« 五料沼.(2-2) | トップページ | サクラ.他 »

2020年4月 3日

佐渡島.

今、炬燵に入りながら読んでいる故郷の佐渡島関連の本です。

①.『 佐渡の島 』

  発行:昭和27年7月15日

  著者:山本修之助

  定価:130円

Img_9050-2

②.『 黄金の島を歩く 』

  発行:平成20年3月31日

  定価:1200円+税

Img_9052-2

③.『 島の神・島の仏 』(3巻)

  発行:昭和54年2月25日

  定価:会員配布(贈答本)

Img_9045-3

故郷を発って65年余が経ちました。

本『 佐渡島 』を懐かしみながら読んで居ます。

|

« 五料沼.(2-2) | トップページ | サクラ.他 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>地理佐渡さんへ
『 佐渡の島 』は、我家の蔵書ですね。
各巻280頁、片面文書で片面が写真です。
読んでいて飽きない見て居て飽きない本ですね。
田中圭一著は、他に『佐渡金山』『佐渡=金山と島社会』
も有ります。

投稿: つちや | 2020年4月 3日 15:54

おはようございます。

.『 佐渡の島 』

初めて見ました。 このような本があるのですね。
郷土を題材にした本は全国各地にありましょうけど、
佐渡は大きな島のせいか色々ありますよね。

また、たくさんの優れた郷土史家もおりますから
研究もなされています。この点は自慢できましょう。

コロナで外出を控えよと言われている今ですから、
ゆっくり佐渡の本を読んでもらいたいものです。

投稿: 地理佐渡.. | 2020年4月 3日 06:36

この記事へのコメントは終了しました。

« 五料沼.(2-2) | トップページ | サクラ.他 »