎホテルの朝食会場へ向かいました。

| | コメント (8)

2017年6月20日

日本一周一筆書きの旅(3)

◇東室蘭駅~札幌駅
新函館北斗駅を14:11に出発した特急北斗11号は、16:15に東室蘭を発って次の停車駅登別に着きました。
ここも乗客を降ろして直ぐに、次の苫小牧へ向って出発です。

036

ここ苫小牧は到着時刻と発車時刻が出ている駅です。
でも停車時間は1分間、乗客を降ろして直ぐの出発です。

037

と、特急北斗13号グリーン車の窓に飛行機の姿を見ました。
次は南千歳駅です。 この飛行機は千歳空港行きでしょうか ・・・・。

040

17:07、南千歳駅到着です。 ここも1分間と短い停車時間です。
列車が動き出してシャッターを押したらボケた画像となりました。

042

今日の列車移動の最終地点、札幌駅が近くなりました。
特急北斗13号の最終駅、札幌駅の一つ手前の新札幌駅です。

045

17:41、列車の旅第1日目の札幌駅に無事到着です。
駅構内で見たのはアイヌのブロンズ像でしょうか ・・・・。 

046

JR札幌駅を出た所で振り返って撮りました。

047

と、駅の近くには今日のイベントに参加したという、派手な衣装を着けたよさこい踊りのメンバーが居ました。

048

旅の1日目、宿は札幌駅近くのセンチュリーロイヤルホテルです。
ホテルでチェックインを済ませた後、再び札幌駅の遺失物案内所へ出向きました。

と言うのも、暫くぶりに高崎駅から乗った新幹線とき306号にカメラを置き忘れたのです。
新函館北斗駅までの移動間、客室乗務員に事情を話して調べて貰ったところ、東京駅で保管して居ることが分かりました。
受け取り方法は、最終の札幌駅ですることになって居たのです。

着払いでお願いしたカメラは旅行が終わった次の日に届きました。
慣れない列車の旅です。 慌て者の年寄りの失敗談でした。 coldsweats01

| | コメント (10)

2017年6月19日

日本一周一筆書きの旅(2)

日本一周一筆書きの旅、第一日目の新函館北斗駅到着その後を続けます。

◇新函館北斗駅~東室蘭駅
大宮駅を10:00に出発した 「はやぶさ11号」 は、13:38にJR新函館北斗駅に着きました。
ここで特急北斗13号札幌行きに乗り換えです。
2階から眺めた駅前の景色です。

020_2

外に出て、振り返って大きな駅舎を見上げて撮りました。

021_1

新函館北斗駅を14:11に発った特急北斗13号は、次の停車駅大沼公園駅近くに来ました。
標高1131㍍の駒ヶ岳は雲を頂いて居ます。

024_3

14:21、大沼公園駅を発車しました。

025_4

遊覧船の上から眺めて見たい大沼の景観です。

026_5

森駅に着きました。 乗客が下りて直ぐ14:40の発車です。

028_6

途中八雲駅に停車して、15:21次の長万部に着きました。
1分間の停車時間で次の洞爺へと向かいます。

029_7

洞爺に着いて直ぐ、15:48発で次の伊達紋別へ向かいます。

030_8

伊達紋別駅15:59発で東室蘭へ向かいます。

031_9

16:14東室蘭着、16:15発で登別へ向かいます。

034_10

膝の上に 『コンパス時刻表』 を置いて、通過する駅舎を眺めながら列車の旅を楽しんで居ます。             つづく

| | コメント (10)

2017年6月18日

日本一周一筆書きの旅(1)

6月11日から4泊5日の旅、夢の日本一周一筆書きの旅(5日間)に参加しました。
第1日目は自宅~札幌まで、第2日目は札幌~稚内の往復、
第3日目は札幌~金沢まで、第4日目は金沢~指宿まで、
第5日目は指宿~自宅までです。

◇自宅~新函館北斗駅
事前に送付されてきた、「フルムーン夫婦グリーンパス S5日間」 のチケットです。

001_800x380_3

↓、今回の旅行間における新幹線等の乗車券です。
   (※乗車券は、左上から右下への順に使用しました。)

006_800x534

自宅から最も近い駅、JR両毛線の前橋大島駅からの出発です。

001_800x592

両毛線の上り、高崎駅行きの電車が来ました。
ここでは 「フルムーン夫婦グリーンパス S5日間」券の出番です。

002_800x592

高崎駅で、上りの新幹線とき306号を待ちます。

004_800x582

とき306号の姿が見えて来ました。
ここは新幹線指定券(グリーン)、「高崎→大宮」 行きの出番です。

9:40着の大宮駅では東京駅出発のツアー客と合流します。
大宮駅10:00発で新函館北斗駅へ向かい、ここで札幌行きに乗り換えて札幌へ向かいます。

005_800x595

仙台駅を過ぎた所で今日の昼の弁当が出ました。
仙台名物 「牛たん弁当」 はカミさんがいただきました。

025_11


030_11

みやぎ三陸 「黄金弁当」 は私がいただきました。

026_11


031_11

新函館北斗駅で、北斗13号に乗り換えて札幌駅に到着です。

008_800x779

今晩の夕食は自前持ちです。
ホテル内のコンビニで弁当と缶ビールを買って来て、旅の無事を願って乾杯をして夕食を済ませました。

| | コメント (8)

2017年6月17日

玉村町北部公園(続々)

玉村町北部公園のバラの続きです。

白と薄いピンク色の花が混じった可愛い花たちです。

039_1

こちらは対照的に、燃えるような真っ赤な赤いバラです。

042_2

その赤いバラの右で咲いて居たピンク色のバラは、ロージーカーペットの名札が付いて居ました。

044_3

少し離れて、ハマナスの花もまだ残って居ました。

051_4

浅くて小さな小川の渕では、ツキヌキニンドウが咲いて居ました。

059_5

午後の訪問でしたが、私の好きな花スイレンが咲いて居ました。

060_6


062_7

池の渕ではハナショウブが咲いて居ます。

066_8


069_9

見事なキシヨウブです。

078_10

バラを観るには少し遅かったかなと思う公園でしたが、大好きなスイレンに出合った5月末日の午後のひと時でした。

| | コメント (8)

2017年6月16日

玉村町北部公園(続)

前回に続いて、玉村町北部公園のバラを続けます。

高いフェンスに絡ませて咲いて居たバラです。

034


035


038


045


046


047


048


049


050

≪お 礼≫
昨夜遅く、日本縦断一直線の旅から帰って来ました。
旅行不在間におけるグログ訪問とコメント、有難うございました。
旅のレポートは後日のブログで、先ずはお礼まで   管理人

| | コメント (4)

2017年6月11日

玉村町北部公園

上毛新聞パレット欄の 「花だより」 で、玉村町北部公園のバラが紹介されて居ました。

5月31日、天気は下り坂へ向かうとの天気予報です。
北部公園のバラを観るには今日が良い日と出掛けました。

バラ園入り口のアーチです。 
訪ねるのが少し遅かったようで、バラは終わりかけて居ました。

018_1

バラアーチの赤いツルバラの良いとこ撮りです。

019_2

バラアーチの白いツルバラの良いとこ撮りです。

020_3

花壇で咲いていたバラです。

021_4

玉村町町制50周年記念で町の花に指定されたマリアカラスです。
蕾付きのマリアカラスを撮って来ました。

023_5

花壇には、「アスピリン」 との名札が付いて居ました。

026_6

こちらは 「エリナ」 の名札が付いて居ました。

028_7


031_8


032_9_2


033_10

北部公園のバラは、次回へと続きます。

≪お知らせ!≫
これから日本縦断一直線の旅に出掛けます。
この間、つちや昭一ブログは休ませて頂きます。 
皆様へのブログ訪問とコメントは滞ります。 ご了承下さい。 壬申

| | コメント (7)

2017年6月10日

岩井堂

中之条町のオープンガーデン福田で、クリンソウを観ての帰り道、休憩を兼ねて岩井堂を訪ねました。

岩井堂前のみやげ店の駐車場から、観音堂がある大きな岩山を見上げて撮りました。
観音堂は岩山の左手奥の方にあります。

068_7

県道を渡って直ぐ、緩やかな坂道を登ると右手に大きな岩に覆われるようにして、岩井堂観世音御堂が有りました。

061_1

渋川市指定の重要文化財です。

064_2

右手の階段を上って、観音堂前でお参りを澄ませた後、格子戸から中を覗いて見ました。
立派な観音立像が祀られて居ました。  合掌

065_3

観音堂の前を左へ進むと、今度は本堂裏の洞窟へ向って階段を下ります。
薄暗い洞窟には30体余の石仏が安置されて居ます。  合掌

066_4

観音堂前の右手に建つ、大島神社の赤い鳥居です。

063_5

坂道を数十㍍ほど上った先に見える大島神社です。
参拝後、
観音堂裏の岩山へ登る道でもと探して見たが行き止まりでした。

067_6

駐車場に帰ると、
カミさんが名物の酒まんじゅうを買って待って居ました。

070_8


Img_9

家に帰って、酒まんじゅうを仏前に供えてから二人でご相伴にあずかりました。
漉し餡でしたが饅頭に目がない私です。 美味しく戴きました。

| | コメント (6)

2017年6月 9日

オオムラサキ.他

クリンソウを観に行くまでの間、裏庭から林の中でオオムラサキでいいのでしょうか、紫と白の花が咲いて居ました。

026_2

その近くにはアザミで良いのでしょうか、ピンク色の可愛い花を付けて居ます。

027_3

クリンソウが咲く林の中には、いろいろな種類のエビネが咲いて居ます。

036_4


037_5


039_6

家の前の土手には、赤いヒナゲシが一面に咲いて居ました。

052_7


055_8

真赤な大きな花弁の中に、四つの黒い模様が面白いです。

054_9

道路上で見た、中之条町のマンホールの蓋です。

058_10

実は来月中旬に、本白根山のコマクサを見に来る予定です。
その草津町までのドライブの試走でしたが、今日は無理をせずここ中之条町から引き返すことにします。

| | コメント (4)

2017年6月 8日

クリンソウ

中之条町の民家の林で、「クリンソウが咲いてオープン中」 との新聞記事を読んで出掛けました。

5月28日、中之条町西中之条の 「オープンガーデン福田」 には、既に何人もの先客が見えて居ました。
クリンソウは約800平方㍍に渡って植えられ、40年ほど前から育てて居ると聞きました。
「入場無料」 と言うのが何よりも嬉しいです。

028


029


030


031


032


033


034


040


048

今季は花が大きく、例年以上の出来栄えとか。
天気も良く、クリンソウを観て十分楽しませて貰いました。

≪速 報≫
昨日(7日)朝のキジ観察で、S小学校裏の田んぼの畦道で鉄塔のキジ♂と♀2羽、ヒナ3羽を見ました。
逆光、遠距離撮影のため画像が今一ですがご覧ください。
(撮影時、もう1羽居た♀は左側の麦畑に入って隠れました。)
<AM6:30撮影>
025

※ 昨年ヒナを始めて観たのは6月22日の朝でした。
この時は、♀1羽とヒナ6羽を見て居ます。
場所はH造園業資材置き場の北隣、麦刈りが済んだ麦畑です。

| | コメント (8)

2017年6月 7日

キジ2017 (5/22.23)

<キジ2017 (5/22)>
今朝、古墳で見かけなかったキジは、西へ200㍍ほど離れた住宅地のフェンスに居ました。
キジは木陰に居て写真に撮れないので、先に他を見て回ります。

と住宅地の北側、S小学校裏の田んぼでキジ♂を見つけました。
ところが私の姿を見てキジは逃げ回ります。
田んぼの西へ行ったり東へ来たりしてやっとカメラに収めました。
と、私を威嚇するためでしょうか、ホロ打ちの態勢です。
<AM6:17撮影>
047_1

やりました! タイミングが遅れて終わりの姿です。
この後5分後に、更に4分後にホロ打ちが有りました。(画像省略)
<AM6:17撮影>
048_2

それよりもここに来て最初に出合った古墳のキジが気になります。
再び住宅地の来て見ると、相変わらずフェンスの上に居ました。
私が来たことに気づいたようで、こちら向いて警戒して居ます。
<AM6:30撮影>
059_3

と、ホロ打ち体制に入ったと思った瞬間、やりました。
こちらが慌てて、出遅れた画像は今一となりました。
<AM6:31撮影>
061_4

ラジオ体操へ急ぎましたが、このところ遅刻常習者となりました。

<キジ2017 (5/23)>
鉄塔西の道路上で鉄塔下の石柱に止まるキジ♂を見つけました。
キジまでの距離が遠すぎて撮影なしです。

続いて古墳前の畑に来て、古墳上から下りようとして居るキジ♂を見つけました。
東側の畑に下りた所で、その向こうに鉄塔の石柱に止まって居たキジも畑に来て居ます。
<AM6:07撮影>
009

3分後、手前に居た古墳のキジがホロ打ちをしました。
<AM6:10撮影>
015

その5分後に、古墳のキジがまたホロ打ちをしました。
<AM6:15撮影>
020_2

と、負けじと思ったか鉄塔のキジが移動した所でホロ打ちです。
<AM6:18撮影>
021_2

古墳のキジは古墳上に戻って来ました。
<AM6:25撮影>
025_2

古墳上へ戻ったキジが2度目のホロ打ちです。
<AM6:28撮影>
028_2

ラジオ体操会場へ向う途中です。
鉄塔西の道路に来て道を渡ろうとしているキジに出合いました。
<AM6:31撮影>
032_2

咲くほど観て来た鉄塔のキジです。
道路、花畑と抜けて、今度はS小学校裏の通学路から左手の田んぼへ渡ろうとして居ます。
<AM6:34撮影>
036

通学路沿いのフェンスの下をくぐり抜けて、深い用水路を飛び越えて田んぼの畦道を西へと歩いて行きます。
<AM6:37撮影>
042

時計を見ればラジオ体操が終わって居ます。
友だちとの今朝の出会いがあります。
自転車を飛ばして来た所で、直ぐ前にヒバリです。
「慌て者の爺さんが行くわ」 と言わんばかりにこちらを見て居ます。
<AM6:41撮影>
047_2

ラジオ体操が終わって公園を出た友達と合流して帰宅しました。

| | コメント (10)

2017年6月 6日

キジ2017 (5/19.20.21)

<キジ2017 (5/19)>
自転車で古墳前の畑に来て直ぐに、古墳上に居たキジ♂を見つけました。 
私が来たことに気付いたのか、キジもこちらを見て居ます。
<AM6:04撮影>
030

と、間髪を置かずにホロ打ちを観せてくれました。
私が来たことに対する威嚇でしょうか ・・・・。
<AM6:05撮影>
031

今朝はよくホロ打ちをする朝です。
この後2~3分間隔で5回のホロ打ちが有りました。

↓は5回目のホロ打ちが終わった後の姿です。
<AM6:22撮影>
045

と、直ぐに向きを変えて6回目のホロ打ちです。
<AM6:23撮影>
046

6回目のホロ打ちが終わった後の羽が乱れたキジの姿です。
これから毛繕いをすることになります。
<AM6:25撮影>
047

今朝は古墳のキジがホロ打ちを見せてくれたサービスデーでした。
ラジオ体操会場へ向かいます。
途中、S小学校裏の田んぼで鉄塔のキジと出合い、ここでも2度のホロ打ちを観た朝となりました。(画像略)

<キジ2017 (5/20)>
今朝も古墳前の道端に来ましたが、キジの姿が見えません。
辺りを探して見ると東側の土手の草むらに居ました。
今朝は私の姿を見ると直ぐに隠れました。
<AM6:03撮影>
001

自転車で一回りして、S小学校西の田んぼの畦に来てキジ♂を見つけました。
盛んに毛繕いをして居ます。 
暫らくすればホロ打ちがあるだろうと見て居たら ・・・・。
<AM6:17撮影>
012

やりました! 
<AM6:19撮影>
013

この日は私の誕生日でした。 
キジ観察は早めに切り上げて、ラジオ体操会場へ直行しました。

<キジ2017 (5/21)>
今朝は古墳の東側の土手に居た古墳のキジを見つけました。
今にもホロ打ちをしそうな体勢です。
<AM6:02撮影>
016

やりました! 力が入った見事なホロ打ちです。
<AM6:04撮影>
018

古墳のキジが畑の中ほどへ出ました。 
と、その向こうに鉄塔のキジの姿も見えます。
<AM6:24撮影>
029

手前の古墳のキジがホロ打ち体制に入ったようです。
<AM6:26撮影>
032

やりました!
<AM6:26撮影>
033

その1分後に、更に3分後のホロ打ちです。
<AM6:30撮影>
037

古墳と鉄塔のキジに夢中になって居たら、今朝のラジオ体操は完全に遅刻でした。

| | コメント (8)

2017年6月 5日

バラ.他

キジウオークに出掛けての帰り、バラ作りの庭があり立ち止まってバラの花を撮らせて貰いました。
黄色いバラはよく目立ちます。

017_1


019_2

どの花にカメラを向けて良いか迷うくらい、いろいろなバラです。

021_3


024_4_2


025_5

バラに紛れて大きな花を付けて居たのはシャクヤクです。

022

H造園業さんの西の畑で咲いて居たベニウツギです。
この畑の脇では春早くにネコヤナギが咲いて、その後に可愛いコブシの花が咲きました。

101_1

キジウオークの帰り道、民家の庭先で見つけたブラシノキです。
この花を観ると、オーストラリア旅行で訪ねたアデレードのブラシノキ並木を思い出します。

115

我が団地の横を流れる韮川の渕で咲く、アルストロメリアです。
雨上がりの後で花が濡れて居ます。

124

朝のキジ観察は自転車を飛ばして行きます。
日中のキジウオークでは、いろいろな花との出合が有りました。

| | コメント (8)

2017年6月 4日

キジ2017 (5/17.18)

<キジ2017 (5/17)>
このところの朝は曇りか雨でした。
朝のキジ観察は中止して、午後からキジウオークに出掛けました。

麦畑~鉄塔、古墳と観て来たがキジとの出合がありません。
古墳西側の住宅地に来てフエンスに居たキジを見つけました。
向こう向きで毛繕いをしているようです。
<PM2:34撮影>
004

毛作りが終わったようでこちらに向きを変えました。
<PM2:34撮影>
005

と、突然フェンスの上でホロ打ちをしました。
<PM2:35撮影>
006

ホロ打ちが終わったあとの姿を見ると、前羽がだらりとしています。
こちらは古墳のキジで、途中の畑を抜けてここに来たものです。
<PM2:36撮影>
007

今日のキジ観察は歩きです。 
家に帰ろうと、S小学校裏の田んぼに来てキジを見つけました。
暫らく立ち止まって居たらホロ打ちを見せてくれました。
このキジは鉄塔のキジではないかと思って観て来ました。
<PM2:40撮影>
010

<キジ2017 (5/18)>
昨日に続いてのキジウオークです。
古墳の前の畑に来てキジ♂と出合いました。
昨日、住宅地のフェンスに居たキジです。 今朝は古墳へ帰ってきたようです。
<PM2:15撮影>
004_2

と、直ぐにその場でホロ打ちを見せてくれました。
<PM2:16撮影>
005_2

ホロ打ちを済ませたキジは直ぐ横の空き地で腹ばいです。
こんな腹ばいの姿は初めて観ました。
<PM2:20撮影>
008

と、直ぐに立ち上って東側の土手の草むらでホロ打ちです。
<PM2:22撮影>
010_2

その後キジは草むらに姿を隠したので、我が家に帰ろうとS小学校裏の通学路に来てキジを見つけました。
道路を横切って西側の田んぼへ渡ろうとしているようです。
<PM2:25撮影>
011

道路を横切ってフエンス下をくぐり抜け、用水路を飛び越えて田んぼに行きました。
このキジは鉄塔のキジで、鉄塔下から西側の田んぼを行動範囲としているようです。
013

S小学校前の道路でヒバリと出合いました。
「この歳寄り爺が」 と言わんばかりの顔に見えたのは、私のひがみからでしょうか。 eye
<PM2:42撮影>
019

2日連続のキジウオーキングでしたが、日中でもキジを身近に観ることが出来ることを知りました。

| | コメント (8)

2017年6月 3日

我が家の庭の花

このところ、キジの記事に追われて我が家の庭の花の紹介を忘れるところでした。
6月に入りましたが5月後半の我が家の花を観てやって下さい。

門を入って直ぐ、左手の小さな花壇の渕に咲くアッツザクラです。
赤色の綺麗な花で、今年の4月には我が家から近所の友だちの所へ花嫁に出しました。

026_800x597

玄関脇の大きな石の手前にあるカルミアです。
今年は例年になく、たくさんの蕾を着けてくれました。

029_800x673

コンペイトウにも似たカルミアは5月14日の撮影です。
今はその可憐な花も終わって、また来年を期待している所です。

027_800x686

カルミアと並んで、大きな石の横の花壇で咲いたバンジーです。

033
(※山小屋さんが、バンジーではなくピオラと教えてくれました。)

こちらも5月14日の撮影で、このバンジーが終わったあとから次のハンゲショウが芽吹いて来ました。

032

隣りとの境界のフェンスの横で咲いた花です。(花名不詳)
こちらも花が終わって、今はホタルブクロが咲き始めて居ます。

034_800x637
(※山小屋さんが、セイヨウオダマキと教えてくれました。)

道路脇で咲く紫色の小さな花は何でしょう。(花名不詳)
花壇の縁取りでびっしり咲いた居ます。

031_800x599

スパーへ買い物に行って見つけ、欲しくなて買ったフクシアです。
次から次と可愛い花が咲いてくれるのが嬉しいです。

048_800x722

十数年前、故郷佐渡島へ帰省したときに親戚のKS翁(故人)から貰ってきた鉢物です。
これまで咲かなかった花が、今年は薄いピンク色の小さな花(花名不詳)が咲きました。
カミさんが大事に育てて居る鉢物です。

058_674x800
(※山小屋さんが、ハクチョウゲ(白丁花)と教えてくれました。)

今年も我が家の庭で咲いてくれた花々です。 
今はホタルブクロとユリが芽生えて爽やかな風に揺れて居ます。 

| | コメント (8)

2017年6月 2日

キジ2017 (5/14.15.16)

<キジ2017 (5/14)>
今朝は自転車で一回りして来たが、S小学校前の田んぼでキジを見つけただけでした。
二回り目で古墳の西の畑へ来た所で古墳のキジと出合いました。
<AM6:29撮影>
011

私の姿を見て威嚇でしょうか、直ぐにホロ打ちをしました。
<AM6:30撮影>
012

ホロ打ちが終わった後の毛繕いです。
私が観て居ることも忘れたかのように一生懸命です。
<AM6:30撮影>
014

<キジ2017 (5/15)>
今朝は鉄塔下の石柱の上に居たキジを見つけました。
と、同時にホロ打ちです。 
距離が遠いです。 慌てておしたシャッターで画像がボケました。
<AM6:03撮影>
004_2

鉄塔の南西に民家が一見あります。
その民家の横の古墳があり、その古墳に居たキジを見つけました。 
<AM6:05撮影>
005_800x582

古墳の東側の土手に来ると鉄塔の石柱の上のキジも見えました。
着いて直ぐ、6時3分に観た鉄塔下でのホロ打ちは4度目です。
<AM6:13撮影>
012_2

古墳上のキジは3回目のホロ打ちです。
今朝は鉄塔のキジと古墳のキジの掛け持ち撮影です。
<AM6:15撮影>
013

ラジオ体操へ急ぐとき、鉄塔の西の道路に来て最後の1枚です。
<AM6:37撮影>
026

<キジ2017 (5/16)>
今朝は古墳の上のキジとの出合です。
<AM6:03撮影>
003

と、直ぐにホロ打ちを見せてくれました。
<AM6:04撮影>
004

およそ2~3分間隔のホロ打ちです。 
今朝はホロ打ちの大サービスデーのようです。
<AM6:13撮影>
008

今朝は早めに体操会場へ向かいます。
途中の田んぼの畦道で見つけた鉄塔のキジのホロ打ちです。
<AM6:22撮影>
011_2

上手くは撮れませんでしたが、今朝もたくさんのホロ打ちを観た朝となりました。

| | コメント (8)

2017年6月 1日

ヤマツツジ(完)

この辺り、新緑とヤマツツジのコントラスが見事な所です。

095

参道も土手下を歩いて上ります。

099

参道が開けて、目の前に赤城神社の惣門(県指定重要文化財)が見えて来ました。

100

文化財の案内には、
「建立は18世紀中頃(宝暦~安永年間)と推測され、群馬県下では数少なく、近世中葉の遺構として貴重なもの」 と、記されて居ます。

102

惣門の横を通り越して200㍍ほど歩いて県道に出ました。
ここで県道を右折して、赤城神社へ向かいます。

赤城温泉郷の宿の看板が見えて来ました。
ここで右折するとほどなく赤城温泉郷ですが、真っ直ぐ進みます。

103

赤城神社の鳥居前に来ました。

105

鳥居をくぐって直ぐ右手に、池に接して手水場があります。
その池でゆったりと泳ぐ錦鯉です。

106

赤城神社の本殿です。
参拝を済ませて、登って来た参道を引き返します。

111

再びヤマツツジの参道に来ました。 

113

ヤマツツジの近くに寄って撮りました。
時間も大分過ぎました。 帰りは寄り道せずに一直線で帰ります。

114

駐車場に着いた途端、待ちくたびれたカミさんにお小言頂戴です。
しかし見事なヤマツツジを観てきたことに満足です。 coldsweats01   完

| | コメント (10)

« 2017年5月 | トップページ