花-春季

2018年6月18日

ユリ.ホタルブクロ.他

我が家の玄関前の小さな花壇です。
今年は10個ものユリの花が咲いてくれました。

020_800x665

左手前二つ目の一輪を大きく撮って見ました。

021_779x800

ユリの横で白のホタルブクロも咲いて居ます。
薄いピンク系のホタルブクロは、一週間ほど前に咲いて終りました。 今また2度目の花が咲き出しました。

023_674x800

こちらは生垣近くで咲いた白のホタルブクロです。 
同じ白のホタルブクロでも、種が違うのか例年葉っぱが付いて花が咲くのも少し遅れて咲きます。

304_800x777

玄関の横で咲き出したハンゲショウです。
7月1日の誕生花で、花言葉は 「内に秘めた情熱」 と言いますが、今年は少し早く咲いたようです。

301_800x785

↓は、キジ探しで通るS町の住宅の玄関前で咲いて居たアカンサス(別名ハアザミ)です。

123_800x787

同じS町の通りです。
数軒南側の住宅の中庭で咲いて居た花です。
花の名前が分らず、家に帰って花図鑑で調べたら、
ユーフォルビア・カラキアス・ウルフェニーと言う、舌を噛みそうな長い名前の花でした。

124_800x617

朝のラジオ体操が終わっての帰り道です。
韮川沿いの川岸の横の花畑で咲いて居たヘメロカリスです。

217_800x596

庭先で咲く花々も季節に見合った花が咲いて楽しませてくれますが、梅雨に入ってからスッキリしない天気が続いて居ます。

| | コメント (8)

2018年6月15日

禅養寺さんの蓮

ラジオ体操の友だちが、「禅養寺さんの池の蓮の花が咲いた。」 と教えてくれました。
6月7日朝のキジ探しの帰り、禅養寺さんへ回って観て来ました。

禅養寺さんの参道横で並ぶ六地蔵尊です。

012_1

本堂前に進んでお参りを済ませました。

013_2

↓、今年3月に出来たばかりの水琴窟です。
柄杓で正面の水を汲んでもう一つの竹ずつに水を流します。
で、前の竹筒に耳を当てる綺麗な涼しい音が聴こえます。

014_3

水琴窟横の小さな池のハスが一輪綺麗に咲いて居ました。

014_4

角度を変えて撮りました。

016_5

大きな葉っぱには水たまりが有りました。

017_6

7日に続いて、13日の朝に寄ってハスの花を撮って来ました。
本堂前の水瓶の中のハスは、間もなく花が終わろうとして居ます。

101_7

池のハスは幾つか咲きそうでしたが、訪ねた時は開き掛けでした。

103_8

↑のハスも、今朝あたり開花したのではと思うのですが、雨で出掛けるのは見送りです。

| | コメント (8)

2018年5月12日

ふじの咲く丘

爽やかな5月になりました。
例年、藤見に出かける藤岡市の 「ふじの咲く丘」 を訪ねました。

001_1

藤棚の藤が綺麗に咲いて居ました。 
今年は桜を始め何の花でも7~10日ほど早く咲いたようです。
4、5日早く来れば良かったかなと思いながら観て歩きました。

002_2

丘の上のふじ見本園の野田藤です。 

003_3

ふじ見本園の紫色の野田藤は早咲きのようで、野田藤の白だけが残って居ました。

004_4


005_5

芝生広場の丘の上です。 山際で見つけたモッコウバラです。
カメラを近づけて見たら、小さな蜘蛛が吸蜜中でした。

0096

250㍍の藤棚です。 見上げて撮りました。

012_7

藤の花の蜜を求めてクマバチが飛び交って居ます。
私の前で飛び回って居たクマバチが藤の花にアタックしました。
クマバチ ・・・・
私が子供の頃は、ダンゴバチと呼んで追っ掛けたことを思い出しながら見て居ました。

018_8


019_9_2

帰り際に見つけた竹藪のタケノコ2本です。 
良く観ると、手入れが行き届いた孟宗竹林です。
今年も既に大好きなタケノコを何度か食べて居ます。 

021_10

藤見には少し遅かったかなという思いでしたが、今年も 「ふじの咲く丘」 の藤を観て回ることが出来ました。

| | コメント (8)

2018年4月28日

我が家のサクラソウ

カミさんが育てたサクラソウが、今年も綺麗に咲きました。
隣家とのフェンス沿いに、地植えにしたサクラソウです。

009_1


011_2


016_3


017_4


018_5


020_6


021_7


029_8

玄関横の鉢物で、八重咲きのサクラソウが一鉢だけ有ります。

107_9

駐車場後方のフェンス沿いにある鉢植えのサクラソウです。
鉢を数えて見たら、家の周りに69鉢ありました。

201_10

| | コメント (12)

2018年3月30日

コヒガンザクラ

去る3月18日の彼岸の入り、墓参を済ませた後に伊勢崎のラブリバー親水公園うぬきへオカメンザクラを観に行きました。
去る27日は、ソメイヨシノより一足先に満開となった、コヒガンザクラを観に行ってきました。

001_1


002_2


003_3

公園内の遊歩道の両側に咲いて居ます。
歩いて来た方向を振り返って撮りました。

桜の木は大きくならないで、庭木に適するとも書いてあります。
周りは日差しがあって、明るい公園内の遊歩道です。

007_4

小枝いっぱいに、小さな花を付けたコヒガンザクラです。

009_5

たくさん花付けた小枝が垂れ下がって居ます。

010_6

こちらは土手で咲くオカメザクラです。
先の彼岸の入りの時に来て、花を楽しませて貰いました。

011_7

長持ちしているオカメザクラは、今一色合いが冴えませんが、まだ頑張って咲いて居ます。

012_8

陽の光が当たると、オカメザクラもまだまだ観られるようです。

013_9

この後、親水公園内を散策して広瀬川に架かる吊橋 「うぬき橋」 を渡って、川向こうの西部公園へ行きました。

| | コメント (6)

2018年3月29日

カタクリの里(続)

地元、いりの小学校の生徒さんたちのカタクリへの愛情が伝わってくる可愛い看板です。

013_1

珍しく独り立ちのカタクリを見つけてカメラを向けました。

014_2

綺麗にカールしたカタクリです。

016_3


019_4

次の山へ入る手前で観た野鳥の案内板です。
見ると身近なキジも出て居ます。 コゲラやメジロも出て居ます。

029_5

ウグイスの声に誘われて山際の散策に出かけました。
と、畑の渕を歩いて居たら可愛いいメジロが飛んで来ました。

032_6

これから飛んでいく方向を見て居るようです。 
メジロが撮れてラッキーです。

033_7

続いて、また小鳥が飛んで来て小枝に止まりました。
向こう向きです。 判別がつきませんが頬と羽の模様からシジュウカラではないかと観て居ます。

と、カメラを持った男性が来て、カタクリが咲く山の中で撮ったというコゲラを見せてくれました。

035_7

その後、首が痛くなるほど木の上を見ながら下山して来ましたが、小鳥との出合がありません。

040_10

最後に駐車場脇の山で咲くカタクリを撮って自宅へ向かいました。

| | コメント (8)

2018年3月28日

カタクリの里

高崎市吉井町小串にカタクリの里があります。
昨年は3月28日に訪問、今年はそれより3日早い25日に花を観に行って来ました。

ここは地元小学校の生徒さんが世話をして居る所でもあります。
その生徒さんたちが画いた可愛い看板が目につきます。

001_1

駐車場脇の道理から、山の斜面にカメラを向けて居る人たちが大勢居ます。
近づいて見ると、白い一輪のカタクリを撮って居たのです。
私も仲間に入れて貰いカメラに収めました。

002_2

山道に入って驚きました。 山の斜面一面のカタクリの花です。
これまで何度も花を観に来て居ますが、これほどの花を観るのは初めてです。

004_3

山の斜面にあったカタクリの生育の案内板です。
カタクリの生育過程を読んでから山の中を観て回ります。

006_4

今年のカタクリの色あいは、ちょっと濃いめです。

007_5

花はどれも見事にカールして居ます。

022_7

ここは花が咲く斜面は2箇所有ります。
道路を渡って次の山の斜面に来ました。

023_8

ここは花の位置が近くて写真が撮りやすい場所です。
大勢の見物客が来て居ます。

024_9

ここでも1本の白いカタクリの花に人気があります。
大勢のカメラマンがカメラを向けて居ます。 私も撮りました。

025_10

直ぐ手前の足もとで咲いて居たカタクリです。

008_5

この辺り来てkら鶯の鳴き声がします。 ちょっと気になります。

| | コメント (6)

2018年3月25日

オカメザクラ

嶺公(霊)園での墓参を済ませての帰り道、家には寄らずに真直ぐ伊勢崎のラブリバー親水公園うぬきへ向かいました。
駐車場の横で出迎えたくれたサクラは、オカメザクラでしょうか。
名札がなくて、満開のサクラの名前が分りません。

044_1

近くに寄ってアップで撮って見ました。

045_2

近くでは梅も満開でした。

046_3

公園内にあるコヒガンザクラです。
こちらのサクラは咲き始めたばかりで、開花はこれからです。

050

オカメザクラが咲く公園の入り口に来ました。

052_5

今が満開、見事なオカメザクラです。
サクラの木に付いて居た名札には、
「早咲きの園芸品種として、マメザクラとヒカンザクラとの掛け合わせで、イギリスの研究所で誕生した。 イギリスの研究者が日本風な名前を考えるに当り、「おかめ」 になったと言われている。」 と出て居ます

053_6

ピンク色の小さい花です。 近くに寄ってアップで撮りました。

054_7


054_8

帰り際に見つけた小鳥です。

057_9

枝移りをして、こちらを向いて全体像を見せてくれましたが、野鳥の名前が分りません。

059_10

嶺公園ではミズバショウを、ここうぬき公園ではオカメザクラを観賞出来た今年の彼岸の入りでした。

| | コメント (8)

2018年3月16日

春の花々

キジ探しウオーキングで出合った春の花々です。

我が団地内の第二公園で咲いて居たスイセンです。

008_1

団地内住宅の垣根越に咲いて居たアカシアです。

009_2

団地内南地区のごみ置き場の周りに咲いて居たサザンカです。

014_3

S町のさくら公園にある2本のサンシュユが花を付けました。

101_4

近くに寄ってアップで撮って見ました。

103_5

キジ探しの中心地でもある、H造園業さん資材庫横の河津桜が満開となりました。

137_6

その河津桜の前の畑のネコヤナギが、このところの暖かさで一段と弾けて可愛くなりました。

144_7

ネコヤナギの横にあるキブシでしょうか、蕾の緑が濃くなりました。

145_8

八幡山古墳へオオタカの様子を観に行った帰り道、H小学校裏口で出合ったカンヒザクラです。

228_9

キジ探しウオーキング等で、撮り溜めて居た花々の紹介でした。

| | コメント (8)

2018年3月13日

伊勢崎市民の森公園(続々)

再び河津桜が咲く丘の上にやって来ました。
河津桜の花の蜜に飛びつくヒヨドリです。

016

と、直ぐ前の木の間で動くものを見つけました。
居ました。 メジロが飛び回って居たのです。

051

集団で来たようです。 あちこちで飛び回って居ます。

053


056

と、大きな羽ばたきです。 
横を観るとヒヨドリが裏返しになっての吸蜜です。

058

丘の中程では、カメラマンがメジロを追いかけて居ます。

059_6

私の前に、またメジロが飛んで来ました。

065_7

あちこちの枝に飛び移ります。 追っかけが大変です。

067_8


072_9


073_10

思いも寄らないメジロとの出合いなど、楽しい河津桜の花見となりました。 記念写真を撮って帰ります。           完

| | コメント (8)

より以前の記事一覧