« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月31日

波志江沼ウオーク.

沼のスイレンを観賞した後は、公園の中に入りました。

船のスクリューに似た、マルバユーカリの木の葉っぱに

出合いました。

1_68

近くに寄って大きく撮って見ました。

2_63

沼の周りを、時計回りに中程まで歩いて来ました。

沖合の弁天島では、柳の木の枝にカワウが鈴なりです。

3_65

沼の沖合では、カルガモの番が仲良く食事中です。

4_68

私が来たことに気づいて、食事を止めて逃げ出します。

5_64

弁天島がよく見える所に来ました。

鈴なりのカワウは、数えきれないほどの数です。

6_65

波志江沼周回ウオークは、スイレンなどを眺めながら

爽やかな気分で歩くことが出来ました。

| | コメント (10)

2019年5月30日

スイレン.(2-2)

花の色が濃い、綺麗なスイレンが纏まって咲いて居ます。

1_67

その横では、薄いピンク色のスイレンが単独で咲いて居ます。

2_62

昨年咲いた蓮の花柄が、おわんを伏せたように浮いています。

3_64

正面奥が、車を置いてきた駐車場方向です。

沼を時計周りに歩いて、沼の北側に来て居ます。

4_67

手前で咲いて居たスイレンです。

5_63

綺麗な色合いのスイレンです。

6_64

再び駐車場方向を撮って帰ります。

8_45

近くで咲いて居たキバナハナショウブをカメラに収めました。

8_46

この後、波志江沼公園の遊歩道を時計回りに歩いて帰ります。

| | コメント (6)

2019年5月29日

スイレン.(2-1)

5月26日、静かな朝を迎えています。

朝食が終って直ぐ、波志江沼へスイレンを見に出掛けました。

スイレンは沼の北側で咲いて居ます。

沼を時計回りに歩きはじめて沼の北側へ来ると、ピンク色の

シャクナゲが出迎えてくれました。

1_66

沼を回り込んで、スイレンが咲く東側に来ました。

2_61

沼の水際近くまで下りて、花を近くに寄せて撮りました。

3_63

白いスイレンもも咲いています。

4_66

纏まって、ピンク色の花が咲いて居ます。

5_62

歩いて来た方を振り返って撮りました。

6_63

これから歩いて行く方の、沼のスイレンも撮りました。

7_58

と、スイレンの沖合でカイツブリが水から出たり入ったり、

潜りの繰り返しです。小魚でも居るのでしょうか ・・・・。

8_44

しばらくの間、カイツブリの追っ掛けです。     つづく

| | コメント (4)

2019年5月28日

シャクヤク. (2-2)

約1000平方㍍の花壇に、3000株のシャクヤクがあるとか。

ピンク色のシャクヤクが綺麗です。

1_65

近くに寄って撮りました。

2_60

色違いの大輪も見事です。

3_62

少し南に展望台があります。

螺旋階段を上って、上から眺めて見ます。

4_65

見晴台に立って、シャクヤク園の向こうに風車を入れて

撮りました。

5_61

牧場の見晴らし台を下りて、キャンプ場のバンガロー前を

通り抜けて、深い沢越えです。

6_62

途中で出会ったハナショプが、綺麗に咲いて居ます。

7_57

杉落ち葉の間からピンク色の可愛い花が咲いて居ます。

花名不詳です。

(山小屋さんが、ムラサキカタバミと教えてくれました。)

8_43

沢越をして県道に出ました。 静かな寺沢沼です。

沼の向こうには、鍋割山(1332.3㍍)から荒山(1571.3㍍)、

その向こうに地蔵岳(1571.9㍍)がそびえて見えます。

9_9

この後、オランダ風車の横にある「道の駅大胡」へ戻って、

新鮮なタケノコなどを買って帰りました。

| | コメント (8)

2019年5月27日

シャクヤク.(2-1)

5月24日、良く晴れて気持ち良い朝を迎えて居ます。

新聞で、「大胡ぐりーんふらわー牧場のシャクヤクが

色鮮やか」 との記事を読んで、さっそく出掛けました。

青空をバックにそびえる、オランダ型風車です。

Img_4593-2

風車のから南へ200㍍ほどの所にある花壇です。

濃いピンク色のシャクヤクが綺麗に咲いています。

2_59

 

3_61

赤いシャクヤクも綺麗に咲いて居ます。

4_64

白いシャクヤクも咲いています。

5_60

 

6_61

 

7_56

振り返って風車を入れてシャクヤクを撮りました。

右手に鍋割山の裾野が覗いて居ます。

8_42

この後、展望台に上って上から花を眺めてみます。  つづく

| | コメント (8)

2019年5月26日

我が家の庭.他

5月20日、うん十七歳の誕生日を迎えた朝です。

我が家の庭に立って辺りを見回すと、大きな庭石の前の

カルミアが可愛い花をたくさん付けていました。

1_64

改めて、お菓子のコンペイトウに似て居ると感じました。

2_58

庭石の後ろにある、とげが鋭いヒイラギナンテンです。

草取りでは注意して居るのですが、時たま腕に刺さる

ことがあり、後で後悔しています。

3_60

ソラマメに似た花は何でしょう。 花名不詳です。

4_63

近所周りで見つけた白のシャクヤクです。

5_59

こちらは綺麗なピンク色の花です。

6_60

近くの理髪店さんの庭で咲居ているブラシノキです。

この花を観るとオーストラリア旅行で、アデレードの

街並みを歩いて観てきた往事を思い出します。

7_55

↓、花図鑑で調べて見たところ、

ユーフォルピア・カラキアス・ウルフェルニーという

舌をかみそうな長い花の名前でした。

8_41

誕生日の近所周りの散歩したが、新しい発見をしました。

| | コメント (6)

2019年5月25日

お花畑

波志江沼の周回を歩いての帰り道、北関東高速道の北側に

広がる見事なヒナゲシ畑に立ち寄りました。

1_63

よく見ると色合いが違う色々な花が咲いています。

2_57

 

3_59

 

4_62

 

5_58

 

6_59

 

7_54

 

8_40

波志江沼ウオークに来て、途中の花畑でたくさんの花と

出会い、何か得をした気分で我が家へと帰りました。

| | コメント (4)

2019年5月24日

スミレ.他

波志江沼ウオークで沼を一回りして駐車場に来ました。

地元の人たちが手入れした花畑がきれいです。

1_62

色々いな種類のスミレが植えられています。

2_56

 

3_58

セキチクもきれいな花を見せてくれます。

4_61

 

5_57

 

6_58

人の顔にも見えるパンジーです。

笑いを誘われながらカメラを向けました。 

7_53

波志江沼を出て、この後ヒナゲシが咲く畑へ向かいます。

(お礼)

風邪をひいていましたが何とか元に戻れそうです。

いろいろとご心配をいただき有難うございました。  つちや

| | コメント (6)

2019年5月23日

波志江沼公園.(2-2)

沼を半周してスイレンが咲く沼の北側まで来ました。

1_61

綺麗な色合いのスイレンです。

2_55

白い花もありました。

3_57

鍋蓋を伏せたように見える物は何でしょう?

よく見ると、ハスの花が咲き終った後の花柄でした。

4_60

ここでは、シャクナゲが綺麗に咲いて居ます。

5_56

これから咲く可愛い蕾です。

6_57

黄色の花は花名不詳です。

7_52

タニウツギでしょうか、この花を見ると子供のころ姉がお滝で

お籠もりをしていた観音堂を思い出します。

8_39

一周約2キロの波志江沼を花を愛でながら楽しく歩きました。

(お詫び)

昨日から風邪を引いてダウンして居ます。

皆さんのブログ訪問やコメントの返信が出来ずに居ます。

ご容赦願います。

| | コメント (6)

2019年5月22日

波志江沼公園.(2-1)

5月17日、今日も良い天気に恵まれました。

伊勢崎の波志沼公園へ歩きに行こうと出掛けました。

沼の縁のフェンスに絡んで咲いて居たツルバラです。

1_59

綺麗な色に引かされて近くに寄って撮りました。

2_54

下沼にある弁天島です。

柳の木にはカワウが鈴なりです。

3_56

一周約2㌔の周回は南の方に向って歩いて居ます。

沼の縁で咲いて居たトベラです。

4_59

近くには大きなヤマツツジが咲いて居ます。

5_55

沼の一番南の端に来て、北の沼方向を撮りました。

6_56

沼の北側に来て、私が好きはスイレンと出会いました。

7_51

近くで綺麗に咲く睡蓮をカメラに収めました。

8_38

波志江沼公園のウオーキンは、半周とちょっと歩きました。

残り半分、綺麗なスイレンを眺めながら歩きます。  つづく

| | コメント (4)

2019年5月21日

サイクリング

5月15日、今日も良く晴れて居ます。

サイクリンで八幡山古墳へオオタカ探しに出掛けました。

左前方にサッポロ一番の製造工場が見えます。

その手前の信号で右折して、今度は北上します。

1_58

八幡山古墳の後円墳に上って、5年前からあるオオタカの巣を

見上げて撮りました。

先ほどから見て居るのですが、オオタカの姿が見えません。

先日訪ねた時は、親鳥と思われる姿を見かけたのですが ・・・・。

2_53

諦めて、昨年ヘビウリを観た畑の横を回って帰ります。

と、畑の持ち主が来て居てヘビウリ棚の補修作業中でした。

「今年もヘニウリビを栽培しますよ。」 との話を聞いて、

「また見せて貰います。」 と、その場でヘビウリ談義です。

ヘビウリ棚の前で咲いて居た花(花名不詳)です。

3_55

その4日後19日、今日も好天気に誘われてサイクリングです。

コースは前回同様、安全な田園地帯を八幡山古墳まで往復です。

先日は黄色くなった、麦秋を撮りました。

今回はビールの元となるのでしょうか、まだ青い麦です。

4_58

古墳に来て、古巣をじっと見上げて居るのですが、オオタカの

姿は見えません。

角度を変えて、前方墳から観てもオオタカの姿はなしです。

5_54

帰路は、先日立ち寄ったヘブウリ畑に回って見たが誰も

居ません。 例の花をカメラに収めて帰ります。

6_55

ヘビウリ棚の後方で、小屋に絡んで咲いて居た黄色い花は

花名不詳です。

7_50

約5㌔ほどの田園地帯周回のサイクリングです。

今日も爽やかな気分でペダルを踏むことが出来ました。

| | コメント (6)

2019年5月20日

バラいろいろ.(2-2)

フェンス前のバラ園の白いバラです。

2_52

こちらはフェンスに絡んで咲いて居た白いバラです。

3_53

玉村町指定の赤いバラ、マリアカラスも綺麗に咲いています。

5_53

こりらも赤いバラです。

6_54

近くにハマナスが咲いていました。

7_49

帰ろうと入場口まで来て、振り返って撮りました。

8_37

バラを観賞するには、「少し早かったかな」と感じながら

バラ園を後にしました。

| | コメント (8)

2019年5月19日

バラいろいろ.(2-1)

玉村北部運動公園の西側にバラ園が有ります。

バラの花が咲いて居ないアーチをくぐって園内に入ります。

1_53

アーチの右手に、玉村町の花に指定されている 「マリアカラス」 が

綺麗に咲いて居ます。

2_51

フェンスには、つるバラの白い花が咲き初めて居ました。

3_53

続いて、色違いのバラの花を撮ってみました。

4_56

 

5_52

 

6_53

 

7_48

 

8_36

綺麗なバラも、花画像をPCに取り込む際に失敗しました。

画像がいまいち良くないのがありますがご容赦下さい。 つづく

| | コメント (6)

2019年5月18日

玉村北部運動公園

5月12日、玉村北部運動公園へ歩きに出掛けました。

日曜日とあって、公園内は大勢の子供たちが来て居ました。

芝生広場では、子供たちが人気のマスコットと仲良く遊んで

居ました。

記念撮影中のマスコットは、

左から 「きずなちゃん、はにぽん、スナーキー」 です。

1_52

真ん中の 「はにぽん」くんは、隣の本本庄市から来た埴輪の

マスコットです。

真っ赤な体でつり上がった目のズナーキーちゃんは、どこの

マスコットでしょう ・・・・。

2_50

芝生広場から、修景池のある方へ来て小さな橋を渡って

花木の島へ来ました。

3_51

カメが首を長く伸ばして、甲羅干しをして居ます。

5_51

池の縁の石の上でもカメの甲羅干しです。

6_52

こちらは知多が陸に上がったカルガモが毛繕い中です。

7_47

ツキヌキニンドウが綺麗に咲いています。

8_35

この後、隣のバラ園を回って見てきます。    つづく

| | コメント (6)

2019年5月17日

我が家の庭

このところの好天続きで、我が家の庭も華やいで来ました。

大きな庭石の前のカルミアが、可愛い蕾をたくさん付けて居ます。

2、3日前頃から一輪、二輪と咲き始めました。

1_51

玄関前の花壇で咲き始めた、アッツザクラです。

2_49

拡大で撮って見ました。

3_50

外の流し台の下で芽生えた花(花名不詳)です。

花の種も蒔いてないのに、庭のあちこちで咲いて居ます。

4_55

鉢植えの花(花名不詳)です。

少し風があった日で、画像があまくなって申訳け有りません。

6_51

13年前(2006年)インドの旅をして旅行記を書きました。

その旅行記を読んでくれただ藤岡の人と、ふじの咲く丘で

会いました。

その時 「インドの花です。」 と、↓の花を私にくれました。

青い花と数本あった花も、今年は軒下で白い花が1本だけと

なりました。

7_46

庭のあちこちで芽生えた花(花名不詳)です。

8_34

↓は、今年最後の撮影となるサクラソウです。

来年も元気で、綺麗な花をたくさん見せて欲しいものです。

9_8

我が家の庭の花たちも、徐々に春から夏へと向って居ます。

| | コメント (8)

2019年5月16日

デジブラウオーク

5月5日、午後になっても穏やかな日よりです。 

我が家の近くへ、デジブラ散策としゃれ込みました。

住宅の垣根のツツジが、綺麗に咲いていました。

1_50

直ぐ近くの古墳へ行く途中、ニセアカシアの花を撮りました。

2_48

古墳に上ると、ハチが白い花に吸蜜中でした。

3_49

墳堤を下りて団地内の散策です。
ブロック塀下の花壇に咲いて居たハナショウブです。

山小屋さんが、「ハナショウブではなくジャーマンアイリス」 と

教えてくれました。

4_54

エンドウマメに似た花は、花名不詳です。

5_49

畑の縁で咲いて居たのはムギワラギクでしょうか?

6_50

ことらには同じ花で、少し色違いの花がありました。

7_45

ちょっとの家の周りの散策でしたが、季節の移り変わりを

感じながらのデジブラウオークでした。

| | コメント (5)

2019年5月15日

うぬき公園.(2-2)

ジャーマンアイリスがたくさん咲いて居る所まで来ました。

ここで花を撮って引き返します。

1_49

色違いのジャーマンアイリスもたくさん咲いて居ます。

2_47

と、その脇で小さな白い花(花名不詳)の群生です。

(※山小屋さんが、シロミミナグサと教えてくれました。)

3_48

続く花も花名不詳です。

(※山小屋さんが、シラーと教えてくれました。)

4_53

ここに来ると出会える人形たちです。

「前橋の爺さん、また来たな!」 と、睨みつけています。(失笑)

5_48

木の根元には、子供達が描いた顔絵の石が置いて有ります。

中でも、私の干支である申の赤い顔に白い歯の石が印象的です。

6_49

広瀬川へと流れる浅い川のある所にきました。

鯉の産卵期でしょうか、激しく体をすり寄せて居ます。

数えて見ると、小さな浅い川ですが100匹ほどの鯉が居ました。

7_44

晴天に恵まれて、身も心も爽やかな気分で歩くことできた、

GW中の一日となりました。

| | コメント (10)

2019年5月14日

うぬき公園.(2-1)

5月5日、伊勢崎市のうぬき公園へ歩きに出掛けました。

駐車場の近くで咲いて居た八重桜です。

1_48

直ぐ近くの花壇では、ジャーマンアイリスが咲いていました。

2_46

公園内を抜けて、畑の上を見上げると藤の花が咲いていました。

3_47

こちらは遊歩道に沿って咲いて居た、ヤグルマギクです。

4_52

側に、可愛い色違いのヤグルマギクも有りました。

5_47

さて、木の枝から垂れ下がって咲く緑色の花は何でしょう?

花名不詳です。

(※山小屋さんが 「オニグルミ」 と教えてくれました。)

6_48

↓ いま我が家の庭でも咲いている花ですが、花名不詳です。

7_43

広瀬川の支流沿いを、もう少し歩いてから引き返します。  つづく

| | コメント (8)

2019年5月13日

サボテン

八幡山古墳でオオタカ観察が終っての帰り道、公民館横を通り

過ぎたところでサボテン畑を見つけて寄りました。

畑の人も居たので断ってサボテンの花を撮らせて貰いました。

1_47

 

2_45

 

3_46

 

4_51

 

5_46

こちらは大きな丸形のサボテンです。

奥のサボテンのとげが鋭く、触ったら痛々しいそうです。

6_47

隣の温室のサボテンです。 

石を置いて小さな築山を作って、自然界を演出しているようです。

7_42

外に有った大きな二つのサボテンです。

8_33

どちらも鋭いとげが見えます。

9_7

青々とした麦畑~八幡山古墳までの周回サイクリングコースです。

気持ちよく走破することが出来ました。

| | コメント (7)

2019年5月12日

キジとオオタカ探し

5月3日の午前中、サイクリングを兼ねてキジとオオタカ探しに

出掛けました。

いつものH造園業さん倉庫横の空地からS小学校周辺にかけて

キジを探して来たが出会いなし。

田園地帯を抜けて北上し、オオタカ探しで八幡山古墳の手前に

来た所で、キジのホロ打を聞きました。 見るとキジの番です。

キジ♀が、私を見つけてこちらを見ています。

1_46

キジの番を撮ろうとカメラを向けたのですが、♂の方は草むらに

隠れて姿が見えません。

2_44

この♀もしばらくして草むらに姿を隠しました。

3_45

5月6日、朝食が終って直ぐ自転車で八幡山古墳へオオタカ探しに

向かいました。

前方墳上では、大きなカメラを上に向けて居るカメラマンの姿が

ありました。 何を狙っているのでしょう ・・・・。

4_50

こちらは後円墳に居たカメラマンです。

以前からある巣へ、ヒナへ餌を運んでくる親鳥を狙って居るよう

です。

5_45

私も後円墳堤で、以前からある巣を見上げて居たら、親鳥がヒナに餌を運んで来ました。 

カメラを向けたのですが、一瞬のことで写真は撮れませんでした。

諦めて帰る途中です。 前橋日赤病院裏の空地へ来てキジ♂を見つけました。

目ざといキジ♂です。 私を見つけると直ぐ隠れてしまいました。

6_46

これからは暑くなる時期です。

キジやオオタカ探しで忙しくなるのでしょうか ・・・・。

| | コメント (6)

2019年5月11日

サクラソウ

今年もカミさんが育てた我が家のサクラソウが綺麗に咲いて

くれました。

サクラソウの管理不十分で、花の名前が分らなくなりました。

これまであった、サクラソウの名前を書いて見ました。

「赤蜻蛉、宇治の都、梅ヶ枝、鬼ごっこ、風車、臥龍梅、

京鹿の子、絞竜田、児童、獅子頭、墨田の花火、墨染源氏、

戦勝、前代未聞、大朝日、大名錦、南京小桜、白鷹、飛燕、

人丸、緋の司、緋の重、吹上桜、舞扇、紫紅梅、百千鳥、

紅葉橋」 がありました。

以下は、今年咲いた我が家のサクラソウの一部です。

1_45

 

2_43

 

3_44

 

4_49

 

5_44

 

6_45

 

7_41

 

8_32

 

10_1

このサクラソウは、4月24日に撮影したものです。

令和に入って、我が家のサクラソウは一層賑やかになりました。

近所へ嫁に出したサクラソウ、綺麗に咲いて居るかなぁ ・・・・。

| | コメント (8)

2019年5月10日

ふじの咲く丘.(2-2)

広場を下りて藤棚の藤の見学です。

こちら藤棚の藤は、花を見るには少し早いようです。

1_44

垂れ下がった藤を選んでカメラを向けました。

2_42

こちらも、藤見には少し早かったようです。

3_43

ここで売店で買った赤飯弁当と花見団子を広げました。

弁当を食べ終って、私の後ろで咲いて居た藤の花を撮りました。

4_48

食後は、ふじの咲く丘ふれあい館に入って展示物の観賞です。

藤の蔓で作ったふじ娘です。

5_43

こちらには藤を巻き付けた、ぐんまちゃんも居ました。

6_44

再び外に出て、ふれあい館前の藤を撮りました。

7_40

駐車場へ向う途中で出会った見事な藤です。

8_31

令和元年5月1日、藤岡市のふじの咲く丘に来て、綺麗な藤の花を

観賞しながら過ごした思い出の一日となりました。

| | コメント (8)

2019年5月 9日

ふじの咲く丘.(2-1)

平成から令和に変わった5月1日、藤岡市のふじの咲く丘へ

藤を見に行ってきました。

売店の幟旗がはためく後方を通り抜けて芝生広場へ向います。

1_43

広場入り口の見事な野田藤です。

2_41

藤を観るには、丁度良い時期に来たようです。

3_42

白の野田藤も見事に咲いています。

4_47

こちらは中国友好の藤です。

藤の横には「無錫市長迎賓藤」の案内がありました。 

5_42

広場の藤を観て、次は芝生広場から藤棚のある方へ下ります。

6_43

広場の下にあった、野外の小さな舞台です。

7_39

舞台の上の藤娘や鬼瓦の絵をカメラに収めて、藤棚がある方へ

下って見てきます。                 つづく

| | コメント (6)

2019年5月 8日

大室公園

シャクナゲ寺からの帰り道、途中の大室公園に立ち寄りました。

水時計のオブジェが一際目立ちます。

1_42

風のわたる丘の上に立って、五料沼方向を眺めています。

下の方には、大きな石が3箇並んで居ます。

2_40

大きな石の前に来て、中をのぞいて見たが何も見えません。

中はどうなって居るのでしょう ・・・・。

3_40

風のわたる丘の上から水時計のオブジェ方向を撮りました。

古墳の新錄が大きく広がって居ます。

4_46

カメラを左に振って、五料沼が見える範囲を撮りました。

5_41

風のわたたる丘近くのハナミズキが綺麗です。

6_42

綺麗な花に魅惑さられて、花の近くに来て撮りました。

7_38

この後、古墳群には寄らずに五料沼を半周して家路につきました。

| | コメント (6)

2019年5月 7日

シャクナゲ寺.(2-2)

緩い坂道を上って、鐘楼前まで来ました。

1_41

鐘楼前を通り過ぎて、茶室がえる所に出ました。

茶室前の大きくな赤いシャクナゲが見事です。

2_39

赤いシャクヤクの前に立って、花を大きく撮りました。

見事なシャクナゲは、眩しいほどに輝いて居ます。

3_39

花が小ぶりのシャクナゲもありました。

4_45

これから咲き出す蕾が幾つも見えます。

5_40

小ぶりで、綺麗なピンク色のシャクヤクです。

6_41

大きなシャクヤクの木です。見上げて撮りました。

7_37

最後は藤棚です。 藤の見頃はこれから迎えるようです。

8_30

シャクナゲは、花好きだった先代の住職が参拝者に楽しんで

貰うために植えたのが始まりと聞きました。

境内で咲き誇るシャクナゲを十分楽しませて貰いました。

| | コメント (6)

2019年5月 6日

シャクナゲ寺.(2-1)

4月29日、桐生市新里町大久保の赤城寺へシャクナゲを

観に行って来ました。

仁王門の金剛力士が、年寄り二人を出迎えてくれました。

1_40

仁王門前の、様変わりのエロチックな道祖神も出迎えです。

2-2

境内には、真っ赤な光背を放つ不死不動明王が鎮座して居ます。

3_41

本堂前でお参りを済ませたのち、境内で出会った大きな

シャクナゲです。

4_44

一段上の境内には、真ん中に前不動明王堂を配し、その両側に

石地蔵や不動明王像が並んで居ます。

5_39

坂道を少し登ると、立て看板の奥に昔懐かしい元漫才師の

トップライトの「世直しトップ地蔵」が祀られて居ました。

7_36

トップ地蔵の前で、昔を忍びながらお参りを済ませました。

8_29

シャクナゲは、坂を上りきった裏山にあります。

鐘楼を回り込んで、緩い坂道を上ります。     つづく

| | コメント (8)

2019年5月 5日

こいのぼり

4月28日、今年も伊勢崎市堀下町の粕川沿いに揚がる

こいのぼりを観に行って来ました。

赤堀せせらぎ公園を抜けて、粕川沿いの遊歩道を下流に

向って歩きます。

後方を振り返ると、粕川に架かる吊り橋が見えます。

1_39

公園の外れの粕川の中に、大きなカメの置き石があります。

夏場に川遊びをする頃は、子供達がこのカメの背に乗って

遊ぶことでしょう。

2_37

公園を抜けると、川下のこいのぼりが見えて来ました。

3_37

今日は比較的風があります。

いずれのこいのぼりも勢いよく泳いでいます。

4_43

菜の花畑の上のこいのぼりも元気です。

勢いが余ってか、ロープに絡まるこいのぼりも見えます。

5_38

飯玉橋まで来ました。

橋の真ん中で、歩いてきた方向のこいのぼりを撮りました。

6_39

これから歩いて行く方のこいのぼりです。

71_1

赤堀南小学校近くに来ると、

地元の高齢者施設の利用者や園児たちの手書きによる

こいのぼりも泳いで居ました。

8-2

ここ地元の堀下鯉のぼりを揚げる会が、1991年から毎年

掲げているこいのぼりです。 

今年も楽しくこいのぼりを眺めながら歩くことが出来ました。

| | コメント (4)

2019年5月 4日

ワラビ採り.(2-2)

前方に綺麗に咲いたツツジが見えます。

近くまで来てカメラを向けました。

1_38

ツツジの回りに、ゼンマイが出て居ました。

故郷の山菜採りでは、誰も採らない男ゼンマイです。

2_36

と、直ぐ近くにワラビが出て居ます。

痩せた土地柄でしょうか、ワラビも細めです。

大分伸びたワラビですが、途中から折って採取しました。

3_36

場所を変えようと山道に出ました。

ここのサクラも見事に咲いています。

4_42

山の斜面では、ヤマツツジが咲き出して居ます。

5_37

見上げると、小さな可愛いサクラの花です。

案内にはオオヤマザクラと出て居ました。

6_38

こちらは花と一緒に葉も出て居ます。

7_34

今度のワラビ採りで収穫した一部(3/1)です。

8_26

翌日のラジオ体操会では、参加者の皆さんにお裾分けが

出来ました。

喜んで貰ってくれた皆さんの笑顔が忘れられません。

| | コメント (4)

2019年5月 3日

ワラビ採り.(2-1)

4月27日晴れ、

今年も藤岡市鬼石町の桜山へワラビ採りに行って来ました。

桜山公園内の日本庭園です。 

正面に眺める芽吹いた木々の新緑が綺麗です。

1_37

池の回りを時計回りに歩いて行くと、

ミツバツツジでしょうか、私を優しく迎えてくれました。

2_35

上を見上げると、ピンク色の可愛い桜の花が咲いて居ます。

何桜でしょうか ?

3_35

見晴台へ行く途中です。 見事に花を付けた八重桜です。

4_41

標高593㍍という桜山の頂上を眺めてカメラに収めました。

5_36

山頂目指して上り始めると、

綺麗なツバキの花が私を歓迎してくれました。

6_37

赤いツバキの花も出迎えてくれました。

7_33

紅白模様の綺麗ツバキの花です。

地上に落ちて居たのですが、こちらも笑顔で迎えてくれました。

8_25

山頂近くまで来ました。 ここで一息入れて更に登ります。 つづく

| | コメント (8)

2019年5月 2日

大胡ぐりーんふらわー牧場.(2-2)

八重桜が咲き誇る中を、歩いて遊園地へ向います。

1_36

顔をなでるほどの高さで咲いて居た八重桜です。

2_34

途中に、数本のハナカイドウの木があります。

3_34

こちらも春の日差しを受けて輝いて居ます。

近くに寄って大きく撮りました。

4_40

遊園地内の八重桜です。

5_35

幹の小枝から咲き出していた花です。

その生命力に驚きながらカメラを向けました。

6_36

この先に小動物園があるのですが、ここから引き返して、

我が家へと帰りました。

【 我が家のボタン 】

今が盛りと咲くタンが出迎えてくれました。

8_27

今年は一つの株で、17箇の花を付けて見せてくれました。

7_35

綺麗に咲いていたボタンも、4月30日の平成最後の雨に

打たれて散り終りました。

| | コメント (9)

2019年5月 1日

大胡ぐりーんふらわー牧場.(2-1)

令和に入ってのブログのトップ記事は、

大胡ぐりーんふらわー牧場からスタートです。

オランダ風の風車が、鍋割山をバックにそびえています。

1_35

広い牧場の真ん中にある1本の桜が満開です。

2_33

斜め後方を振り返ると、

「道の駅大胡」 の裏にある、しだれ桜も満開です。

3_33

近くの大きな木が、白い花を付けて居ます。 

こちらの花も満開です。

4_39

近くに来て花を撮りましたが、何の木でしょう?

花を観ると、ナシの木の花に似ていますが ・・・・。

5_34

カミさんは道の駅で買い物です。

私は寺沢沼の沢を越えて、一つ隣の遊園地へ来ました。

6_35

ここも、ソメイヨシノと八重桜が満開です。

7_31

桜を眺めながら遊園地の方へ歩いて行って見ます。  つづく

| | コメント (8)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »