承久の乱で佐渡配流となられた順徳上皇が腰をかけられたという 「御腰掛の松」です。
ここ八幡の里で京の都を偲ばれたものと思われます。 現在の松は2代目といいます。