ぐんま・北毛エリア

2019年11月18日

わらアート.

11月13日、今年もみなかみ町たくみの里へわらアートを観に行ってきました。

① 「わらシシ親子」

里の玄関口で鎮座して居た、地元の人たちが手がけたわらアート第一号です。

1_20191116144301

② 「赤谷のイヌワシ」

道の駅の広場に居たイヌワシは、みなかみユネスコパークの象徴とか。

4_20191116144301

③ 「SL-D51

JRホテルのファミリーオみなかみに続く、曲がり角に有ったSL-D51です。

Img_7110-2

④ 「ワラコンダ」

ガラスの家脇の畑の中から飛び出し、大きな口を開けた長さ約8㍍という大蛇です。

8_20191116152601

⑤ 「わらべこ」

周遊馬車のカン太やうさぎ達が待って居る、KOMAGATAPARKUに居ました。

11_20191116152701

⑥ 「わらの親熊」

地域信仰の対処になっている、熊野神社の近くに居ました。

Img_7118-2 

⑦ 「まねきねこ」

竹細工の家の前に居ました。

竹は作品の骨組みに竹を使っているとか。

Img_7123-3

⑧ 「釈迦三尊像」

ドライフラワー家の前広場で、3体並んで鎮座して居ました。 合掌

Img_7128-2

今年は天候に恵まれてのわらアート巡りでした。

我が家から此処まで来るには遠いです。

遠距離ですが、来年もわらアートを観に来る元気が欲しいです。

| | コメント (10)

2018年12月 2日

たくみの里わらアート

11月11日、20年振りにみなかみ町のたくみの里を訪ねました。
と、言うのも地元の人たちが大きな 「わらアート」 を作ったとの新聞を読んで出かました。

たくみの里 「豊楽館」 の駐車場に車を置いて、宿場通りを熊野神社に向って歩きます。
歩き出して直ぐ、野仏(道祖神)1番に出合いました。

007_2

宿場通りの中程に来て、動いて居ない水車と出合ました。

005_1

野仏(道祖神)2番の少し手前を左折して、熊野神社の朱い鳥居の前に来ました。
薄暗い森の中を進んで参拝、他の参拝者も何人か見えました。

010_3

わらアートを探して歩いたが一向に出合なし。
野仏(馬頭観音)をお参りして元の道の駅へと戻ります。

017_4

途中のリンゴ農園の上空を飛んで居た、見事な害鳥除けです。

019_5

道の駅近くで、山伏による護摩が行われたようです。
私が来た時は終わって居て、火の始末をして居る所でした。

022_6

駐車場近くに来てやっとわらアートに出合いました。
さて、これは何者でしょうか ・・・・。
道の駅で散策マップでは、「わらの動物」 とだけ書いてあります。

023_7

8体のわらアートはそれぞれ分散して、作品は離れ離れです。
近くの畑に出向いて、「赤谷のイヌワシ」 との出合です。

023_8

続いて、大きな 「ワラシシ親子」 に出合いました。
来年は亥年です。 亥年生まれのカミさんが記念撮影です。

026_9

この他に、SL D-1、ワラべこ、釈迦如来像、わらの動物と5つの作品が有ります。
それぞれに遠い所に分散しているようです。 
干支のワラシシ親子と記念写真を撮って我が家へと帰りました。

| | コメント (10)