ぐんま・北毛エリア

2016年10月27日

奥利根湖(続)

対岸の岸の木の根にカヌーを係留しました。
ここでカヌー2艇を繋ぎ合わせてコーヒータイムです。

直ぐ前の紅葉を眺めながらのコーヒーは、またひと味違います。

015_800x601

コヒータイムを終えたカヌーは、更に奥利根湖を奥深く進みます。

017_800x599

昨年訪ねた時は、素晴らしい紅葉を見せてくれた山です。

018_800x582

ダムの水量が少ないことがよく分る対岸です。

022_800x604

ひと際赤く紅葉した木を見つけました。
近くに寄って、カヌーを漕ぐ手を休めてシャッターを押しました。

024_800x599

ここは白い崖と紅葉が対照的だった場所です。
左手の岸にカヌーを寄せて上陸、昼食です。

025_800x592

野菜サラダが出来ました。 続いてカモの蒸し焼きが出来ました。

032_800x615

一品多く、キジの蒸し焼きも出来ました。

033_800x647

先ずは乾杯!
続いて、オーナーTさん傘寿を迎えての乾杯でした。

この後、午後になって湖上に風が出て来ました。
カヌー2艇を合わせてみんなで力を合わせての帰還でした。

037_800x599

<おまけ>
昨年10月20日の奥利根湖の素晴らしい紅葉です。
190_800x591

| | コメント (6)

2016年10月26日

奥利根湖

去る16日(日)、今年も友達と奥利根湖(八木沢ダム)へカヌーに行って来ました。

アーチ式コンクリとダムの手前から撮って居ます。
静かな湖面にたくさんの流木です。

001_800x563

管理事務所の下から眺めた奥利根湖です。

昨年は20日に奥利根湖へ来てで最高の紅葉を観ました。
今年は4日早い16日の訪問ですが、紅葉を観るには少し早すぎたようです。

003_800x584

カメラを左に振って見ました。
正面の湖面が少し揺れて見えます。
モーターボートが、左から右へ通過して行ったようです。 

005_800x562

カヌー2艇を湖面に降ろします。

006_800x593

私が乗ったカヌーは3人乗りで、前に女性Kさん、後方に男性I さんです。
他の1艇は、男性SさんとオーナーのTさんです。

2艇はそれぞれ湖の沖合に向かって漕ぎ出しました。
今朝は良く晴れた素晴らしい日和です。 
湖上のカヌーからは、遠く県境の山々が望めます。

008_800x597

この辺りは紅葉が始まりかけているようです。
それにしてもダムの水が少ないようです。 地肌が覗いて居ます。

010_800x600

この辺り、昨年は紅葉が綺麗な所でした。

011_800x600

流れ着いた流木が崖下に残り、陸地が出来て居ます。
水量が少ないことが分ります。

012_800x591

少し色づいて見える前の湖面です。
この後、岸辺にカヌーを寄せてコーヒータイムです。

013_800x590

<おまけ>
昨年10月20日に訪ねた時の奥利根湖の紅葉です。
水量も多く、素晴らしい紅葉を観せてくれました。

今朝はよく晴れて居ます。 
今日あたり、こんな素晴らしい紅葉が観られるのでは ・・・・。

129_800x600

| | コメント (8)

2016年7月 5日

赤谷湖散策(続)

梅雨の晴れ間も午後になって雲ってきました。

赤谷湖の遊歩道から眺めた対岸のホテル湖城閣方向です。
青空が欲しい赤谷湖の風景です。
            <ホテル湖城閣方向①>
052_800x599

カメラを少し右に振って、先に露天風呂を楽しんだ まんてん星の湯方向を撮りました。
            <まんてん星の湯方向>
054_800x602

二つ目の渓谷に架かる遊歩道の橋の上に来ました。
            <遊歩道の橋(往路)>
055_800x599

           <橋の上から見下ろす湖面>
057_800x560

橋を渡り切って数百㍍歩いて撮った赤谷湖展望台方向です。
展望台まではまだ数百㍍有ります。
ここで再びホテル湖城閣方向を撮って引き返すことにしました。
            <赤谷湖展望台方向>
058_800x600

ホテル湖城閣横の湖は、相当奥深く入り組んで居るようです。
             <ホテル湖城閣方向②>
059_800x591

二つ目の橋の下も相当入り組んで居ます。
            <遊歩道の橋(復路)>
060_800x592

赤谷湖畔の遊歩道は、往復で2㌔ほどの歩きでしたが楽しく観て歩くことが出来ました。

≪報徳太助神社≫
我が家への帰り、国道17号を走って居て赤い幟旗を見つけて立ち寄りました。
              <報徳太助神社>
065_800x511

愛馬 「あお」 との別れを惜しむ、あおと塩原太助翁の銅像です。
             <あをと太助翁銅像>
068_800x602

6月27日の梅雨の晴れ間のひと時、たくみの里から猿ケ京温泉、赤谷湖の散策と楽しく過ごすことが出来ました。

| | コメント (14)

2016年7月 4日

赤谷湖散策

6月27日午後2時半過ぎ、赤谷湖第2駐車場に着きました。

↓、赤谷湖をバックにして立つ、遊歩道周辺施設の案内板です。
               < 案 内 板 >
036_800x611

↓、第2駐車場を基準にした遊歩道の距離案内板です。
   左手の赤谷湖展望台方向に向かって歩きます。
               <遊歩道案内>
037_800x600

               < 遊 歩 道 >
035_800x599

まんてん星の湯の露店風呂から観た、第2駐車場近くの浮桟橋が見下ろせる所まで来ました。
サーフボードを持った青年が浮桟橋近くへ歩いて行きます。
               < 浮 桟 橋 >
039_800x574

浮桟橋の近くに来て見上げる遊歩道の橋です。
深い峡谷です。 奥の林の中では一条の滝が落ちて居ます。
           <峡谷に架かる遊歩道①>
041_593x800

サーフボードの青年が沖合へ漕ぎ出していきました。
出来れば、私も沖合へ漕ぎ出してみたい気分にさせられました。
               < 案 内 板 >
042_800x581

遊歩道から下ってきた坂道を登って、再び遊歩道に出ます。
              <湖畔への坂道>
046_800x599

下から見上げた遊歩道の橋を渡ります。
           <峡谷に架かる遊歩道②>
047_800x600

橋の中ほどに立って、湖面の浮桟橋を見下ろして居ます。
1艇のカヌーが帰ってきました。
              <見下ろす浮桟橋>
051_599x800

この後も、左手の赤谷湖展望台の方へと歩きます。     つづく

| | コメント (10)

2016年7月 3日

まんてん星の湯

広報誌などを読んで、一度は温泉に浸かって見たいと思って居た 猿ヶ京の日帰り温泉 「まんてん星の湯」 に来ました。
             <まんてん星の湯玄関>
022_800x602

赤谷湖を見下ろす高台に、清潔な露天風呂が3つ並んで居ます。
               <露天風呂①>
027_800x577

               <露天風呂②>
028_800x593

露店風呂に浸かりながら駄句を詠んで見ました。
               <露天風呂で>
029_4

露店風呂から眺めた赤谷湖です。
赤谷湖の左手中ほどに、第2駐車場と湖面に浮桟橋が見えます。
              <赤谷湖遠望①>
024_800x600

カメラを左に振って、国道17号相生橋方向を撮りました。
              <赤谷湖遠望②>
025_800x586

湯上り後は売店を見て回り、鎧武者を撮らせて貰いました。
               < 鎧 武 者 >
032_800x636

↓、フロントで貰った、まんてん星の湯のパンフレットです。
   いろいろ楽しめる日帰り温泉施設です。 
   何時の日か、また訪ねて見たい温泉の一つです。
               <パンフレット①>
Img_800x567

               <パンフレット②>
Img_0001_800x567

この後、赤谷湖の第2駐車場に車を止めて、湖畔東側の遊歩道の散策を楽しみました。

| | コメント (15)

2016年7月 2日

干支版画

↓の新聞記事は、2003年(平成15年)12月12日の上毛新聞地域版をスクラップしたものです。
内容は、旧新治村(現みなかみ町)の河合 斉さんが翌2004年の干支、申年にちなんで干支版画を希望者にプレゼントすると言うものです。
               <上毛新聞記事>
Img_800x724

翌2004年(平成16年)は甲申(きのえさる)で、私は年男です。
新聞記事を読んで申し込んだところ、さっそく送られてきたのが↓の干支版画です。
2004年甲申の1年間、我が家の部屋に飾って眺めてきました。

それから12年の歳月が流れました。
今年は丙申(ひのえさる)です。 
仕舞ってあった干支版画を出して、再び壁に貼って眺めて居ます。
              <申年の干支版画>
073_609x800

今年の申年にちなんで、猿と名が付く猿ケ京温泉に入って見ようと出掛けました。
途中、干支版画を贈ってくれた河合 斉さん宅も訪ねようと立ち寄りました。

ところが河合さんは、7年前に横浜出張から帰って間もなく体調を崩されて、静かに黄泉の国へ旅立たれたと聞きました。
悲しいお話に愕然としました。 
奥様からのお話を伺いながら、仏前の遺影に対し心からお礼を申し上げました。

その後奥様から、生前仕事場とされていた、たくみの里 「八福庵」 を紹介されて訪ねました。
             <八福庵の玄関前で>
003_800x535

八福庵には、河合さんの版画絵などが展示されて居ました。

また八福庵はたくみの里散策後のお休み処でもあります。
群馬名産のヤキマンジュウとコーヒーを注文していただきました。
        <河合さんの版画絵とヤキマンジュウ>
002_634x800 001_800x616_2

その後、当庵のご主人の案内で近くのブルーベリー畑を訪ねました。 見事なブルーベリーです。
              <ブルーベリー①>
005_800x662

たくさんのブルーベリーは、次々と色づいてくるようです。
              <ブルーベリー②>
010_800x600

収穫されたブルーベリーが出荷を待って居るようです。
お土産用のブルーベリーを3パックほど買ってお店を出ました。
              <ブルーベリー③>
012_800x591

↓のポスターは、河合さん宅を出るとき奥様から戴いたものです。
猿ヶ京温泉花火大会、10周年記念大会のポスターです。
故人となられた河合さんの申年の干支版画が活かされています。
             <花火大会ポスター>
075_565x800

↓は、お元気だったころの河合さんの仕事の様子と、猿ヶ京温泉のPR用に作られた絵葉書です。
          <往時の新聞記事と絵はがき>
Img_800x485

この後、猿ヶ京日帰り温泉 「まんてん星の湯」 に向かいました。

| | コメント (10)

2016年3月30日

しんとう温泉

このサクラの記事は、1週間前の24日のお話です。
ここ榛東村は高地であり、前橋市内より温度差は2度ほど低いと思います。

そのしんとう温泉に来て、回りのサクラの満開を観てびっくりです。
駐車場の南側で咲いて居るサクラは、ソメイヨシノでないことは分りますが、さて何サクラでしょうか ・・・・。

035_800x623

近くに寄って、見上げて撮りました。

019_800x599

ズーミングで撮りました。

021_800x599

↓、左手方向のサクラ並木です。

022_800x599

ひと際赤みを帯びたサクラが見えました。 
近くに寄って良く見ると、カンヒザクラが3本有りました。

024

↓、駐車場内の花壇にあったサルノコシカケです。 
   何の木が伐り倒されて出来たものでしょうか。
 
023_800x647

↓、温泉施設に付随したグラウンド・ゴルフ場です。
   以前、入浴料込みで一度使ったことが有ります。

030

↓、しんとう温泉ふれあい館内です。
   筋肉痛や神経痛などに効くといわれている天然温泉です。
   今年に入って坐骨神経痛を病む私には最高の温泉療養です。

031

外に出て見ると、玄関前の足湯温泉施設の回りにスイセンが綺麗に咲いて居ました。

033

この日は、しんとう温泉にゆったりと浸かって心身共にリフレッシュした一日となりました。

| | コメント (10)

2016年3月29日

黒髪神社

24日、マイカーの整備で行きつけの自動車整備工場へ出掛けました。
車を出して代車を借りて直ぐ近くのしんとう温泉へと向かいました。

途中、時間があるので近くの黒髪神社へ立ち寄ってみました。
                <黒髪神社>
004_800x610

参拝を済ませて拝殿を見上げると、
奉納された大天狗面と小天狗面が見えます。

奉納年月を見ると、私の生まれより2年前の昭和5年6月と記されて、女性のようでもあります。
「病気全快御礼寄贈」 の文字が見えます。 
奉納された人は、今でも元気で居られるでしょうか ・・・・。
                <天 狗 面>
005_800x596

本殿の左奥には御嶽神社が祀られて、小さな社殿が見えます。
                <御嶽神社>
009_800x601

鳥居の左前には、「右 相馬山登山道」 の石柱が立って居ます。
                <道標と祠>
011_800x599

道標の後ろで面白い看板を見つけました。

          弁慶公遺書
     八万三千八三六九三三四一八二
     四五十二四六百千億十一

     山道は寒くさみしいひとつやに
     夜毎に白くももち置く霜

               <弁慶公遺書>
012_800x448

黒髪神社の裏側に回って、近くに見える相馬山を眺めました。
標高1,410㍍という相馬山は、群馬に来て直ぐの昭和40年前半に一度だけ登りました。
           <相馬山とヘリコプター>
017_800x597

この辺り自衛隊駐屯地の近くです。
ヘリコプターが訓練中です。
              <ヘリコプター>
016_800x575

               <相 馬 山>
015_800x598

この後、500㍍ほど離れた 「しんとう温泉」 へと向かいました。

| | コメント (6)

2015年11月 9日

秋の奥利根湖カヌー(完)

綺麗な岬の鼻の燃えるような紅葉です。
ここにもう少し日差しがあったらと、惜しまれてなりません。
             <岬の鼻の紅葉①>
087_800x600

        <A艇が岬の近くへ寄って行きます>
088_800x555

ここは岩と松と紅葉です。
             <岬の鼻の紅葉②>
089_800x593

続いての岬の素晴らしい紅葉です。
             <岬の鼻の紅葉③>
090_800x591

この辺りカヌーは追い風です。
オールはゆったりと漕ぎながら紅葉鑑賞です。
             <岬の鼻の紅葉④>
091_800x600

              <沖合に出たA艇>
092_800x582

             <右手の岬の紅葉①>
094_800x596

             <右手の岬の紅葉①>
095_800x600

ここに来て、正面前方に船着き場が近くに見えて来ました。
          <最後の岬の鼻を通過するA艇>
096_800x600

午前8時半にカヌーを漕ぎ出してから午後2時半までの約6時間、奥利根湖の素晴らしい紅葉を楽しんだカヌー遊覧でした。
一緒した I さん、Kさん、特にカヌーオーダーのTさんには、言葉に尽くせぬほどお世話になり 「感謝、感謝」 です。

| | コメント (6)

2015年11月 8日

秋の奥利根湖カヌー(7)

一人乗りのカヌーは、山際近くに寄って色付く紅葉を撮りました。
この辺りは山の影で日陰です。 モミジの色あいが今一です。
              <ヤマウルシ>
077_800x600
  (↑、山小屋さんから 「ヤマウルシ」 と教えて貰いました。)

                <カエデ①>
078_800x600
(↑・↓、山小屋さんから 「カエデの仲間」 と教えて貰いました。)

                <カエデ②>
079_800x609

                <カエデ③>
080_800x600

綺麗に晴れて居た空も、午後になって少し雲が出て来ました。
これから帰路に着くのですが、湖面上は少し風もあるようです。

左の奈良沢川の河口から出て、沖合から振り返って撮りました。
             <沖合から見た陸地>
076_800x581

A艇が一つ目の岬の鼻を通過します。
              <岬の鼻の紅葉①>
081_800x586

次の岬の鼻に来ました。 湖面上は風が有ります。
              <岬の鼻の紅葉②>
083_800x600

少し風が有りますが、カヌーは岬に沿って進みます。
A艇が我がB艇を抜いて前に出ました。
              <岬の鼻の紅葉③>
084_800x600

午後になってから曇り勝ちです。 もう少し日差しが欲しい所です。
              <岬の鼻の紅葉④>
085_800x599

この岬を越えると風は追い風になります。 
山際近くに寄って、紅葉を楽しみながらオールを漕いでいます。

| | コメント (8)