ウオーキング

2017年5月24日

庚申山ウオーク

五月晴れの良い天気です。 山歩きをするには最高の日和です。

整備を始めている遊歩道で、最初に出合ったのが古墳跡です。
庚申山の遊歩道で、今後見どころの一つとなる場所のようです。

048_1

ウグイスなど、野鳥の声を聴きながら遊歩道を歩いて、展望台下の祠の前に来ました。
前任者を見習って、祠に手を合わせてから左折して登ります。

049_2

登ってきた遊歩道は、展望台の後方になります。
先に展望台の3階まで上って景色を眺め、下りてから正面へ回って展望台を撮りました。

054_3

先に登った展望台の3階から、小さな藤棚と手前の庚申塔を見下ろして撮りました。

050_4

展望台を下りた後です。 庚申塔の前に立って石塔を撮りました。
ここ庚申山山頂は189 mです。

055_5

庚申塔の正面にある男坂です。 
楽な女坂の遊歩道は藤棚の向こう側です。
帰りはこの男坂の幅広い石段を下って、庚申山総合公園の方へ向かいます。

059_6

石段の途中で振り返って頂上方向を撮りました。
石段の両端には、自然石に庚申と刻んだ石碑が幾つも幾つも並んでいました。

061_7

一番下に下りて、再び頂上方向を振り返って撮りました。

062_8

庚申山総合公園のひょうたん池です。
堤防の上の中ほどに立って、歩きながら観て来たツツジやサツキの花が咲いて居た方向を撮りました。

063_9

この後です。 ここから藤の咲く丘までの急坂を登って帰ります。
急坂を登り切った後は、藤棚の横に並ぶ野外売店に寄って、仏壇に供える草団子を買って帰りました。

| | コメント (8)

2017年4月11日

ウオーキング

4月2日の午後は、素晴らしい天気でした。
家に閉じこもって居ては勿体ないとウオーキングに出掛けました。

我が住宅団地の外れの住宅の垣根に見事なツバキです。

001_1

直ぐ隣りには、ひと際赤いツバキの花も咲いて居ました。

004_2

広瀬川沿いの畑に咲いて居た、見事なギンヨウアカシアです。

005_3

近くに寄って撮って見ました。

006_4

広瀬川沿いの土手で見つけたツクシです。
今年初めて観るツクシは、春の日差しを受けて可愛さ百倍です。

008_5

と、隣の畑の草むらで動くものを見つけました。
私が来たことに驚いて、逃げ出すカモの番でした。

015_6

小さな小川の堰の渕で咲いて居たヒマラヤユキノシタです。
花は終わりに近く、良いとこ撮りで撮って来ました。

016_7

朝のキジ観察で訪ねるH造園業資材庫北隣りの麦畑まで来て、キジ♂を見つけましたが、昨日のブログで紹介しました。

前の畑の弾けるようなネコヤナギに魅せられて撮りました。

023_8

折り返して帰る途中のサクラ並木です。
咲き始めてた桜の木へ、ヒヨドリが蜜を求めて群がって居ます。

041_9

咲いたばかりの桜の一枝を選んでカメラに収めました。

042_10

出歩いて見ればいろいろな植物との出合があります。
楽しく健康づくりが出来た、4月2日の午後となりました。

| | コメント (6)

2017年1月 8日

正月2日のウオーク

元日は朝のラジオ体操から初日の出の撮影、ニュ-イヤー駅の応援、菩提寺の護摩修法、夜には孫たちが来た忙しい一日でした。

2日は特に予定がありません。
午前中テレビで箱根駅伝を観ながら、昨年暮れに新聞販売店から貰った 『平成二十九年高島歴』 を読んで居ました。
その中で 「方位吉凶図」 を見て丑寅の方向が悪い方向と知って、午後になって我が家から丑寅の方向へ歩きに出ました。

我が家から丑寅の方向、国道を渡って隣りのK町に来ました。

住宅地から広い場所へ出たところで、小さな赤い鳥居を見つけて立ち寄って見ると愛宕神社でした。
正月を迎えてしめ縄も新しく、清々しい気持ちで参拝できました。

001_800x584

小さな川を渡った所で、畑の脇で咲き始めて居た紅梅です。

003_800x600

近くにはJR両毛線が走って居ます。
踏切を渡る手前に来て小山行きの下り電車が通過して行きます。

005_800x599

踏切を渡った所でマンホールの蓋を見付けました。
前橋市のマンホールの蓋はバラが点いて居ます。

こちらはGUNMAの文字の下に上毛三山、アユ、そして県指定の鳥キジが付いて居ます。
県のマンホールの蓋は初めて見ました。

007_800x749

我が家の近くの畑に来て出合った石像です。
左側が地蔵菩薩、右側が聖観音菩薩石像です。

008_800x618

我が家から丑寅の方向を歩いて見て来た、正月2日の晴れた日の午後のウオーキングでした。

| | コメント (8)

2016年12月30日

ウオーキング(続)

S町の大通りで、民家の庭先で見つけたのはユッカでしょうか?
ユッカは夏の花とばかり思って居ましたが、種類が違う物でしょうか、寒いこの時期でもありました。

よく観ると蕾に薄いピンク色が見えて、花形も少し大きめです。

011_619x800

続いて我が団地内に来ました。
韮川添いの住宅で観た、可愛いサンタクロースの人形です。
煙突を探して、縄梯子をの上って行くのでしょうか ・・・・。

012_591x800

垣根の下を見ると、ここにも可愛いサンタクロースや子供の人形が並んで居ました。
既にクリスマスは終わって居ます。
でもこの家では、家族団らんの楽しいクリスマスが出来たことだろうと、想像しながら観て通りました。

013_800x588

最後は、グラウンドゴルフの練習場でもある公園に来ました。
何時もプレー中で下向きです。 
2番ホール近くにビワの木があることは知って居ましたが、木の上で花が咲いて居ることまでは気が付きませんでした。

015_800x631

暫くぶりの北コースのウオーキングです。
歩いて見れば、また新しい発見があった午後からの歩きでした。

| | コメント (8)

2016年12月29日

ウオーキング

オオタカのヒナ観察以来、久し振りに北コースの歩きです。 
団地の横を流れる韮川の右岸に沿って、北のS団地に向かって歩き出しました。

隣り町のS団地内を通り抜けるときに見つけたアロエです。
アロエは花が咲くのでしょうか? 
また、ここでは珍しいアロエは薬草にでもするのでしょうか ・・・・。

001_640x548

S団地を抜けた後、空き地の花畑に来て蕾をたくさん付けたアセビと出合ました。

002_640x489

可愛い蕾をアップで撮って見ました。

003_800x602

こちらはザボンでしょうか、黄色い大きな実が生って居ます。

004_800x600

この花柄は何でしっょう?
この辺りアイテイチョークがたくさんあった所ですが、花柄は木の枝に着いて居るのでアイテイチョークではないよです。

005_800x600

韮川新橋の一つ上の橋まで来ました。 
橋を渡って右折し、今度は遊歩道を歩いて帰ります。

浅い韮川に居たカモたちです。
パン屑でもやる人が居るのでしょうか、人の姿を見てそわそわしているようにも見えます。

009_800x604

手持ち無沙汰の年寄りです。
そんな気持ちで見ているせいでしょうかか、カモの顔が少し寂しそうにも見えます。

010_800x599

遊歩道を出て、S町の中を通り抜けて団地内に入ります。 つづく

| | コメント (6)

2016年11月26日

玉村ウオーク(完)

ネットトンネルをくぐり抜けた、直ぐ左手の玉村ゴルフ場内です。

ゴルフ場内は綺麗な紅葉が観られます。 
手前の小さな池にはカモが見えますが、プレー中の人が居てものんびりと過ごして居るようです。

036_800x599_2

ゴルフ場の外れに来ました。
サイクリングロードは、正面の土手下を左へ急カーブして、数十㍍走った所で土手上で右折れて進みます。

037_800x600

土手下の向こうに見えるゴルフ場です。
綺麗な紅葉ですが、陽の光が欲しい所です。
041_800x600

サイクリングロードを直進して、小さな橋で左折します。

042_800x598

ここは本線を歩いて左折します。

044_800x597

左折して50㍍ほど歩いた所の土手下に、川井城跡 「八千矛神社」 が鎮座しています。

052_800x589

社殿下に咲いて居たツワブキです。

055_800x601

参拝を終えての帰り、土手下に祀られていた石地蔵です。

059_800x599

帰りは寄り道をせず、真直ぐ烏川河川敷総合レクリェーション公園へと帰りました。
カミさんと二人で健康づくりができた晩秋の午後となりました。 完

| | コメント (8)

2016年11月25日

玉村ウオーク(2)

烏川が見える所に来て、フェンス越しに下流方向を撮りました。

022_800x584

カメラを右に振って上流方向を撮りました。
天気が良ければ遠く西上州の山々が見える所ですが、曇って居て見えません。
セイタカアワダチソウが黄葉して居るのですが、日差しがな分いまいち輝きがありません。

024_800x592

歩いて行くサイクリングロードです。 突き当たると左折します。

025_800x599

突き当りの左折する場所に来ました。
振り返ると1本のイチョウです。 黄葉には少し早いようです。

026_800x600

左へカーブした所に立っていた案内標識です。
右の新町方向から来て、左の伊勢崎方向へ歩いて行きます。

031_800x598

この辺りに来てギンナン拾いのカミさんと別れて、一人で伊勢崎方向へ歩きます。

↓、左手のイチョウの木がある方が玉村ゴルフ場で、右手が新玉
   村ゴルフ場です。
   正面のゴルフボール除けのネットトンネルをくぐって行きます。

032_800x600

ネットトンネルをくぐり抜けた直ぐの所のイチョウです。

034_800x600

振り返るとネットトンネル脇のイチョウの黄葉です。 
日の光が当たって居たらと、惜しまれてなりません。

035_800x600

サイクルロードのウオーキング、もう少し先まで歩きます。 つづく

| | コメント (8)

2016年11月24日

玉村ウオーク(1)

去る11月14日、曇り空でしたが今年も玉村ゴルフ場横のサイクリングロードへ歩きに行って来ました。

岩倉橋手前の烏川河川敷総合レクリェーション公園に車を止めて、さっそく公園内を歩いて見ました。
大きなケヤキが紅葉して居ます。

001_800x600

花が終わってから葉が出る、ヒガンバナが青々としています。

002_800x590

右手のゴルフ場のイチョウは、黄葉には少し早いようです。

003_800x577

ゴルフ場の中を覗くと、綺麗な紅葉が始まって居ました。

004_800x597

垣根のピラカンサの実が真っ赤に色づいて居ます。

009_800x598

ゴルフ場内の1本のドウダンツツジが、ひと際目立って綺麗です。 
ここで太陽の光が欲しい所です。

010_800x599

河川敷のコースに出て来ました。 右を流れるのが烏川です。

018_800x600

この辺り、河川敷の紅葉が綺麗です。

020_800x600

川岸に出て観たい所ですが、フェンスが高くて跨ぎ切れません。
もう少し行った所で川岸に下りて見ます。       つづく

| | コメント (10)

2016年11月12日

遊歩道アプトの道(完)

めがね橋からの帰りです。
第3号トンネルを抜けると右手に碓氷湖が見えて来ました。
往路時、湖を一周しようと歩き出したのですが、工事中で途中から引き返しました。

朱いミニめがね橋が見えます。
日差しがあったら、見事な紅葉が観られただろうに残念です。

069_800x597

北原白秋歌碑の近くまで来ました。 時計を見ると昼の時間です。
坂道を登って、国道旧18号沿いの玉屋ドライブインへ寄りました。

079_800x596

遊歩道を歩いて咽喉が乾き気味です。
私は汁物のらーめんにライス付き、カミさんはラーメンに名物の力もち付きです。

先に食べ終わった私は、カミさんの前の力もちが気になります。
貰って食べた美味しさに、次々とおねだりをしました。(笑)

073_800x767 075_563x800

店の奥から若主人が出てきて、力もちの話をしてくれました。
「1週間前の上毛新聞紙上でも紹介されました。」 と言います。
「私たちも新聞記事を読みました。」 と話が弾みます。

同峠にある四軒茶屋の一軒です。
250年以上の歴史がある老舗の名物 「力もち」 です。
注文を受けてから餅をちぎり、あんこを付けてさっと丸める。
「あっさりした甘みでぺろりといける。」、本当にそうでした。

076_800x569_640x455

みやげに力もちを買って店を出た所で、若主人が出てきてシャッターを押してくれました。 碓氷峠での記念の一枚となりました。

玉屋さんを出てから歩いて数分後、遊歩道アプトの道 「とうげのゆ駅」 に着きました。

081_800x600

腹を満たしたことでも有り、峠の湯近くに来て辺りを散策しました。
もう少し色づいて光が当たって居たらと思いながら眺めました。

083_800x593

すぐ近くにあった小さな吊橋です。
渡った向こうのイチョウが色付いて来ました。

088_800x606

色付いたモミジの向こうには裏妙義山がそびえて見えます。
険しくて厳しい山です。 私には眺めるだけの山のようです。

093_800x598

11月に入っての紅葉狩り、楽しく歩けた碓氷峠路の遊歩道アプトの道ウオーキングでした。                  完

| | コメント (6)

2016年11月11日

遊歩道アプトの道(4)

アプトの道では2番目に長い、第5号トンネルの前に来ました。
長さ224㍍のトンネル内はカーブして居て、その先が見えません。

055_5

5号トンネルの出口付近に来て、人が居なくなるのを待って外観を撮りました。
めがね橋付近の紅葉を観るには、少し早かったようです。

056_800x603

めがね橋の入り口左手の山際に立って、めがね橋から6号トンネル付近の紅葉を撮りました。
太陽の光が当たれば、今一紅葉も映えるでしょうが残念です。

057_800x661

カミさんがめがね橋まで来ました。 記念撮影です。

060_800x595_640x476

めがね橋の真ん中に立って、碓氷峠の山方向を撮りました。

058_800x599

今度は反対側に立って、国道旧18号方向を撮りました。

059_800x600

第6号トンネルの入り口です。
全長546㍍と最も長いトンネルは、200㍍ほど歩いたことがあるだけで、通り抜けしたことが有りません。
来年当り、58歳? を祝して熊の平まで完歩して見たいものです。

062_6

今回はめがね橋下の国道旧18号には下りずに、このまま来た道を折り返して帰ります。                つづく

| | コメント (8)