ぐんま・県央エリア

2017年3月30日

田島弥平旧宅

昨年は島村渡船が欠航でした。
今年もまた欠航でしたが、利根川に架かる上武大橋を渡って、国指定史跡 「田島弥平旧宅」 を訪ねました。
瓦葺の屋根に櫓(やぐら)と呼ぶ換気のための窓を設けたのが特徴で、養蚕農家の原型として全国に広まったものです。
<田島弥平旧宅>
015_2

015_3

大勢の従業員の生活を賄うための井戸は、利根川の洪水を避けるため石積みの上に築かれて居ます。
<旧宅の右手前にある井戸>
023

023_2

桑の収納と加工を行った建物です。
今回の訪問では、ここ1階の土間でビデオを観賞しました。
<桑 場>
026

026_2

桑場に展示されていた、田島弥平氏の略年表です。
この肖像画はイタリア訪問をした時に描かれたものと聞きました。
<田島弥平 「略年表」>
020_620x800

田島弥平氏は、蚕種(さんしゅ)「蚕のたまご」 を売って財を成したものと聞いて知りました。
<蚕種の画像>
018

香月楼は、瓦葺の2階建て寄棟造り総たぐらの蚕室だった所で、床下には蚕種保存のコンクリート製の冷蔵庫が残されている。
<香月楼跡・別荘>
027

028_800x546

この後は、田島弥平旧宅の周りにある養蚕農家群を観て回りました。

| | コメント (6)

2017年3月29日

菜の花・他

3月19日、穏やかに晴れた日和です。
昨年、伊勢崎市境町の利根川沿いの菜の花を観に行きましたが、今年も思い出したように菜の花を観に出掛けました。

昨年、島村渡船ができなかったので今年も来て見ましたが、やはり赤旗が立って居て欠航です。
係りの人の話では、「対岸が護岸工事で3月いっぱいは欠航です」 と教えてくれました。

001_800x588

サイクリングロード脇のカワヅザクラを撮って、北方向の菜の花が咲く土手へと向かいました。

002_800x592


003_800x604

今年は少し早かったようで、菜の花のつきが今一です。

005_800x600

でも、昆虫は菜の花の吸蜜に余念がありません。

006_800x585

河原の林の中から鶯の鳴き声がします。
私には初鳴きです。 辺りを探すのですが声はすれど姿なしです。

やっと見つけた鶯は逆光です。 証拠写真を越そうと撮りました。 

007_800x589

この後渡船が駄目なら車で行こうと、国指定史跡 「田島弥平旧宅」 へと車を馳せました。

<おまけ>
去る26日は雨が降りました。
退屈しのぎに雨の晴れ間を見てウオーキングに出ました。

隣りのH町の住宅地を歩いて居て、珍しい花ウルーフェニーと出合ました。

020_1

H小学校の裏門に来た所で、雨に濡れながら頑張って咲いて居たカンヒザクラを観て撮りました。

022_2

我が家に帰って、スオウの根元を観ると赤い花芽が出て居ました。

047_3

| | コメント (8)

2017年3月18日

広瀬川河畔(続)

三ツ家橋の上に立って上流方向を撮りました。
せいぶうぬきばしの向こうに雪を頂く浅間山がみえるのですが、画像では春霞でよく見えません。

043_11

橋の上から手前を覗くと、カワウが辺りに睨みを聞かせて居ます。

042_12

三ツ家橋を渡り切った、サイクリングロードの土手の菜の花が綺麗です。

044_13

サイクリングロードを上流に向かって歩きます。
先ほどのカワウが直ぐそこに見えました。

046_14

少し歩いた対岸の竹林にはサギの巣があるようです。
先ほど広瀬川の中州に居たサギが巣に帰って来たようです。

047_15

せいぶうぬきばしの袂まで来ました。
近くのハクモクレンの蕾が今にも開き出しそうな勢いです。

052_16

サイクリングロード脇のオカメザクラも、今が見ごろのようです。

055_17

ラブリバー親水公園うぬきから広瀬川河畔のウオーキングは、穏やかな日和に恵まれた約6㌔の歩きとなりました。

| | コメント (10)

2017年3月17日

広瀬川河畔

全長200㍍の吊橋、せいぶうぬきばしの下をくぐり抜けて、広瀬川左岸を川に沿って歩きます。
振り返って、せいぶうぬきばしを撮りました。(広瀬川は左側です)

020_1

川沿いの畑の中に、たくさんのクリスマスローズが咲いて居ます。

024_2

垣根の根元では、スイセンが綺麗に咲いて居ます。

028_3

広瀬川の脇の水溜まりです。 サギが獲物を狙って居ます。

031_4

川岸の土手に咲くナノハナです。 若芽を摘んだ後があります。

033_5

三ツ家橋の手前に来た所で、グループごとの庭園が有りました。
子供達が作った作品が並んで居ます。

035_6

石に書いたアニメが面白いです。

036_7


037_8


038_9

群馬県のマスコット、ぐんまちゃんの集りです。

039_10

この後、三ツ家橋を渡って広瀬川の右岸、サイクリングロードを上流に向かって歩きます。                   つづく

| | コメント (10)

2017年3月16日

再び親水公園うぬき

3月12日(日)、朝から穏やかに晴れた日和となりました。
オカメザクラの咲き始めを観てから7日が経ちます。
そのオカメザクラも今では満開ではないかと、再びラブリバー親水公園うぬきへ出かけました。

土手のオカメザクラは、たくさんの花が開いて居ました。
でも、花が小さいのと下の枝から順に上の枝へと咲いて行くので、ソメイヨシノを観るような華やかさが有りません。

002_1

花が咲いて居る下枝を選んで撮りました。

001_2

前回来た時にも撮った、カワヅザクラと土手で咲くスイセンです。
スイセンはこれから、カワヅザクラは終わろうとしています。

004_3

スイセンは、先日来たときよりもたくさんの花が咲いて居ます。

006_4


010_5

土手のナノハナで、吸蜜中のチョウを見つけました。

015_6

オカメザクラの並木に来て見ました。
全体が赤みを帯びて咲いて居るのが見えます。

019_7

良く観ると、先に咲いた花は終わりかけて居ます。

017_8

今日は風もなく穏やかな日和です。
この後は広瀬川左岸を歩いて、三ツ家橋まで行きます。 つづく

| | コメント (8)

2017年3月11日

西部公園(続)

ハクモクレンがふっくらとして、間もなく白い花が開くようです。

035_1

剪定後のウメの木に、梅の花が見事に咲いて居ます。

039_2

グループ管理の花壇を観て回って居ます。
綺麗に咲いて居る花は何でしょう。 花にうとい年寄りです。
(※山小屋さんからセキチク、↓キンセンカと教えて貰いました。)

040_3


041_4

こちらはハボタン、一度聴いたら忘れられない冬の花のようです。

042_5


043_6_2

サイクリングロードに出て、先ほど渡って来た 「せいぶうぬきばし」 を渡って、ラブリバー親水公園うぬきへと帰ります。

044_7

全長200㍍の 「せいぶうぬきばし」 を西から東へと渡ります。

045_8

広い公園の中に雑木林があります。 
その雑木林の隅にある5本のカワヅザクラが満開です。

047_9


048_10

この日は風もなく公園の散策には最高の日和でした。
駐車場の近く、龍宮橋下流の河原で広げた弁当の味は、ひと味違うようでした。

| | コメント (8)

2017年3月10日

西部公園(1)

長さ200㍍という 「せいぶうぬきばし」 の中ほどに立って、広瀬川上流の北方向を眺めて撮りました。

026_1

橋の下を見回すと、川底のあちこちに鯉が見えます。
ここで釣り糸を垂らしたら大きな鯉が釣れるのかなと、変な気を回しながらカメラを向けました。

025_2

続いて、橋の反対側に来て下流方向にカメラを向けました。

027_3

せいぶうぬきばしを渡った、広瀬川の右岸沿いにサイクリングロードがあります。
マラソンを走って居たころは、ここまでおよそ10km、よく走って来たものです。
沿道には、その当時なかったオカメザクラが植えられて居ます。

028_4


029_5

西部公園内の数本のカワヅザクラが見頃です。

030_6

ロウバイも有りました。

032_7

大きな梅の木に花がびっしり付いて居ます。

034_8

剪定された梅の木で咲いて居た花です。

036_9

穏やかな日和の西部公園散策です。 花壇の方を回って帰ります。

| | コメント (12)

2017年3月 9日

親水公園うぬき

3月5日(日)、朝から穏やかに晴れて素晴らしい日となりました。
こんな日は外が良いと、「ラブリバー伊勢崎親水公園うぬき」 へと出かけました。

日曜日とあってか、歩く人、ボールを蹴る人、グラウンドゴルフを楽しむ人など、たくさんの人が訪れて居ました。
公園に来て、土手で赤く芽生えたオカメザクラを見つけました。
近くに来て見ると、日当たりが良い枝では花が咲いて居ます。

002_1

数十㍍離れた場所で、満開のカワヅザクラを見つけました。

003_2

土手ではスイセンが咲いて居ます。

008_3


009_4


012_5

土手下ではナノハナも咲いて居ます。

014_6

間もなく咲くであろうオカメザクラの並木に来ました。
開いた花を狙って、見上げて撮りました。

020_7

オカメザクラの案内です。
イギリスの研究所で誕生したオカメザクラとは知りませんでした。

017_8

今日の穏やかな青空に映えて見えるオカメザクラです。
花を見るには少し早かったようです。

019_9

この後、広瀬川にかかる 「せいぶうぬきばし」 を渡って、西部公園の方へ回って観て来ます。

| | コメント (8)

2017年3月 8日

我が家の庭

このところ北風が吹いて寒い日と、風もなく穏やかな暖かい日もあります。

キジウオークに出かける前に、我が家の庭に立ち止まって観て見ました。
今年も我が家の庭で咲いてくれたフクジュソウです。

002_1

フクジュソウの横の大きな岩の脇で咲いたヒイラギナンテンです。

104_2

隣りのSさん宅との境界、フエンスの根元で咲き出した花ですが花名不詳です。

008_3

大きな岩の根元で、下を向きながら咲いたクリスマスローズです。

101_4

庭の花壇で咲き始めてスイセンです。

103_5

今年も顔を出して咲いてくれたユキワリソウです。
この花は、故郷佐渡島のK翁が育てて居たものをおすそ分けして貰って来たものです。
そのK翁も96歳の大往生をしてから数年が経ちます。
早春に咲くユキワリソウを観ては往時のK翁を思い出して居ます。

051_6

この日は北風があった日で、小さな花が揺れて画像がボケました。
私の頭のボケと似ています。 注意心を忘れず頑張ります。 

055_7

啓蟄が過ぎた今、自然界は暖かい春へと向かっているようです。

| | コメント (6)

2017年3月 7日

カンヒザクラ・他

<カンヒザクラ>
我が家から200㍍ほど北西へ行った所にH小学校があります。
その小学校裏門の横に、1本のカンヒザクラの木があります。
ソメイヨシノより、ひと足先に咲くカンヒサクラです。 

↓2枚は、2月25日に撮影した蕾の時のものです。

004_0225


006_0225

↓2枚は、3月4日に撮影したものです。
西日が差す午後の時間帯で、花が開き始めた部分を撮りました。

010_640x491


009_800x600

↓2枚は、昨日6日に撮影したものです。
曇り空で今一ぱっとしませんが、まだこれから花が開くようです。

101_800x591


104_800x600

<キジウオーク>
3月1日にキジの♂・♀との出合があっただけで、その後はご無沙汰しています。

キジウオークに行けば、必ず出合うのがツグミとヒヨドリです。
私の前に来て、「キジも居ないのに爺さんまた来たか」 と言うような素振りのツグミです。 happy01

018_0301_2

畑の持ち主が、せっかくここまで育ててきた野菜です。
群れで来たヒヨドリが、集団で食い荒らして居ます。 
私が立ち去ると直ぐまた群がる、憎々しいんヒヨドリです。 pout

001_800x625

帰り道、さくら公園を回ってサンシュユを観て撮って来ました。

002_640x479

暖かい春は直ぐそこまで来ているようです。

005_800x600

地中の虫も動き出すといわれる 「啓蟄」 が過ぎました。 だんだん春らしい気配になってきたようです。
(※昨日の午後、自転車で出掛けてキジとの出合がありました。)

| | コメント (8)

より以前の記事一覧