サイクリング

2016年9月24日

キジサイクリング

9月21日、台風16号は関東の沖合で熱帯低圧になりました。
しかし天気は今一すっきりしません。
出掛けるには午前中と思い、自転車でキジ観察に出掛けました。

コースは北のA町でヘビウリを観て、その後田園地帯を南下しようと、西へ1㌔ほど走って田園地帯を北に向かいました。
ヘビウリ棚の横の空き地に居たダイサギです。

009_640x468

赤いヘビウリには、黒ずんだ模様が付いて来ました。
眺めて居て、ますます不気味な感じになって来ました。

013_640x521

ヘビウリの重みで倒れた棚も、しっかり補強されて大きなヘビウリが生って居ます。

010_640x466

ヘビウリ棚の前に咲いて居た、ダチチョウセンアサガオです。

014_640x466

自転車で南下する途中の空き地で見つけたダイサギです。

016_640x458

先日ダイサギとカモガ居た休耕田には、カモの姿が見えません。
上の田んぼを見ると、田んぼに人が入ってヒエを抜いて居ます。

018_640x475

一昨日のキジウオークで訪ねた時、キジとの出合いがあった田んぼに来て見ましたがキジの姿がありません。
近くに居たダイサギを撮って我が家へと向かいました。

019_640x479

雨続きだった中での曇り空、サイクリングで健康づくりが出来たひと時となりました。

| | コメント (6)

2016年9月 7日

サイクリング(2)

ヘビウリ畑から南へ約2kmほど自転車を飛ばして左折し、民家の畑に来てヒャクニチソウと出合ました。
紅白二つの花です。 
何か良いことが有るようにと願いながら撮りました。

035


038_640x600

ヒャクニチソウの隣に咲いて居たケイトウです。
ヒマアカタテハでしょうか吸蜜に来て居ます。

054

うまく吸蜜できないのか、逆さになって頑張って居ます。

062_629x640

住宅地の外れの桑の葉に、セセリョウが飛んで来て止まりました。

072

少し離れたキクイモの葉に止まる、小さなショウリョウバッタを見つけました。

074

自転車で、竹藪の横を走って居ます。
その竹薮の側に生って居たカラスウです。 
この実が赤くなる頃は秋も深まります。

075_640x516

我が家の近くに来て、門扉に絡む花を撮りました。(花名不詳)

078_640x449
(ブログ友のhirugaoさんに 「サンパラソル」 と教えて貰いました。)

韮川沿いに建つ住宅の庭にしていたモミジアオイです。

080_640x620

我が家に着いて、自転車を下りたら一気に汗が吹き出しました。
暫くぶりのサイクリングです。 
汗はかきましたが、その後のシャワーで気分は爽快でした。

| | コメント (8)

2016年9月 6日

サイクリング(1)

自転車でヘビウリを観ての帰り、田園地帯を回って帰ります。

広い田園地帯です。 
ヘビウリ畑から南に向かって快調に自転車を飛ばして来ました。

広い田んぼの真ん中に紅白のクレーンが6機、青空に向かって伸びて居ます。
前橋赤十字病院の新築工事です。 
工事現場の南に来て、空高く伸びるクレーンを撮りました。

012_640x461

垂れさがった稲穂です。 今年の作柄は平年並みと聞きました。

015_640x480

このまま台風などに出合わないで収穫を迎えて欲しいものです。

016_640x479

小川で出合ったトンボは、リユウキユウハグロトンボのようです。 
人の影を見ては直ぐに飛び発ちます。

020_640x429

畑に咲いて居たジンジャーです。 
芳香があるのですが、時期が遅いのか芳香はしませんでした。

021_640x479

農家の近くに来て、ムクゲがあ咲いて居ました。
先日、フヨウとムクゲを間違えてブログ友の山小屋さんから教えて貰いました。

025_640x479

こちらは「日の丸」と名が付くムクゲで、覚えやすい花の名前です。

028_640x457

屋敷の周りに咲いて居たボタンクサギです。
夏が過ぎて花は終わろうとしているようです。

030_640x521

ここで左折して、西から東の方の我が家へと帰ります。  つづく

| | コメント (8)

2014年11月 1日

サイクリング(完)

桃ノ木川サイクリングロードのスタート地点まで来ました。
天気もまずまずです。 
もう少し先まで行って見ようと自転車をこぎました。

一本橋から300mほど走って沼橋へ来ました。
                 <沼 橋>
054

沼橋から北代田橋まで200m足らず。
次の二つ橋まで約300mと小さな橋の連続です。
                <北代田橋>
055

二つ橋のたもとの林の中に来ました。
桃ノ木川サイクリングロードと違って、橋のたもとに来てから前に進むには道路を横断しなければなりません。
我が家から約13㌔ほど走ってきました。 ここで引き返します。
                <二 つ 橋>
056

二つ橋のたもとに有った、枯れ山水と子ども遊具の木馬です。
                <枯れ山水>
058

                 <木 馬>
057

サイクリングロードスタート地点近くの一本橋下も一気に通り越して、大正橋下の堰まで来ました。
カモが岸辺に近づいてくるのをカメラに収めてさらに走り続けます。
                 <カ モ>
062

国道50号に架かる観音橋近くに来ました。
ここでサイクリングロードから外れて、土手の石段(20数段)を上って国道50号に出ます。

自転車を担いで石段を上り、国道50号を横断して観音橋のたもとに来ました。
橋のたもとには、源義経の伝説が残る 「越掛の石」 が有ります。
               <義経の越掛石>
065

               <越掛石の案内>
066

朝のラジオ体操の友だちから
「E小学校裏の蕎麦の花が綺麗です。」 との情報を得て居ました。
E小学校は此処からの帰り道です。 寄って見て行きます。

     蕎麦の花一斉下校子等の声   昭一

     (そばのはないっせいげこうこらのこえ)

                <蕎麦の花①>
067

                <蕎麦の花②>
069

桃ノ木川サイクリングロードを、上流に向かって走ったのは久しぶりでした。
緩やかな上りの自転車こぎは少々きかったものの、帰りは爽やかな気分で自転車を飛ばしました。
終わって見ればお尻が少々痛かったものの、いつの日かまたこのコースを走って見ようと思っています。

| | コメント (8)

2014年10月31日

サイクリング(5)

県道3号線に架かる天神橋を過ぎると、前橋市内から北部へ向かう橋が次々と現れてきます。

天神橋から200mほど走って浪華橋下の堰に来ました。
ゆったりと流れ落ちる堰の向こうに、こんもりとしたj森が見えます。
江戸時代の剣豪上泉伊勢守の菩提寺が有るところです。
この辺り、春には左手の土手の桜が見事な花を見せてくれます。
               <浪華橋下の堰>
042

                <浪 華 橋>
043

浪華橋から200mほどで泉橋に来ました。
                 <泉 橋>
045

浪華橋、泉橋とくぐり抜けて数百m走って大宝橋に来ました。
この橋は、毎月の墓参で嶺公(霊)園へ通うときに渡る橋です。
橋を渡った左手には群馬県立県民健康科学大などがあります。

大宝橋の下から次の大国橋が見えています。
                <大 宝 橋>
046

サイクリングロードは
大国橋を過ぎたころから左へ緩やかなカーブをして走ります。
                <大 国 橋>
047

                <幸塚大橋>
048

幸塚大橋を過ぎると、前方が開けて大正橋が見えて来ました。
              <大正橋下の堰>
049

この辺り地元の人がカモに餌を与えているようです。
小さな浅い堰には何時もカモが居るところです。
           <大正橋下の堰で泳ぐカモ>
051

カモを右手に見て200m足らずで大正橋に来ました。
                <大 正 橋>
052

大正橋をくぐって、さらに200mほど走ってスタート地点近くの一本橋に来ました。
橋の下をくぐって前の坂道を登った所がスタート地点です。
                <一 本 橋>
053

下流の簗場堰から上流に向かって11,5kmの桃ノ木川サイクリングロードを上流のスタート地点まで走ってきました。
ここで一息入れてからもう少し上流方向を探索して見ようと、自転車をこいで出掛けました。

| | コメント (4)

2014年10月30日

サイクリング(4)

国道50号に架かる観音橋をくぐると直ぐ兵藤堰が見えて来ました。
水量が多い兵藤堰は、落差が大きく激しい堰のようです。
               <兵 藤 堰 ①>
029

上流を眺めると、川はゆったりと流れて多量の水を溜めて居ます。
               <兵 藤 堰 ②>
030

兵藤堰から数百m走って青い鉄管を抱えた桃ノ木橋に来ました。
               <桃 ノ 木 橋>
031

↓、桃ノ木橋をくぐって500mほど走ると竹橋が見えて来ました。
   この堰も釣り人が見える所です。 何が釣れるのでしょう ・・・・。
               <竹 橋 ①>
032

              <竹橋下の堰①>
033

↓、堰の端に立って上流方向を撮りました。
   左手にゴルフの練習場が見えます。 
              <竹橋下の堰②>
035

               <竹 橋 ②>
036

竹橋をくぐって500m足らずで石関橋に来ました。
               <石 関 橋>
038

↓、石関橋をくぐると直ぐ前に上毛電鉄の鉄橋です。

右から左方向へ、中央前橋駅行きの電車が通過して行きます。
鉄橋の向こうには、次の橋天神橋が見えます。
              <上毛電鉄鉄橋>
039

天神橋は県道3号が通る橋です。
前橋市内の主要箇所へ往き来できるように、県道へ出られる脇道が出来ています。
               <天 神 橋 ①>
040

天神橋手前のピラカンサが赤い実を付けています。
               <天 神 橋 ②>
041

全長約11,5kmの桃ノ木川サイクリングロードです。
下流の簗場堰から3分の2、およそ7km以上は走ったと思います。
ゴールまでもうひと踏ん張りです。 上流に向かって自転車をこいで行きます。

| | コメント (4)

2014年10月29日

サイクリング(3)

笂井(うつぼい)橋から500mほど北に走って日下部橋に来ました。
右の端桁の向こうに大きな木が見えて来ました。
                <日下部橋>
022

                <大木の幹①>
023_800x592

土手を下りて近くに寄って見ると大きな木の幹は二股です。
                <大木の幹②>
024_715x800

反対側に回って見ました。 なかなか複雑な幹です。
幹の周りには庚申塔や馬頭観音石碑が有ります。
                <大木の幹③>
025_800x605

巨木の奥に有った小さなお堂です。
観音堂? 薬師堂? 格子戸から中をのぞいた見ました。
中央の観音立像? 右側に地蔵坐像が安置されていました。
出るときに出会った人に聞いて見ましたが、何堂か分らないとのことでした。
                 <お 堂>
026_800x604

巨木を見てから走って来た方向を振り返って撮りました。
          <桃ノ木川サイクリングロード>
028_800x586

自転車はさらに上流に向かって走ると、今度は国道50号に架かる観音橋に来ました。
                <観 音 橋>
027

西側の壁に有ったサイクリングロードの距離案内です。
ここは500mほど下流寄りで、ほぼ真ん中に近いところです。
            <サイクリング距離案内>
063_800x579

観音橋の下に立って見上げてみました。
橋の上は国道50号、正面が水戸行き後方が群馬県庁行きです。
                <観音橋下>
064_720x800

観音橋をくぐると前方に兵藤堰が見えます。 自転車をこぎました。

| | コメント (6)

2014年10月28日

サイクリング(2)

木瀬大橋をくぐり抜けて立ち止まりました。
この木瀬大橋は、スイミングで県立ふれあいスポーツプラザへ通うとき通る大橋です。

対岸には大きな倉庫ビルが建って居ます。
今は無くなりましたが前橋へ引っ越してきた当初、ここ愛宕運送さんとの間違い電話がよくあったものです。
           <木瀬大橋と愛宕運送ビル>
010

木瀬大橋をくぐって左へカーブすると、目の前に大きな木が見えてきました。
                <大きな木①>
011

近づいて見ると大きな木の幹です。
                <大きな木②>
012

むかし、テレビのコマーシャルで
「あの木何の木 気になる木 ・・・・」 と言う歌がありました。
その大木はホノルルマラソンで行ったときに観光で見てきました。

その 「気になる木 ・・・・」 よりは小さいのですが、ここサイクリングロードでは気になる大きな木です。
通り過ぎてからまた振り返ってカメラに収めました。
                <大きな木③>
013

次なる橋は笂井(うつぼい)大橋です。
初めて前橋に来たとき、この笂井の地名が読めませんでした。 
                <笂井大橋>
014

続いて県道40号に架かる笂井橋の下に来ました。
                <笂井橋①>
015

この橋の上を右方向へ進むと国道50号につながります。
2日前にこの橋の上を車で走って50号へ出て、みどり市で開催中の関東菊花展を観に行ってきました。
                <笂井橋②>
016

笂井橋をくぐって直ぐ先に見えたのが笂井堰です。
                <笂井堰①>
018

比較的落差が大きい笂井堰は水量が豊富です。
                <笂井堰②>
019

川縁で除草が終わった後に咲き出したセイタカアワダチソウです。
黄色い小さな花が出揃うところで綺麗です。
            <セイタカアワダチソウ>
021_800x605

ここまでおよそ3 km、上流へのサイクリングはまだまだ続きます。

≪お知らせ!≫
本日5時30分に我が家を出発し、友達4人で奥利根湖へカヌーによる紅葉狩りに行って来ます。
皆様へのブログ訪問とコメントが滞りますこと、ご容赦下さい。

| | コメント (3)

2014年10月27日

サイクリング(1)

10月20日(月)、久しぶりに桃ノ木川サイクリングロードを自転車で走ってきました。

桃ノ木川サイクリングロードは、上流の三俣町3丁目の山形公園横を起点として、南は下流の簗場堰まで11,5kmの行程です。

今日のサイクリングは下流の伊勢崎市との境界、簗場堰から上流の山形公園横の起点に向かって走ります。
簗場堰は、ブラシノキが咲く細い道を下った直ぐ先にあります。
                <ブラシノキ>
001_800x564

↓、目の前に見えるのが簗場大橋です。 
   その簗場大橋の向こうに、北関東自動車道が見えます。

簗場大橋の下が簗場堰で、この堰を境に下流が伊勢崎市です。
簗場堰は、桃ノ木川と右方向の市内から流れてきた広瀬川とが合流したものです。
この堰を通過すると川の名前も広瀬川となります。
             <簗場大橋と簗場堰>
003

簗場堰の渕に立って、桃ノ木川の上流方向の鉄橋を撮りました。
左が上り方向で高崎へ、右が下り方向で小山へ行きます。
晴れて居れば鉄橋の向こうに赤城山の雄姿が見えるのですが。

ここは川幅も広く大きな堰です。 
またここはカヌーの練習場でもあり、カヌーを漕ぐ単・複の選手姿が見られる所でもあります。
            <J R両毛線の鉄橋)>
004_jr

上流へ向かって500mほど自転車をこいで繁年橋の下に来ました。
サイクリングロード上に架かる橋の案内です。
              <繁年橋の案内>
005_800x600

繁年橋の下を通り抜けると、次の養安堰が見えて来ました。
               <養 安 堰 ①>
006

               <養 安 堰 ②>
007_2

落差半分の養安堰です。 堰の下流には釣り人が見えます。
通り過ぎてきた繁年橋も見えます。
          <養安堰下流の釣り人と繁年橋>
008

養安堰から200mほど上流へ走ると木瀬大橋が見えて来ました。
            <橋の案内と木瀬大橋>
009

この橋を潜るとサイクリングロードは左へ大きカーブして走ります。
天候は曇り空、自転車で風を切って爽やかに走り続けます。

| | コメント (5)