« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月30日

ウオーキング

9月22日午後、隣町を流れる広瀬川の右岸を歩いて来ました。
広瀬川の西方にある畑です。 青い柿が色付いて来ました。

003

500㍍ほど下流に架かる、ふじづかばしに立って歩いて来た上流方向を撮りました。
左手が住宅団地、右手が大型スーパーがある東方向です。

011

ふじづかばしの上で、これから歩いて行く下流方向を撮りました。
左手の川向こうの畑にサギが見えます。

013

対岸の向こう、畑の真ん中に居たダイサギです。

016

と、右手の田んぼの渕にアオサギが見えました。
私の姿を見て、直ぐに広瀬川の上流の方へ飛んで行きました。

019

田んぼや畑のあちこちで、ヒガンバナを観ることが出来ます。

032

ここで歩くコースを変えて、日中のキジ観察をして観ようと、S町S小学校に向って歩きました。
古墳の西側の畑に来た所で、ダリアに止まるシジミチョウを見つけてカメラを向けました。

047

直ぐ横の花畑で咲く大きなケイトウが綺麗です。

049

近くの畑の横に、「ヤナギバルイラソウ(柳葉るいら草)」 が未だに咲き続けて居ます。
この花名は、8月の初めに山小屋さんから 教えて貰った花です。
一日花ですが、未だに次々と咲いて楽しませてくれます。

051

イチジク畑まで来ました。 これまでキジとの出合がありません。

先日、犬と散歩中の人からこの南にもキジが居たと聞きました。
もしや! と、期待して歩いて行くと、右手の田んぼからスズメの大群が飛び発ちました。

052

電線や隣家の屋根上に止まるスズメを見ながら、目の前の紫色の花畑まで来ました。
さて、高貴な紫色の綺麗な花は何でしょう?

056_2

近くに来てアップで撮ってみました。 花名不詳です。

057

ここまでキジを探しながら歩いて来たが出合なしです。
我が家へと帰ります。
と、民家の玄関前で黄色のハイビスカスを見つけました。

058

綺麗なハイビスカスをカメラに収めて我が家へと急ぎます。
家に帰ってスマホの歩数計を見たら13,817歩、よく歩きました。

| | コメント (10)

2017年9月29日

キジ2017 (9/24-②)

<キジ2017 (9/24-②)>
昨日のブログの続きです。
フェンスの上に居たキジたちも空き地の方へ飛び下りました。
と、赤い顔のヒナの♂3羽が、何かありげな様子です。
<AM6:18撮影>
028

1羽が居なくなると、残った2羽のヒナが睨み合って居ます。
<AM6:20撮影>
033

最初右のヒナが尾羽を広げ、続いて左のヒナが尾羽を広げました。
威嚇しているのでしょうか? 最終的には何事もなく分れました。
<AM6:20撮影>
034

ところで今朝は何羽のキジを観たのでしょう。
少し纏まった所を撮って見ました。 ♂が5羽、♀が2羽見えます。
一番奥に見えるのが親鳥の♂です。
<AM6:21撮影>
039

もう1羽、手前の方で親鳥の♀が少し離れた所から、みんなの様子を見守って居るようです。
手前のフェンスの影にもヒナが居るようです。
<AM6:22撮影>
040

赤い顔のヒナ♂4羽と、手前に♀のヒナが2羽居ます。
<AM6:25撮影>
046

親鳥の♂がやって来ました。 ♂同士です。
この後、このキジたちはフェンス内の空き地から西の畑へと移動して行きました。 私もラジオ体操会場へと向かいます。

ところでこのキジたちは去る8月29日、イチジク畑の横の空き地へ、私の頭上を飛び越えて行ったキジのグループではないかと観て居ます。
<AM6:25撮影>
047

と、S小学校の南の田んぼへ来た所で赤い顔のヒナともう1羽のキジと出合いました。
先ほどまでたくさんのキジを観て来ました。 
カメラに収めて、ここは素通りです。
<AM6:34撮影>
064

続いて、S小学校の西の田んぼの畦道に居たキジ♀(2羽)を見つけました。
ここもカメラに収めて素通りです。
<AM6:37撮影>
073

キジと出合う時は出合うものです。
今度はS小学校の北の休耕田の畦道でヒナ2羽を見つけました。
ここでもカメラに収めてラジオ体操会場へ急ぎます。
<AM6:38撮影>
081

体操会場へ来て見ると、体操は終わって皆さんが帰る所です。
皆さんには、たくさんのキジとの出合った報告の朝となりました。

| | コメント (6)

2017年9月28日

キジ2017 (9/24-①)

<キジ2017 (9/24-①)>
何時もの朝のように、麦畑から鉄塔、古墳、住宅地、イチジク畑と観て来たがキジとの出合なしです。
イチジク畑でUターンして帰ろうとしたところ、休耕田の西のフェンス上に止まるキジを見つけました。
<AM6:07撮影>
003

自転車を飛ばして現場に着くと同時に、キジは道路上を飛び越えて広い空地に下りました。
良く観ると、赤い顔のヒナが5羽です。

と、外に居たヒナもフェンスの中へ飛んで入り、広い空き地の西側へと移動します。
<AM6:08撮影>
004

私も自転車で西の田んぼの方へ回り込みます。
田んぼの畦道を行くと、空き地の西側のフエンスに♀が居ました。
ヒナも大きく育って居て、ヒナか親鳥かの区別がつきません。
<AM6:12撮影>
008

右の方の♀を撮りました。
<AM6:12撮影>
010

次に左の方の♀を撮りました。 何れも私を警戒しているようです。
<AM6:12撮影>
011

続いて、右手奥のフェンスを見ると♂や♀が並んで見えます。
奥の方が親鳥の♂、手前が親鳥の♀、真ん中の手前がヒナの♂、向こう側が♀の4羽です。
<AM6:15撮影>
017

と、次々とフェンスから飛び下りて空き地に集まりました。
何を啄ばんでいるのでしょう ・・・・。
数えてみると♂が5羽、♀が2羽の合計7羽です。
<AM6:15撮影>
020

と、手前のフェンスの上に♀が3羽居ました。
<AM6:17撮影>
023

左の端の♀を撮りました。 こちらが親鳥の♀ではと見て居ます。
<AM6:17撮影>
025

と、真ん中の♀がフェンスから飛び下りて右側の♀を撮りました。
<AM6:17撮影>
026

今朝はキジの大家族との出合です。
興奮しながらカメラのシャッターを押し続けて居ます。   つづく

| | コメント (10)

2017年9月27日

ウオーキング(続)

高崎伊勢崎自転車道はここで左折して伊勢崎方向へ向かいます。
この後、これまで歩いたことがないゴルフ場沿いに直進します。

ゴルフ場との境界はイチョウ並木です。
道路上には、足の踏み場もないほどギンナンが落ちて居ます。

022

落ちて居たギンナンにカメラを寄せて撮って見ました。

カミさんと別れてから大分歩いて来ました。
このギンナンの様子を見せようと、暫らく歩いてから引き返します。

024

この辺り、高崎伊勢崎自転車道を挟んで玉村ゴルフ場と、新玉村ゴルフ場が隣接して居ます。
↓は、新玉村ゴルフ場です。

025

高崎伊勢崎自転車道に出ました。
左が玉村ゴルフ場、右が新玉村ゴルフ場です。
前方にサイクリング中の人が見えます。
と、その左手奥の方でカミさんがギンナンを拾って居ます。

026

ここは急カーブするところです。 コース案内が出て居ます。
左が伊勢崎へ、私とカミさんはたくさんのギンナンを見てから、手前の新町方向へ帰ります。

027

玉村ゴルフ場を右に見て歩きます。
左手には、往きにカメラに収めた烏川が流れて居ます。
所々に、「飛んでくるゴルフボールに注意!」 の看板が見えます。

029

カミさんがギンナンをたくさん拾って居ました。
重たい方の袋を持たされて帰ります。

続いて、岩倉橋の下をくぐって水の森公園の散策です。
ここのヒガンバナも見ごろで、所々に白いヒガンバナも見えます。

034


034_2

カミさんは栗を探しに、私は引き続き公園内の散策です。
小さな沼に居たオハグロトンボです。 羽を広げた所を撮りました。

041

何かに驚いたのか目の前にショウリョウバッタが飛んで来ました。

042

秋晴れの一日、玉村町の公園で大自然とのふれあいが出来たひとときとなりました。

≪おまけ≫
カミさんが拾ってきたギンナンです。 右にもう一袋あります。
帰りのマイカーの中は、ギンナンの匂いが充満して居ました。

045

↓、強い匂いがあるところを取って、乾燥中のギンナンです。
   何人かの友だちに、おすそ分けすることも出来ました。

101

↓、水辺の森公園で、カミさんが拾ってきたクリです。
   今年に入って、二度目の栗ごはんを戴きました。

044

| | コメント (8)

2017年9月26日

ウオーキング

9月18日、玉村町の烏川河川敷総合レクリエーション基地で咲くヒガンバナを観て、その後高崎伊勢崎自転車道を歩いて来ました。

総合レクリエーション基地の林の中で咲いて居たヒガンバナです。

003

ヒガンバナは、いまが丁度見頃のようでした。

004


006

林を抜けると前は玉村ゴルフ場です。
ゴルフ場を左に見ながら、高崎伊勢崎自転車道を伊勢崎の方へ向かって歩きました。
と、道路脇で見つけたのは花でしょうか? 木の実でしょうか?
カメラに収めて来ましたが、未だに不明のままです。 

010

烏川の左岸沿いに歩いて居ます。
展望が開けた所で烏川の上流方向を撮りました。
西上州の山々が見えます。 素晴らしい秋晴れです。

014

続いてカメラを左に振って下流方向を撮りました。
烏川の水量も多いようです。

015

数百㍍ほど歩いた所で川岸近くに下りて見ました。
先ず上流方向をカメラに収めました。 

019

カメラを左に振って下流方向を撮りました。
浅瀬があるようで川の水が白く輝いて居ます。

と、正面左端の林の中でヒガンバナが咲いて居るように見えます。

018

暫らく歩いて、向こう岸が少し見える所まで来ました。
やはりヒガンバナです。
ズーミングで撮りましたが、手振れでボケました。

020

一週間後の一昨日(24日)、このヒガンバナを観たくて訪ねましたが、最後まで場所が分らず花に出合うことなくで帰りました。
来年のヒガンバナの鑑賞課題として残りました。

高崎伊勢崎自転車道のウオーキングは、この後も続きます。

| | コメント (8)

2017年9月25日

キジ2017 (9/18)

<キジ2017 (9/18)>
9月17日の朝は、雨降りと台風接近でキジ観察は休みでした。
今朝は何時ものとおり、麦畑から鉄塔、古墳、住宅地、イチジク畑とキジ探しをしてきたが出合なしです。

と、S小学校の北側を歩いて居た人たちが、立ち止まって何かを見ています。
急ぎ自転車を飛ばして行って見ると、キジの親子が居ました。

S小学校前の田んぼの畦道です。 赤い顔のヒナを撮りました。
周りには親鳥や他のヒナも居ます。

暫らく様子を観ていたが、ヒナたちに動く気配がないので、もう一度自転車で他の場所を観に出かけました。
<AM6:11撮影>
009_1

10数分後に再び来て見ると、安心しきったのかヒナたちが腹ばいになって居ました。
こちらは親鳥♀でしょうか、辺りを見回して居ます。
<AM6:23撮影>
020_2

赤い顔のヒナです。 腹ばいになりながらこちらを見て居ます。
<AM6:25撮影>
024_3

一番近い位置のキジです。 親鳥かヒナかの区別がつきません。
<AM6:28撮影>
028_4

こちらは見張りをして居るようで親鳥♀ではないかと観て居ます。
<AM6:29撮影>
030_5

ここでウオーキング中の人から 「小学校の南側にもキジが居た。」 との情報が入りました。
自転車を飛ばして来て見ると、赤い顔のヒナともう一羽のヒナが居ました。
<AM6:37撮影>
039_6

ヒナとはちょっと遠い位置関係です。 
2羽のヒナをカメラに収めて先ほどの北側へ戻ります。
<AM6:42撮影>
053_7

こちらのヒナたちにも動きがあったようで、田んぼの畦道を少し移動して居ました。
<AM6:46撮影>
057_8

畦道の少し離れた所から、ヒナたちの行動を見守る親鳥♂です。
<AM6:47撮影>
059_9

こちらは親鳥♀のようです。 先程からヒナを見張って居ます。
<AM6:47撮影>
061_10

今朝はラジオ体操をパスして、キジの親子と十分付き合った朝となりました。

| | コメント (10)

2017年9月24日

キジ2017 (9/15.16)

<キジ2017 (9/15)>
麦畑に着いて直ぐに見つけたキジの親子です。
今朝は比較的近い位置での出合です。
左から親鳥♂と♀、右の赤い顔のヒナは♂と理解できた朝です。
<AM6:01撮影>
027_1

ここ麦畑付近を生息地とするキジの家族です。
親鳥♂はカラスにでも襲われてのか、ビッコを引いて歩きます。
<AM6:02撮影>
033_2

この後、鉄塔、古墳、住宅地、イチジク畑と回って観て来たがキジとの出合なしです。
再び麦畑に来て観ると、親鳥♀とヒナが隣のブロッコリー畑に来て居ました。
<AM6:20撮影>
0453

と、親子の間にハクセキレイが仲間入りです。
<AM6:23撮影>
055_4

今朝は、赤い顔のヒナは♂と確認できたキジ観察日となりました。

<キジ2017 (9/16)>
麦畑から鉄塔、古墳、住宅地、イチジク畑と回って観て来たがキジとの出合なしです。
遅くなったがラジオ体操へと、S小学校南の田んぼの畦道で羽ばたくヒナを見つけました。
<AM6:29撮影>
121

と、その横へ赤い顔のヒナが現れました。
<AM6:30撮影>
124

畦道を向こうへ歩き始めました。 赤い顔のヒナが羽ばたきました。
<AM6:31撮影>
133

先回りしたヒナが稲穂を狙って居ます。
<AM6:32撮影>
141

今朝はキジとの遅い出合です。 朝のラジオ体操はパスしました。

| | コメント (6)

2017年9月23日

金富山長純寺

箕輪城跡見学後は、箕輪城主長野氏一族の菩提寺、実相院長純寺を訪ねました。

寺院の参道前に祀る大きな石仏です。
正面手前には、左に聖観音、右に地蔵菩薩が向かい合って立って居ます。
正面奥には、真ん中に閻魔大王、左に奪衣婆(だつえば)、右に経塚の石殿が並んで居ます。

049

曹洞宗金富山、実相院長純寺の門柱の間を進みます。

053

十数段の石段の上に山門がそびえて居ます。

054

山門の左手前で咲いて居たヒガンバナです。
花の横に庚申供養塔が建って居ます。 猿が二匹の庚申塔は珍しいです。

055

山門をくぐると直ぐに、一対の鬼瓦がありました。 
真ん中の扇型の瓦は長尾家の家紋でしょうか ・・・・。

056

山門をくぐった右手に並んでいた六地蔵尊です。
数えてみると地蔵尊が一体多いようです。
真ん中の仏像が少し小さいようです。 何仏でしょうか ?

057

見事な釣鐘です。

057_2

長純寺の本堂です。

058

見事な扁額です。 下に家紋でしょうか扇型の紋所が見えます。

059

厄除け不動堂です。

060

不動堂の前を通って裏山の墓地へ向かいます。
拝観、お参りをしたかったのは長野家のお墓です。
しかし、長野家のお墓か探しきれずに長純寺を後にします。

062

よく晴れ渡った13日、第二の故郷でもある箕郷町の箕輪城跡から長純寺を訪ねることがで来ました。

| | コメント (6)

2017年9月22日

箕輪城跡

9月13日、二人の男の子を育てた私たちの第二の故郷、高崎市箕郷町の箕輪城跡を訪ねました。

↓の赤丸数字①の 「搦手口」 を出発して、赤丸数字②の 「二の丸」 にあった 「箕輪城跡」 の案内板です。

032_800x525

駐車場を出て直ぐの搦手口です。 
ここから歩き初めて、左手の山道に入ります。

018

坂を上って最初に着いたと所が二の丸跡です。
広い台地です。 次は右手の本丸跡へと歩いて行きます。
赤や青の幟旗が風にはためいて印象的です。

020

広い本丸跡地に着きました。
本丸は御前曲輪と共に城の中心部です。
広さは、南北約100㍍、東西約70㍍と言われて居ます。

021

この石垣は、土塁の土がくずれないに作られたものと言います。
三段に積まれて堀に沿って長く続いているようだとか、石垣の上は 「犬走り」 と呼ばれる通路にもなって居たとか。

023

赤丸数字⑤の 「御前曲輪」 です。
「西南の角に物見、戦闘指揮のための櫓があり、その下は石垣で固められていた。 天守閣はなかった。」
「落城の際は、長野業盛以下自害した持仏堂があった。」
とも伝えられている所です。
奥の建物は、昭和2年(1927年)に発見された井戸です。

026

赤丸数字⑥の 「井戸」 の近くに来て撮りました。

030

赤丸数字⑦の 「郭馬出西虎口門(かくうまだしにしこぐちもん)」 に来ました。
この門は、昨年11月に復元された門で、裏側から見て居ます。

032

門をくぐって正面から撮って見ました。
今回の箕輪城跡訪問の第一の目的は、復元されたこの 「郭馬出西虎口門」 を見たかったからです。

033

郭馬出西虎口門の左手にあった大堀切です。

035

赤丸数字⑧ 「木俣」 に来ました。
ここは家人臣団の屋敷地の一つとではと言われて居る所です。

041

ここからカミさんが待つ郭馬出西虎口門の方へ帰ります。
その後、武田信玄軍の総攻撃に敗れた箕輪城主、長野家の菩提寺金富山長純寺を訪ねます。

| | コメント (8)

2017年9月21日

サイクリング(続)

サイクリングに来て、何時も気になる大きな木です。
以前、テレビのコマーシャルで 「この木何の木、気になる木」 と言うのがありました。
それを思い出せような大きな木です。

055

近くに来て観ると、根元は5つに分かれて居ます。

056

垂れ下がった葉っぱを撮って見ました。 
さて何の木でしょう ・・・・。 どなたか教えて戴ければ幸いです。

057

通り過ぎてから振り返って、下流方向から撮って見ました。
大きな扇子を広げたような姿に見えます。
こちらから眺めた方が、見栄えがするようです。

058

自転車を飛ばして行くと、再び勢いがある堰に来ました。
二段の落水が綺麗です。

060

堰の近くに寄って下流方向を撮りました。
正面には学園都市の学び舎が見えて来ました。

061

振り返って上流方向です。 
川岸に建つA運送の倉庫がそびえて見えます。

062

更に自転車を飛ばして行くと、今度は低い堰の流れを見つけて立ち止まりました。

063

堰の横から下流方向を見ると、JR両毛線の鉄橋が見えます。
左が下りの駒形駅方向、右が上りで高崎駅方向です。

064

再び自転車で走って居たら汽笛の声です。
振り返ると電車が通過して居ます。 慌ててカメラを向けました。
下り電車で、次の駒形駅で停車する電車です。

065

桃ノ木川サイクリングコースの最終地点に着きました。
簗場大橋下のグラウンド・ゴルフ練習場を抜けて、川の端に来て立ちました。
正面の橋が、国道2号線に通じる新小屋原橋です。

067

川岸に沿って少し左方向へ歩くと、正面に北関東自動車道が見えてきました。
左が伊勢崎方面で、右が高崎方面行きです。

068

更に川岸に沿って右回りに歩くと、右手に桃ノ木川を見て、正面に簗場大橋が見えて来ました。
自転車は橋下の向こうに置いて来ました。

070

再び自転車に乗って、今度は一目散に我が家へと向かいました。
9月12日、自分なりに健康づくりが出来た午後となりました。

| | コメント (6)

2017年9月20日

サイクリング

9月12日火曜日、一日中曇り空でした。
午後に入ってから、桃ノ木川サイクリングロ-ドへ自転車で出掛けました。

桃ノ木川へ行く途中に、JR両毛線の踏切があります。
踏切を渡ろうとした時、高崎行きの上りの電車が来ました。

018

国道50号へ出る手前に、現在工事中の日下部橋があります。
橋の手前に立って、桃ノ木川の上流方向をカメラに収め、橋の手前を右折してサイクリングロードに入りました。
左手が上流方向、右手の下流方向に自転車を走らせました。

019

桃ノ木川も水量豊富です。 見事な堰の落水です。

021

堰の直ぐ脇に立って、落水の迫力を撮って見ました。

022

上流の方へ少し歩いて、振り返って下流方向を撮りました。
堰の水面の向こうに笂井(うつぼい)橋が見えます。

023

土手に咲いて居たヒガンバナです。

024

川の渕で咲いて居たキクイモです。 
吸蜜中はアブでしょうか、逃げようともしないで一生懸命です。

026

土手で咲いて居た、綺麗な花色のコスモスです。

032

土手下で咲いて居たタチアオイです。
(※hirugaoさん、山小屋さんからゼニアオイと教えて貰いました。)

044

川で休んで居たカルガモの家族です。 二つの家族のようです。

053

サイクリングは、もう少し川下の方へ向って走ります。  つづく

| | コメント (8)

2017年9月19日

野口水車保存館

親水公園は2度目の訪問ですが、ここ野口水車保存館を訪ねるのは初めてです。
入館料、大人一人100円券を買って入りました。

037

正面奥に大きな水車が回って居ます。
米搗きは左手前に観える16個の臼です。
ここでは、水車で撞いた米を小さなビニール袋に入れて販売もして居ました。

038

現在、右から3番目の杵だけが米を搗いて居ます。

040

動いて居る杵の前に来て撮りました。

041

大きな水車を動かす水源池です。
綺麗な水です。 池では大きな鯉がゆったりと泳いで居ました。

043

黒光りがする大きな水車が、ゆったりと回って居ます。

045

館内を右回りに歩きます。
館内出口近くに来た所で、昔懐かしい道具が並んで居ました。

047


048


049


052

野口水車保存館を出た所で見つけた、マンホールの蓋です。
 
056

しんすい公園を歩いて眺めた、もう一つの水車小屋です。
ここの水車は屋外に取り付けた水車で、ゆったりと回って居ます。

053

水車館の案内板に止まって、羽を休めて居た大きな蛾です。
背中の模様が面白くてカメラを向けました。

055

秋晴れとなった9月10日の午前中です。
小平の里の鍾乳洞公園から親水公園と見て歩き、楽しいひと時を過ごすことができました。

| | コメント (8)

2017年9月18日

しんすい公園

ふれあいの館(やかた)前の道沿いに赤い小さな鳥居が見えます。

赤い鳥居の下に来て案内を読むと
「この嵯峨宮は、嵯峨天皇によって弘仁14年(823年)、最澄の願いにより大乗戒壇の設立が許された。
小平の里は嵯峨天皇と最澄(天台宗の祖)の里でもある。」 と記されて居ます。

赤い鳥居をくぐって、数十段の石段を上って行きます。

013_800x597

畑道の参道の先に石段が見えます。
その石段の上に、大きな2本の杉の木がそびえて居ます。

017_614x800

40段ほどの石段を上り、大きな2本の杉の木の間を抜けると社がありました。
社殿は閉まって居て中が見えません。
参拝後、社の隣の小さな赤い稲荷社をお参りして帰ります。

020_800x661

ふれあい館から200㍍ほど離れた所に親水公園があります。
親水公園の駐車場に入りました。

075_800x598

ここのサルスベリも終わりを迎えて居ました。

076_800x600

今日は日曜日です。 補虫網を持った子供たちが大勢見えます。
清流が流れる川に出ました。

033_800x600

川の渕に咲いて居たヒガンバナです。
クロアゲハでしょうか、ヒガンバナの吸蜜にチャレンジして居ます。

032_800x592

清らかな静かな川の流れです。
対岸にはクズが垂れ下がり、葉陰から小さい赤い花も見えます。

034_800x600

水遊びに夢中な子供たちを眺めながら、今も水車が回る野口水車保存館が見える所まで来ました。
ここから右側の石段を上って芝生広場の方へ出ます。

035_800x599

先に展望台に上ったカミさんをモデルに記念の写真を撮りました。

060_800x596

この後、今もコトンコトンと動いて居る野口水車保存館を訪ねます。

| | コメント (8)

2017年9月17日

小平の里

9月10日(日)、朝からよく晴れてドライブ日和です。 
みどり市の小平の里へサルスベリを観に出かけました。

小平の里、ふれあいの館(やかた)の駐車場に着きました。
ふれあい館前の小川の渕で、ヒガンバナが咲いて居ます。
そのヒガンバナへ、キアゲハが吸蜜のためアタックして居ます。

012_1

鍾乳洞公園のサルスベリです。 花は終わりを迎えて居ます。

011_2

ふれあいの館から鍾乳洞、湿生植物園へ向う坂道です。

009_3

坂道を少し上った所に七輪窯がありました。
幕末の頃からこの窯を使用して、盛んに石炭が焼かれていたという案内も出て居ます。
また 「棄権に着き近寄らない下さい。」 との注意書きも見えます。

007_4

鍾乳洞の入り口の手前にある案内板です。

006_5

鍾乳洞入り口前の観音菩薩像です。
今回は鍾乳洞の見学はパスして小川を渡って県道に出ました。

005_6

県道脇に祀る平成観音菩薩像です。

002_7

少し坂道を登りると、秋のススキがお出でお出でをして居ます。

001_8

登って来て良かったです。
道路上にはたくさんの山栗が落ちて居ました。

078_9

小粒ながらたくさんの山栗を拾って帰りました。
今年の初物、友達にもおすそ分けしたあと美味しく戴きました。

| | コメント (10)

2017年9月16日

キジ2017 (9/9)

<キジ2017 (9/9)>
9月9日、今朝は素晴らしい青空の朝です。
自転車も気持ちよく晴れやかで、ルンルン気分で飛ばして居ます。

S小学校手前の20㍍ほどの坂道に来ました。
自転車を下りて空を見上げると、老人介護センターの上に旧暦7月19日の下弦の月が輝いて居ました。
<AM5:58撮影>
001_800x601

急坂を上りきった所で左折して数十㍍来た所に麦畑です。
麦刈りが追わった後の草むらでキジ♂を見つけました。

ちょっとこのキジ♂の様子がおかしいです。
移動するたびにびっこで歩いて居ます。 
何ものかに襲われたのでしょうか ・・・・。
<AM6:00撮影>
003_800x621

鉄塔から古墳、住宅地と回って観た来たがキジとの出合なし。
電柱や電線のない畑の渕に立って、空に輝く月を撮りました。
<AM6:06撮影>
006_800x578

イチジク畑に来たがキジとの出合なし。
イチジク畑の西側、資材置き場のフェンスに絡んで咲くアサガオとルコウソウです。
澄んだ朝です。 その花のバックに月を入れて撮りました。 
<AM6:08撮影>
007_737x800

帰り道です。 再び麦畑に来て見ると、先ほどの♂が少し手前に来て居ました。 脚が痛いか元気がありません。
<AM6:19撮影>
012_800x600

ラジオ体操へ向う途中です。
田んぼの畦道で動くものを見つけてカメラを向けました。
画像処理でヒバリのヒナと分りました。
<AM6:29撮影>
015_800x598

ラジオ体操が終わっての帰り道です。
会場近くの畑に咲いて居たヒャクニチソウです。

029


030


041


039

≪号 外≫
昨日のキジ観察で、赤い顔のヒナは♂と確認できました。

15日朝、麦畑のキジの親子と出合いました。
左奥は親鳥♂です。 まだ足が悪くビッコを引いて居ます。
右奥は親鳥♀です。 手前の赤い顔が今年産れたヒナの♂です。
背羽はまだ生え揃いませんが、胸元が黒く尾羽が伸びて♂と分るようになりました。
<AM6:02撮影>
033


| | コメント (6)

2017年9月15日

キジ2017 (9/7.8)

<キジ2017 (9/7)>
麦畑から鉄塔、古墳、住宅地と回って観て来たが、キジとの出合はなしです。

最後のイチジク畑に来て、Uターンして帰ろうとした時です。
私が来たことで、草むらに居たヒナが驚いて出てきたようです。
<AM6:06撮影>
001_7

ヒナを確認しょうと折り返したその時です。
草むらに隠れて居た、もう1羽のヒナが私の頭上を飛び越えて、以前カルガモが居た休耕田へ飛び下りました。
休耕田には水がありません。 上手くヒナの撮影ができました。
<AM6:07撮影>
003

先ほどの2羽ヒナは、赤い顔のヒナを先頭に畦道を奥の方へと歩いて行きます。
<AM6:10撮影>
013

手前のヒナです。
<AM6:11撮影>
015

その向こう側に居る赤い顔のヒナです。
<AM6:12撮影>
018

休耕田に飛び下りたヒナも来て、3羽揃って畦道を向こうへ歩いて行きます。
<AM6:14撮影>
020

今朝はここまでにしてj帰ろうと、麦畑に来た所で親鳥♂を見つけて撮りました。
<AM6:18撮影>
022

今朝のラジオ体操は、仲間の皆さんと一緒に出来ました。

<キジ2017 (9/8)>
今朝は麦畑から鉄塔、古墳、住宅宅、イチジク畑とキジを探してきたが出合なしです。
S小学校の南の田んぼに来て、畦道に居たキジを見つけました。
西側から逆光位置です。 東側へ回ります。
<AM6:08撮影>
101_8

畦道はやっと朝日が差し込んだ所です。
ヒナでしょうか? 親鳥♀でしょうか? 判断しかねて居ます。
<AM6:09撮影>
109

他のキジを探してコースを二回りして来ましたが、今朝のキジとの出合はここだけです。
AM6:32撮影>
112

急ぎラジオ体操へ、今朝は第二ラジオ体操のみの実施でした。

| | コメント (7)

2017年9月14日

ウオーキング

雨が降らなければ、毎夕食後には約3㌔ほどの団地周回コースを歩いて来ます。

9月3日夕方の団地周回コースのウオーキングです。
団地横の畑を抜けて市道に出た所で、西空へ見事な夕日が沈むところに出合いました。
<PM5:56撮影>
003_800x555

東の空は? 
と、見ると住宅の屋根の上に旧暦7月13日の月が見えました。
<PM5:58撮影>
006_800x564

人と自転車のみが渡れる小さな橋、ふれあいはしを渡って韮川の右岸を歩いて韮川新橋の上に来ました。
ここは毎年、初日の出が見られる橋の上です。
今日は、韮川の上に残月を入れて撮って見ました。
<PM6:08撮影>
007_800x572

橋を渡り切ると間もなく我が家です。
我が家の屋根の上に残月を載せてカメラを向けました。
と、そのとき無数のムクドリが西空へ飛んで行く所に出合ました。
<PM6:10撮影>
012_800x578

↓、9月6日夕のウオーキングです。
   畑の囲いに咲く綺麗な花(花名不詳)を見つけました。
良く観ると蔓にはたくさんの鋭い棘があります。
葉っぱはハート形で何となく可愛いのですが、蔓はとげとげしく何となく怖い感じの花蔓でした。
<PM5:52撮影>
017_800x644
※↑、山小屋さんが 「ホシアサガオ」 と教えてくれました。

↓、翌7日夕方のオウーキングで出合った赤トンボです。
   日中は元気良く、畑の周りを飛んでいたトンボと思います。
梨畑の横の草木に止まって居て、動こうともしません。
<PM5:44撮影>
018_800x583

良く見ると、この草木だけに11匹ほど居ました。
この現状も、この日の夕方だけのことでした。
<PM5:44撮影>
021_800x665

↓、9日夕のウオーキングから帰って来た時の様子です。
   我が家の裏のハナミズ通りの電線に止まるムクドリです。
<PM6:00撮影>
103_800x634

↓、10日夕のムクドリの様子です。
   昨日と同じ頃の時間帯です。 ムクドリは昨日もより多いです。
<PM6:04撮影>
209_800x599

ムクドリは昨日の夕方も、↑と同じようにたくさん来て居ました。

| | コメント (10)

2017年9月13日

キジ2017 (9/4)

<キジ2017 (9/4)>
麦畑の北側、約60㍍離れた畑の中の堆肥の上に居たキジの親子を見つけました。
この後、親鳥♀とヒナが堆肥の上を移動するのですが、堆肥と羽の色が同じ色あいで撮影が難しかったです。
<AM5:56撮影>
001_1

数分後、キジは堆肥から下りて何かを啄ばんでいるようです。
<AM6:02撮影>
013_2

その後、鉄塔から古墳、住宅地とキジを探してきたが出合なし。
イチジュク畑に来て、隣の住宅のフェンスの上に止まるヒナを見つけました。
<AM6:16撮影>
033_3

その手前には朱い顔のヒナが居ました。
<AM6:16撮影>
034_4

と、先に飛び乗ったヒナが盛んに住宅地の庭の方を見て居ます。
<AM6:17撮影>
036_5

赤い顔のヒナも庭の方を見て居ます。
<AM6:17撮影>
037_6

庭先の南側のフェンスに親鳥♀が居ました。
<AM6:18撮影>
039_7

親鳥が止まって居るフェンスの右側へ、赤い顔のヒナが飛び移ってきました。
続いてもう1羽のヒナが、赤い顔のヒナの下へ飛び移って来また。
<AM6:19撮影>
042_8

赤い顔のヒナの下のヒナです。 可笑しな格好で止まって居ます。
<AM6:20撮影>
043_9

と、ヒナたちが庭に下りて動き始めました。
住宅の庭先です。 カメラを向けては失礼と思い、その場からラジオ体操へと向かいました。
<AM6:22撮影>
046_10

途中、S小学校前の休耕田に来てカルガモ親子を見つけました。
<AM6:29撮影>
058_11

何と憎らしい! 出かけたばかりの柔らかい稲穂を食べて居ます。
大声で追い払いましたが、その後はどうなったでしょうか ・・・・。
<AM6:29撮影>
061_12

ラジオ体操は遅刻でしたが、八割方実施できた朝となりました。

| | コメント (7)

2017年9月12日

ヘビウリ

サボテン畑から自転車で500㍍ほど走ってヘビウリ畑に着きました。
畑の横のシュロの木にぶら下がるヘビウリです。

011

ヘビウリ棚にはたくさんのヘビウリがぶら下がって居ました。
昨年よりヘビウリの数が多く出来が良いようです。

012

赤くなったヘビウリも見えます。 

015

もう一つのヘビウリ棚にも大きなヘビウリがぶら下がって居ます。

013

曲りくねったものも見えます。

014


016

地上を這って、とぐろを巻こうとしているのでしょうか ・・・・。

017

よく晴れた日の午後、ヘビウリを観て楽しませて貰いました。
爽やかな午後です。 サイクリングは遠回りをして帰ります。

食品工場団地の横を流れる川向こうの稲荷神社です。
暫らく見ないうちに1本杉も大分大きくなりました。

019

と、川の中を覗くとカルガモが、一列になって下って行きます。
私の姿を見つけて驚いたのでしょうか、慌てて泳いで行くようです。
数えて観ると11羽のヒナでした。

022

川下の方へ先回りして待機して居ましたが、カルガモたちは途中で分散したようです。
帰路は、稲穂が出揃った田園地帯を一気に自転車を飛ばして我が家へと帰りました。

シャワーを浴びて、食前の缶ビール一本は至福のひと時でした。

| | コメント (11)

2017年9月11日

サボテン

9月に入って晴れた日が続いて居ます。
昨年の私の 『週間当用日誌』 を見ると、9月2日にヘビウリを見に出掛けて居ます。
1日遅れの9月3日午後、ヘビウリを見に自転車で出掛けました。

住宅街を抜けて田園地帯に出た所で、田んぼに居たダイサギを見つけました。
私を見つけたサギは慌てて飛び発とうとしていますが、私の方が先に自転車を飛ばしました。

002_1

以前も紹介したことがあると思います。
広い田んぼの真ん中に建設中の前橋赤十字病院です。
左後方には榛名の山々がそびえて見えます。

004_2

建設中の病院の一つ手前の道を北上します。
と、右手にサボテン畑を見つけました。

以前に一度紹介したことが有ると思うのですが、その時よりも種類が多くなったように思います。

005_3


006_4


007_5


008_6


009_7

一つだけ花を付けたサボテンがありました。

010_9

↓の画像は、ヘビウリを見ての帰り道です。
遠回りをして、今度は建設中の病院の後方に赤城山を入れて撮ったものです。

023

サイクリングは、明日のヘビウリBLOGへと続きます。

| | コメント (8)

2017年9月10日

キジ2017 (9/2.3)

3月から始まった朝のキジ観察も9月に入りました。
長く続いて居るものと、自分ながら呆れたり感心したりです。

<キジ2017 (9/2)>
9月1日の朝は、珍しくキジとの出合なしで寺院めぐりをしました。
今朝も麦畑から鉄塔、古墳、住宅地を回って観た来たがキジとの出合がありません。

今朝も駄目か、と思いながら同じコースを3巡目です。
イチジュク畑の前に来て、田んぼの畦道を歩いて行く赤い顔のヒナを見つけました。
<AM6:30撮影>
010_1

ヒナも、私が立ち止まって見て居ることに気づいたようです。
盛んにこちをを警戒しているようにも見えます。
<AM6:30撮影>
015_2

と、手前の草むらに動きがありました。
見ると、草むらにヒナが隠れるようにして潜んで居ました。
<AM6:32撮影>
016_3

身をすくめた所を、驚かさないように静かにカメラを向けました。
<AM6:36撮影>
021_4

遅れて来たラジオ体操は、第二深呼吸が始まるところです。 
特に大きく息を吸って大きく息を吐いた、今朝の深呼吸でした。

<キジ2017 (9/3)>
今朝も麦畑から鉄塔、古墳、住宅地、イチジュク畑とキジを探したが出合なしです。

2巡目に来た麦畑で草むらに居たキジを見つけました。
顔が赤く♂ではないかと見て居るヒナです。
<AM6:16撮影>
107

と、右の草むらから親鳥♀がすっくと姿を現しました。
こちらの様子を見ながら警戒しているようです。
<AM6:16撮影>
108

親鳥♀がヒナの近くへ寄って行きます。
だんだん遠い位置関係です。 今朝はここまでにして帰ります。
<AM6:22撮影>
113

ラジオ体操へ向う途中です。 
S小学校前の休耕田の水たまりでカルガモを見つけました。

キジ観察時、イチジュク畑の西の休耕田に居たカルガモたちです。
そこは草が伸びて水がなくなりここへ引っ越したようです。
<AM6:26撮影>
116

私がカメラを向けたことで移動を始まました。
しばらく見ないうちに、大分ヒナ(左3羽)も大きくなりました。
<AM6:26撮影>
117

今朝は皆さんと一緒にラジオ体操が出来た朝となりました。

| | コメント (10)

2017年9月 9日

いろいろな葉っぱ

夕食が終わると決まったように、スマホ持参で団地周回コースを歩いて来ます。
そんな時、ただ歩くだけでは頭の体操にもならないだろうと、歩きながら目についた葉っぱを撮って見ました。

韮川沿いの河岸の花壇にあるイチジュクの木の葉っぱです。
ヤツデにも似た、肉厚の綺麗な形をした葉っぱです。

009
↑、イチジクですね。 子供の頃に呼んで居た訛が出たようです。

団地内第二公園に、1本だけあるユリノキです。
葉っぱが半纏にも似た面白い形なので、スマホで撮って見ました。

010

韮川沿いのフェンスに絡むクズの葉っぱです。
押し葉にしてみようと思って採って来た葉っぱです。

011

葉っぱの形が面白いので撮って見ました。(葉名不詳)
葉っぱの裏や蔓にとげがあり、さわると痛い葉っぱです。

013_753x800

ナシ畑の脇にあったクワの木の葉っぱです。
養蚕が盛んだったころは重要な葉っぱでしたが、今では出番がなくなってきた葉っぱです。

015

綺麗な形をした葉っぱ(葉名不詳)です。
生垣に絡む葉っぱで、触ると葉っぱの裏や蔓にとげがあり痛かったです。

106_686x800

団地内駐車場の地上を這って居た、アサガオの蔓と葉っぱです。
どんな色のアサガオが咲くのでしょうか ・・・・。

107

ナシ畑の囲いの網に伸びる、蔓状の三角形の葉っぱです。
葉っぱの裏や蔓に鋭いとげがありました。

112_610x800
↑、山小屋さんがママコノシリヌグイと教えてくれました。

こちらもナシ畑の囲いに絡むヒルガオの葉っぱです。
綺麗なハート形の葉っぱです。 花が萎んでいるのが残念です。

ピンク色の花とハート形の葉っぱを一緒に眺めたら、可愛いさ倍増と想像しながらカメラを向けました。

113

約20分ほどの夕方のウオーキングですが、いろいろなものに興味を持って歩くのも勉強の一つと思いながら歩いてきました。

| | コメント (10)

2017年9月 8日

キジ2017 (8/29 -②)

<キジ2017 (8/29 -②)>
イチジク畑の隣の空き地に来て、いきなりキジとの出合です。
赤い顔のヒナです。 ここにきて初めて観るヒナです。
<AM6:27撮影>
036

と、横の草むらに3羽のヒナが居ました。 
また、よく観ると3羽とも赤い顔のヒナです。
<AM6:29撮影>
042

右手の空き地に居た、親鳥♀を見つけました。 
私の動きを監視しているようです。
<AM6:30撮影>
043

右手の資材置き場のフェンス上にヒナが居ました。
と、突然私の頭上を飛び越えて、先のヒナたちの仲間入りです。
続いてもう1羽のヒナが私の上を飛び越えて行きました。
<AM6:30撮影>
044

と、先ほど草むらに居た3羽のヒナの中、赤い顔のヒナ1羽が家の前を渡ります。
素早い動きで、画像がボケました。
<AM6:31撮影>
046

渡った先の空き地には既にヒナが3羽居て、盛んにフェンスを見上げて居ます。
<AM6:32撮影>
048

と、ヒナたちが次々とフェンスへ飛び乗りました。
赤い顔のヒナも2羽居ます。 右端は親鳥の♀です。
<AM6:32撮影>
050

赤い顔のヒナがもう1羽、フェンス下でうろうろして居ます。
<AM6:33撮影>
053

先にフェンスへ飛び乗ったヒナたちが、住宅の庭へ飛び下りて走り回って居ます。
<AM6:35撮影>
056

ここで先ほどのS小学校南のフェンスへ戻ります。
と、通学路上へ来た所で、キジ♂が西側の田んぼへ渡ろうとして居る所に出合いました。
<AM6:38撮影>
060

フェンスに来て見ると、手前寄りに親鳥♀とヒナが居ました。
と、手前のヒナが下の草むらに飛び下りました。
<AM6:41撮影>
064

キジを驚かさないよう静かに左へ移動し、今度は親鳥と向こう側のヒナを入れて撮りました。
<AM6:41撮影>
068

今朝のキジ観察は2箇所、しかも比較的近い位置での撮影でした。
また、嬉しいことに新しいヒナのグループとの出合も有りました。

今朝はみんなとラジオ体操は出来なかったものの、たくさんのヒナとの出合があり、気分よく我が家へと帰りました。

| | コメント (10)

2017年9月 7日

キジ2017 (8/29 -①)

<キジ2017 (8/29 -①)>
8月29日朝のキジ観察です。 出合が多く2シリーズです。

S小学校の南側、フェンスに止まるキジ♀を見つけました。
辺りを見回しながらヒナたちの行動を看視しているようです。
<AM6:04撮影>
008_1

居ました。 フェンスの下にヒナ3羽が見えます。
<AM6:04撮影>
010_2

と、フェンス上の親鳥の横へ2羽のヒナが飛び乗りました。
<AM6:07撮影>
016_3

続いて、フェンスの手前の方にヒナ2羽が飛び乗りました。
よく見ると、左端のヒナが赤い顔で♂と思われるヒナです。
<AM6:08撮影>
017_4

フェンスの下にはまだ2羽のヒナが居ます。
<AM6:09撮影>
020_5

と、フェンスの一番右端にヒナが飛び乗りました。
<AM6:12撮影>
024_6

変わって一番手前に居た赤い顔のヒナが飛び下りました。
<AM6:12撮影>
025_7

続いて親鳥♀も畑に飛び下りてフェンスを見上げて居ます。
<AM6:14撮影>
028_8

と、赤い顔のヒナが右側へ、続いて親鳥が左側へ飛び乗りました。
このキジの家族は、以前住宅地のフェンスに並んだキジたちです。
親鳥♀と、先に生まれた2羽(赤い顔のヒナともう1羽)と、後から生まれた5羽のヒナたちです。

フェンスの上は親鳥♀とヒナ7羽が飛び乗ったのですが6羽しか見えません。
先に生まれたヒナ1羽が、前のS小学校の畑に下りたのです。
<AM6:19撮影>
031_9

みんな向こう向きです。 
昇った太陽の方を向いて、顔を見せて欲しいのですが ・・・・。
<AM6:20撮影>
032_10

フェンス上に並んだヒナたちに大きな動きがなさそうです。
今朝はもう一つ、キジ観察で訪ねたい場所があります。

行き先は7、イチジュク畑の周りです。
左折しようとした前方に、カラスの群れです。
<AM6:26撮影>
035_11

私の姿を見たカラスは、慌てて飛び発ちました。      つづく

| | コメント (12)

2017年9月 6日

祝昌寺・禅養寺

9月に入って初日の朝のキジ観察です。
麦畑から鉄塔、古墳、住宅地、田んぼと観て回ったがキジとの出合がありません。

こんな朝もあるのかと、落ち込んだ気分で帰ります。
ラジオ体操まで少し時間があります。 寺院巡りをして帰ります。

<鷲峰山 祝昌寺>
最初に訪ねたのが、曹洞宗鷲峰山祝昌寺さんです。
この寺の近くを歩いて居る人や犬の散歩の人から、この寺院の前の田んぼ周辺にもキジが居たと聞いたことがあります。
門前で、立ち止まって辺りを見回したがキジの姿は見えません。

境内の前に立つ金剛力士像です。 左が阿像、右が吽像です。

016_721x800 017_721x800

本堂の左手に祀られている観世音菩薩像です。
夜にはライトアップもされて居る観音様です。

018_749x800

本堂の右手下には、三体の水子地蔵尊が祀られて居ます。

019_800x734

それぞれお参りを澄ませ、最後に墓地前の六地蔵尊参りです。
ここ祝昌寺さんの境内に並ぶ六地蔵尊です。
左から堅固意菩薩(天上界)、持地菩薩(人間界)、宝印菩薩(修羅界)、宝処菩薩(畜生界)、宝掌菩薩(餓鬼界)、地蔵菩薩(地獄界)の順です。

021_800x719

<日吉山 禅養寺>
ラジオ体操会場近くの天台宗日吉山禅養寺さんに来ました。
春には桜、初夏には綺麗なハスの花が観られるお寺さんです。

107_800x651

山門を入って直ぐの左手に祀る六地蔵尊(青銅)です。
宗派によって六地蔵尊の呼び名呼び名が違うようです。
左から大定智悲地蔵(地獄道)、大徳清浄地蔵(修羅道)、大光明地蔵(天道道)、清浄無垢地蔵(人間道)、大清浄地蔵(餓鬼道)、大堅固地蔵(畜生道)の順です。

022_800x656

六地蔵尊の右隣に祀られている聖観音菩薩立像(青銅)です。

024_681x800

本堂の左下に祀られている世界平和観音立像です。

025_739x800

本堂前の階段を上り、お参りを澄ませてラジオ体操会場へ。
第一、第二ラジオ体操がしっかりと出来た朝となりました。

| | コメント (8)

2017年9月 5日

ムクゲとムクドリ

8月29日、夕食後に団地周回ウオーキングコースを歩きました。

J病院の駐車場の垣根の脇に咲いて居たムクゲです。
この種の花は、「日の丸」 と聞いたことが有ります。

001_800x679

その隣に、薄いピンク色のムクゲも咲いて居ました。

002_800x712

少し歩いて行くと、住宅地の外れの民家の庭でノウゼンカズラが今を盛りと咲いて居ました。 

003_800x694

隣りのS町の土手に来ると、サルスベリが咲いて居ました。
他の花は、もう終わりに近いように見えました。 

008_800x616

↓は、9月1日夕のウオーキングです。
我が家近くの韮川新橋の手前に来た所で、電線に止まるムクドリの大群です。

110_800x609

橋の上まで来た所で、何に驚いたのか、周りに居たムクドリが一斉に飛び発ちました。

114_800x617

韮川の上空を旋回して、西の空へと飛んで行きます。
ムクドリの向こうには、上弦の月が輝いて見えます。

116_761x800

約30分ほどのウオーキングでしたが、花や鳥などいろいろと出合があった夕食後のウオークでした。

| | コメント (12)

2017年9月 4日

キジ2017 (8/27.28)

<キジ2017 (8/27)>
自転車を飛ばしてきて、最初に着いた麦畑でキジを見つけました。
次の鉄塔から古墳、住宅地と観て来たがキジとの出合なしです。
<AM5:56撮影>
001_1

再び麦畑に来て観ると、顔が赤い♂と見られるヒナが居ました。
<AM6:15撮影>
006_2

後から親鳥♀が来て親子が揃いました。
でも今朝はここまでで、直ぐに親子は草むらの中へ。
<AM6:16撮影>
008_3

時間があります。 
再度古墳に来て見たがキジとの出合なしです。
<AM6:25撮影>
011_4

古墳前の畑に咲くサルビアの花壇を撮って、ラジオ体操会場へ向かいました。

<キジ2017 (8/28)>
今朝は麦畑の次、鉄塔下付近に居たキジの親子を見つけました。
<AM6:07撮影>
101

東側の土手近くと、撮影には遠い位置関係です。
加えて畑の土とキジの色合いが似通って撮影が難しいです。
<AM6:22撮影>
107

古墳の方から大きく回り込んで撮りました。 
と、直ぐに草むらへ隠れました。
<AM6:26撮影>
119

ラジオ体操会場へ向う途中、S小学校前の田んぼの畦道でキジ♂を見つけました。
最近では珍しい所で見かけたキジ♂です。
<AM6:32撮影>
124_s

今朝のラジオ体操は、第二体操のみ実施することが出来ました。

| | コメント (10)

2017年9月 3日

キジ2017 (8/26-②)

<キジ2017 (8/26-②)>
昨日のブログからの続きです。
イチジュク畑からS小学校裏に来て見ると、フェンスの上に飛び乗った親鳥♀の横にヒナが1羽並んで居ました。
<AM6:23撮影>
029

フェンスの下の草むらでは、ヒナたちにフェンスに飛び乗ろうかと、落ち着きがなくうろうろしているように見えます。
<AM6:26撮影>
031

赤い顔のヒナも見えます。
<AM6:39撮影>
042

と、フェンスに居た親鳥♀が下りてきてフェンスを見上げて居ます。
<AM6:39撮影>
045

赤い顔のヒナがフェンスに飛び乗りました。
と、その右横へヒナが、続いて親鳥が左の方へ飛び乗りました。
<AM6:40撮影>
047

続いて、親鳥の両側へヒナが飛び乗って来ました。
<AM6:41撮影>
054

フェンス向こうのS小学校の畑の草むらが気になるようです。
小さいヒナが1羽飛び下りました。 
気になるのでしょうか、赤い顔のヒナがのぞき込んで居ます。
<AM6:42撮影>
055

フェンス上の赤い顔のヒナともう1羽のヒナがこちらを向きました。
出来ればフェンス上のキジ全部がこちらを向いて欲しいのですが。
<AM6:43撮影>
060

ここで考えました。 
このキジたちは以前、住宅地のフェンス上に7羽で並んだグループではないかと思って観て居ます。
最初に生まれたのは赤い顔のヒナともう1羽のヒナ、その後5羽のヒナが生まれて7羽となったヒナたちのようです。

キジたちに余裕が出たか毛繕いを始めました。
時計を見ればラジオ体操が終わって居ます。 私も帰ります。
<AM6:48撮影>
063

畑の中を通って帰る途中、親鳥♂と出合いました。
近距離からの撮影です。 1枚撮ってから静かに帰ります。
<AM6:49撮影>
066

今朝は、ラジオ体操を休みキジ観察に専念した朝となりました。

| | コメント (12)

2017年9月 2日

キジ2017 (8/26-①)

<キジ2017 (8/26-①)>
8月26日、今朝のキジ観察はたくさんの出合があり、ブログは2シリーズとなります。

我が家を出て、韮川の左岸を300㍍ほど下ったところで、人と自転車だけが渡るふれあいはしがあります。
そのふれあいはしを渡って、今度は右岸沿いの民家の前を少し走った所で朝の太陽を観ました。
暫くぶりに見る太陽です。 
薄雲がかかり、眩しくなくカメラを向けることができました。
<AM5:49撮影>
001_1

何時も一番先に訪ねる麦畑です。 遠くに居たキジを見つけました。
<AM5:57撮影>
003_2

道路上に立って観て居ると、赤い顔をした♂ではないかと観て居るヒナが、H造園資材庫のフェンス下へと走り出しました。
枯草の所で何かを啄ばんで、直ぐに親鳥の方へ引き返しました。
<AM6:07撮影>
011_3

と、ウオーキング中の地元の男性が、こちらにもキジが居ると教えてくれました。
駆けつけて見ると、H造園資材庫西の畑にキジ2羽が見えました。
<AM6:10撮影>
014_4

親鳥♀は盛んに北側のS小学校の方を見て居ます。
<AM6:11撮影>
016_5

キジ観察は畑の西側が良いと判断し、畑の西側へ回りました。
ここでも赤い顔の♂と思われるヒナがフェンスを見上げて居ます。
<AM6:12撮影>
019_6

親鳥♀が盛んにフェンスを見上げて居ます。
<AM6:13撮影>
021_7

と、フェンスに飛び乗りました。 
フェンスの上からヒナたちの行動を見守って居ます。
<AM6:13撮影>
023_8

ここで住宅地のキジの様子が気になって、Uターンした直ぐ前の田んぼでキジ♂を見つけまた。
このキジは、以前この畦道で腹ばいになって居た♂のようです。
<AM6:17撮影>
026_9

自転車で住宅地に来て見たが、回りにはキジの姿が見えません。
ついでにと、イチジク畑の周りを観たがキジとの出合なしです。

再び先ほどのフェンスに引き返して来て見ました。   つづく

| | コメント (12)

2017年9月 1日

タカサゴユリ・他

先日グラウンド・ゴルフで利用する第一公園の除草をしました。
回りの花壇にタカサゴユリがたくさん咲いて居ました。
デジカメは持参して居らず、スマホで撮りました。

003_750x800

これからまだまだ咲くようです。 ざっと数えて20数個の蕾です。

002_673x800

近くにタマスダレも咲いて居ました。

001_800x742

↓は、24日のグラウンドゴルフの練習日で、あづまやで私が座って居た床を這っていたアオムシです。
何の幼虫でしょう?
後で分ったのですが、グラウンド・ゴルフの練習間、ずっと私の背中に止まって居たようです。
練習が終わって、友達が見つけて取ってくれました。

そのせいでもないでしょうが、この日の練習会は私だけがホールインなしの成績でした。

006_800x535

我が家の早い夕食が済んで、後片付けが終わるとカミさんが約2㌔ほど歩いて来ます。
カミさんが帰宅すると、今度は私が団地の周回コース(約3㌔)へ歩きに出ます。

団地横のナシ畑の一角で実を付けたクリの木です。
花の時季は嫌な臭いに悩まされ、この前を通るときは鼻を摘まんで通り抜けました。 今は大きな実を付けて居ます。

010_800x573

数百㍍離れた畑のカキです。 大きな実を幾つも着けて居ます。

016_800x776

折り返して帰る韮川沿いの畑のザクロです。
可愛い赤い実の色合いに、ついついカメラを向けたくなります。

017_800x638

人と自転車だけが渡れる、小さなふれあいはしを渡ります。
渡った先の花壇で、キバナコスモスが咲いて居ました。 
コスモスの花を観て、秋の気配がより深まったように感じます。

018_752x800

韮川の右岸の土手のフェンスに絡んで咲くクズの花です。
芳香に誘われてカメラを向けました。

021_800x698

歩き終わって我が家へ帰ると、玄関脇のオイランソウが出迎えてくれました。 
今年、3度目の花を咲かせて見せてくれるオイランソウです。

022_800x757

約3km弱の団地の周回コースです。
四季折々に咲く花々を眺めながら、毎夕楽しく歩いて居ます。

| | コメント (9)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »