月牙泉観光が終わって、再びラクダに乗って鳴砂山の入場口に戻ります。
ラクダの飼い主より握手をリクエストとされ、ラクダの上で手を伸ばしました。