ウオーキング

2018年2月25日

キジ探しウオーク

2月18日、朝から良く晴れて居ます。 キジ探しに出かけました。
我が家を出て亀塚山古墳前に来た所で、前を横切って飛んで行く小鳥が居ます。
道路脇のフェンスに止まりました。 
見ればムクドリです。 直ぐにカメラを向けました。

001

今日は日曜日、小学校も休みで回りが静かです。
こんな時はキジも出ているかと探しましたが姿が見えません。
H造園業さんのカワズザクラの開花を見て撮りました。

002

と、その奥の小枝が賑やかです。 見ればスズメとヒヨドリです。

003

その奥の枝はヒヨドリが独占です。 近くに寄って撮りました。
ヒヨドリは、横の畑のブロッコリーを集団で狙って居たのです。

005

と、直ぐ手前の木の枝でヒヨドリが1羽、隠れるようにして居ました。

006

麦畑~鉄塔、古墳、田んぼ等、昨年キジが居た場所を探して見て回りましたが、出合い無しです。
引き返す途中で、我が家の近くへ来てウメが咲いて居るのを見つけて花を撮りました。

008

近くに寄って拡大で撮りました。

010

我が家の近くで、私を追いかけるように飛んできたヒヨドリです。
電線に止まった所をタイミングよく撮ることが出来ました。

014

天気が良い日のキジ探しウオークでしたが、最後までキジとの出合がなしでした。

| | コメント (1)

2018年2月 8日

桃ノ木川周辺ウオーク(続)

桃ノ木川の右岸を歩いて来てオオバンを見つけました。

026

更に北上したところで、何処からかチュウサギが飛んで来て対岸の茅の中に下りました。
長い首を伸ばしてこちらを見て居るようです。

028

続いて大きな堰に来ました。 綺麗に落ちる水しぶきに感動です。

031

堰の水溜まりには、キンクロハジロが集団で居ました。

033

再びサイクリングロードに出た所で大きな木との出合です。
この木は葉っぱを着けて居た夏頃、一度紹介したことがあります。

037

幹を見ればその太さに驚きです。 木から元気を貰って帰ります。

038

↓は、↑の木の葉っぱです。
昨年の夏頃に採って、押し葉にして 「しおり」 にして使って居ます。
6㌢×3㌢と、割合と小さな葉っぱです。

039

我が団地の近くまで来た所で、JR両毛線の下り電車、駒形駅行きが来ました。

043

電車が通過した後に、踏切の上から駒形駅方向を撮りました。

044

と、今度は駒形駅方向から上りの高崎駅行きの電車が来ました。
踏み切りを渡った後の撮影です。 
電車の進行方向が同じように見えて紛らわしくなりました。

045

2018年1月31日、今年初めての桃ノ木サイクリングロード周辺のウオーキング、楽しく歩くことがでした。

| | コメント (8)

2018年2月 7日

桃ノ木川周辺ウオーク

1月31日、朝から素晴らしい青空の晴れた日となりました。
昨日はキジを探して南のコースへ歩きました。 
今日は東へ、JR両毛線駒形駅を目指して歩きます。

我が住宅団地を抜けて、広い道路へ出た左手の畑の中にそびえる紅白模様の鉄塔です。
赤城山をバックに鉄塔を撮りました。 高い鉄塔に威容を感じます。

001

広瀬川の川べりに来て、ムクドリと出合いました。

009

JR駒形駅舎の前まで来ました。
この近くに学び舎があります。 
学校帰りの学生さんたちの電車待ちの姿が見えました。

013

ここまで来たら、もう少し南の簗場大橋に行って見ようとやって来ました。
着いて直ぐ、橋下の簗場堰と北関東自動車道方向を撮りました。
以前、ここ簗場堰でのカヌー練習を見たことが有ります。

015

橋の上流側に来たところで、高崎行きの上り電車が鉄橋を渡って行きます。

016

待つこと数分、今度は下り電車が駒形駅を発って鉄橋を通過して行きます。
穏やかな冬晴れの午後、梁場大橋の上でひと時の憩いを楽しみました。

017

下を覗くと、川面の落ち葉の回りに薄い氷が張っています。
カモたちが何やら食べて居るようにも見えます。
橋の下に下りて見ます。

018

と、川下のカモを観て居た時に上空を飛んで行ったカワウが、堰の石柱に止まってこちらを伺っています。

020

カワウを驚かせないように橋の下に来ると、寝て居たカモを驚かせたようです。
立ち上ったカモたちがこちらを伺って居ます。

023

少し遠回りをして川の渕へ来ると、今度は川の渕に居たカモたちが一斉に逃げ出しました。

024

岸辺のカモたちを驚かさないように、上流の方へ歩いて行きます。

| | コメント (8)

2018年2月 6日

キジ探しウオーク

去る1月28日に、今年初めてキジと出合った麦畑まで歩いて来たが、今日はキジとの出合なしです。
H造園業さん資材置き場前の畑で芽吹いて来たネコヤナギです。

004

昨年はここの古墳でもキジと良く出合いました。
キジも居ない古墳上に立って、冬晴れの赤城山を撮りました。

006

キジとの出合がなしのウオーキングです。
引き返す途中で、日枝神社の御神木 「唐崎の杉」 を見つけてカメラに収めました。

008

S町の土手に来て、サルスベリの枝に止まる小鳥を見つけました。
渡り鳥のようですが名前が分りません。

011

向こう向きになって、後ろ姿も見せてくれました。

012

我が家の近くの亀塚山古墳です。

013

と、古墳前のニセアカシアの枝に小鳥が止まりました。
帰宅して画像処理をしてみると、スズメと分ってがっかりです。

014

良く晴れた日のキジ探しウオークでしたが、キジとは出合えず残念なウオーキングとなりました。

| | コメント (8)

2018年1月31日

キジウオーク.(01)

去る28日(日)、県100㌔駅伝を応援した午後に、キジウオークに出掛けました。

コースは、昨年までキジ観察で通ったS小学校周辺までです。
我が団地を抜けて、桑畑の外れに来た所で振りかえって、赤城山を撮りました。
赤城山は、まだ先日の大雪が残って居て寒そうです。

001

隣りのS町に来て、生垣のナンテンの実が西日に輝いて居ます。

002

ロウバイも芳香を放って居ます。

006

キジが居た鉄塔下の古墳です。
キジの姿は見えず、頂上の向こうに雪を頂く赤城山が見えます。

012

H造園業さん資材置き場のカワズザクラの蕾が大きくなりました。

014

広い空き地で青年がゲイラカイトを揚げて居ました。
大きく旋回するとき、風の唸りが聞こえて来ます。

021

畑の木の上で、盛んにヒヨドリが飛び交って居ます。

026

木の下はブロッコリー畑、そのブロッコリーの葉っぱを集団で啄ばんで居ます。

029

S諸学校の東に来て、キジを見つけました。
今年初めての出合です。 興奮しながらカメラを向けました。

031

キジも、動く私に気づいたようでこちらを見て居ます。

035

今年初めてのキジ♂との出合に、喜んでの帰宅です。

| | コメント (10)

2018年1月24日

ウオーキング・初雪(続)

我が団地から韮川沿い歩いて隣のK大島町に来ました。
両毛線の踏切の手前に来て信号機が鳴り出しました。
下り電車で伊勢崎行きの電車です。

012

と、折り返し高崎行きの上り電車が来ました。

013

上り下りの電車を見送って後、下り電車の線路沿いに歩いて来た所で、近くの藪で見つけた紅梅です。

018

我が団地に一番近い踏切を渡ります。
上りの駒形駅方向を撮りました。
この辺りは梨の産地です。 線路脇に梨畑が広がって居ます。

019

上りの高崎行きの方向です。
次は前橋大島駅です。 先ほど踏切を渡って来た方向です。

020

歩くコースを変えて歩くのもいろいろ変化があって楽しいものです。

≪初雪≫
22日の午後から降り出した雪は、地元の新聞では29㌢、NHKテレビの気象情報は24㌢の積雪量との報道でした。

↓は、雪がちらちらと降り出し初めて、午後2時半過ぎ頃の我が家の庭の降雪量です。

002

↓は、翌23日午前7時半過ぎの積雪量です。
門扉に積もった雪の高さを測ったら21㌢ありました。

108

その後韮川新橋の上に立って上流方向を撮りました。
川の流れがありません。 堰の上空にカワウが飛んで来ました。
堰下の水溜まりには下りることなく北の方へ飛んで行きました。

114

韮川新橋から下流方向を撮りました。
眩しいほどの太陽の光です。

117

我が家に来て裏の階段方向を振り返りと、ムクドリが止まって居ました。
こんな大雪の日は、十分な餌が摂れないだろうと心配しながら我が家に入りました。

120_800x544

昨年の初雪は1月15日です。 今年は一週間遅れの大雪でした。

| | コメント (8)

2018年1月23日

ウオーキング・初雪

1月17日午後、今日は歩くコースを我が団地横を流れる韮川沿いを上流に向かって歩きました。

韮川新橋に来た所で、上流の堰の下にカワウを見つけました。
今年に入って韮川は川に水がなく、川の流れがありません。
堰下の水溜まりに居たカワウです。
私の姿を見て直ぐに水溜まりに潜りましたが、顔を出すと同時に飛び発ちました。

001_800x594

韮川の右岸を上流に向かって歩きます。
堰がよく見える所に来て、土手に居たアオサギを見つけました。
カワウにサギです。 こんな小さな川でも小魚が居るのだろうか?
私の姿を見つけたアオサギは、大きな羽を広げて飛び発ちました。

004_800x600

H住宅団地の外れの民家の庭に咲いて居たロウバイです。
近くに来た所で、芳香が漂って来ます。

006_800x715

続いて花畑に来ました。 この時期の花は菜の花だけでした。

007_800x600

その花畑の北側に、昨年の夏ごろ大きな花を幾つも付けて居た、アーティチョークの花殻が残って居ました。

008_800x740

韮川も上流に来ると、途中で合流して広瀬川となります。
その広瀬瀬川に架かる広瀬新橋に来た所で折り返します。

200㍍ほど下って、広瀬川と韮川に分かれる堰に来ました。
その堰の上流で泳いで居たカモです。

009_800x605

堰の横の土手上には、数十羽のカモの群れが居ます。
手前に居たカモ、私が来たことに気付いたようで動き出しました。

010_800x600

カモたちを驚かさないようにその場を離れ、隣の上大島町へ向かいました。

≪速報:初雪≫
22日(月)の午前中、烏川のハクチョウ観察に行って来ました。
午後は雪が降るとの予報で、降り出したは午後1時過ぎでした。

降り始めのころの我が家の庭の状況です。
<PM2:42撮影>
001_800x599

夕食が終わって、外の庭を眺めた降雪状況です。
<PM6:02撮影>
005_800x592

その後降り続いた積雪は、20㌢以上になりました。
今朝は星空です。 夜が明けて明るくなったら初雪の撮影です。

| | コメント (10)

2017年12月25日

利根川右岸を歩く(完)

まだ五料橋の手前です。
水神祭りの麦わら舟は、前方に観える利根川の手前の中程で氏子たちが川に入って流します。

046

五料橋の下をくぐるには、右手の自転車道を行きます。

047

橋の真下に来ました。 利根川までは数十㍍はあります。

048

五料橋をくぐるり抜けた所で近くに見える赤城山を撮りました。
手前の白い建物は伊勢崎市の清掃工場です。

049

五料橋の南、坂東大橋から5kmの標識が立って居ます。

050

海から185kmの地点です。

051

河川の監視小屋でしょうか、この下を小川が流れて右手の利根川に注いでいます。

052

春には桜が綺麗なスポーツ広場公園に来ました。
右手の奥が駐車場です。

058

グラウンドゴルフの人たちが帰ってマイカーだけが残って居ます。

059

玉村町の汚水の蓋には、龍が描かれています。

060

先日は玉村ー高崎間の利根川自転車道を歩きました。
歩いた歩数は、15,363歩でした。

今回は玉村町の東部スポーツ広場公園から玉村ゴルフ場まで往復して来ました。
その歩数は15,381歩で、前回時より18歩多く歩きました。 

春の桜が咲く時季、再び訪ね歩きたいコースの一つです。  完

| | コメント (6)

2017年12月24日

利根川右岸を歩く(4)

自転車のコース案内に近づいてカメラに収めました。
左へ行くと高崎・新町方向で、ゴルフ場の横でカミさんが銀杏拾いをした所です。
右は歩いて来たコースで、五料橋を渡ると伊勢崎市内に入ります。

034

左の新町コース内に入って見ます。
少し歩いて行くと、左手に烏川、右手に新玉ゴルフがあります。

035

後ろを振り返ったら 「河川境界板」 が立って居ました。

036

右手の 「高崎河川国道事務所」方向に歩いて見ます。
変化がない真直ぐな道です。 ここで諦めて引き返します。

037

右手に赤城山を見ながら利根川の右岸を引き返します。

038

折り返して間もなく道端の石仏を見つけました。
石仏前の伸びた草をかき分けて、お参りを済ませてからカメラに収めました。

041

左手の玉村ゴルフ場に沿って伸びる自転車道を速足で歩きます。

042

先に分かれたカミさんの姿がまだ観えません。

043

五料橋が見える所まで来ました。

044

水神祭りで麦わら舟を流すところまで観ました。
正面に赤城山が大きく見えるようになりました。

045

往きにはくぐらなかった五料橋の下を、今度は橋の下をくぐって向こう側へ出ます。                        つづく

| | コメント (6)

2017年12月23日

利根川右岸を歩く(3)

ここは玉村町の五料です。
旧日光例幣使道を横切って五料橋を過ぎた所に出て来ました。
案内板 「海から185,5kmです」 が立って居ます。
東部スポーツ広場公園から1Km以上歩いて来たことになります。

五料橋を過ぎたこの辺り、毎年7月に行われる水神祭で、神輿に見立てた約7㍍の麦わら舟を利根川に流す所でもあります。
過去の一度見学に来て、いざ川に流す段階でここは蚊が多く、早々と退散した苦い体験がある所です。

023

利根川と自転車道の間にある林です。
フユツタが巻き付いた木が何本も見えます。

024

水神祭りが行われる飯玉神社の鳥居です。

025

参道脇にあった 「たまむら歌留多」 の読み札です。
水神祭りで、利根川に麦わら舟を流す光景を詠んで居ます。

026

飯玉神社の本殿です。
水神祭りの時は、本殿前に麦わら舟が奉納されて居ました。

027

再び自転車道に出て歩き続けます。
左手の芝生広場では、グラウンド・ゴルフの練習中をして居ます。

028

先ほどの距離案内があった場所から500㍍歩いてきました。
歩いて来た方向を振り返って撮りました。

029

回れ右をして歩き出すと右手にゴルフ場が見えて来ました。
カミさんはここから引き返します。 私はもう少し先まで歩きます。

030

ゴルフ場の高い防護柵の向こうに小さな池が見える所に来ました。

031

こんな穏やかな日のゴルフは、最高のプレーが出来るだろうと思いながら更に先まで歩きます。

032

少し歩いた所で右に大きくカーブします。
この位置では利根川から大分離れた所に来ました。

033

コース案内を撮っている後ろの向こうには烏川が流れて居ます。
今日はここまででにして引き返します。          つづく

| | コメント (6)

より以前の記事一覧