まつり

2017年10月24日

笠懸の武技(完)

射て武者が矢を放って駆けつけた、右手のゴール方向です。
赤い大きな扇子が上がりました。 
騎馬武者がこれから出向くという合図のようです。  

それに応えるように、左手の馬場では白い大きな扇子を静かに振って、OKの合図をして居ます。 

051

右手の方から拍手で迎えられる、射て武者一騎目の登場です。

052

次に、二騎目の登場です。

053

続いて、三騎目の登場です。

054

最期の四番手の射て武者です。

055

一騎、二騎の射て武者の撮影は失敗しました。

三番手の射て武者が、疾走しながら一番的の板的を狙いました。
放った矢は的から外れて失敗です。

058

続く二番的は見事に命中したようで、大きな歓声が聞こえます。

059

三番手の射て武者の疾走です。 結果は ・・・・。

060

続いて二番的を狙って矢を放ちました。 どよめきが上がりました。

061

最後の射て武者も矢を放って通過して行き、今年の 「笠懸の武技」 も無事に終了しました。

右手馬場方向から射て武者や関係者が引き上げて来ます。

063

最後の射て武者に続いて、御幣や関係者が引上げます。

064

天候にも恵まれた、2017年の 「ひまわりの花畑まつり」 です。
今年も古式にのっとった 「笠懸の武技(流鏑馬)」を観ることができ、満足しながら我が家へと帰りました。          完

| | コメント (6)

2017年10月23日

笠懸の武技(2)

馬上の射て武者は4人です。
一回の武技で、一人が二つの的をめがけて矢を放ちます。

武技が終わると、放った矢を拾った若武者が手渡しの儀です。
お手伝いするのは地元の女子中学生です。
着用の装束は大人用で大きいのでだぶついているとの説明です。

038

右手から次の射て武者が入場し、馬場の左手へ移動です。

040

一番手の武者が1番的へ駆けつけて来て、笠懸の的を狙って矢を放ちました。

041

続く2番手の武者も笠懸の的を狙いました。

042

続く3番手の武者は板的を狙って矢を放ちました。
見事に命中し、板的が飛び散って居ます。

043

続く4番手の武者も板的を狙い見事に命中です。

044

板的を交換するのも儀式の一つです。 若武者がお手伝いです。

045

馬場の右手から3回目の武技を行う射て武者の入場です。

046

一番手の射て武者は板的を狙いましたが、矢は外れました。

048

二番手の射て武者は、見事に板的に命中です。

049

続いて、二つ目の板的も命中したようで大きな歓声が聞こえます。

050

この後、笠懸の武技も最後の試技となります。      つづく

| | コメント (6)

2017年10月22日

笠懸の武技(1)

ひまわり畑の見晴らし台から眺めた、笠懸の武技(流鏑馬)の馬場方向のひまわり畑です。
正面の青い二つの大きな的は、13:30から始まる武技で使う 「笠懸の的」 と呼ばれるものです。
今回の武技では、笠懸の的と板的の2種類の的を使うことになって居ます。

007_2

一番的の近くで場所取をしながら、売店で買ってきたまんじゅうを食べながら武技が始まるのを待ちました。
しばらくして、馬場の左手の方から主催者や関係者が入場です。

022

主賓・来賓、関係者が着席して本番を待ちます。

024

主賓・来賓、関係者が揃って待機中です。

028

暫くして、右手の関係者席横で、
「これから武技を始めます。」 との射て武者の報告の儀です。

026

報告の儀が終わると、射て武者が馬場の右手から入場です。
今日の笠懸の武技で駆ける馬は4頭です。
今朝早く日光らから来た4頭の馬は、この馬場での試走も済んでいると言います。
馬場は通常幅2㍍、長さ200㍍とのことですが、ここの馬場は幅160㌢しかとれない幅の狭い馬場との説明です。

029

馬上にまたがる射て武者は4人です。

031

13:40、一番手の武者が駆けつけて青い笠懸の的を狙って矢を放ちました。

033

残念ながら矢は的から大きく外れたようです。

034

続いて2番手の武者です。
放った矢は、的より少し右手に当ったようです。 

035

続く3番手は女性武者です。
放った矢は見事に的に命中、次の2番手の的に向って疾走です。

036

回りの観客のどよめきを聞きながら、カメラを構えて次の騎手が駆けつけてくるのを待ちます。                つづく

| | コメント (12)

2017年10月21日

ひまわり祭り

10月8日の日曜日、
今年もみどり市笠懸町鹿の吹上地区の 「ひまわりの花畑まつり」 を観に行ってきました。

遊休農地の活用を目的に、地域のボランテイア団体がまつりの期間中に花が咲くよう、8月の初旬に種をまいて育てたひまわりと聞きました。
誰が数えたのでしょう ・・・・?
新聞記事では 「遅咲きのひまわりが12万本」 と書いて居ます。

大きな真ん丸顔のひまわりが、笑顔で迎えてくれました。

005

演芸舞台の後方に広がるひまわり畑です。
嬉しいですね。 ひまわりがみんなこちらを向いて居ます。

007

ひまわり畑の中程に、見晴らし台があります。
登乗定員8人に制限されている見晴らし台に上っての撮影です。

008

この後に実施される、笠懸の武技(流鏑馬)会場方向のひまわり畑を撮りました。
馬場には、既に的も用意されて居ます。

009

見晴らし台の北側に咲くひまわりです。

010

見晴らし台を下りて、ひまわり畑の中を歩いて売店に向かいます。
丸顔のひまわりが、お出でお出でをしているようです。

012

ふかしまんじゅう店の前は長い行列が出来て居ます。
その行列に並んで居たら、直ぐ横にチンドンがやって来ました。

014

舞台に上がってのチンドン演奏です。

017

観客の笑いを誘いながら口上を述べて居るリーダーです。

019

この後、チンドンはひまわり畑の中を演奏しながら回って居ました。

021

私たちは流鏑馬会場へと向かいます。

071

早い人はもう場所取が始まって居ます。 
私たちも一番的の近くで場所取りをして待つことにしました。

| | コメント (6)

2017年10月12日

やぶ塚かかし祭り(4)

※岡登堰土地改良区賞 (作品名:不詳)
     手を取り合った、仲睦ましい夫妻案山子のようです。    

041

※岡登堰土地改良区賞 
     (作品名: 「ぐんま」 の野菜を 「ちゃん」 と食べてネ!)

042

※岡登堰土地改良区賞 (作品名:不詳)

044

※岡登堰土地改良区賞
     (作品名: 「ハゲェー」 と言われています!)

045

※岡登堰土地改良区賞 (作品名:不詳)

051

※岡登堰土地改良区賞 (作品名:不詳)

059

以下、入賞外作品です。

052


053

巨大かかし前の土手に来て初めて1本足の案山子を観ました。
太田名物のヤマトイモやダイコンも1本足で立って居ます。

020


021


022

素晴らしい秋晴れの一日でした。
今年もやぶ塚のかかし祭りで元気とパワーを貰ってきました。 完

| | コメント (3)

2017年10月11日

やぶ塚かかし祭り(3)

一般部門における敢闘賞等のかかし作品です。

※敢闘賞 (作品名:不詳) 
       ◎スキーのジャンプやそりを楽しむ女の子がいます。

024

※敢闘賞 (作品名:不詳)
       ◎藪塚温泉でくつろぐくんまちゃんが見えます。

026

※敢闘賞 (作品名:不詳)
       ◎太田名産の児玉スイカとやきまんじゅうが見えます。

027

※敢闘賞 (作品名:不詳) 
       ◎将棋の藤井さんと加藤さんの対局場面を再現です。

034

※敢闘賞 (作品名:不詳)
       ◎やぶ塚のかかし祭りに桃太郎が出向いたようです。

036

※敢闘賞 (作品名:不詳)
       ◎七福神の一人、幸福と長寿の神様福禄寿です。 

040

※敢闘賞 (作品名:不詳) 

047

※敢闘賞 (作品名:不詳) 

049

※岡登堰土地改良区賞 (作品名:不詳)

029

※シー・ビー・エス賞 (作品名: かかし音頭)

032

やぶ塚かかし祭りのブログは、明日へと続きます。

| | コメント (8)

2017年10月10日

やぶ塚かかし祭り(2)

三島神社前の広場には子供たちの創作かかしが、神社西側の土手には一般の創作かかしが並んでいます。

高さ10,5㍍、横幅7,5㍍の鉄骨製の巨大かかしが、祭り会場を見下ろして居ます。

019

一般の部のかかし作品です。
≪一般の部総評≫
「あいにくの荒れ模様中での設置作業となり、自ずと堅牢性が問われる結果となった。
テーマとしては、テレビや映画から話題性に富むもの、現代社会やふるさと群馬(太田藪塚)に目を向けた作品、また、いつの時代も人気のある人物やキャラクターなど多岐に及んでいた。」

※グランプリ 作品名:谷田部家(台花クラブ) 太田市長賞
 
031

※準グランプリ (作品名:不詳) 太田市新田商工会賞

038

※特選 (作品名:不詳) 藪塚本町旅館組合賞 

028

※特選 (作品名:不詳) 藪塚西部地区賞 

033

※特別賞 (作品名:不詳)

025

※特別賞 (作品名:不詳)

035

※特別賞 (作品名:不詳)

037

※特別賞 (作品名:不詳)

043

※特別賞 (作品名:不詳)

048

やぶ塚かかし祭りのブログ、明日へと続きます。

| | コメント (8)

2017年10月 9日

やぶ塚かかし祭り(1)

9月30日から始まった、「2017年(第34回)やぶ塚かかし祭り」 を今年も観に行って来ました。
最初に、ジュニア部門の方から観て回りました。

メモを取ってこなかったのが残念です。
今年は展示かかしの一覧表がなくて貰えず、作品名は分る範囲での記述です。

※ジュニアグランプリ 大田市教育委員会賞
  作品名: ○×ちゃんと○□ちゃんの日本○○めぐり

017

※ジュニア特選  太田市議会賞
  作品名: お米を守るむしレンジャー

014

※ジュニア特選 太田市〇〇賞
  作品名: 不明

018

※ジュニア特別賞
  作品名: やってみよう!

015

※ジュニア特別賞
  作品名: バンドスピーナーで害鳥を追い払え!

016

※作品名: ちびっこまつり①

055_800x590

※作品名: ちびつこまつり②(左側のみこし)

056_800x578

※作品名: ちびっこまつり③(右側のみこし)

057_800x591

※作品名: ミニオンズ ・・・・ (以下不明)

058_800x573

たくさんある作品の中から適当に選んで撮って来ました。  つづく

| | コメント (8)

2017年8月 5日

へそ踊りパレード(完)

医療法人石井会の皆さんが飛び跳ねながらやって来ます。

168

若い人たちのグループです。 踊りに元気があります。

169

左の踊り手さんは汗かきでしょうか、腹絵が消えかけて居ます。
暑いのに、ご苦労さんです。

170

黄色い法被に、揃いのTシャツ姿の踊り娘が来ました。

172

金融関係の団体ですが、大きな幟旗を見るのを忘れました。
何処の団体でしょうか ・・・・。

173

元気よく飛び跳ねてきたのは渋川青年会議所の皆さんです。
腹絵を見ると、みなさん同じアニメの顔絵です。
先の幼稚園先生も同じ顔の絵でした。

と、突然カミナリが一つ鳴り出しました。
へそ踊り見物に夢中でしたが、空を見上げると黒い雲が見えます。

175

と、右横から 「よろしいでしょうか、中間に入れて下さい。」
見れば鼻筋が通った美人の若い性です。
「はいどうぞ!」 、少し左へ寄って席を空けました。

176

と、女性はスマホを出して横にしながら
「撮影は初めてなんです。 どう撮ったら良いか教えて下さい。」
「そうですか、では一緒に撮りましょう。」

「踊りは向こう側へ行って飛び跳ねてからこちらを向いて帰って来ます。 その時がお腹の絵が見えてチャンスです。」
「はい! こちらに向いて来ました。 今がチャンスです。 はい!」

177

「またこちらを向いてきましたよ! はい!」

178

「いいですか、またまたチャンスですよ! はい!」
隣りの若い女性と一緒の撮影会です。

ここは渋川 日本の真ん中 
          腹出せヨイヨイ へそ出せヨイヨイ

あっち行ってピョン、 こっち来てピョン ・・・・ 

180

撮影に夢中になって居ると、続けて雷が鳴り出しました。
「済みません。 私たちはこれで帰りますのでこちらでどうぞ!」
若い女性に席を譲って、慌てて市役所駐車場へと帰りました。

第34回 渋川へそ祭り、雷は鳴ったものの雨は降らずに終わったようです。
元気であれば、また来年も観に来たい渋川へそ祭りでした。 完

| | コメント (8)

2017年8月 4日

へそ踊りパレード(3)

北群馬信用金庫の皆さんが来ました。

153_1

このチームはアニメの腹絵が多いようです。
後方からクマモンが踊って来ます。

156_2

クマモンが渋川のへそ踊りに来てくれたようです。
腰にぶら下げて居る黄色い袋は何でしょう ・・・・。

158_3

前のグループに追いついたようです。 踊りが停滞して居ます。

159_4


160_5

続いて、JR渋川駅グループの皆さんがやって来ました。
先頭の踊り手さんは、愛嬌を振りまきながら踊って行きます。

161_6jr

前の2人のTシャツには煙を吐いて走る汽車の絵が見えます。
後方の大きなお腹の武者絵は威厳があります。

162_7jr

揃いの緑の半纏に真っ赤な帯が目立ちます。

163_8

前が詰まって踊りが完全に立ち止まりました。
立ち止まった皆さんの顔とお腹の顔を見比べるのも面白いです。

165_9

へそ踊り再開です。 大きな目玉の顔絵が前を通過して行きます。

166_10

ここは渋川 日本の真ん中
           腹出せヨイヨイ、へそ出せヨウヨイ ・・・・。

あっち行ってピョン、 こっち来てピョン ・・・・。
道路の向こう側は手踊りの皆さんが踊って行きます。
手前の方は、へそ踊りの皆さんが元気に踊って行きます。 つづく

| | コメント (12)

より以前の記事一覧