花-夏季

2017年9月 5日

ムクゲとムクドリ

8月29日、夕食後に団地周回ウオーキングコースを歩きました。

J病院の駐車場の垣根の脇に咲いて居たムクゲです。
この種の花は、「日の丸」 と聞いたことが有ります。

001_800x679

その隣に、薄いピンク色のムクゲも咲いて居ました。

002_800x712

少し歩いて行くと、住宅地の外れの民家の庭でノウゼンカズラが今を盛りと咲いて居ました。 

003_800x694

隣りのS町の土手に来ると、サルスベリが咲いて居ました。
他の花は、もう終わりに近いように見えました。 

008_800x616

↓は、9月1日夕のウオーキングです。
我が家近くの韮川新橋の手前に来た所で、電線に止まるムクドリの大群です。

110_800x609

橋の上まで来た所で、何に驚いたのか、周りに居たムクドリが一斉に飛び発ちました。

114_800x617

韮川の上空を旋回して、西の空へと飛んで行きます。
ムクドリの向こうには、上弦の月が輝いて見えます。

116_761x800

約30分ほどのウオーキングでしたが、花や鳥などいろいろと出合があった夕食後のウオークでした。

| | コメント (12)

2017年8月 7日

モミジアオイ・他

7月後半に出合った花々です。

キジ観察に行く途中、民家の庭で咲き出したモミジアオイです。

004_1

こちらもキジ観察で出掛ける途中で見て通るアメリカフヨウです。
花の形が整った綺麗なアメリカフヨウです。

005_2

ラジオ体操の帰り道に観て通る、韮川沿いの花壇で咲くアメリカフヨウです。
↑の花より少し大型です。

028_3

白と薄いピンク系のアメリカフヨウも一緒に咲いて居ます。

029_4

7月29日朝、我が家の庭で咲いたカノコユリです。
昨年は一輪でしたが、今年は2輪咲くようです。

030_5

肥料が足りなかったのか、手入れ不足か花が小さくて貧弱です。

031_6

一日遅れて隣の蕾も咲いてくれました。

114_7

やはり小さな花で貧弱です。 
来年は肥料もたっぷり、見事な花を咲かせたいものです。

117_8


| | コメント (12)

2017年7月21日

コマクサ(その壱)

去る7月9日付の上毛新聞の特集で、
「30年以上続く伝統のコマクサの保護活動」 のタイトルで、草津町立草津中学校の環境活動記事を読みました。

「高山植物の女王・コマクサは、度重なる盗掘で絶滅の危機にさらされていた。 それを防ごうと1973(昭和48)年に民間ボランテイアが本白根山で活動を開始、同校も81(同56)年から自然環境を考え、郷土愛を深める目的で、1年生が活動に参加しています。」 という内容でした。
こうして今でも綺麗なコマクサを観ることが出来るのは、皆さんの保護活動のお蔭です。

ここは本白根山中央火口を見下ろす、中央火口の北東の斜面に咲くコマクサです。

029

石やがれきの間から、見事に花を咲かせたコママクサです。

031


032

時計と反対周りに歩き出して、左手に見える中央火口です。
中央には突出して険しい竜王岩が見えます。
この後、左手の緩やかな探勝歩道を歩いて行きます。

033

少し歩いた所で、火口左下の方で草を食むカモシカの親子を見つけました。

035

竜王岩を左に見て木道を歩いて見つけたコケ?です。

10数年前に訪ねたときはこの辺りにもたくさんのコマクサがあった場所なんですが ・・・・。
コマクサの生態系も変わったようです。

037

辺りのガレ場で見つけて撮ったコマクサです。

038

中央火口を過ぎて、竜王岩を背にしてハイマツの林を眺めながら探勝歩道の最高地点を目指して登ります。

039

ハイマツの手前で、黄色い小さな花を見つけて撮りました。
花名不詳です。

041
↑、山小屋さんが、「ハクサンオミナエシ」 と教えてくれました。

ハイマツの林を抜けて緩やかな坂の斜面に出ました。
この辺り、コマクサの群生地です。
天気が良ければ左手に富士山、浅間山、草津の町が見える場所ですが、今日のガスっぽい天気では何も見えません。

042

左手前方にコマクサが見えて来ました。 ゆっくり観て歩きます。

| | コメント (10)

2017年7月17日

サルスベリ・他

10日朝のラジオ体操が終わっての帰り道、S町の土手で咲き出したくサルスベリです。
蕾がたくさん付いて居ます。 花はこれからが本番のようです。

010_10

大きな赤い花、アメリカフヨウが一輪咲き出しました。

011_11

友だちから貰ったユリです。
エアコンが効いた部屋で、花は長く観賞することができます。

012_13

キジ観察で畑の道の真ん中で咲いて居たアサガオです。

017_14

アサガオの横で咲いて居た黄色い花(花名不詳)です。

018_800x587

↑↓、山小屋さんが、ヒペリカム(コボウズ)と教えてくれました。

その横には花が終わって実になったものでしょうか、可愛い実が生って居ます。
食べられる物でしょうか ・・・・。

019_800x640

↑、山小屋さんから 「食べない方が良い」 と教えて貰いました。

木の上を見上げるとカリンの実です。
せき止め用のカリン酒は、風邪をひいた時よく世話になります。

022

どんなカボチャが生るのでしょうか、黄色い花です。

025

3日後のアメリカフヨウです。 
このところ毎朝、次々と大きな花を咲かせて見せてくれます。

108_769x800

キジ観察で通う時に出合った、約1週間分の花々でした。

| | コメント (4)

2017年7月16日

ヒマワリ

ラジオ体操が終わっての帰り道です。
S町から我が団地へ入る間に韮川が流れ、小さなふれあい橋があります。

そのふれあい橋の手前の花壇で、ヒマワリが1本朝日を受けて咲いて居ます。
口を開けて笑って居るようにも見えるヒマワリです。

010_8

3日後の朝の同じヒマワリです。
夕立と大雨に痛めつけられたヒマワリが俯き加減です。
頑張れ!
と応援したいところですが、花の種が実って重たくなったようです。

011_11

ラジオ体操会場近くの住宅の庭のヒマワリです。
いろいろな模様のヒマワリが咲いています。

027_10


028_800x749


029_800x717


030_792x800

こちらは鉄塔のキジが、道路を渡って来た西の畑のヒマワリです。

126_800x625

キジが根元に隠れたヒマワリです。 見上げて撮りました。

128_800x693

NHK 『ラジオ深夜便』 7月号、「7月の誕生日の花と花ことば図鑑」 によれば、ヒマワリは7月25日の誕生花で、
花言葉は、「あなたはすばらしい、崇拝」 でした。

≪お知らせ≫
これから草津の本白根山へコマクサ散策に出かけます。
ブログ訪問やコメントが滞りますことご容赦下さい。   管理人

| | コメント (5)

2017年7月12日

ハンゲショウ・他

7月1日(土)の朝、台風3号接近の影響でしょうか、昨夜から振り続く雨は大降りです。
ラジオ体操は自宅で実施しました。
また、7月最初のグラウンド・ゴルフの練習日でしたが、雨で練習も出来ずつまらない日中を過ごしました。

我が家の玄関脇で咲くハンゲショウです。
ハンゲショウは7月1日の誕生花で、花言葉は 「内に秘めた情熱」 とか。
雨の日の夕方、玄関に出てハンゲショウを撮りましたが、撮影下手でいまいち 「情熱」 が感じとれません。

006_1

翌2日の日曜、自転車を飛ばして八幡山古墳へオオタカを観に行きましたが、今年はオオタカとの出合がありません。
韮川沿いのサイクリングロードを更に上流に向かって走りました。
川沿いのフエンスに寄りに、黄色っぽい花をたくさん付けて居るのはネズミモチで良いのでしょうか? 

007_2

少し下流のフェンスに絡んで咲いていたヘクソカズラだす。

008_2

ヘクソカズラの近くで咲いて居たノウゼンカズラです。

009_2

韮川の横にある朝倉公園に回って見ました。
花壇の中で紫色がひと際濃いアジサイの花を選んで撮りました。

010_2

一回り大きな紫色のアジサイです。

011_2

朝倉公園を出て再びサイクリングロードを我が家へと向かいます。
川沿いの住宅でひと際綺麗に咲いて居たユリです。

012_2

歳寄り二人だけの我が家の夕食は早く、午後5時半前には終わって居ます。
カミさんが後片付けをしている間に私は夕方のウオーキングです。
コースは団地の外周を一周します。
韮川の近くで撮ったアガパンサス(スマホ画像)です。

013_2

こちらも韮川の近くで撮ったムクゲ(スマホ画像)です。

014_2

≪速 報≫
昨日11日の朝のキジ観察です。
親鳥♀とヒナ2羽が、住宅地のフエンスの上に止まる光景に出合いました。

先に親鳥♀がフエンス上へ飛び乗りました。 
暫らくして、遅れて来たヒナ2羽が親鳥が止まるフェンスへ、最初に左側のヒナが続いて右側のヒナが飛び乗りました。
思わぬ光景に興奮しながらシャッターを連続で押し続けました。
<AM6:31撮影>
048

この場を離れるとき、親鳥♂は近くの畑に来て居ました。

| | コメント (8)

2017年7月11日

天幕城址・他

天幕城址は、あかぼり蓮園の一段上に有ります。

緩やかな坂道で、アジサイが綺麗に咲いて居ました。 
よく観て回ると、少し遅かったかなと感じる花も見えます。

056_800x576

紫色の濃いめの花を選んで撮りました。

058_800x727

白い花が回りの方から順々に咲いてくるようです。

059_800x704

ピンク色の花を探して、やっと見つけて撮りました。

061_800x716

下の土手に咲いて居た八重のヤブカンゾウです。

055_800x580

帰り道です。 薬師堂前の道端で見つけたトリトマです。

066_800x601

トリトマの脇で咲いて居た白のタチアオイです。

069_800x602

白の隣りで咲いて居た、赤のタチアオイが綺麗です。

071_800x698

重なり合って咲くピンク色のタチアオイも印象的です。
昆虫が花弁に着いた水滴を吸っているようです。

072_779x800

出歩くことによって、季節の花々を観て楽しむことが出きます。 
この日も暑い一日となりました。
また、何時までも健康でありたいと願う一日でもありました。

| | コメント (6)

2017年7月10日

あかぼり蓮園

7月3日朝、禅養寺さんの池のハスを観て、さっそくあかぼり蓮園へやって来ました。

今年も綺麗に咲いて居ます。

042_5


039_3


034_1


040_4


046_8


044_6


045_7


048_9


049_10


051_800x599


037_2

大きなハスの葉に溜まった水たまりが面白いです。

035

<誕生日の花言葉>
7月23日の誕生花、花言葉 「清らかな心」
(『NHK ラジオ深夜便』 7月号 「誕生日の花と花ことば図鑑」 より)

| | コメント (12)

2017年7月 7日

6月の花

6月後半のキジ観察で、身近に咲いて居た花々を撮って来ました。

古墳近くでキジ♂を見つけました。
そのキジを追ってきた所の畑の近くで咲いて居たユッカです。

003_695x800

キジ探しも出合いがない朝でした。 
暫くぶりに自転車を飛ばして、麦秋の田園地帯まで来ました。
集落の一角で咲いて居たタチアオイです。

007_800x666

キジが居る古墳の西側に一軒の住宅が有ります。
その住宅の前の畑で咲いて居たいユリです。

008_3

その黄色いユリから少し離れた所で咲いて居た白いユリです。
ユリの向こうに、古墳の緩やかな頂きが見えます。

009_4

キジ観察で通るS町の住宅で、玄関先で咲いて居た花(花名不詳)です。

011_5
(※山小屋さんが 「アカンサス(別名:ハナアザミ)」 と教えてくれました。)

一時、立ち止まって大きく撮って見ました。

「爺さんが キジを探しに朝早くから自転車を飛ばして行くよ!」 と、
笑って居るようにも見える花です。

012_6

古墳の西側、道路を挟んで西の畑で咲くアーティチョークです。
昨年はオオタカ観察で北の花畑でよく見ましたが、今年は八幡山古墳のオオタカ観察がないので、花畑の前は通らずです。

013_7

アーティチョークの直ぐ横で咲いて居たダリアです。

015_8

こちらは何の花の実でしょうか。 
H造園業資材庫の西側の畑の渕で見る花の実です。
たくさん生る実は食べられないものでしょうか ・・・・。

020_9

我が家に帰ると、玄関前の花壇で咲くユリが出迎えてくれました。

074_10

既に季節は7月に入って居ます。 6月に撮り溜めて居た花の紹介でした。

| | コメント (10)

2017年7月 5日

オオマツヨイグサ(続)

竜宮橋下流右岸のサイクリングロード約300㍍の間、土手と道路上に咲くオオマツヨイグサです。
およそ300㍍ほど歩いて来た所で、何やら賑やかな 「うぬき公園」 の様子です。

033

ここでオオヨイマチグサの間に咲く、タチアオイを撮りながら引き返します。
赤い色のタチアオイです。

035

昨夜の雨で濡れた白のタチアオイです。

036

薄いピンク色のタチアオイです。

038

八重のタチアオイもありました。

040

マイカーで龍宮橋を渡って、うぬき公園の駐車場に入りました。 
雨も上がって、公園内では少年サッカー大会があるようです。

041

ランニング中のチームも見えます。

043

広瀬川に沿って上流方向の駐車場に帰ります。
対岸のサイクリングロードの土手のオオマツヨイグサです。

047

土手の上にはジョガーの姿も見えます。
昔の自分に思いを重ねながらカメラを向けて撮りました。
よく見ると、土手向こうの唯一1本あるネムノキも撮れています。

048

昨夜の雨は上がったものの、今にも降り出しそうな朝でしたが、今年もオオマツヨイグサを観ることが出来ました。

| | コメント (10)

より以前の記事一覧