1953年、オランダが台湾を統治する拠点として赤レンガの城を築いた所が、
赤嵌楼と言います。