嘉峪関から西北へ約7,5kmに位置する懸壁長城は、明代の1540年に造られたもの。
現在のものは、1987年に修復したものといいます。