ウオーキング

2018年12月16日

広瀬川周辺ウオーク.③

遊歩道から少し離れた芝生広場に来ました。
白いユッカと、赤い実をたくさん付けたピラカンサが対象的でした。

031_1

橋桁の鯉の絵をカメラに収めて、三ツ家橋の下をくぐります。

033_2

歩き出して、三ツ家橋と次の栄橋をくぐり、新開橋へ来てサイクリング道路上へ出て引き返します。

サイクリングロードを歩いて見つけたシロサギです。

040_4

栄橋に来ました。 左の建物は伊勢崎図書館です。

042_5

栄橋の上から上流方向を覗くとカワウが居ました。

044_6

サイクリングロードに戻ってカワウを撮りました。

046_7

三ツ家橋まで来て、伊勢崎市内へ抜ける橋を撮りました。

037_3

天気が良い日のウオーキングは、どこまでも歩いて行けそうです。
カミさんも気分が良いのか、大分前を歩いて行きます。  つづく

| | コメント (6)

2018年12月15日

広瀬川周辺ウオーク.②

竹垣の奥の畑で、コルチカムが咲いて居ました。

016_1

遊歩道の脇では、実をつけたトランペットを見つけました。
軽く摘まんで見たが、堅い実でした。

019_2

続いて、赤い可愛い花をつけたセンニチコウに出合いました。

021_3

近くには、白っぽい花のセンニチコウも有りました。

022_4

皇帝ダリアが、青空をバックに背伸びして居ます。

023_5

子供たちの作品が並ぶ小道に来ました。
切り株の上で、大きく口を開けた可愛いカエルの作品です。

025_6

石に絵を描いた作品です。 
左上の赤い石に赤い顔をした猿があります。
申年生まれの私には愛着を感じながら眺めました。

026_7

横の木にぶら下げて有った人形です。
何れも、小さい頃の思い出がたくさん詰まった人形のようです。

029_8

下に落ちていた人形を拾って、木に吊るしてやりました。
と、その私を睨みつけて居ます。(笑)

030_9

この後、広場にちょっと出て更に下流へ向って歩きます。 つづく

| | コメント (8)

2018年12月14日

広瀬川周辺ウオーク.①

11月25日、このところ晴天が続いて居ます。
3日に1回の買い物は伊勢崎のスーパー、ベイシアへ行きます。

出掛けついでに、うぬき公園を歩こうと早めに家を出ました。
駐車場に来たところでヒヨドリが飛んで来て出迎えてくれました。

001_1
  (※↑はツグミでした。 年寄りの早合点をお許し下さい。)
うぬき公園の大きな看板です。

004_2

看板の下で綺麗に咲いていた花は何でしょう。(花名不詳)

005_3

季節外れのボケが咲いて居ました。

006_4

遊歩道に出てから振り返って、「うぬきおおはし」 を撮りました。

008_5

土手の上で咲いて居るのは冬桜でしょうか?
確認したいのですが、土手は草薮です。

010_6

生垣の中の畑には赤いバラが咲いて居ました。

013_7

咲き残りのキクも、暖かい日差しを受けて咲いて居ます。

015_8

この辺りから広瀬川の左岸沿いの遊歩道を歩きます。  つづく

| | コメント (10)

2018年11月17日

高津戸峡.(後編)

ポットホール(甌穴)の入り口に来ました。

069_1

数段下がると案内が出て居ました。

072_2

岩場を渡って現場に来て見ると、大きな穴に丸長い大きな石が有りました。

074_3

この辺り流れが急です。 岩場に下りて下流方向を撮りました。
左岸の紅葉が午後の光を受けた綺麗に輝いて見えます。

076_4

回り右をして、上流方向のはねたき橋を撮りました。
青空をバックに、宙に浮いて居るように見えます。

078_5

数百㍍ほど歩いて、はねたき橋の上に来ました。
観光バスの人たちも居なくなって、橋の上は静かです。

079_6

はねたき橋の真ん中で下流方向を撮りました。
紅葉の色あいが今一です。

0807

変わって上流方向は、ダムの下流で見どころなしでした。

081_8

関東菊花大会で綺麗な菊を観て、その後の高津戸峡遊歩道ウオーキングで健康づくりが出来た一日となりました。

| | コメント (8)

2018年11月16日

高津戸峡.(前編)

関東菊花大会で菊花を観賞した後は、例年通り高津戸峡の遊歩道を歩いて見て来ました。

赤い高津戸橋から下流方向を撮りました。

054_1

続いて、はねたき橋が見える上流方向を撮りました。
何れも、紅葉を観るには少し早かったようです。

056_2

高津戸橋を渡り切って左折し、橋の真下に下りて赤い橋桁を撮ってみました。

058_3

スターとして、遊歩道での最初の木橋(約30㍍)です。

059_4

木橋の中程に立って、左下を流れる渡良瀬川を撮りました。

060_5

数歩歩いて、先程渡ってきた赤い渡良瀬橋方向を撮りました。
深い高津戸峡谷です。 赤い橋が浮いて居るようです。

062_6

次に二つ目の木橋に来ました。
先ほどの木橋より少し長い橋です。

063_7

木橋を渡り終わって、数段下ってから再び高津戸橋を撮りました。

0648

少し歩いたところで、ゴリラ岩の案内があり、カメラを左に振ってゴリラ岩をカメラに収めました。
案内には、
「このゴリラ岩から石灰紀のコノドント化石が発見され、化石は大間々町のコノドント館に展示してある。」 と記されて居ました。

067_10

遊歩道は、はねたき橋まです。 もう少し頑張って歩きます。 つづく

| | コメント (8)

2018年11月11日

アプトの道.めがね橋.②

めがね橋の上で、帰りがけにスマホで撮った山の紅葉です。

089_1

緩やかな下りの坂道の遊歩道は帰りが早いです。
3号トンネルを出て、碓氷湖が見える所に来て撮りました。

090_2

ちょうど昼の時間帯です。
ここに来れば、必ず立ち寄る碓氷峠の玉屋ドライブインです。
名物の力持ちを食べて帰ります。

092_3

注文したのは、力持ちとラーメンセット(¥850)です。
先にお茶と力持ちが出て来ました。

095_4

<名物 碓氷貞光の力もち> (文中、前段・中段は省略)
碓氷峠には、江戸時代まで歴史をさかのぼることができる名物 「力もち」 があります。
難所の峠越えをする旅人に力をつけてもらうために、茶屋で出したのが始まりです。
古い歴史のもと、その手作り製法によるふる里の味は、今日も変わらず守り続けられております。
当店は、刎石山四軒茶屋より、明治26年3月、横川・軽井沢間に鉄道が開通し、熊の平駅で力もちの駅売りをして居りました。
昭和38年にアプト式鉄道廃止、熊の平駅の廃止により、当地坂本に移り現在に至って居ります。
            力持製造元祖 玉屋ドライブイン 店主

お土産に、仏前にお供えする力もちも買いました。

096_51_308x495

碓氷峠トロッコ列車線の最終駅、とうげの湯駅に来ました。
この辺りの紅葉もまだまだ早いようです。

100_6

峠の湯横の公園内を歩いて見ました。 紅葉はこれからです。

103_7

カエデでしょうか、1本だけひと際目立つ色合いでした。

109_8

碓氷峠の紅葉を観るには少し早かったものの、遊歩道アプトの道を歩いて健康づくりが出来た一日となりました。  完

| | コメント (6)

2018年11月10日

アプトの道.めがね橋.①

碓氷湖を一周して、坂道を上って再び遊歩道アプトの道に来て歩き始めました。
めがね橋まで5個あるトンネルの中で、長さ78㍍と一番短い3号トンネルの入り口に来ました。
4号トンネル、その向こうに5号トンネルの入り口も見えます。

077_1

続いて、長さ100㍍の4号トンネルの入り口に来ました。

078_2

4号トンネルを抜けると直ぐに、5号トンネルが口を開けています。

079_3

5号トンネルをくぐり抜けるとめがね橋です。
トンネルを出て直ぐ、左手の山際に立ってめがね橋を撮りました。

080_4

カメラを上に向けて6号トンネルの上の山の紅葉を撮りました。
紅葉を観るには少し早かったかなという感じです。

081_5

めがね橋の真ん中に立って、橋下の旧国道18号を撮りました。

081_6

めがね橋の真ん中で、86歳の欲張り爺さんの記念撮影です。

083_7_2

こちらは80ウン歳の意地悪婆さんの記念撮影です。(笑)

086_8

めがね橋の真ん中で、6号トンネル方向の紅葉を撮りました。
残念ながら紅葉は今一です。

088_8

この時間帯、観光客はまばらでしたが、私たちが帰るころには橋の下に観光バスも来て賑わい始めました。         つづく

| | コメント (8)

2018年11月 9日

アプトの道.碓氷湖.③

碓氷湖のメーンである、「夢のせ橋」 の袂に来ました。
先ほど橋の上でバンザイをして居たカミさんの姿が見えません。

062_1

夢のせ橋の上、日の当たる場所に来ました。
正面に薄氷湖の駐車場や坂本ダムが見えます。

063_2

夢のせ橋から下を覗くと、先に来て居たカミさんが橋下の公園でバンザイをして居ます。

065_3

夢のせ橋の下に下りて、橋向こうの紅葉をカメラに収めました。

068_5

橋下の紅葉です。
夢のせ橋は、赤レンガ造りのアーチ橋 「めがね橋(碓氷第3橋梁)」 をモチーフにデザインされた橋です。

069_6

橋の下に立って、夢にせ橋の真ん中のアーチを撮りました。

070_7

夢のせ橋を下りて直ぐの綺麗な裏紅葉です。

073_8

この後、坂道を上って遊歩道アプトの道へ出て、めがね橋に向って歩き始めました。                     つづく

| | コメント (6)

2018年11月 8日

アプトの道.碓氷湖.②

碓氷湖へ来る途中の坂道で眺めた 「にこにこ橋」 に着きました。
碓氷湖の周回を歩くのは初めてのカミさんです。 
赤い橋の上に立ってニコニコ顔です。

046_1

峠の湯の駐車場を発って、二つのトンネルをくぐって来ました。
2号トンネルを抜けて、坂道を下って碓氷湖まで休みなしです。

碓氷湖に来て450㍍、ここでベンチに腰を下ろして小休止です。

050_2

周回遊歩道にある、小さなふれあいトンネルです。
カミさんは先に歩いて行き、姿が見えません。

052_3

ふれあいトンネル内にあった、可愛い水鳥の絵です。

053_4

ふれあいトンネルの出口が見えて来ました。

054_5

と、先を歩いて行ったカミさんが、「夢のせ橋」 の上で両手を上げてバンザイして居ます。

056_6

「夢のせ橋」 まではまだ大分あります。

057_7

木造りの小さな橋は、「とうがはし」 の標柱が立って居ました。 

058_8

どんな意味合いの橋だろうと考えながら、次 「夢のせ橋」 へと向かいました。                  つづく

| | コメント (8)

2018年11月 7日

アフトの道.碓氷湖.①

昨年は10月31日にアプトの道を歩きました。
今年は10月30日、丁度1年振りでよく晴れた日に出掛けました。

マイカーは天然温泉 「峠の湯」 の駐車場に置いて、そこから歩き始めました。
1号トンネルの入り口が見えて来ました。

033_1

長さ187㍍のトンネルの中を歩いて出口に来ました。
山の木々の紅葉は少し早いようです。

034_2

トンネルの外に出ました。
空はどこまでも青く、最高のウオーキング日和です。

035_3

緩やかな坂道を歩いて2号トンネルに来ました。

037_4

113㍍の2号トンネルも間もなく出口です。
外の色づき始めた木々が綺麗です。

038_5

トンネルを出ると、左 「碓氷湖」 の案内を見て坂を下ります。
坂の途中に来て、正面の 「にこにこ橋」 近くの紅葉が綺麗でカメラを向けました。

039_6

天気が良くて気分爽快、一周1200㍍の碓氷湖を歩こうと、時計回りに歩き始めました。
正面に、アーチを描いた 「夢のせ橋」 が見えます。

041_7

坂本ダムの上に立って、下を覗いて撮りました。

043_8

反対側、これから歩いて行く 「夢のせ橋」 方向を撮りました。

044_9

碓氷湖一周は時計回りに歩き始めたばかり。
歩くペースは、初めて歩くカミさんに合わせて居ます。  つづく

| | コメント (8)

より以前の記事一覧