ぐんま・県央エリア

2017年7月28日

消防展示訓練(続)

放水の圧力を強めました。 水は勢いよく出て行きます。

046

数分後、火災は無事鎮火しました。 
消防士が整列して、任務終了報告です。

048

素早い消火訓練と、ちびっ子臨時署長の堂々たる答礼態度に、会場から大きな拍手が湧きました。

049

帰りに、消防署から非常時用の水と弁当を貰いました。

051

別れ際に、手を振って見送っくれる消防署のマスコットちゃんです。

050

へそ祭り会場へ向います。 
その途中で見つけた仕切り弁の蓋です。
マスコットちゃんはこの仕切弁から生まれたのでしょうか、頭の角が似て居ます。

053

マンホールの蓋です。
日本の真ん中を示すように渋川から4本の放出線が出て居ます。

052

へそ祭りの会場に着きました。
暑いです。 先ずは冷たい湯茶のサービスにあずかりました。
「うちわ」 のサービスも受けました。

054_800x697

ちびっこへそ踊りパレードは午後3時からです。
まだ少し時間があります。
パレード会場でもある辰巳町の外れで、山車のお囃子が聞こえます。 見に行って来ます。

| | コメント (8)

2017年7月27日

消防展示訓練

去る22日の土曜日、今年も渋川のへそ祭りを観に行きました。
途中、渋川広域消防本部横での消防訓練の見学に寄りました。

消防本部前で、両手をあげてみんなを出迎えるマスコットです。 
ニックネームを聞いてくるのを忘れた年寄りです。

025_3

人命救助のためのレンジャー訓練の開始です。

027_4

臨時署長に対する訓練開始報告です。
可愛いちびっ子臨時消防署長の答礼が様になって居ます。

028_5

1本のロープに掴ってのビル登坂訓練です。
先ず最初のひとりが登って行きます。

030_4

次に2人目が登り、続いて3人目の隊員が登って行きます。

032_6

ビルからビルへの空中移動訓練です。

035_7

続いて高いビルからの降下訓練です。
左の高い方は15㍍以上もあり、一気に地上に降り立ました。

037_8

続いて火災消火訓練です。
次のちびっ子臨時消防署長が訓練開始の報告を受けて居ます。

041

訓練開始!
消防車からホースを取り出した消防士が、重たいホースを地上に伸ばしながら火災現場へと走ります。

043

数分後、「放水開始!」 の号令で一斉に放水が始まりました。

044

消火訓練の模様は、明日のブログへと続きます。

| | コメント (6)

2017年7月 9日

八幡山古墳・他

<八幡山古墳>
7月2日(日)の午前中、キジに変わってオオタカの様子を観に八幡山古墳へ行ってきました。

10時40分過ぎ、古墳上には誰の姿もなく静かな古墳です。
古墳の中程に立って前方墳を撮りました。

003_2

梅雨の晴れ間です。
前方墳の松の間から榛名の山々、のっぽの県庁舎が望めます。

005_3

前方墳に立って、昨年巣立ちしたオオタカの巣を見上げて居ます。
今年は主が居なくて巣は荒れ放題です。

006_4

後円墳に来て、一昨年ヒナが巣立ちした巣を見上げて撮りました。
こちらの巣はしっかりしているようですが主が居ません。

春に一度訪ねたとき、地元の友人Y さんの話では
「親鳥♀の姿が見える。 今年も期待していいのでは。」 と、
その後、スパーで出合った時は
「卵はカラスにやられたようだ。」 と、聞いて居たのですが ・・・・。

008_5

古墳上は私一人です。
後円墳の木の根元に来て、昨年カブトムシなどを撮った場所で、今年はカナブン一つを撮って帰ります。

009_6

我が家に帰ると、ナツツバキの葉っぱに止まるアシブトアブが、
「暑い中、八幡山古墳までの遠征、ご苦労さん」 と言わんばかりに見えたのは、空振りだった八幡山遠征の疲れからでしょうか。

001_1

≪おまけ≫
“昨年巣立ちしたヒナ”
昨年のオオタカ観察で、巣立ちしたヒナ3羽の中の1羽が、前方墳北側の斜面へ下りて来た所を撮ったものです。
撮影:2016年(H28)7月3日14:32 (未発表画像より)

121_7031437

7月6日の上毛新聞で、「オオタカ絶滅回避」 の記事を読みました。
「1984年の民間調査で、推定生息数が300~400羽台まで減少し、93年に希少種に指定された。
その後の調査で2005年に1800~2200羽、08年には5000~8900羽程度とそれぞれ推計された。」 との嬉しい内容の記事でした。 
しかし、今年はオオタカとの出合がありません。 残念です!!

<禅養寺の蓮>
7月3日朝、キジ観察の前に天台宗禅養寺さんのハスを観に寄りました。
↓、小さな池で咲くハスを Canon SX600 HS カメラ で撮る。

019_3

↓、近くに寄って、スマホ i Phone 7 で撮る。

015

この後、伊勢崎市赤堀町の天幕城址 「あかぼりj蓮園」 へハスの花を観に出掛けました。

| | コメント (6)

2017年6月17日

玉村町北部公園(続々)

玉村町北部公園のバラの続きです。

白と薄いピンク色の花が混じった可愛い花たちです。

039_1

こちらは対照的に、燃えるような真っ赤な赤いバラです。

042_2

その赤いバラの右で咲いて居たピンク色のバラは、ロージーカーペットの名札が付いて居ました。

044_3

少し離れて、ハマナスの花もまだ残って居ました。

051_4

浅くて小さな小川の渕では、ツキヌキニンドウが咲いて居ました。

059_5

午後の訪問でしたが、私の好きな花スイレンが咲いて居ました。

060_6


062_7

池の渕ではハナショウブが咲いて居ます。

066_8


069_9

見事なキシヨウブです。

078_10

バラを観るには少し遅かったかなと思う公園でしたが、大好きなスイレンに出合った5月末日の午後のひと時でした。

| | コメント (8)

2017年6月16日

玉村町北部公園(続)

前回に続いて、玉村町北部公園のバラを続けます。

高いフェンスに絡ませて咲いて居たバラです。

034


035


038


045


046


047


048


049


050

≪お 礼≫
昨夜遅く、日本縦断一直線の旅から帰って来ました。
旅行不在間におけるグログ訪問とコメント、有難うございました。
旅のレポートは後日のブログで、先ずはお礼まで   管理人

| | コメント (4)

2017年6月11日

玉村町北部公園

上毛新聞パレット欄の 「花だより」 で、玉村町北部公園のバラが紹介されて居ました。

5月31日、天気は下り坂へ向かうとの天気予報です。
北部公園のバラを観るには今日が良い日と出掛けました。

バラ園入り口のアーチです。 
訪ねるのが少し遅かったようで、バラは終わりかけて居ました。

018_1

バラアーチの赤いツルバラの良いとこ撮りです。

019_2

バラアーチの白いツルバラの良いとこ撮りです。

020_3

花壇で咲いていたバラです。

021_4

玉村町町制50周年記念で町の花に指定されたマリアカラスです。
蕾付きのマリアカラスを撮って来ました。

023_5

花壇には、「アスピリン」 との名札が付いて居ました。

026_6

こちらは 「エリナ」 の名札が付いて居ました。

028_7


031_8


032_9_2


033_10

北部公園のバラは、次回へと続きます。

≪お知らせ!≫
これから日本縦断一直線の旅に出掛けます。
この間、つちや昭一ブログは休ませて頂きます。 
皆様へのブログ訪問とコメントは滞ります。 ご了承下さい。 壬申

| | コメント (7)

2017年6月 1日

ヤマツツジ(完)

この辺り、新緑とヤマツツジのコントラスが見事な所です。

095

参道も土手下を歩いて上ります。

099

参道が開けて、目の前に赤城神社の惣門(県指定重要文化財)が見えて来ました。

100

文化財の案内には、
「建立は18世紀中頃(宝暦~安永年間)と推測され、群馬県下では数少なく、近世中葉の遺構として貴重なもの」 と、記されて居ます。

102

惣門の横を通り越して200㍍ほど歩いて県道に出ました。
ここで県道を右折して、赤城神社へ向かいます。

赤城温泉郷の宿の看板が見えて来ました。
ここで右折するとほどなく赤城温泉郷ですが、真っ直ぐ進みます。

103

赤城神社の鳥居前に来ました。

105

鳥居をくぐって直ぐ右手に、池に接して手水場があります。
その池でゆったりと泳ぐ錦鯉です。

106

赤城神社の本殿です。
参拝を済ませて、登って来た参道を引き返します。

111

再びヤマツツジの参道に来ました。 

113

ヤマツツジの近くに寄って撮りました。
時間も大分過ぎました。 帰りは寄り道せずに一直線で帰ります。

114

駐車場に着いた途端、待ちくたびれたカミさんにお小言頂戴です。
しかし見事なヤマツツジを観てきたことに満足です。 coldsweats01   完

| | コメント (10)

2017年5月31日

ヤマツツジ(3)

この辺りのヤマツツジは今が見頃のようです。
少し上った所で、いま歩いて来た参道を振り返って撮りました。

083_1

回り右をして、再び参道を歩きます。
赤城神社への県道は、参道左手の松並木に沿って上ります。 

084_2

時折、県道に車を止めてツツジを観る観光客に出合います。

086_3

前の方に車を止めてツツジを観に寄った観光客も見えます。

088_4

この辺りのヤマツツジ、今が最高の見頃です。

089_5

欲を言えばもう、少し太陽の光が欲しいところところです。

090_6

前が少し開けてあづまやが見えて来ました。
ここで先を歩いて来たカミさんと別れ、私はさらに上の赤城神社を目指して歩きます。

091_7

少し歩いた所で県道に来ました。 道路向こうに鳥居が見えます。
鳥居下には、危険表示が出て居ます。 
鳥居の右のツツジ下を回り込んで、更に上へと歩きます。

092_8

ここに来て赤松、黒松並木も途絶えて、左手に赤城神社への県道が見えて来ました。

093_9

右手の土手の枯れ枝を見てびっくり、ツツジの花を付けて居ます。
枯れ木に手を触れて、まだ生きていることを確認しました。 

094_10

ヤマツツジの生命力の強さに驚きながらさらに歩きます。  つづく

| | コメント (8)

2017年5月30日

ヤマツツジ(2)

参道が少し広くなって、休憩所がある所まで来ました。
先を歩いて来たカミさんが、休憩所前のヤマツツジを眺めながら休んで居ます。

066_1

休憩所から少し上った所のツツジです。 
左手のツツジは早咲きのようで、花は終わりかけていました。

067_2

休憩所を通り過ぎてから歩いて来た方を振り返って撮りました。
同じヤマツツジでも、花を観る感じが違って見えます。

068_3

休憩所を通り過ぎた所で、右手に紫色の花を見つけました。
近くに来て見上げて撮りましたが、薄紫色は桐の花でしょうか?

071_4

参道も半分近くは歩いたでしょうか、三夜沢の交差点に来ました。
ヤマツツジの群落が途絶えた所で、道路を渡って行きます。

076_5

この辺りは民家に近いのか松も少ないようです。

078_6

ここに来て松も多く、ツツジも多くなりました。
また、この辺りのツツジは今が見頃のようです。

079_7

近くに寄って大きく撮って見ました。

080_8

参道へツツジがせり出しているようです。

081_9

この辺り赤松と黒松、ヤマツツジが競り合っているように見えます。

082_10

行く先を見ると、ツツジは更に咲き競っているようです。  つづく

| | コメント (8)

2017年5月29日

ヤマツツジ(1)

去る5月12日、曇り空ではあるが時々青空も覗く午前中、赤城神社参道のヤマツツジが見ごろと聞いて出かけました。

三夜沢の赤城神社まで約3,2㌔という参道は、アカマツとクロマツの並木にヤマツツジが調和して見事な景観を見せて居ます。

みやぎふれあいの郷前のパークに車を止めて、ゆるやかな上りの参道をツツジを眺めながら歩き始めました。

047_1


049_2

数百㍍歩いて、休憩所のある所まで来ました。

051_3

参道の左手です。 色鮮やかな見事なヤマツツジです。

052_4

右手には、花の色あいが少し薄いツツジが有りました。

053_5

近くに寄って花を撮りました。

055_6


058_7

赤松の緑が濃い所です。

060_8


061_9

今が盛りの花を近くに寄って撮って来ました。

063_10

9時28分に歩き出してから12分経過の9時40分です。
ヤマツツジに魅せられて、あちこちカメラを向けながら寄り道をしながらのブラブラ歩きです。
赤城神社はまだまだ先です。                つづく

| | コメント (10)

より以前の記事一覧