元和9年(1623)、豪商・高山田吉左衛門が建てた寺院です。 墓地内には、元禄の奉行、萩原重秀の供養塔と、その子萩原源八郎奉行の墓があるといいます。