旅-埼玉路

2018年8月29日

妻沼聖天山 ④

聖天山本堂横の境内(山中)の散策です。
高くそびえる大きな2本の巨木は、ケヤキとエノキの 「夫婦の木」でご神木でした。

041_1


042_2

少し奥へ進むと、大きな岩の内側を一条の細い滝が流れ落ちて居ました。
ひんやりとした涼しさを感じながら奥へ進みます。

043_3

左手石段の上に、「聖天山平和の塔(多宝塔)」 が見えます。
平成29年5月2日登録の国登録有形文化財(建造物)です。

046_4

妻沼聖天山のお参りと見学を済ませて帰ります。
その帰り道、境内横の稲荷寿司店に寄って、妻沼名物の聖天寿司(いなりずし)を二つ買って帰りました。

051_5

家に帰って夕食に戴きました。
ボリュームがあります。 
年寄り二人では一人前で十分、2度に分けて食べました。

052_6

8月22日、夏期巡回ラジオ体操会に続いて妻沼聖天山参りです。 
良い思い出が残る一日となりました。

| | コメント (6)

2018年8月28日

妻沼聖天山 ③

裸で褌をして相撲をしているところです。
奥殿越羽目の中段の彫刻と思うのですが、たくさんの彫刻で位置関係が分らなくなってきました。

030_1

綱をつけて大きなものを引いているようですが、何でしょう ・・・・。

031_2

お祭りでしょうか、正月でしょうか、獅子舞が来たようです。

032_3

以下、一番下の段の彫刻です。

034_5


035_6


036_7


037_8

平成15年~23年まで、8年間の歳月を要して保存修理が施された外壁と言います。
創建当初の姿に復元されたという、見事な妻沼聖天山の彫刻を拝観することができました。

| | コメント (8)

2018年8月27日

妻沼聖天山 ②

本殿後方、正面最上段の見事な彫刻です。
(※画像の上でクリックすると画像が少し大きく見えます。)

020_1

後方正面中段、真ん中の彫刻は子供たちの川遊びの様子です。

021_2

左にカメラを向けると、子供たちが凧揚げをしている様子です。

022_3

次のカメラを右に移すと、踊りの様子を描いた彫刻のようです。

023_4

続いて、北面北・東の奥伝大羽目彫刻です。
右面の2人の女性は、弁天(右)と吉祥天(左)とか。
また、一説には持ち物などから侍女とも言われているようです。

024_5

↑の下部にサルの彫刻が見えます。 
数えてみると、総勢4匹のサルが居ました。
このサル腰がかゆいのか、それとも何かたくらんでいるのかな?

025_6

子どもを抱いた親子のサルです。

026_7

力もないのに、本殿を持ち上げようと頑張って居ます。

028_8

何かいたずらをしでかすような様子のサルです。

029_9

申年生まれの私には、サルが孫か彦のように見えます。 つづく

| | コメント (6)

2018年8月26日

妻沼聖天山 ①

明和町中学校グラウンドでの夏期巡回ライオ体操が終わって、近くのふるさと公園の木陰で友達と車座になって朝食です。

今日も朝から暑いです。
朝食後は埼玉県妻沼町へ回って、妻沼聖天山のお参りです。
午前9時半過ぎ、妻沼聖天山の駐車場に入りました。
駐車場から歩いて、国指定重要文化財 「貴総門」 をくぐりました。

010_1

続いて、数十㍍ほど歩いて 「仁王門」 に来ました。

013_2

口を結んで、凄い睨みを聞かせた吽形の金剛力士像です。

014_3

口を開けて睨みつけて居るのは、阿形の金剛力士像です。
阿吽の金剛力士像、何れも眼光鋭くして睨みをきかせて居ます。

015_4

境内の一角に祀られて居た、妻沼聖天山の開基者斎藤別当実盛公の銅像です。

015_5

真言宗の開祖、弘法大師堂です。 
堂内に入って、尊像を拝観しながらお参りすることができました。

016_5

国宝御本殿、登録名称 「歓喜院聖天堂」 です。

017_6


0188

本殿前でお参りを済ませて横に周ると、国宝御本殿の見事な彫刻が見えて来ました。

019_9

ここで拝観チケット(¥700)を買って、国宝御本殿(登録名称 「歓喜院聖天堂」) の見事な彫刻を観て周ります。      つづく

| | コメント (8)

2017年5月12日

神川親水公園

桜山へ向うとき、鬼石町に入って左下に鯉のぼりを観て通りました。
昼食は鯉のぼりを見ながら食べようと、鬼石町から埼玉県に入り神川町の親水公園を訪ねました。

ここ神川の親水公園は、渡戸の渡し場が有った所のようです。
公園入り口の土手には、左から馬頭観音、石経塔、姥石が並んで居ます。
馬頭観音は渡戸の渡しで死んだ馬の供養、石経塔はここから村へ悪霊がな入らないようにとの願いで建てたものと言います。
またおばあさんが座って居る姿に見えるという姥石は、拝むことによって疫病や流行病が早く治るとの言い伝えがある石とか。

067_1

今日は風も弱く鯉のぼりに勢いがありません。

048_2

鯉のぼりの下を通り、綺麗な水が流れ鯉が泳ぐ小さな池の渕に来て弁当を広げました。

051_3

私たちの姿を見た鯉が、餌が欲しいのか手前に寄って来ます。

050_4

おにぎりを食べた後の食後の軽い運動は公園内の散策です。
川岸の方に来て見ました。 鯉のぼりがゆったりと泳いで居ます。

056_5

公園内の小さな小川です。 先ほどまで二人の係の人が掃除をしていました。
清らかな水の流れです。 心が洗われるようです。

059_6

公園の北の端に来て、曲がりくねった神流川を眺めて居ます。

062_7

カメラを少し右に振って対岸の奇岩を撮りました。

063_8

カメラを更に右に振って、神流川の穏やかな流れの上流方向を撮りました。

064_9

午前中は桜山でワラビ採り、午後は神川親水公園内の散策と楽しみながら健康づくりが出来た一日となりました。

| | コメント (2)