« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月31日

ハクチョウ.⑤-1

1月25日、今年に入って5度目のハクチョウ観察です。
ハキチョウが観察しやすい川面には、オナガガモが居ました。

002_1

50㍍ほど川下に来て、最初に出合ったハクチョウです。

006_2

その近くに居たハクチョウが、何が原因でしょうか喧嘩を始めたようです。

011_3

羽ばたきながら暴れているようです。

012_4

側に居た1羽は逃げて行きます。

013_5

相手の1羽も逃げ出しました。

014_6

最初に逃げた1羽です。 思い切り現場から離れました。

015_7

ハクチョウの争いは何が原因だったか分りませんが、もう少し川下へ行って見ます。              つづく

| | コメント (8)

2019年1月30日

嶺公(霊)園

1月22日、今年最初の墓参で嶺公(霊)園へ出掛けました。
墓参を済ませて、大堤沼を回ってカモを観て来ました。
沼は氷が張って居て、カモは氷が張らない山際の方に居ました。

009_1

と、こちらは氷の上に居たカモたちです。

010_2

良く見ると、小型トラックが来て氷の上のカモに餌を投げて居ます。

013_3

マンサクが咲いたのではと、回り道をして花を観に寄りましたがまだ堅い蕾でした。
黄色く開きかけた蕾を見つけて撮って来ました。

018_4

水辺の広場で咲き始めたウメの花です。

024_5

と、隣の木の枝へシメが飛んで来て止まりました。

025_6

大寒の中での墓参です。
嶺公園のマンサクの花を観るのは、2月に入ってからのようです。

| | コメント (10)

2019年1月29日

初雪

ラジオ体操へ出掛けようとカーテンを開けて外を見てびっくり、我が家の庭は初雪で真っ白でした。

ラジオ体操は仲間の皆さんと雪の上で実施しました。
そのラジオ体操が終わって、少し明るくなった6時45分ころの第一公園の積雪風景です。

001_800x600

帰ろうと川沿いの道路へ出てびっくり、どこから出て来たのでしょう、ハクビシンを見つけました。

002_800x600

ハクビシンンも大勢の人を見て驚いたようです。
慌ててフェンスに飛び乗り、直ぐにフェンス向こう下の側溝に隠れました。 かなり大きなハクビシンでした。

003_800x601

我が家に帰って、庭の雪景色をカメラに収めました。

005_800x679

翌日の新聞には、前橋の積雪は2cmと出て居ました。

| | コメント (6)

2019年1月28日

鶴谷沼.④

1月21日、今年に入って4度目の鶴谷沼周辺の散策です。
沼に着いて直ぐに出合ったバンです。

003_1

沼の北側に来た所で、左側の蒲の根元に居たアオサギが、私を見つけて飛び発ちました。
カメラを向けたのですが、サギを捉えることが出来ず空振りです。

005_2

蒲の東側に来てカワセミを発見、興奮しながらカメラを向けました。
腰をかがめて、撮り直そうとした所で飛び立ちました。

006_3

直ぐ横の蒲の根元が動くので、良く見るとカモが隠れて居ました。

009_4

沼の東側に来てバントの出合です。 私を見つけて沼に入ります。

010_5

と、その手前にムクドリが飛び下りて来ました。

013_6

沼の沖合を観るとオオバンの親子が泳いで居ます。

015_7

穏やかに晴れた、静かな鶴谷沼での散策のひとときでした。

| | コメント (8)

2019年1月27日

水辺の森公園.②-2

林の中を歩いて居たら、私の前を横切るように飛んで来た小鳥が、前の枯れ枝に止まりました。

043_1

小鳥の種が分りません。 アオジでしょうか? ・・・・。

044_2

更に数㍍歩くと、また小鳥が飛んで来て直ぐ飛び立ちました。
こちらも種が分りません。 嘴を観るとシメのようでもあります。 
シメがたくさん飛来しました。 その中の1羽しょうか ・・・・。

046_3

数十㍍離れた木の枝へシメが飛んで来て止まりました。
こちらはお馴染みとなりました。

048_4

隣りの枝にも来て居ます。

049_5

と、鳴き声がした方を見ると、木の枝にヒヨドリが居ました。

051_6

大きな木の枯れ枝に隠れるように止まって居たのはシメです。

054_7

最初はどんよりとした空模様のハクチョウ観察でした。
水辺の森公園へ来た頃は少し明るくなって、シメなど出合った野鳥観察の日となりました。

| | コメント (6)

2019年1月26日

水辺の森公園.②-1

ハクチョウ観察後は、烏川に架かる岩倉橋の下を通って水辺の森公園に来ました。
と、私の前で小さな動く物が見えます。
静かに近づいて見ると、シメが地上に下りて居たのです。

026_1

近くの木の枝にもシメが見えます。

028_2

集団移動で飛んで来たようです。
地上から木の枝と、たくさんのシメです。 

037_3

カメラを向けるのが忙しいです。

038_4


041_5


042_6

シメを撮って、次の林へ向かいます。       つづく

| | コメント (8)

2019年1月25日

ハクチョウ.④-2

右側のハクチョウが羽ばたきを見せてくれたのですが、タイミングがずれて上手く撮れません。

013_1

ハクチョウは、浅瀬に頭を突っ込んで食事中のようです。

015_2

また羽ばたきをしたハクチョウですが、タイミングがずれました。

017_3

ハクチョウの近くへ来たオナガガモです。 
揃って頭を川に入れて、こちらも食事中のようです。

019_4

こちらは、ゆったりと泳いでいるオナガガモです。

020_5

と、オナガガモが一斉に飛び立ちました。 
何に驚いたのでしょう ・・・・。

024_6

暫らくして、何事も無かったようにゆったりと泳ぐオナガガモです。

025_7

今日のハクチョウ観察、もう少し日差しが欲しかった観察日でした。

| | コメント (8)

2019年1月24日

ハクチョウ.④-1

1月20日、今年に入って4度目のハクチョウ観察です。
朝から曇り空です。 その内晴れるだろうと出かけたが、ハクチョウ観察には向いていない日でした。
近くで観察できる場所では、オナガカモばかりが見えました。

001_1

ハクチョウは? と見ると300㍍ほど川下の方に居ます。

004_2

と、何に驚いたのでしょう、オナガガモが一斉に飛び立ちました。

005_3

川下に来て見ました。
ハクチョウとオナガガモが仲良く泳いでいます。

008_4

ハクチョウが私に気づいたようで、こちらを見て居ます。

010_5

浅瀬に居るハクチョウたちです。

011_6


012_7

もう少晴れたところでハクチョウを観たいのですが、自然界は味方してくれません。                     つづく

| | コメント (8)

2019年1月23日

鶴谷沼.③

1月18日、今年になって3度目の鶴谷沼の散策です。
沼を時計回りに歩いて行くと、沼の南側でバン2羽を見つけました。
私が来たことに気が付いて、直ぐに沼に飛び込んで逃げました。

006_800x615

バンが飛び込んだ沼の向こうに、2羽のサギが見えます。

011_2

近くに来て、左側のサギを撮りました。

014_3

続いて、右側のサギを撮りました。

016_4

カメラを右に振ると、蒲の根元にコガモが居ました。

020_6

帰ろうとしたところへ1羽の小鳥が飛んで来ました。
見上げると、クチバシが大きいシメのようです。

021_7

今日は2羽のサギと出合った鶴谷沼の散策でした。

| | コメント (4)

2019年1月22日

水辺の森公園

烏川でのハクチョウ観察を終えて、次は水辺の森公園に来て野鳥探しです。
高い木の枝に飛んで来たのはホホジロ? でしょうか。(鳥名不詳)

022_1

と、今度は右手の林の中から飛んで来たシメを見つけました。
向こう向きですが、何とか撮れました。

025_2

更に歩いて行くと、右手の木の上で賑やかな囀りがします。
木の枝に居たのはシメの群れのようです。
ところが太陽が雲に隠れて日陰となり、上手く撮れません。

026_3

数百㍍歩いて、ゴウゾの木に止まるシジュウガラを見つけました。

031_4

またシメです。 金度はこちらを向いて居てカメラチャンスです。

033_5

この辺りシメが多い所です。 
向こう向きですが、右を向いたチャンスを捉えました。

035_6

今度は左向きを撮ることが出来ました。

036_7

良く晴れた日の烏川でのハクチョウ観察、続いて水辺の森公園で野鳥との出合があった楽しい日となりました。

| | コメント (8)

2019年1月21日

ハクチョウ.③

1月16日、今日も良い天気です。
玉村町の横を流れる烏川へ、ハクチョウを見に行きました。

着いて直ぐに、岸辺のカモが驚いて一斉に飛び発ちましたが間もなく落ち着きました。

001_1

ハクチョウはこれより500㍍ほど川下に居ました。

008_2

上流を向いて、ゆったりと浮かんで居んます。

010_3

オナガカモも来て、ハクチョウと一緒に泳いで居ます。

011_4

こちらは川の浅い所で、盛んに川底の餌を食べているようです。

014_5

岩の前の狭い所で、コガモが集まって居ます。

016_6

こちらは岩の上に居たコガモです。

018_7

横の岩場では2羽のコガモの雌です。 私に気づいたようです。

019_8

コガモたちを驚かさないようにその場を離れて、次は水辺の森公園で野鳥探しです。

| | コメント (8)

2019年1月20日

ウオーキングとカワウ

1月15日、良く晴れた午後に入ってウオーキングに出ました。
コースは団地横を流れる韮川沿いに、北へ向かって歩きました。
S団地外れのお花畑です。 
冬の日差しを受けたナノハナが、綺麗に咲いて居ます。

009_800x576

お花畑を過ぎて100㍍ほど歩くと住宅地から離れます。
その離れた道路の電柱下に、白い糞がたくさん落ちて居ます。

010_2


見上げると、その原因となる鳥が居ました。 カワウです。

011

グロテスクな顔つきです。 韮川の方を見て居ます。

013

と、振り返りました。 下で私が見上げて居るのは関係なしです。

015_5

糞を一つ垂らして、また遠くを見て居ます。

016_6

私がちょっと動いて、カメラを向けたことで気付いたようです。
直ぐに飛び発ちました。
と、一つ手前の電柱からも1羽のカワウが飛び立って、2羽が揃って東の方へ飛んで行きました。

112_800x724

H町からS町へ来ました。 ここで愛宕神社(祠)の初詣です。

021_8

JR両毛線の線路を渡って、横の林で咲いて居たハナモモです。
花は早くから咲いて居たようで、終わりに近い咲き方です。

021_9

良く晴れた日の午後、カワウと出合った楽しいウオーキングでした。

| | コメント (10)

2019年1月19日

鶴谷沼.②

今年に入って2度目の鶴谷沼の訪問です。
沼の東側の陸にバンとオオバンが7羽、何かを啄ばんで居ました。

002_800x618

私が来たことに近づいて、次々と沼へ下りて行きます。

005_800x578

沼北側の蒲の根元から出て来たのはクロガモでしょうか、沖の方へと泳いで行きます。

010_800x583

沼んぽ南側からオオバン3羽が、急いで泳いできます。

011_800x600

と、それを出向かえるように北側の蒲の根元からオオバン1羽が出て来ました。

015_800x600

蒲の根元の水面が揺らいで見えます。
良く見ると、2羽のコガモが隠れて居ました。

016_800x600

南の方からオオバンがスピードを出して泳いできます。

018_800x600

何時までも観て居て飽きない、1月14日の鶴谷沼の水鳥たちでした。
≪おまけ≫
昨日の上毛新聞、「おすすめスポット」 欄に、私が投稿した旅日記 『苗場・田代・奥只見湖』 が掲載されました。
スキャンして載せましたので、ご覧戴ければ幸いです。

Img_640x345

| | コメント (12)

2019年1月18日

桜山公園のロウバイ.続

桜山公園の土手に咲くロウバイです。
見上げながら観て歩きます。

014_1


014_2

今日も素晴らしい青空です。
見上げるロウバイは青空に映えて、辺りは芳香が漂って居ます。

014_3


015_4


017_5


020_6


021_7

2019年1月、桜山公園のロウバイの見納めの記念撮影です。

022_8

今年も安中松井田のろうばいの郷と、ここ桜山公園のロウバイを観ることが出来ました。
また元気で、来年も二人して観に来たいものです。

| | コメント (8)

2019年1月17日

桜山公園のロウバイ

正月6日には、安中市松井田町の 「ろうばいの郷」 を訪ねて、1万2千本の満開のロウバイを観てきました。
11日の上毛新聞で、「ロウバイ甘い香り、藤岡・桜山公園」 の記事を読んで、13日に桜山公園のロウバイを観に行って来ました。

ここ桜山公園は、冬桜が咲くことでも有名な所です。
車を降りた駐車場の横で、遅さきの冬桜が二輪咲いて居ました。

001_2

第一駐車場上の日本庭園です。 時計回りに正面の展望台へ行って見ます。

002_2

池はうっすらと氷が張って居ます。
心なしか、赤い金魚が元気がないようです。

002_3

横の鯉もゆったりと泳いでいます。

003_4

展望台に立って眺める、西上州の山々です。

004_5

ここでも遅さきの冬桜が咲いて居ました。

006_6

展望台を下りて、ロウバイが咲く第二駐車場へ回って来ました。
見事なロウバイの花です。

011_7

見上げて花を拡大で撮って見ました。
まだ若木でしょうか、花が小粒のように感じます。

013_8

松井田のロウバイは畑の中でしたが、ここは土手上です。 つづく

| | コメント (6)

2019年1月16日

シロサギ・他

ハクチヨウと別れて烏川の上流へ行って見ます。
岩倉橋の向こう岸に、シロサギの集団が見えます。

020_1

手前ではコガモが川岸から出て来ました。

021_2

こちらは川岸の岩の上に居るコガモです。 
私の様子を伺って居るようです。
驚かさないように私が半歩踏み出すと、川の方へ飛び発ちました。

022_3

と、コガモが飛んで行った先で、オオバンが姿を出しました。 
私の姿を見て直ぐに潜りました。

028_4

オナガガモとカルガモの集団です。

029_5

さて、浮き上がって来たのはカイツブリでしょうか、私の姿を見て直ぐに水中へ潜りました。

030_6

と、上空でヘリコプターの爆音がします。
見上げると、編隊飛行のヘリコプター7機が飛んで行きます。
翌日の新聞で、相馬原の第12旅団航空自衛隊の年初編隊飛行訓練と知りました。

036_7

目的のカワセミとは出合なしでした。
穏やかな烏川周辺で、ハクチョウや水鳥たちとの出合た、気持ちよいウオーキング日和となりました。

| | コメント (2)

2019年1月15日

ハクチョウ.②-2

上流の方で何かが見えたのでしょうか、首を長くして見て居ます。

012_1

次のグループは、近づいてくるオナガガモに気があるようです。

013_2


014_3

川岸と川のすれすれまで前に出て、ハクチョウ20羽をカメラに納めました。

015_4

上流からの流れに乗ってオナガカモが流れて来て、ハクチョウの仲間入りです。

017_6

こちら何もなかったような仕草です。

018_7

少し上流に居た、別のオナガガモのグループです。

019_8

ここでハクチョウと別れて岩倉橋の下を通って、玉村西公園へカワセミ探しに行って見ます。               つづく

| | コメント (8)

2019年1月14日

ハクチョウ.②-1

1月11日、今年2度目のハクチョウ観察に行って来ました。
初めてハクチョウを近くで観た場所ですが、今回はオナガカモがたくさん居ただけです。

001_1

ハクチョウは?
と、上流に目を向けるとオナガガモとカルガモの群れでした。

002_2

目を下流に向けると、数百㍍下流の浅瀬にハクチヨウが居ました。
川下に来て、ハクチョウにカメラを向けました。

005_3

前回訪ねてときは25羽のハクチョウですが、今回は何度数えても20羽です。
残りの5羽のハクチョウは何処へ行ったのでしょう ・・・・。

006_4

一番下流で毛づくろいをしているハクチョウを撮りました。
改めて、尻まで届く長い首に驚きです。

007_5

おしゃれなハクチョウです。 今度は胸の周りの毛づくろいです。

008_6

直ぐ上流の3羽です。

010_7

続きいて、その上流の3羽です。

011_8

良く晴れた日のハクチキョウ観察です。 
何時までも観て居て飽きないハクチョウたちの光景です。  つづく

| | コメント (6)

2019年1月13日

成田山初詣.③

十二支は5番目の 「辰」 です。

029_1

6番目の 「巳」 です。

029_2

7番目の 「馬」 は撮りこぼしでした。
8番目の 「羊」 です。

030_3

9番目は私の生まれ年の 「申」 です。
年寄りが気に合わないか、ソッポを向いて居るようです。(笑)

031_4

10番目が 「酉」です。

034_5

11番目は 「戌」 です

034_6

12番目は、今年の干支でカミさんの生まれ年の 「亥」 です。

035_7

今年にして初めての成田山初詣です。 
米寿を迎える平成31年、より健康で過ごせる年としたいものです。

| | コメント (6)

2019年1月12日

成田山初詣.②

大本堂で参拝を済ませ、納経帖に御朱印を貰った後は大勢の参詣者の後に続いて街中散策です。

境内の外れに来て、七福神で唯一の女神を祀る弁財天堂前でお参りして通り過ぎます。

022_1

大きな建物が並ぶ、門前町を人の後について通り過ぎます。

023_2

時計を見れば午後2時過ぎ、うな丼を見つけて中に入りました。
店内の階下はいっぱい、案内された2階もいっぱいの大気温雑。

024_3

注文したのはミニうな丼と蕎麦付きの定食です。
歩いてお腹が空いて居ます。 美味しく一気に食べ切りました。

025_4

帰り道、通りの歩道脇に並んで居て置物のの十二支をカメラに収めながら歩きました。
並び順序が分らなくなり、十二支の干支の順に編集しました。

干支の一番の 「子」 です。

027_5

続いて2番目の 「丑」 です。

027_6

3番目は 「寅」 です。

027_7

4番目の 「卯」 です。

028_8

十二支の干支の石像は、次回に続きます。

| | コメント (10)

2019年1月11日

成田山初詣

正月6日、ラジオ体操の友だちと成田山初詣に行って来ました。
交通機関は、前橋駅発着の専用列車 「成田山初詣ぐんま号」 の快速電車でした。

正午を過ぎて成田山駅に到着、大勢の参詣客に揉まれながら新勝寺へ向って歩きました。
街中で見つけた、「迎春」 の赤い旗です。

005_1

と、途中で猿回しが猿の芸を披露して居ました。

007_2

人まねをする猿が、可笑しくもあり可愛いです。

008_3

最後は肩に乗って見せ、仲睦ましい姿を披露してくれました。

010_4

仁王門が見えて来ました。 
急な石段を登って仁王門をくぐります。

014_5

広い境内にそびえる大本堂です。
大勢の参詣者に押されるるように本堂内に入って、今年一年の家内安全と健康長寿を祈願しました。

016_7

境内にそびえる三重塔と、成田山で戴いた御朱印です。

018_8 018_9

80余年にして、初めてお参りをした成田山新勝寺です。 
米寿を迎える今年、不動明王のご加護を戴いて心新たに頑張りたいと思って居ます。

| | コメント (4)

2019年1月10日

トビと水鳥たち

下流でハクチョウを撮って引き返すとき、私を呼び留めるかのようにトビが鳴きました。
鳴声がした方も見ると、対岸の流木の上にトビが居ました。

011_1

岸辺に沿って歩いて行くと、川岸に居たカモたちが沖の方へと逃げて行きます。

012_2

岸辺近くに居たオナガガモも逃げて行きます。 

013_3

この辺り、オナガガモがたくさん居ます。

014_4

オナガガモを撮って烏川に架かる岩倉橋の下をくぐり抜けます。
その前に、橋の下に立って雪を頂く浅間山を撮りました。

015_5

昨年の正月、カワセミと出合った川岸へ歩いて行くと私の前を飛んで行った小鳥が居ます。
追いかけて行って観ると可愛いシメのようです。

022_6

白くて大きな嘴が印象的です。

023_7

川の方に目をやると、オオバンが水の中から出て来ました。

025_8

カワセミとの出合は無かったものの、コハクチョウと出合った烏川周辺の楽しい散策でした。

| | コメント (8)

2019年1月 9日

ハクチョウ.①

正月5日、今年も玉村町と高崎市新町の間を流れる烏川へハクチョウを見に行ってきました。

ハクチョウが観られる川岸まで行く途中で、最初に出合った人は
「今年は、25羽のハクチョウが居ますよ。 」 と教えてくれました。
次の人は
「ハクチョウは川下に居ますよ。」 と教えてくれました。
昨年まで一番近くで観察できた場所には、オナガカモが居ました。

001_1

直ぐ横で、オオバンが素潜りしなら姿を出しました。

002_2

こちらはカイツブリのヒナのようです。 
私の姿を見ると直ぐに潜りました。

003_3

と、向こう岸を見るとハクチョウが居ました。
さて、コハクチョウでしょうか、オオハクチョウでしょうか、野鳥に疎い私には判別がつきません。

004_4

烏川の左岸を少し歩いて、川下に来て撮りました。

005_5


006_6


007_7

最後に25羽を画面に収めてこの場を去りました。

008_8

この後、昨年の正月4日に訪ねた時にカワセミと出合った、烏川の上流の方へ行って見ます。

| | コメント (8)

2019年1月 8日

鶴谷沼.①-2

沼の周りを時計と反対周りに歩いて行くと、先程沼に下りたバンが再び陸に上がり、私が近ずくと沼へ逃げます。

011_1

慌てて沼の渕まで来ました。

012_2

沼の中程まで逃げて行きました。

013_3

数十㍍はど歩いて行くと、次の群れの7羽が居ました。

014_4

枯れたガマの隠れ家を狙って居ます。

015_5

沼の沖合ではコガモが1羽、こちらを伺うように泳いでいます。

016_6

帰ろうと沼の南に来ると、蒲の根元にコガモが寝て居ました。

017_7

正月4日の良く晴れた日、鶴谷沼に来て出合った水鳥たちでした。

| | コメント (8)

2019年1月 7日

鶴谷沼.①-1

正月4日、今日も風がなく青空いっぱいの晴天です。
前橋総合運動公園へ歩きに行こうと出掛けました。

カミさんは公園内を歩きに、私は一周約400㍍の鶴谷沼で水鳥探しです。
時計回りに歩き出して直ぐ、何かを啄ばむバンを見つけました。

001_1

静かに近づいたのですが、バンに気づかれて沼へ逃げるバンです。

003_2

数十㍍ほど歩いて行くと、今度はコガモでしょうか4羽ほど居ました。

004_3

ヒナでしょうか、飛び発つのが遅れて逃げて行きます。
その内ぎこちない飛び方で、沼の中ほどまで飛んで行きました。

005_4

沼を半周して、北側の陸にバンが居ました。

006_5

こちらも気づかれて、沼に飛び下りるバンです。

007_6

と、その向こうにも2羽のバンが居たが、こちらも直ぐに沼へ。

008_7

バンが姿を隠した蒲の根元には水鳥の姿が見えます。
コガモでしょうか、動こうとしません。

010_8

沼を一周したところで、今度は踵を返して時計と反対周りに沼の北に向かって歩きます。                つづく

| | コメント (8)

2019年1月 6日

ろうばいの郷.(続)

ときどきロウバイのトンネルをくぐり抜けます。
そんな時、甘い芳香が花をくすぐります。

009_1

野仏めぐりです。 石仏後方のロウバイを眺めて撮りました。

010_2

カメラを右に振って撮りました。

010_3

野仏正面のロウバイです。

011_4

再び、ロウバイの畑に戻って来ました。

012_5


013_6


015_7


016_8

今年も素晴らしい青空と、芳香漂う綺麗なロウバイを観ることができました。

≪お知らせ≫
今日は朝のラジオ体操が終わったら直ぐに、友達と成田山新勝寺へ初詣でに出かけます。
皆さんからのブログ返信は出来ませんこと、ご了承下さい。

| | コメント (6)

2019年1月 5日

ろうばいの郷

昨年暮れの新聞で、「安中市上増田のロウバイは1週間ほど早く、葉っぱが残る木に花が咲いる。」 と言う記事を読みました。

昨年は正月5日に、上増田の 「ろうばいの郷」 を訪ねました。
今年は2日早く、正月の3日にロウバイを観に来ました。
約3,2ヘクタールという広い園内には、約1万2千本のロウバイの木があると言います。

甘い芳香を放つロウバイを観て回ります。(入園料:大人¥400)

001_1


002_2


004_3


004_4


005_5


006_6


006_7


007_8

ろうばいの郷は広いです。 縦横無人に観て回ります。  つづく 

| | コメント (10)

2019年1月 4日

ニューイヤー駅伝.(続)

参加37チーム中、半数のチームは通過したようです。
ナンバーカード26、ヤクルトの武田凛太郎選手が通過します。
続いて来る二人の選手は、ナンバーカードが読み取れず所属が分りません。

011_800x615

次に3人の選手が力走して来ました。
先頭の選手は、左手がナンバーカードを遮って居て所属が読めません。
真ん中の選手はナンバーカード19、西鉄の伊藤敬選手です。
その後方はナンバーカード30、トーエネックの小山裕太選手です。

013_1

続いてナンバーカード25は、YKKの鈴木大貴選手、少し離れてナンバーカード34はセキノ興産の細川翔太郎選手です。

014_2

二人が競り合いながらやって来ました。
ナンバーカード13は中国電力の藤川拓也選手です。
競り合う後方の選手は所属が分りません。

015_3

待つこと5分ほど、ようやく最終ランナーの姿が見えて来ました。
ここまで来る途中で何かトラブルがあったのでしょうか、前の選手より少し離れすぎて居ます。
ナンバカード37は戸上電機製作所の渡辺太陽選手です。
沿道からたくさんお拍手に送られて駆けて行きました。

018_4

駅伝選手が通過し、最後のパトカーが締めくくって行きます。

020_5

元旦恒例の全日本実業団対抗駅伝競走大会、今年も各選手の元気な走る姿を見て、今年一番の元気を貰うことが出来ました。

| | コメント (10)

2019年1月 3日

ニューイヤー駅伝

2019年元旦、第63回全日本実業団対抗駅伝競走大会は旭化成がV3を達成しました。

今年も応援に出掛けました。
例年、3区の中継所の手前での応援でしたが、今年は我が家の近くの3区での応援でした。

10時24分過ぎ、広報車がやって来ました。

002_1_2

その5分後、トップ選手が来ました。 
ナンバーカード9は、愛三工業の鈴木洋平選手です。

003_2_2

続いて選手が競り合いながらやって来ました。
左がトヨタ紡績の大池達也選手、右が富士通の松枝博選手です。

004_3

次も二人の競り合いです。
前のナンバーカード11は九電工の東遊馬選手、後方の選手はナンバーカードが見えず所属・選手名が分りません。

005_4

続いて4人の競り合いです。
前を走るのは旭化成の鎧坂哲也選手、次が不明で、ナンバーカード3はトヨ自動車の大石見港与選手、次が中電工の小山大介選手です。

006_5

放送2号車が通過して行きます。

007_6

続いてのデットヒートは、左の選手はナンバーカードが読み取れず不明、右がトヨタ自動車九州の今井篤弥選手です。

008_7

続く3選手も競り合って来ました。
前を走る選手と後方の選手は、ナンバーカードが読み取れずチーム名が分りません。
真ん中を走るナンバーカード10は、住友電工の田村和希選手です。

010_8

前をナンバーカード18、八千代工業の甲斐翔太選手、その後をナンバーカード8、安川電機の野村峻哉選手が追走して来ます。

012_9

ここは第3区間です。 数えてはいませんが約半数のチームの選手が通過したようです。                つづく

| | コメント (4)

2019年1月 2日

初日の出

2019年の元日、午前6時半からのラジオ体操が終わって、団地横を流れる韮川のかかるしんにらかわ橋に来て初日の出を拝みました。

午前6時55分、太陽はまだ顔を出して居ません。

003_800x596

午前7時丁度、建物の右に顔を出しました。

005_800x590

午前7時1分、丸い形になって来ました。

007_800x588

午前7時2分、だんだん眩しくなって来ました。

018_800x570

午前7時3分、場所を韮川橋の上に変えて初日を拝みました。

019_800x574

今年一年、健康で健やかに過ごせますようお願いしました。

| | コメント (4)

2019年1月 1日

迎 春

  謹 賀 新 年

   明けましておめでとうございます
   健やかな新年をお迎えのことと存じます
   希望に満ちた新しい一年の始まりです
   皆様には
   今年が良い一年でありますようご祈念申し上げます
             
              2019年 元旦

024_2

カミさんは亥年生まれの年女、私は米寿を迎えます。 
今年1年、共に頑張ります!!

(※コメント欄は閉じさせて貰いました。 皆さん良いお年を!)

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »